〔ホーム〕〔上〕
 
日記
2016年12月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12月31日(土)は快晴。電動のこぎりなどで剪定などをした。
 
12月30日(金)は晴。冷えていた。午後から休診。高圧洗浄。
 
12月29日(木)は曇。冷えている。仕事は今日まで。午後は照明器具磨きの予定。デビー・レイノルさんもC.フィシャーさんに続いて逝去。娘の死がショックだったのかもしれない。「雨に唄えば」を見て見よう。

Amazonプライムで「HK 変態仮面」を見ました。鈴木亮平主演のおバカ映画?です。☆☆☆・・65点



『週刊少年ジャンプ』に連載され、奇抜なキャラクターで話題を集めたあんど慶周のコミック『究極!!変態仮面』を実写映画化。パンティを被ることで正義の超人“変態仮面”に変身する高校生の奮闘を描く。出演は「コドモ警察」の鈴木亮平、『仮面ライダーフォーゼ』の清水富美加。監督は『勇者ヨシヒコと魔王の城』の福田雄一。2013年4月6日、東京・新宿バルト9にて先行上映。

SMクラブ“ソドム”に踏み込んだドMの刑事と、“ソドム”のドSの女王様・魔喜(片瀬那奈)は、一目で恋に落ちて結婚する。その間に生まれた色丞狂介(鈴木亮平)は、紅游高校の拳法部に所属する高校生に成長していた。そんなある日、狂介は同じクラスに転校してきた姫野愛子(清水富美加)に一目惚れしてしまう。ところが、銀行強盗に巻き込まれた愛子が人質に取られる事件が発生。愛子を救うため、狂介は覆面で変装して強盗を倒そうとするが、間違えて彼が被ったのは、なんと女性用パンティだった。その瞬間、狂介の身体に走ったのは、経験したことのないエクスタシー。それまで眠っていた父と母のDNAから受け継いだ変態の血が覚醒した彼は、人間の潜在能力を100%引き出した超人“変態仮面”に変身する。登場すれば悪人に笑われ、助けた人には逃げられる。それでもパンティを被ることを止められない。誰からも賞賛されずとも正義を貫くヒーロー、それが変態仮面。彼には蜘蛛の糸も、コウモリの力も強力な武器も必要ない。ただ愛する人のパンティがあればいい。そんな変態仮面に、大金持ちの紅游高校空手部主将、大金玉男(ムロツヨシ)の送り込む刺客が襲い掛かる。さらに、産休に入った教師の代わりに赴任してきた数学教師・戸渡(安田顕)が愛子に接近。2人だけの補習授業を繰り返す彼の狙いは、果たして……?
 
12月28日(水)は曇。少し冷えている。夕方、カランコエを室内に取り込み。鉢皿が不足している。エアロは休み。

Amazonプライムにて「箱入り息子の恋」を見た。偶然見たのだが、意外といい作品だった。結末ははっきりしない終わり方だった。☆☆☆☆・75点




親同士の代理お見合いを経て、初めて恋に落ちた男の奮闘を描くラブストーリー。監督は「無防備」で第30回ぴあフィルムフェスティバルグランプリおよび技術賞、Gyao賞を受賞した市井昌秀。彼女いない歴=年齢の奥手な35歳の男を、インストゥルメンタルバンドSAKEROCKやソロで音楽活動をするほか「69 sixty nine」など俳優としても活躍する星野源が、お見合い相手の目の見えない美女を「きな子〜見習い警察犬の物語」「天然コケッコー」の夏帆が演じる。ほか、代理お見合いをする両親たちを「スープ・オペラ」の平泉成、「がんばっていきまっしょい」の森山良子、「道−白磁の人−」の大杉漣、「ウタヒメ〜彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター〜」の黒木瞳が演じる。

市役所に勤める天雫健太郎(星野源)は、内気な性格が災いしてか、35歳にもなって女性と付き合ったことが一度もなかった。家と職場を往復するだけの日々で、ペットのカエルが唯一の癒しという健太郎を見かねて、健太郎の両親は親同士が子どもの結婚相手を探す代理お見合いに参加。今井家の一人娘・奈穂子(夏帆)とのお見合いを決めてくる。お見合い当日、緊張する中、清楚で美しい奈穂子を見て、健太郎は生まれて初めて恋に落ちる。奈穂子の目が見えないことはものともせず、好きという感情を爆発させる健太郎。しかし二人の行く手には幾多の壁が立ちふさがっていた……。
 
12月27日(火)は雨。午後はプールに行きたいが・・?今年は今日が最後だ。風邪との折り合い。午後プールに行った。500m泳いで、500m歩いたが、左の腰が痛くなった。久しぶりだったからかもしれない、これで今年の泳ぎ納め。来年もまた泳ぎたいものです。足もエアロバイクで少しはトレをしなくては。
 
12月26日(月)は雨。床ふきが終わったので、鉢などをもとの位置に戻した。もっと並べなければならないようなので鉢置きをAに注文した。午後は家内につきあい。高圧洗浄機のホースを修理に持っていった。6月12日にナフコで購入していた物だった。いろいろ購入。エアロバイクはしなかった。
 
12月25日(日)はいいお天気晴。計画していた「鳥屋山」登山をした。時間がいつもの2倍はかかったようだ。でも、靴底敷のおかげで足首はよかった。車のバックミラーに私のWebサイトを見たという人の手紙があったのでうれしく思った。登山口付近で注連縄作りがあっていたが、山頂には注連縄をする人が登って来ていた。地域の住人が減少して、世話する人も少なくなっていて大変だろうと思う。





帰りに寺内ダム堰堤横の「茶臼山」へ登って来た。山頂は鉄塔の横の高い所とした。登頂口は県道509脇。ニューピーク1座。




「茶臼山」山頂をこことしました。




鳥屋山645.0m【福岡県朝倉市の山】 

【日時】   2016年12月25日(日)
【天候】   晴
【メンバー】 単独
【アプローチ】自宅(朝倉市)−県道509−林道−駐車場
【山名】   鳥屋山645m 三等三角点「鳥屋」 朝倉市東北部の佐田にある山
【コース】  駐車場登山口(9:25)→登山口(9:50)→4合目(10:30)→8合目(11:10)
→山頂(11:50)→女岩(12:00)(12:30)→駐車場(13:46)
【参考資料】 新・分県登山ガイド「福岡県の山」

25日(日)はお天気がよさそうなので久しぶりに来年の干支でもあるしということで、「鳥屋山」に行く事にしました。ついで登山は「茶臼山」です。

 鳥屋山は甘木市東北部の佐田にある山。塒山トヤサンとも書く。標高645.1m。山体は新第三紀の安山岩からなり、標高400m付近から急峻なドーム状となり、特に北面は絶壁をなす峻しい山様を見せる。古くから英彦山山伏の修験場としても知られ、山頂には戦国期に大友宗麟が英彦山を攻めた時、座主がこもった座主の城と称する城があった。また、中腹には鳥屋の滝や弘法大師の霊地の都高院などがある。山頂付近や山腹にスダジイ・アカガシの天然林が残り、昭和53年に自然環境保全域に指定され、山全域が水源涵養保安林となっている。(角川日本地名大辞典より)


駐車氏から車道を歩きました。車で行くことも出来ます。


 国道386号線の十文字交差点を北東の方向へ行くと、途中で国道386バイパスと交差します。下美宜木交差点。さらに清岩寺(黒田一成の菩提寺)前を過ぎて寺内ダムが見える地点から、鉄塔のある茶臼山の写真を撮りました。「寺内ダム」や「水の文化村」のサイドを走り、佐田川沿いに沿って走れば、地下のバス停の少し先に案内板があり、右折して舗装林道を走る。キャンプ場の駐車場まで行こうと思ったのですが、キャンプ場では工事が合っているようなので下の広場に駐車して準備です。車が数台ありました。


注連縄作りがあ




 軽登山靴を履きWストックとザックに水を入れて出発。ここから歩きました。コンクリート道を登ります。舗装も新しくなっています。谷の水量は少ないようです。キャンプ場の駐車場には7台くらいの車があった。注連縄作りの人たちもおられて注連縄作りがあっていた。奥の院の案内標識にしたがって歩きます。女滝は水がしたたり落ちている感じでした。ジクザクに登り最後は右へ歩くと女滝上の谷に出ます。荒れています。少し歩くと男道と女道が分岐しています。足の調子も悪いので、女道を登ることにします。分岐にはテープが幾つもあります。



4合目

 しばらく歩くと疑似木階段が現れてジグザグに歩きます。右上に稜線が見えています。まもなく、男道と合流です。ここから竹の多い登路を歩くと男滝の上流の谷を疑似木の橋で渡ります。ほとんど埋まっています。これを過ぎると左に谷筋を見ながらスギ林の中を登ります。しばらく登ればお地蔵さんのある鞍部で4合目です。一休みです。

ここで登山者に追い抜かれました。




鎖場・登りのみ使っています。


下山道分岐・右へ下るのが下山道です。


山頂の上宮


 ここからは 小ピークを左に巻く登路を歩きます。巻くと石祠があり尾根上を歩きます。しばらく歩くと平坦な登路もあるが、6合目からは尾根に付けられたジグザグの急坂となります。そして疑似木の階段も多くなります。尾根を登りまた巻いてまた尾根に出ると8合目です。ここに展望台があるので久しぶりに寄ってみます。西の展望が良いところなのですが、今は木が大きくなって展望は良くありません。大平山などが見えています。そしてここから、鎖のある冒険道の直登コースと右へ巻き道があり、いつものように登りは鎖のある直登を登ります。手がかり足がかりが良く、鎖を使わなくても登れます。岩場を過ぎるとまた急登を登ります。尾根上に達したら自然林の中で壊れた社跡を右に見て、尾根上をしばらく歩くと左下に谷間の集落が見えてくる。倒木もあった。途中右から8合目からの巻き道と出会う。やがて三等三角点のある鳥屋山山頂です。注連縄を持った人も登っていた。掛け替えがあっていた。ここまで2時間かかったようです。近場の展望は良い。古処山・屏山・馬見山、英彦山、白石山などが見えています。県道70や509工事現場もよく見えます。


女岩で昼食。


 すぐに女岩を目指します。ストックはおいて、登りは鎖をつかまなくても上れます。南側の展望がいい。南南東の谷のすぐ向こうのピークは田代山です。ここで昼食としました。オニギリ2個とインスタント味噌汁でした。ここには一人が登ってきましたが、静かでした。女岩雄岩がよく知られていないのかもしれない。

「英彦山」でしょう。


ツツジが狂い咲き。

 下山は山頂へ戻り、展望を楽しんで、山頂から少し尾根を歩いたところから左下方へと8合目への巻き道を下ります。段差もありますが、よく踏まれ歩きやすいコースです。まもなく8合目で鎖場コースと合流します。4合目から杉林の中の道を下り、谷を渡ってからしばらくで男道との分岐があり、疑似木階段のある女道を下る。こちらは階段が多く歩きやすい道になっています。杉林の中を下れば、女滝の上で男道と合流し、これを下れば女滝の前に出ます。駐車場まで更にコンクリート道を下りました。登り2時間・下り1時間30分でしたが、以前の脚よりずいぶん遅いペースになっています。左の変形性足関節症の性です。駐車場で車にメモがありました。私の記事を参考に登ったと言うことでした。多分アイサツくらいはしていたと思いますが、ありがとうございました。


茶臼山130m【福岡県朝倉市の山】 

【日時】   2016年12月25日(日)
【天候】   晴
【メンバー】 単独
【アプローチ】自宅(朝倉市)−県道509
【山名】   茶臼山 朝倉市荷原にある山
【コース】  駐車場登山口(14:30)→登山口(14:35)→山頂(14:45)(14:50)→駐車地(15:10)
【参考資料】 海彦山彦さんのブログ

25日(日)はお天気がよさそうなので久しぶりに来年の干支でもあるしということで、「鳥屋山」に行く事にしました。2年ぶりです。ついで登山は「茶臼山」です。

 茶臼山は茶臼山城があった所で寺内ダム近くにあるのはわかっていましたが、資料をなくして、以前から場所を特定出来ずに探していた。ようやく海彦山彦さんのブログで見つけたので鳥屋山の帰りに寄って見ました。

県道509脇に駐車しました。


実は、鉄塔路を歩く方が簡単です。下りに利用しました。


ヒノキ林です。


ピークには鉄塔があります。

県道509のダムの堰堤があるので寺内から矢野竹へは上り坂になっているこの途中に水槽がありこの入口付近に駐車します。ここから舗装の車道を上ります。未舗装となりますがこれを歩きます。途中に右に踏跡があるのでこれを歩きました。踏跡をたどると上部の平坦地につきましたが、更に尾根の方へ歩いて鉄塔に達しました。


山名表示の私標もあります。この後方が高くなっているので山頂としました。

鉄塔のすぐ横が高くなっていて標柱があるのでここを山頂としました。すぐ横に茶臼山城と書かれた私標がありました。ここから下るときは鉄塔路を下りました。これは踏跡もはっきりしていて途中で右に折れずにそのまま広い道を歩けば到達するのでした。こちらから登る方が楽のようです。長年の懸案が一つ解決です。


鉄塔のある山が「茶臼山」です。寺内方面から撮りました。
←クリック・コース概念図 鳥屋山
 
←クリック・コース概念図 茶臼山
 
 
12月24日(土)は曇。テレビをみたりしていたが、剪定やタイルの清掃などをした。エアロバイクは休み。
 
12月23日(金)は天皇誕生日。録画しいてた映画やAmazonプライムなどで映画を見た。

録画していた「信長協奏曲」を見た。タイムスリップ物だが、たいした新鮮みはないが、ラストのつじつまの合わせ方には興味があった。これはテレビドラマの簡潔部分のみを映画したというずるいやり方のようだ。しかし、テレビは見ていないのでそのその部分は早送りあっていたようだ。私としては☆☆☆☆・65点



2014年にテレビドラマ化された石井あゆみ原作漫画の劇場版。タイムスリップしてしまった高校生サブローが、織田信長と入れ替わり戦国時代を生き抜いていく。安土城を築いたサブローは、“本能寺の変”が起きるその日が近付いていることに気付き……。


録画していた「天空の蜂」を見た。東野圭吾原作の作品だ。何度か見ているが、長い作品だったが、サスペンスにしては緊張感が足りないと思う。スリルはある。70点


Amazonビデオにて200円にて「麒麟の翼、新参者」を見た。東野圭吾の作品だが、この作品はTV版の「新参者」と主役が同じだ。この「新参者」こそ私が東野圭吾にはまった一番目の作品でした。小説ではこの続編も出ていますが、映像では未だ・・・。。これからほとんど読んだと思う。もちろん、新作はづっと読んでいる。
 
12月22日(木)は曇。
午後エアロバイクP2を20分した。久しぶりだった。
 
12月21日(水)は曇。暖かいがガラスに水滴が薄く付着。年賀状は受け取ったものを見てから出していなかった分には返信を書こう。もう10枚購入している。映画に行きたいが・・・。風邪の具合もだいぶ良いので出かけた。年末は車も多くなる。

イオンシネマ筑紫野9番にて午後2時35分からの「ローグ・ワン スターウォーズ・ストーリー」2D吹替を見た。スピンオフ・エピソードでデス・スターの設計図を盗みだ事を成功させるお話です。初めのうちは風邪薬のせいか眠気が襲ったが、途中から話が見えてきたので楽しめました。この作品は初めての作品の前のお話で、反乱軍の活躍があってのお話だったのがよくわかりました。タイトルや音楽はメインテーマははじめは流れず。エンドロールでは流れます。更にスピンオフ作品は作られるようです。☆☆☆☆★80点



「スター・ウォーズ」シリーズの新たな世界を映し出す“もうひとつ”の物語。「エピソード4」でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の宇宙要塞デス・スターの設計図は、いかにして反乱軍の手にもたらされたのか。女戦士ジン・アーソの決死のミッションが明らかになる。監督は「GODZILLA ゴジラ(2014)」のギャレス・エドワーズ。出演は「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズ、「エリジウム」のディエゴ・ルナ、「サウスポー」のフォレスト・ウィテカー、「悪党に粛清を」のマッツ・ミケルセン、「カンフー・ジャングル」のドニー・イェン、「エクソダス 神と王」のベン・メンデルソーン、「三国志英傑伝 関羽」のチアン・ウェン、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のアラン・テュディック、「ナイトクローラー」のリズ・アーメッド。

「スター・ウォーズ」シリーズの新たな世界を映し出す“もうひとつ”の物語。「エピソード4」でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の宇宙要塞デス・スターの設計図は、いかにして反乱軍の手にもたらされたのか。女戦士ジン・アーソの決死のミッションが明らかになる。監督は「GODZILLA ゴジラ(2014)」のギャレス・エドワーズ。出演は「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズ、「エリジウム」のディエゴ・ルナ、「サウスポー」のフォレスト・ウィテカー、「悪党に粛清を」のマッツ・ミケルセン、「カンフー・ジャングル」のドニー・イェン、「エクソダス 神と王」のベン・メンデルソーン、「三国志英傑伝 関羽」のチアン・ウェン、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のアラン・テュディック、「ナイトクローラー」のリズ・アーメッド。
 
12月20日(火)は雨。暖かいので窓ガラスの水滴はなかった。年賀状のプリントが一応終了。プリンターが新しくトラブルはなかった。
 
12月19日(月)は晴。風邪も少しは回復に向かっているようだ。年取るほどに直りが遅くなるのを実感。昨年は風邪も引かなかったと思うが・・・。
プリンターTS8080が届いたのでセットした。インク消耗はやや多そうだ。印字スピードも早くはないようだ。MP640の純正インクがあまっているのでもったいない。
 
12月18日(日)は晴。計画では鳥屋山に行く予定だったが、風邪で断念。自宅で静養。映画を数本見た。

まず、Amazonプライムにて「クライマー パタゴニアの彼方へ」をみた。フリークライミングのドキュメンタリーで物語性は少なかったが、ドキュメンタリーならではの迫力はあった。



フリークライミングワールドカップ2008で総合男子優勝を果たしたオーストリアのデビット・ラマが、世界一困難だとされるパタゴニアの鋭峰セロ・トーレへ命綱と素手だけを頼りに登頂に挑む様子をカメラに収めたドキュメンタリー。セロ・トーレ南東稜のコンプレッサールートはあまりに過酷な登攀ルートで悪名高く、当時まだフリークライミングで登頂した者はいなかった。3年にも及び挑戦したデビッド・ラマとそのパートナー、ペーター・オルトナーは、自然条件やロジスティカルな面での困難や自らの限界に対する葛藤と挫折を乗り越え、アルピニストとして成長していく。監督は本作が初監督作品となるトーマス・ディルンホーファー。

雄大な光景が広がる南アメリカ大陸・パタゴニアに、セロ・トーレという花崗岩の鋭峰がある。この南東稜は世界一登頂が困難とされており、フリークライミングで登頂した者はまだいなかった。フリークライミングワールドカップ2008で総合男子優勝を果たしたオーストラリアのデビット・ラマは、パートナーのペーター・オルトナーとともに命綱と素手だけを頼りに登攀に挑戦。自然条件やロジスティカルな面での困難や自らの限界に直面しながら、この挑戦が持つ意義に気付き、一人のアルピニストとして成長していくデビット。3年にもおよぶ彼の挑戦を圧倒的な臨場感とスケール感で描いていく。

続いて同じくAmazonプライムにて「127時間」を見ました。狭い渓谷に落ちて落石の間に腕を挟まれて受けなくなった青年のお話です。実話に基づくお話です。最後に本人の映像が出てきます。☆☆☆☆・78点



単独でのロッククライミング中の事故により、谷間で身動きの取れなくなった青年の極限状態での体験を、実話に基づいて描く。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞に輝いたダニー・ボイル。ジェームズ・フランコ(「スパイダーマン3」)の主演男優賞を始め、アカデミー賞で6部門にノミネートされた。

タフなヒーロー気取りで人と深く関わらずに生きてきたアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)。開放的な陽気さとクールな一面を合わせ持つ魅力的な青年だ。ある金曜の夜、彼はいつものように1人でロッククライミングを楽しむため、慣れ親しんだユタ州、ブルー・ジョン・キャニオンに向けて出発する。それは、彼にとってどうということのない週末の過ごし方だったが、突然、過酷な運命が襲い掛かる。落石に右腕を挟まれ、狭い谷底から一歩も動けなくなってしまったのだ。助けを求める叫び声は無人の荒野に虚しく響き渡る。知識と経験を総動員して岩を撤去しようとするが、ガッチリと挟まった岩はピクリとも動かない。死を目前にして初めて自分の人生と向き合うアーロン。自分勝手に生き、両親にも、友達にも、恋人にも決して心を開かなかった。衰弱してゆく身体を引き裂くように襲い掛かる後悔、それと同時に湧き上がる“生きたい”という生への執着と情熱。そして生命の限界を越えた127時間後、遂に彼は決断する……。

この後、更に「トップ・ガン」を見ました。F14ならこの作品ですね。
 
12月17日(土)は曇。午後にある朝倉歯学会は欠席することにする。夜は近くの斎場に知人の通夜私よりも若かった。年賀状をプリントしていたらプリンターがとうとう壊れた。最近調子が悪いと思っていたが・・・。寿命が短かった。午前中にamazonにプリンターとインクを注文。新しいプリンターのインクのみ届いた。
 
12月16日(金)は曇。冷えているようだ。午後になって体温を測ったところ少し発熱気味。いつもの医院に行って薬を処方してもらいました。夜は抗アレルギー剤を服用したので鼻がすかすかだった。
 
12月15日(木)曇。1日家に閉じこもり咳と鼻汁でした。のどの痛みは軽くなった。
 
12月14日(水)は晴。暖かいので窓に露はなし。午後は高齢者運転免許証講習がある。甘木自動車学校。認知のテストは96点だったが、目や分銅能力は落ちている。確実に歳をとっているようだ。運転には十分気を付けよう。来年の3月前後に更新に行こう。大内田実さんの通夜に出席。明日が葬儀。のどの調子が悪いので抗生剤を服用している。
 
12月13日(火)は晴。500m泳いで、400m歩いた。終わりの近いテレビドラマを消化している。
 
12月12日(月)は晴。冷えた。エアロバイクP2を20分間。午後は映画に行った。

時間の都合でT-ジョイ久留米1番にて午後2時45分からの「海賊と呼ばれた男」を見ました。原作を読んでいた。実在の人の話だが架空の人物として描かれていた。アメリカ映画の様にトルーストーリーとして描けばいいと思うのだが、いろいろと不都合が多いのかもしれない。連想させる物はスタンドのマークと日承丸位のみのだった。☆☆☆☆・ 77点



百田尚樹の同名ベストセラー小説を「永遠の0」のコンビ、山崎貴監督・岡田准一主演で映画化。敗戦後、石油販売を行う国岡商店を率いてきた鐡造は、日本人としての誇りを持ちながら、独自の哲学と行動力で戦後日本に勇気と希望を与える大事業を成し遂げてゆく。共演は「64 ロクヨン」の吉岡秀隆、「ストレイヤーズ・クロニクル」の染谷将太、「海街diary」の綾瀬はるか、「愛を語れば変態ですか」の野間口徹、「俺物語!!」の鈴木亮平、「日本で一番悪い奴ら」のピエール瀧、「お盆の弟」の光石研、「日本のいちばん長い日(2015)」の堤真一、「映画 深夜食堂」の小林薫。音楽は「永遠の0」の佐藤直紀。

1945年。B29の群れが東京上空を覆いつくし無数の焼夷弾が落下。燃え盛る東京をバックに離陸していく戦闘機「月光」だったが、機数も少なく上昇力も弱いためあえなく敵に迎撃されてしまう。その地獄のような光景を国岡鐡造(岡田准一)はただ見つめているしかなかった……。玉音放送が響く中、銀座歌舞伎座裏に奇跡的に焼け残った国岡商店ビルから聞こえる鐡造の声。「愚痴をやめよ、戦争に負けてすべてを失おうとも日本人がいる限りこの国は再び立ち上がる。日本は石油を求め、石油をめぐる戦いに敗れた。今後この国が復活するためには石油が必要になる。だからこそ我々が働かなければならない」主要燃料が石炭だった時代から、石油の将来性を予感して石油業に邁進してきた鐡造は、戦後、石油の販売ができない時にも誰一人クビにすることなく、ラジオ修理などあらゆる業種に仕事を見出しながら店員たちを鼓舞。GHQや官僚的な石油公団にも屈することなく独自の経営哲学とその行動力により、石油販売網を拡大していくのだった。だが、やがてアメリカ石油資本のメジャーは鐡造を警戒し敵視するようになり、その圧倒的な包囲網で国岡商店の石油輸入ルートはすべて封鎖されてしまう。そんな八方塞がりの状況の中、鐡造は国岡商店の至宝である「日承丸」をイランに送ろうとしていた。しかし、イラン石油を輸入することは英国を完全に敵に回すことでもあった。英国の圧力により貧困にあえぐイランと自らを重ね合わせ、既得権益に胡坐をかく米英らメジャーとの本当の意味での戦いに突入する国岡商店。果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり無事に日本に帰還することができるのか……。
 
12月11日(日)は晴。アルカディア太宰府で家内の姪の陽子ちゃんの結婚式。ようやくたどり着いた。いいお天気で良かった。
 
12月10日(土)は晴。プールには行ってみようと思う。600m泳いで600m歩いた。今後の計画としてはプールに行かない日はエアロバイク30分とすることにしようと思う。靴底が送ってきた。

「下克上受験」を読了。物語としては面白くない。受験生の父が読めば違う感想があるだろう。
 
12月9日(金)は曇。夜はKDU朝倉支部総会・懇親会。来期から支部長は辻先生に代わってもらうこととした。来年度は75歳になる。辻先生は74歳になる。いい頃合いと思う。午後7時30分。内科に行こう。薬がなくなる。35日分もらった。時間があればプールへ行こう。500m泳いで400m歩く。今、「下克上受験」を読んでいる。1月から連ドラになる。田中博の「筑紫の磐井 上」葦書房 古書Aが届いた。下は見当たらなかった。
 
1月8日(木)は晴。プールに行こうと思う。少し遅くなったのでプールはやめてエアロバイクP2を30分したが、強い所は手を使って手伝った。弱っている。
 
12月7日(水)は晴。夜は久留米へ行く予定。五十嵐さんの藍綬褒章受章祝賀会・忘年会、久保田さん宅で、車での迎えと送り大変お世話になりました。甘木には家内が迎えに来ました。

プールには行かなかったので、エアロバイクのP2を20分した。

「筑紫の磐井」を読了。
 
12月6日(火)は曇。プールに行ってみよう。500mおよいで、300m歩いた。エアロバイクはお休み、イルミネーションを飾ってみたが、もう1個Aに注文した。
 
12月5日(月)は曇。夜は例会。「コピーフェイス」を読了。思いがけず、面白く読めた。そこそこの長編。元々は恋愛小説家だった様だが、サスペンスでもあった。ドラマとはだいぶ異なっている様だ。




久しぶりに「エアロバイク」を20分間してみた。すっかり足の筋肉が衰えているのを認識した。少しはトレを続ければ登山の糧になるかもしれない。
 
12月4日(日)は曇時々雨。どこにも行かずにコピーフェイスをよんだり、テレビのドラマを見たりして1日終わった。
 
12月3日(土)は晴。夜は福岡県同窓会理事会。午後4時30分から県歯の視聴覚室。その後は懇親会。

「雪煙チェイス」を読了☆☆☆☆・


理事会は県歯会館5階の視聴覚室にてあった。その後「稚加榮」にて福岡市懇親会に出席。13期の人は多いが先輩達は少ない。きき酒でクオカードをもらった。ここは験のいい会合なので何回か景品をもらっている。帰りに警固公園で写真を・・・ぶれていた。







 
12月2日(金)は晴。映画に行くかもしれない。桜井伸一の「下克上受験」とサンドラ・ブラウンの「コピーフェイス」が届いた。コピーフェイスは1100円の物が1700円以上と高かった。品切れ中のようだ。

イオンシネマ筑紫野1番にて午後3時からの「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」2D吹替を見ました。ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ第一段です。それなりのファンタジーではありました。舞台はニューヨークでした。☆☆☆☆・77点


人気シリーズ「ハリー・ポッター」に登場する教科書を編纂した魔法動物学者に焦点を当てる、スピンオフシリーズ第1弾。世界中を旅して魔法動物を集めている魔法使いニュート・スキャマンダーのトランクから動物たちが逃げ出し、ニューヨークに混乱が広がる。「ハリー・ポッターと賢者の石」から約70年前のアメリカを舞台にしている。「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J.K.ローリングが脚本に参加、映画のために新しく物語を書き下した。監督は同シリーズ第5弾「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」以降の4作を手がけたデイビッド・イェーツ。主演は「博士と彼女のセオリー」で第87回アカデミー賞主演男優賞に輝いたエディ・レッドメイン。

優秀だけどおっちょこちょいな魔法使いニュート・スキャマンダーは、世界中をめぐって魔法動物を集めては不思議なトランクに詰め込んでいる。ニューヨークに立ち寄ったところ、トランクが普通の人間のものと入れ替わり、危険な魔法動物たちがトランクから逃げ出してしまう。ニューヨークは大パニック。ニュートは魔法省から追われ、さらには魔法省の壊滅を狙う謎の組織も現れ、思わぬ事態に。新たに出会った仲間たちや奇想天外な魔法動物とともに、ニュートは冒険を繰り広げる。
 
12月1日(木)は雨。プールに2週間ぶりに行った。500m泳いで、350mばかり歩いた。久しぶりは疲れる。体力が落ちているようだ。エアロバイクもした方がよさそうだ。東野圭吾の「雪煙チェイス」が届いた。文庫の新刊だ。

〔ホーム〕〔上〕
 
日記
2016年11月
 
11月30日(水)は曇。午後は整形外科へ。足首を診てもらった。レントゲンとついでにMRIも撮ったが、足首の関節がひどく痛んでいる状態だった。ひどく痛むようになったのはここ数年ですが、ずいぶん以前から登山の時は意味が出ていた。変形性関節症。最終的にはOPらしい。これを希望するなら足の関節専門医にかかるように言われた。まあ全然歩けないわけではなく、山歩きも足首を固定する靴を履けば何となくしばらくは歩けるので様子を見ることとする。腰の痛みからの足の不都合もなくなってしまったわけではないので、この後の様子を見ていくことにする。
 
11月29日(火)は晴。映画に行こうと思う。

イオンシネマ筑紫野4番にて午後2時10分からの「疾風ロンド」を見た。原作を読んでいたので期待していたが、コメディタッチでそれほどはなかった。サスペンス度もミステリー度も少ない。原作の詳しい内容は忘れていました。☆☆☆☆・68点



東野圭吾の同名ベストセラー小説を映画化。極秘開発した違法生物兵器が盗まれ3億円を要求されるが、犯人が事故死。回収を託された冴えない研究員・栗林がわずかな手がかりを頼りにスキー場を割り出し生物兵器を探すうちに、予想外の出来事が次々に起こる。監督はバラエティ番組『サラリーマンNEO』や連続テレビ小説『あまちゃん』を手がけた吉田照幸。主演の阿部寛はテレビドラマ『新参者』および「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」以来の東野作品である。ほか、「クローバー」の大倉忠義、「ロマンス」の大島優子らが出演。

大学の研究所施設から違法生物兵器K-55が盗まれ、全国民を人質にに身代金3億円を要求するメールが研究所所長宛に届く。残された時間は4日間。極秘開発した兵器であるため警察に通報することもできない。秘密裏に生物兵器を捜す重大任務を課せられたのは、冴えない研究員の栗林和幸(阿部寛)だった。まったく手がかりを掴めずタイムリミットが刻一刻と迫る中、犯人死亡の一報が入る。犯人の遺品から浮かび上がった日本最大級のスキー場に向かった栗林は、パトロール隊員の根津(大倉忠義)やスノーボード選手の千晶(大島優子)の協力を得ながら生物兵器を捜すが、思わぬ事態が待ち受けていた。
 
11月28日(月)は晴。割と暖かい。午後から家内とうきは市のコメリへ園芸資材の買い出しに行った。花苗も購入。久しぶりに芍薬の苗を購入した。
 
11月27日(日)は雨。ハイビスカスの鉢を室内に持ち込みました。温室に暖房を付けていないので置く場所に困ります。一日中テレビ版でした。映画やドラマを診ていました。夜は眠剤を服用した。
 
11月26日(土)は朝は晴。冷えています。息子はPTAの戯用事手休診していました。私は数名を診ました。午後はどこにも行かずでした。夕方から雨でした。
 
11月25日(金)は晴。冷えている。プールには行かず。
 
11月24日(木)は曇。冷えている。午後はプールには行かず留守番。また、一度目が覚めるとなかなか寝付かなくなった。
 
11月23日(勤労感謝の日)(水)はお昼近くから宇佐市方面に出かけた。


家内も同行。まず院内町の「福貴野の滝」を訪れた。遊歩道もあり見やすい展望台もある。


次いで、「寒水のムクノキ」、


次いで「日吉神社のイチイガシ」、


昼食後東椎屋の「熊野神社のイチイガシ」


その後「東椎屋ノ滝」を

見物して国道375経由で帰宅した。帰宅時は雨だった。由布岳PAにスマートICが27日に開通するそうだ。便利になりそうだ。
 
11月22日(火)は晴。古禅5時59分・小名浜お気で地震。津波警報。震度5弱。午後はプールは休んで映画に行くかもしれない。

イオンシネマ筑紫野6番にて午後2時25分からの「オケ老人!」を見た。結構、面白いコメディの音楽すぽん今ものです。ラストのオチも朝ドラと同じ?感じで笑える?。☆☆☆☆・78点



荒木源の同名小説を原作に「ぱいかじ南海作戦」の細川徹監督が映画化。音楽を愛する新任の高校教師・小山千鶴は、勘違いから老人ばかりのアマチュアオーケストラに入団。歓喜する老人たちに真実を言い出せない千鶴は、ついには指揮棒を振ることになってしまう。出演は「真夏の方程式」の杏、「at Home アットホーム」の黒島結菜、「高台家の人々」の坂口健太郎、「青木ヶ原」の左とん平、「岸辺の旅」の小松政夫、「お盆の弟」の光石研、「陽光桜 YOKO THE CHERRY BLOSSOM」の笹野高史。

梅が岡高校に赴任してきた数学教師の小山千鶴(杏)は、着任早々地元の文化会館でアマチュアオーケストラの演奏を聴き、入団を決意する。千鶴の趣味はヴァイオリンで、学生時代からオーケストラで演奏していたのだ。しかし、千鶴が向かった「梅が岡交響楽団は、メンバーが老人ばかり。どうやら先日感激したコンサートはエリート集団の「梅が岡フィルハーモニーという全く別のオーケストラだったらしい。この小さな町にはアマチュアオーケストラが二つ存在していたのだ。「梅が岡交響楽団」は下手くそな年寄りばかりだったが、若者の入団を大喜びする老人たちに千鶴は自分の勘違いを言い出せないまま、楽団に参加することになってしまう。そしてついには千鶴が指揮棒を振るはめに。そんな折、フランスから世界最高と言われる指揮者ロンバールが来日、「梅が岡フィルハーモニー」を指揮することになるのだが……。
 
11月21日(月)は曇。夜中に一度しか起きなかった。痛みはあまり感じなかったが、鎮痛剤は関係ないのかもしれない。夜は介護のグループワーク2回目・医師会病員研修室1900〜2100。
 
11月20日は(日)は曇。お昼頃、福山さんとSUNADAさんが訪れたイーピナシャン一品香で昼食・久しぶりに楽しいひとときだった。砂田さんはネパールからヒマラヤトレッキングに出かけていたそうだ。25日くらい。




X-TRAIL20GTの修理が出来た。92000円也。少し一味が出たのかと思い、寝るときに鎮痛剤を服用した。
 
11月19日(土)は雨。夜中は雷雨のようでぴかぴかごろごろだった。が何となく眠れた。明け方少し痛みがあったが安静の方向で痛みは感じない方向がある。鎮痛剤の服用を昼の分からやめた。東野圭吾の「恋のゴンドラ」Aが到着。「雪煙チェイス」も新刊のようだ。購入予定。
 
11月18日(金)は晴。明け方腰が痛くてしばらくたまらなかった。やはり、尿管結石の有無くらいは確かめた方がよさそうだ。夜は研修。昼間は痛みがあまり出なかったので、泌尿科には行かず。
 
11月17日(木)は晴。腰の痛みは膝を上げるときは痛みが増すが、通常は鈍痛程度である。
 
11月16日(水)は晴。午後は映画にでも行こうかと思っていたが、午前中はそうなかったのに、お昼に急に腰の右側が痛くなった。尿管結石かとも思ったが右膝WOWOWオンデマンド上げると痛みが増すので、行きつけの整形外科に行った。担当医は変わったがやはり脊柱の変形が著しいのが原因だろうと言うことでしばらく鎮痛剤を服用することにした。この症状はここのところ軽いけれども痛みはあったような気がする。こんなに急に痛くなるとは思わなかった。
 
11月15日(火)は曇。暖かい。500m泳いで、750m歩いた。携帯のマイクロSDカードが壊れていた。
 
11月14日(月)は雨。午後はT-ジョイ久留米10番にて午後2時40分からの「インフェルノ」2D字幕版を見た。サスペンスがなかなか良かった、あのどんでん返しにも驚いた。しかし、前作を上回ることは出来ないようだ。☆☆☆☆・76点。




ダン・ブラウン原作、ロン・ハワード監督によるミステリー映画「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続くシリーズ第3弾。宗教象徴学者ラングドンは、ウィルスで人類滅亡をもくろむ生化学者ゾブリストがダンテの叙事詩『神曲』地獄篇に隠した暗号に挑む。出演は、「ブリッジ・オブ・スパイ」のトム・ハンクス、「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズ、「二ツ星の料理人」のオマール・シー、「めぐり逢わせのお弁当」のイルファーン・カーン。

宗教象徴学者のラングドン教授(トム・ハンクス)は、アメリカの大富豪で生化学者のゾブリスト(ベン・フォスター)から挑戦状を突き付けられる。それは、人口増加問題の過激な解決策として生み出したウィルスだった。伝染病を利用した人口淘汰をもくろむゾブリストは、詩人ダンテの叙事詩『神曲』地獄篇(インフェルノ)に暗号を隠す。ラングドンは、人類を滅亡に導く陰謀の謎に挑む。
 
11月13日(日)は晴。美祢市大田の「雨乞山」「東山」に行って、大田雨乞山 340m ・東山 530m、明楽寺のイチョウ、長登のシダレザクラ、綾木八幡宮のナタオレノキ、明林寺のイヌマキ、四之瀬のイロハモミジ、正現寺のイヌマキ、真名のメタセコイヤ並木、宝泉寺のヤマグワ、下領八幡宮の社叢等を訪れた。午後4時頃には自宅だった。X-TRAIL20GTが修理中なのでAQUAで出かけた。オートクルーズがないのでイマイチ乗りにくい。燃費は良好。美祢市には時間のかからないピークがあるので、巨樹探訪のついでに登って見たい。ニューピークは2座です。
 
11月12日(土)は晴。仕事が遅くなったので結局プールには行かず。花壇の準備を手伝った。
 
11月11日(金)は曇。そろそろプールには行ってみよう。とおもったのですが、仕事が遅くなったので、映画に行くことにした。

イオンシネマ筑紫野8番にて「ジヤック・リーチャー」2D字幕版をみた。トム・クルーズのシリーズものである。アクションもあり、サスペンスフルでもあり、それなりには楽しめた。公開して間もないのでまあまあの入りだった。☆☆☆☆・74点



リー・チャイルドの小説を映画化した「アウトロー」の続編で、「ラスト・サムライ」のエドワード・ズウィック監督、トム・クルーズ主演のサスペンス・アクション。元米軍秘密捜査官ジャック・リーチャーは、何者かの陰謀で捕まったターナー少佐の救出に動く。出演は、「アベンジャーズ」のコビー・スマルダース、ドラマ『HEROES』のダニカ・ヤロシュ、ドラマ『プリズン・ブレイク』のロバート・ネッパー。

ケンカが発生したと通報が入り、保安官が現場まで駆けつける。そこには何人もの男たちが倒れていたが、これは男がたった1人でやったことらしい。ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)は手錠をかけられ、連行されそうになると突然、「90秒以内に2つのことが起きる」と予言をし始める。「まず電話が鳴る」「次にこの手錠はあんたの手に」というリーチャーの言葉を鼻で笑う保安官だったが、結局リーチャーの予言通りとなる。リーチャーは古巣である軍に立ち寄るため、現在の指揮官であるターナー少佐(コビー・スマルダース)を訪ねるが、スパイ容疑で逮捕されたと聞かされる。ターナー少佐は嵌められたのだと感じたリーチャーは、彼女を助けるため動き始めるが、彼を追う謎の影が現れる。しかし、リーチャーは軍で培った能力で次々と敵を倒していき、ターナー少佐を牢獄から脱出させる。何かの陰謀があると感じた二人は、真相を探り始める。
 
11月10日(木)は雨。X-TRAIL20GTをしゅりに出した。代車はディズ。プールには行かず。午後は留守番だったが、息子の感謝さんが来たので診たが、プールで良く会う人だった。
 
11月9日(水)は晴。明日X-TRAIL20GTを修理に出すので荷物下ろすこと。10日くらいかかる様だ。

午後2時35分からT-ジョイ久留米10番にて「湯を沸かすほどの熱い愛」を見た。死期間近の宮沢りえの母親役も良かった。☆☆☆☆★ 85点。



自主映画「チチを撮りに」の中野量太監督による商業用長編デビュー作。父が出奔し、休業している銭湯・幸の湯。母・双葉はパートをして娘を育てていたが、突然、余命わずかと宣告される。すると双葉は“ぜったいにやっておくべきこと”を決め、実行していく。出演は、「紙の月」の宮沢りえ、「愛を積む人」の杉咲花、「FOUJITA」のオダギリ ジョー。


銭湯・幸の湯を営む幸野家だったが、1年前、父・一浩(オダギリ ジョー)がふらっと出奔してから休業していた。母・双葉(宮沢りえ)は持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘・安澄(杉咲花)を育てている。ある日、双葉は余命わずかという宣告を受ける。それから双葉は、“絶対にやっておくべきこと”を決め、実行していく。それは、家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる、気が優しすぎる娘を独り立ちさせる、娘をある人に会わせる、というものだった。双葉の行動によって、家族の秘密はなくなり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母・双葉を送ることを決意する。
 
11月8日(火)は雨。脚の調子が悪いのでプールも休んでしまった。明日に予定のかかりつけ医に行き、投薬とインフルエンザの予防注射をした。入院給付金の請求書を依頼した。1県だけが規約を良く理解していない保険があったようだ。確かめなければ。
 
11月7日(月)は晴。午後はHくんの見舞い。聖マリア病院・経過は良いようだ。
 
11月6日(日)は晴。一念発起で祖母山風穴コースから周遊することにして、益城ICまで高速道でいき、グリーンロードを使い北谷登山口へ駐車場は空いていた。7時15分に出発。風穴コース入口からはじめの徒渉地点で躓いた。上流への踏跡をたどってしまった。すぐ踏跡が続かないので町か゜いた゜と期つ゜いたが、15分くらいの時間のロス。更にはしめは よかったのだが風穴へは急登の始まりだ。紅葉もあまりさえないが、お天気は良いようだ。風穴からは更に急登が続くのだが、次第にばてて来た。少しの休憩を取りながら何人にも追い抜かれながら山頂に着いた頃にはガスでんぼうなし。午後1時近くになっていた。写真を撮って小屋へ行ってみると加藤さんはすでに帰宅していたようだ。小屋で昼食を済ました。下山は国観峠経由。クスれを飲んだり脚に軟膏を塗布したりした。午後5時30分頃ようやく登山口へ。ヘッドランプを使わずに澄むぎりぎりの時間だった。今年は8時間くらい歩いたことはあったのだが、登りの時間が短かったので今回の感覚は最近急登を長く歩くことがないツケが来ていたという所のようだ。75歳まではある来たいと思っていたのでもう少し脚をトレしなくてはと思った1日にでした。
 
11月5日(土)は晴。息子がいないので留守番だった。いつもより遅くまで仕事場にいたのでプールには行かず。祖母山北谷登山口へルートを探してみた。クリーンロードは走れるようなのでここを使うルートとした。
 
11月4日(金)は晴。500m泳いで、800m水中歩行。速く歩くと脚が結構疲れる。夜は常会。F先生は欠席だった。
 
11月3日(木)(文化の日)は晴。祖母山をあきらめて防府市の「観音山」と天徳寺のイチョウ・若月家の臥龍松・正福寺のソテツ・阿弥陀寺のヤマモモ・宇佐神宮のヤマザクラなどを訪ねました。ニューピークは1座でした。天徳寺の駐車場を出るときに出口で右側のボディーをこすった。修理代が95000円かかるようだ。。
 
11月2日(水)は晴。昼頃病院へ行く。500m泳いで800m水中歩行。その後キリン花園へ。そして夜須のゴジラのかかし。
 
11月1日(火)は晴。久しぶりにプールへ行きました。500m泳いで、500m水中歩き、約50分であがりました。

〔ホーム〕〔上〕
 
日記
2016年10月
 
 
10月31日(月)は曇。
 
10月30日(日)は晴。だいぶ冷えていた。帝塚山の霊園にお参り。ここからタクシーで堺市市役所に往復。百舌鳥古墳群を堺市役所展望台から見学。夕方から新幹線にて帰宅。
 
10月29日(土)は晴。大阪で家内の兄の3回忌。息子の運転で博多駅へ。義弟夫婦とともに計6人で新幹線にて新大阪へ。天王寺都ホテルにて法事・宿泊。夜はハルカスにて夜景を堪能。
 
10月28日(金)は曇。明日の用意でプールはお休み。
 
10月27日(木)は晴。結局疲れていたのでプールは休み。
 
10月26日(水)は雨。朝から下剤だ。これがいやなのでいつも個室に入院している。今回は検査は午後3時過ぎからだった。小さなポリープが2個みっかった。生検のために切除。今回はある薬の服用をやめていなかったので切除は危ないところだったが、何とか。無事に夕方には退院。帰宅してガッテンを見ると丁度大腸癌の特番だった。次は11月2日午前12時までに病院へ。
 
10月25日(火)は曇。午後から医師会病院へ。体調の検査に入院。今回は個室を頼んでいたが、特室となった。丁度、部屋がなかったようだ。個室の2倍の広さがありバス付きだがバスは使用しなかった。
 
10月24日(月)は晴。プールは休み。娘夫婦と孫つれてイオンシネマ筑紫野に「君の名は。」をみにいった。もう2ヶ月も上映しているには観客は多い。娘は楽しめたようだ。私も2度見る映画とは思っていなかったが、良かった。レピーターは多いようだ。☆☆☆☆★85点としておきます。
 
10月23日(日)は午前中は「ブリット」をみた。久しぶりに見て新鮮だったが、秀作の部類だ。☆☆☆☆・75点




ロバート・L・パイクの原作を、アラン・R・トラストマンが脚色、イギリス演劇界の出身で、「太陽と遊ぼう」「大列車強盗団」のピーター・イエーツが監督したアクション。撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はラロ・シフリンが担当した。出演は「華麗なる賭け」のスティーヴ・マックィーン、「ナポレオン・ソロ」シリーズのロバート・ヴォーン、「甘い暴走」のジャクリーン・ビセットほか。制作はフィリップ・ダントニ。

やくざ者のジョニーは仲間を裏切り、200万ドルを持ち逃げした。その彼が目ざすはサンフランシスコ。少壮政治家チャルマース(ロバート・ヴォーン)が、もしジョニーが上院で証言台に立ってくれれば身柄を保護してやろうと確約してくれたからだ。しかしサンフランシスコにやって来たジョニーはニセ者だった。彼の本名はレニック。夫婦そろってのヨーロッパ旅行を報酬に身替わりになったのだ。そうとは知らず敏腕刑事ブリット(スティーブ・マックィーン)は、彼の護衛役をつとめた。だが、ある夜ブリットが恋人キャシー(ジャクリーン・ビゼット)に会いに行っている最中、ニセのジョニーは2人の男に射たれ重傷を負った。病院にかつぎこまれたが、そこでも、あやしげな男たちが、常につきまとう。チャルマースはブリットの失態を責めるが、何故かブリットはチャルマースの行動に疑問を抱く。政治的野心のためのなにかを……。医師の努力もむなしくニセのジョニーは死んだ。だがブリットは、彼がまだ生きていると見せかけて病院の外に運び出した。2人の殺し屋がブリットを追い、サンフランシスコの急坂道で、すさまじい追跡が展開。一方、チャルマースは、ブリットをこの事件から手をひかせようと懸命だった。だがブリットはひるまず事件の究明を続け、死んだジョニーはニセ者だったことを知った。そしてヨーロッパ旅行を楽しみにしていた彼の妻も殺されていた。彼女のカバンの中にはトラベル・チェックが入っていた。ブリットの勘がひらめく。本物のジョニーはヨーロッパへ行く!空港だ!広い夜の空港を逃走するジョニー。追うブリット。ついにロビーに追いつめ、拳銃が火を吹き、彼を捕まえたのである。やくざ者ジョニーの背後にあった巨大な権力に、ブリットは自分の職務のすべてを賭けたのである。



午後は雨がやんでいたので宇佐市の巨樹を訪ねた。西椎屋のイチョウ、藤群神社の2本スギ、山蔵のイチイガシを訪ねた。
 
10月22日(土)は雨。午後6時30分からタカクラホテルにて九歯大同窓会。家内が筑紫駅まで送迎してくれた。娘の家に行くっていたようだ。早く着きすぎたので開場でしばらく待機。それなりに集まったのでよかったのかもしれない。ここでチーム道下のメンバーの一人樋口せん゛いにあったので記念写真を撮った。彼は49期生だった。道下選手は東京パラリンピックを目指してがんばっているそうだ。
 
 
10月21日(金)は曇。息子は今日明日は学会に行くようだ。明日はKDU同窓会のみ参加する予定。午後6時半から。今夜は14期生の同窓会があることになっているが明日もあるので不参加としている。闘歯会の会合に便乗したものだ。facebookに瀬尾君の投稿が載っていた。
650m泳いで、550m歩いた。
 
10月20日(木)は曇。550m泳いで、750m水中歩行。足首に力が入るので少し痛くなるようになった。最近はだいぶ早く歩ける様になってきた。慣れてきたのかもしれない。孫に大学の入学許可証が届いたそうだ。一番早い入試に合格した。この先も努力してほしい。
 
10月19日(水)は曇。T-ジョイ久留米5番にて午後3時55分から18日見る予定だった「怒り」を見た。殺人事件があり、どれもそれなりの話なのだが、三つの物語が並行してある。1人が犯人なのだか、2人は犯人と疑われる。見応えのある作品だった。☆☆☆☆★ 85点。



原作:吉田修一、監督:李相日の『悪人』チームが再集結し、オールスターキャストの群像ミステリー。東京の八王子で夫婦が惨殺されてから1年、犯人はいまだ逃走を続けていた。千葉・東京・沖縄で前歴不詳の男と出会った人々の間に、男に対する不信感が広がっていく。監督は「フラガール」が第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞を獲得した李相日。芥川賞作家・吉田修一の同名小説を映画化。娘の交際相手を信用しきれず苦悩する父親を「許されざる者」以来の李監督作出演となる渡辺謙が演じるほか、「モテキ」の森山未來、「天の茶助」の松山ケンイチ、「そこのみにて光輝く」の綾野剛らが出演。

八王子の閑静な住宅地で、惨たらしく殺された夫婦の遺体が見つかる。室内には、被害者の血で書かれたと思われる『怒』の文字が残されていた。犯人逮捕に結びつく有力な情報が得られないまま、事件から1年が経ってしまう。千葉の漁港で働く洋平(渡辺謙)は、家出していた娘・愛子(宮崎あおい)を連れて帰ってくる。愛子は漁港で働き始めた田代という男(松山ケンイチ)と親密になっていき、洋平に彼と一緒に住みたいと告げる。しかしその直前に愛子のために田代に正社員登用を勧めて断られていた洋平の胸の内は複雑だった。二人のアパートの下見の際、田代が前住所を偽っていることが判明。さらに田代という名すら偽名だった。疑念を強める洋平が愛子を問いただすと、彼は借金で追われていると告げられる。そんな中、テレビで整形して逃亡を続ける八王子殺人事件の犯人の似顔絵が公開された。手配書を見つめ、警察に電話をかける愛子。時を同じくして田代は行方をくらます。東京にある大手広告代理店に勤める優馬(妻夫木聡)は、たまたま知り合った直人(綾野剛)と親密になり、住所不定の彼を家に招き入れる。直人は末期ガンを患う優馬の母・貴子(原日出子)や友人とも親しくなっていく。しかし日中の彼の行動がわからない上に、仲間内で空き巣事件が連続していること、見知らぬ女性と一緒にいたことが重なり、ニュースで報じられた事件の犯人の特徴を知った優馬の脳裏に直人の姿が浮かぶ。ふと、冗談めかして殺人犯かと口に出してしまう優馬。後日、直人は優馬の前から姿を消す。母と沖縄に引っ越してきた泉(広瀬すず)は、離島を散策中、一人でサバイバル生活をしている田中(森山未來)と出会う。泉は気兼ねなく話せる田中に心を開いていく。ある日、同い年の辰哉(佐久本宝)と訪れた那覇で事件に遭遇。彼女がショックを受け立ち直れないのも自分のせいだと自責の念にかられる辰哉は、田中に悩みを打ち明ける。自分は味方だとの田中の言葉に救われる辰哉だったが、彼の隠された事実を知り、やりきれない思いが胸中に広がっていく。
 
10月18日(火)は晴。500m泳いで800m歩く。プールは多かった。運転免許証の更新通知が来た。免許の有効期限6ヶ月前までには来たことになる。誕生日ではなかった。
 
10月17日(月)は曇。T-ジョイ久留米9番にて午後3時25分からの「グット・モーニング・ショー」を見ました。実は「怒り」を見るつもりでしたが、時間を間違えて早く行きすぎたのでこれを見ました。これが何も知らずに見たのですが、いかにも某Fテレビ局がつくった作品という所でした。それなりにコメディーとしては楽しめましたが・・・。☆☆☆☆・69点



遺体 明日への十日間」の君塚良一監督が生放送のワイドショーに携わるテレビマンたちの姿を活写するコメディー。朝の情報番組でメインキャスターを務める澄田真吾。番組の打ち切りや不倫発覚の危機に困惑する中、なぜか立てこもり犯の交渉役に指名され……。出演は「アゲイン 28年目の甲子園」の中井貴一、「海街diary」の長澤まさみ、「おかあさんの木」の志田未来、「S 最後の警官 奪還 RECOVERRY OF OUR FUTURE」の池内博之、「僕だけがいない街」の林遣都、「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」の梶原善、「知らない、ふたり」の木南晴夏、「海難1890」の大東駿介、「ヒメアノ〜ル」の濱田岳、「嫌な女」の吉田羊、「HERO」の松重豊、「すべては君に逢えたから」の時任三郎。

澄田真吾(中井貴一)は、朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター。かつて報道番組のエースキャスターだったが、ある震災現場からの現場リポートが世間から非難を浴びて番組を降板。以来、現場からのリポートが怖くてできなくなり、同期入社のプロデューサー石山聡(時任三郎)に拾われ今に至っている。ある日、いつものように深夜3時に起床した澄田は息子と妻・明美(吉田羊)の言い争いに巻き込まれる。逃げるようにテレビ局に向かう途中、今度はサブキャスターの小川圭子(長澤まさみ)から連絡が入り、二人の交際を今日の生放送で発表しようと迫られる。彼女は澄田と付き合っていると勘違いしているらしい。さらに石山からは番組の打ち切りが告げられ、新番組への登板もないことも伝えられ、踏んだり蹴ったりの事態に意気消沈するばかり。そんな中、都内のカフェに銃を持った男(濱田岳)が人質を取って立てこもっているという速報が飛び込んでくる。芸能ゴシップや政治汚職、行列スイーツ特集を押しのけ、立てこもり事件をトップのネタに番組はスタートするが、その直後、立てこもった犯人が、澄田を現場に呼べと要求していることが分かる。現場での過去のトラウマもあり困惑して拒否する澄田だったが、警察からの依頼を受けた石山からの命令、番組視聴率のため、そして圭子の暴露から逃げ出したいために澄田は現場へと向かうのだった。やがて、防弾チョッキにカメラとマイクを仕込ませたワイドショーのキャスターが、銃と爆弾を持った犯人と向き合うという前代未聞の生放送が始まった……。
 
10月16日(日)は曇イガと昼間は雨はなかった。出かけても良かったかもしれない。sh対日ハムを見たいこともあったが初回4点を逆転されてしまった。4対7でついには敗退。予想はしていたが。これで今年のプロ野球は終わったというとこ。
 
10月15日(土)は晴。500m泳いで800m歩いた。お天気が下り坂のようだ。明日は出かけることはない。
 
10月14日(金)は曇。午後は博多座へ行く予定。「おたふく物語」を観劇。眠かった。バスで行ったのですが、呉服町のバス手が幾つもあり帰宅する時に乗るバス停を迷った。娘に調べてもらった。家内の記憶が曖昧だったのが弦行くの1つだった。自分で調べて行くべきでした。
夏目鏡子述・松岡譲著「漱石の思い出」が届いた。

 
10月13日(木)は曇。プールに行こうと思う。500m泳いで、1000m歩いた。
 
10月12日(水)は晴。薬、学費の銀行振り込み、夜は社保の集団的指導・講習会・明治安田生命ホールにて午後7時から。帰宅は午後10時頃。10月25.26日は検査。
 
10月11日(火)は晴。イオンシネマ筑紫野9番にて午後2時40分からの「ジェイソン・ボーン」字幕を見ました。観客は多目のようだった。オリジナルですが、アクションがやはりすごかった。特に、カーチェイスは派手だった。☆☆☆☆★ 82点




驚異の身体能力を持つ孤高の殺し屋を演じたマット・デイモンの当たり役となった「ボーン」シリーズの新章。CIAによって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーンは、記憶を取り戻し世間から姿を消していたが、隠された過去の秘密をめぐり再び戦いに身を投じてゆく。共演は「世界にひとつのプレイブック」のジュリア・スタイルズ、「リリーのすべて」のアリシア・ヴィキャンデル、「美女と野獣(2014)」のヴァンサン・カッセル、「メン・イン・ブラック」シリーズのトミー・リー・ジョーンズ。監督は「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス。

CIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”によって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)。記憶を取り戻した彼が消息を絶ち何年もの歳月が経過したある日、世間から姿を消して生活していたボーンの元にCIAの元同僚であるニッキ―(ジュリア・スタイルズ)が現れる。彼女は、CIAが世界中の情報を監視・操作する事を目的とした極秘プログラムが始動したという情報を告げ、さらにボーンの過去にまつわる衝撃的な真実を明かす。それはボーンにとって新たな戦いの始まりを意味していた。ボーンは再び姿を現し、追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼が最も求めているものを提供すれば、再度CIA側に取り込めるのではないかと考え始める。しかし“史上最も危険な兵器”であるボーンは、追跡者が想像すらできないある目的を持って動いていた……。

「運命に、似た恋」を読了。
 
10月10日(体育の日)は晴。防府市の巨樹。ま、九州道が事故だというので大分道から東自動車道を回ったのでじかんがかかった。はじめて回ったのでヨシとしよう。はじめの目標は岩淵のイブキとしたが、場所が岩淵観音寺と勘違いしていた。天道の民家の庭にあるのだった。2にに聞いて節到着した。大きな木だが、斜めになっていた。次いで、玉祖神社の社叢、国分寺のクロガネモチは枯死していたが、他に大クス、マキノキ、大ケヤキなどの大木、老松神社のクス、向島小の寒桜、向島の厳島神社のクロガネモチ、最後は車で行ける「錦山」に行ったが途中で停車したところで、またまた、林道で長崎県佐々町でと同じようなハンドル操作で右側の前後輪を走行に落としてしまった。今回は近くに材木などがありこれを使って案外短時間にてあがることが出来た。同じ過ちを二度するとは年かなとも思いますが、寄用心しなくてはというところです。山頂近くに電波塔がありここまで車道は続いていた。ニューピークは一座でした。

「運命に、似た恋」が届いていた。ドラマの続きを読んでいる。
 
10月9日(日)は曇。剪定と除草剤散布・・・ようやく一応終わった。
 
10月8日(土)は曇。本を注文した。10日は防府市辺りへ、巨樹訪問をしたと思っている。550m泳いで700m歩いた。歩くのにも力が入るようだ。
 
10月7日(金)は曇。500m泳いで、650m歩いた。最近はしっかり歩くようなになったので脚が少し痛むことがある。今まではあまり運動になっていなかったのかもしれない。飛騨の方の痛みがあるので泳ぐのは500mそこそことした。税理士さんに相談。
 
10月6日(木)は晴。500m泳いで800m歩いた。しっかり歩いたら脚が結構疲れていたようだ。孫の授業料のはなし。@niftyへ電話をした。数字通知にはハガキが来るだろう。
 
10月5日(水)は台風が対馬海峡を通過。大きな台風で強風が少し吹いたが離れていて良かったという所。

映画に行く日なので風も収まっていたので午後からイオンシネマ筑紫野2番にて午後2時40分からの「SCOOP!」を見た。福山雅治主演のパパラッチに落ちたカメラマンのお話だが、結構面白かった。☆☆☆☆・73点。



「バクマン。」の大根仁監督と「そして父になる」の福山雅治が初タッグを組んだドラマ。凄腕カメラマンの都城静は、今は芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身している。ひょんなことから新人記者・行川野火とコンビを組むことになり、スクープを連発する。原作は1985年の原田眞人監督・脚本作品「盗写/250分の1秒」。出演は、「ふきげんな過去」の二階堂ふみ、「嫌な女」の吉田羊、「64 ロクヨン」シリーズの滝藤賢一、「シェル・コレクター」のリリー・フランキー。

都城静(福山雅治)はかつて数々の伝説的スクープをモノにしてきた凄腕カメラマンだったが、いま現役の雑誌編集者たちはその輝かしい実績をほとんど知らない。静は過去のある出来事をきっかけに報道写真への情熱を失い、芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身した。それから何年もの間、自堕落な日々を過ごしてきた静に再び転機が訪れる。ひょんなことから写真週刊誌『SCOOP!』に配属されたばかりのド新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組むことになってしまったのだ。二人は案の定まったく噛み合わず、ケンカばかりしていたが、この凸凹コンビがまさかの大活躍で独占スクープを連発する。そして、日本中が注目する重大事件が発生する。
 
10月4日(火)は曇。明日早朝から風が吹くようだ。台風のコースがだいぶ北寄りになっているが強風域には入るだろう。一応、鉢は片付けて置こう。雨戸は閉めなくてもいいかもしれない。午後はNTT。朝に変更といってきたが立会人がいないので約束通り。工事人の都合にて午後2時30分頃からになった。プールには行けなくなった。工事は無事に済みました。光プレミアムを光ネクストに変更するための機器の交換。付属機器が2個となった。ネットはそのまま繋がるようだ。
ルーターの取り替えには初期設定のIDねパスワードなどが不明になっているのでニフティに問い合わせなければ交換出来ない。交換すれば少しは早くなるものと思われる。
 
10月3日(月)は曇。台風が近づいている。WRX 2533DHP2 が届いた。設定は頼んでいる。ルーターとして使用するつもりである。レビューはあまり良くないものもある。よく読んでおけばよかったと思った。
 
10月2日(日)は晴のち雨。朝診療室玄関前を半分くらい剪定。つぼみがあるので少し枝を残して見た。原鶴六峰館にて「親和会」世話人だった。温泉に二度浸かった。帰宅時は雨だった。孫が入試の第一弾だったが、うまくいったかどうか?と電話があった。
 
10月1日(土)は曇。暑くなりそう。台風もまた近づいている。明日は原鶴六峰館にて「親和会」。世話人だ。700m泳いで800m歩いた。

〔ホーム〕〔上〕
 
日記

2016年9月
 
9月30日(金)は曇。500泳いで、800m水中歩行。ようやく新しいリンクステーションが使えるようになったようだ。それでこの日記を書いてHPにアップしてみよう。UP元の場所を変えなければならない。

DVD「メカニック」が届いたので見た。ジェイソン・ステイサム主演のリメイク版の基作品だ。筋立ては似ていたような気もする。これも面白かった。1972年の作品 ☆☆☆☆・75点。



“メカニック”と呼ばれる熟練の殺し屋の孤独な世界を描く。製作はロバート・チャートフ、アーウィン・ウィンクラー、ルイス・ジョン・カルリーノ、監督は「妖精たちの森」のマイケル・ウィナー、脚本はルイス・ジョン・カルリーノ、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はジェリー・フィールディング、編集はフレデリック・ウィルソンが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、キーナン・ウィン、ジャン=マイケル・ヴィンセント、ジル・アイアランド、リンダ・リッジウェイ、フランク・デ・コヴァ、ケヴィン・オニールなど。

ロサンゼルスのある安ホテルの1室で、向かいのアパートを凝視する男があった。やがて夜が白々と明ける頃、そのアパートは大爆発を起こした。男はアーサー・ビショップ(チャールズ・ブロンソン)、ある組織に雇われている殺し屋なのだ。殺しを科学と心得、危険で難解なものへのあくなき探究と、なしとげた時の満足感。素早く、完璧に芸術的な情熱をもって行なう正確無比な天職。彼はメカニックと呼ばれていた。翌日、家には次の指令が届いていた。分厚い封筒の中には犠牲者の完全な資料が入っていた。その犠牲者は、死んだ父の友人で、組織の1員でもあるハリー・マッケンナ(キーナン・ウィン)だった。ハリーは事故死と処理され、その葬式でアーサーは彼の息子スティーヴ(ジャン=マイケル・ヴィンセント)と会った。職業上、アーサーは決して人を近づけなかったが、若くて向こうみずなこの青年に不思議な親近感を覚えた。その頃アーサーは時々めまいに襲われるようになり、医者から極度の緊張が原因だといわれていたため、スティーヴを助手として使おうと考えた。射撃、ハンドボール、曲乗り飛行、スティーヴは着々と殺し屋に変貌していった。やがて次の殺人指令が届いた。麻薬密売の3人の若者を殺害せよ、という。この殺しにアーサーは無断でスティーヴに手伝わせたため、激しく叱責された。次の命令が下り、アーサーはコールガール(ジル・アイアランド)のもとで一瞬の休息をむさぼった。今度はイタリアでの暗殺だった。なぜかアーサーは気が進まなかったが、スティーヴに連絡しようと彼の邸を訪れた。そして彼の机の中に、アーサー・ビッショップの暗殺指令を発見した。今や彼自身が犠牲者の立場に立ったのだ。スティーヴがどうでるか、死という名のゲームが開始された。夜明け前、アーサーとスティーヴは岬に停泊するヨットへアクアラングで泳ぎつき獲物を求めた。が、船の中には敵の姿は無かった。とっさにアーサーは事態が読めた。暗殺指令自体が罠だったのだ。2人は時限爆弾を仕掛けて車を飛び降りた。窮地を切り抜け、もはやナポリに用はない。ホテルを引き払う時スティーヴが陽気に声をかけアーサーの愛飲するワインで2人は乾杯した。グラスをあけながらアーサーは、スティーヴがもはや1人前の殺し屋に成長したと感じた。が、その瞬間、アーサーは倒れた。スティーヴが組織から命令されたアーサー暗殺計画を遂行するために、グラスに毒を塗っておいたのだ。アーサーの意識は次第に遠のいていった。
 
9月29日(木)は曇。500m泳いで、700m水中歩行。

amazonプライムにある「メカニック」吹替を見て見た。スクリーンでも見ていたがすっかり忘れている。やはり正確に暗殺をこなすビショップでした。☆☆☆☆・75点



証拠をまったく残さず、機械のように完璧に暗殺を遂行することから“メカニック”と呼ばれる殺し屋の姿を描くアクション。監督は「ストレンジャー・コール」のサイモン・ウェスト。出演は「ロシアン・ルーレット」のジェイソン・ステイサム、「パンドラム」のベン・フォスター、「フールズ・ゴールド/カリブに沈んだ恋の宝石」のドナルド・サザーランド。

南米コロンビアの麻薬王が自宅のプールで暗殺、だが事件は事故死と判断された。闇の犯罪組織に雇われ、殺人の痕跡をいっさい残さない暗殺者、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)の犯行であった。常に慎重を期し、米ニューオリンズの沼地の奥にある隠れ家を誰に知らせることもない。クラブで知り合った美女サラ(ミニ・アンデン)との関係もその場限りで、誰とも組まずに孤独を受け入れる男。そんなアーサーの元に闇組織の雇い主サンダーソン(トニー・ゴールドウィン)から新たなミッションが下される。アーサーの親友であり、この仕事を始めるきっかけを作ってくれた恩人ハリー・マッケンナ(ドナルド・サザーランド)の暗殺。サンダーソンによれば、ハリーは組織を裏切って他の暗殺部隊を壊滅させたという。アーサーは葛藤を抱えながらも、プロとしてこの仕事を引き受ける。車椅子生活をおくるハリーを抹殺するのは、友人を騙すことに対する苦悩を除けば、たやすいことだった。ハリーの葬儀に出席したアーサーは、ハリーの息子・スティーブ(ベン・フォスター)と再会。父を殺したヤツに復讐したい、そして父がアーサーに教えたことを自分も教わりたいというスティーブ。アーサーは罪悪感も手伝い、彼を助手に迎え、暗殺のテクニックすべてを叩きこもうとするのだった。最初の仕事こそ手際が悪かったが、スティーブはメキメキと腕を上げていく。勝手に助手を雇ったことがサンダーソンには面白くないが、アーサーは使えるヤツだと説得する。次なるターゲットは自称“救世主”のカリスマ的な金満宗教家。二人は標的が滞在するホテルに手際よく潜入。だがスティーブのちょっとしたミスから、派手な銃撃戦は避けられなくなる。この頃から、何かが確実に狂い始めていた。死んだはずの男の突然の出現、ハリー暗殺ミッションの意外なからくり、そして父を殺したかもしれないアーサーに対するスティーブの疑念。誰を信じ、誰を敵とみなすべきか。混沌とした状況下、アーサーの命を懸けた戦いが始まろうとしていた……。
 
9月28日(水)は雨。リンクステーションはサイドコピーを開始している。2日間かかったようだ。LAN経由なので転送速度か゛おそい。

T-ジョイ久留米6番にて午後1時からの「メカニック:ワールドミッション」字幕を見た。水曜日はレディスデイなのでT-ジョイ久留米にはあまり行くことはないが、この作品はイオンシネマ筑紫野では上映されていない。ジェイソン・ステイサム主演の作品はB級に近いが好みの作品が多い。「メカニック」の後日談のようだ。正確に暗殺をするのは同じだ。☆☆☆☆・ 79点 ジェシカ・アルバを久しぶりに見た。ミシェル・ヨーやトミー・リーンジョーンズも出ていた。



ジェイソン・ステイサムが精密機器のように完璧に任務を遂行する殺し屋を演じるアクション作続編。兄弟子に無実の女性を人質に取られ、ビショップはやむなく巨大フィクサー3人の始末を引き受けるが、それは成功しても女性ともども消されるミッションだった。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ、オーストラリアのシドニー、タイ、ブルガリアを舞台に、復活した殺し屋ビショップに降りかかる超難問を追う。監督は「THE WAVE ウェイヴ」(2008)のデニス・ガンゼル。共演は「メン・イン・ブラック」のトミー・リー・ジョーンズ、「マチェーテ」のジェシカ・アルバ、「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」のミシェル・ヨーほか。

暗殺業から手を引いていたビショップ(ジェイソン・ステイサム)のもとに、かつて共に殺し屋教育を受け育ったもののビショップを裏切った兄弟子クレインからの依頼が舞い込む。罪のない女性を人質に取られやむなく引き受けた依頼の内容は、武器商人として暗躍する巨大フィクサー3人を事故に見せかけ殺すこと。しかしそれは、失敗しても成功しても女性ともども消されてしまうものだった。
 
9月27日(火)は曇。500m泳いで、750m歩いた。リンクステーションがうまく作動しない?
 
9月26日(月)は晴。X-TRAIL20GTの修理に出す。ハードデイスクを交換したので楽曲は全て消えていた。カーナビの登録地も全て消えていた。地図は新しいものが入っていた。修理代は105000円だった。点検もしている。

見たい作品がいくつかあるのでT-ジョイ久留米に行った。給油に立ち寄ったら時間がなくて高速道700円で行った。ワゴンRで行ったがもう10万qなろうかというところで高速道はやっとという感じだった。甘木ICが2時30分だった。開始時間は2時50分。本編開始にはぎりぎり間に合った。

T-ジョイ久留米6番にて午後2時50分からの「ハドソン川の奇跡」字幕を見た。2009年の実話をクリント・イーストウッド監督した作品だ。良い作品だった。最後にかかわった本人達が姿を現すのが楽しい。いつものやり方だと思う。☆☆☆☆★ 85点としておきます。



クリント・イーストウッドがトム・ハンクスを主演に迎え、乗客乗員全員無事生還した奇跡の航空機事故の実話を映画化。「ハドソン川の奇跡」と呼ばれた航空機事故の機長サレンバーガーは、世間からの称賛とは裏腹に、国家運輸安全委員会の厳しい追及を受ける。原作はサレンバーガー機長の手記『機長、究極の決断 「ハドソン川」の奇跡』。

2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が暮らすマンハッタン上空850メートルで突如、航空機事故が発生。全エンジンが完全停止し、制御不能となった旅客機が高速で墜落を始める。サレンバーガー機長(トム・ハンクス)の必至の操縦により、70トンの機体は目の前を流れるハドソン川に着水。“乗員乗客155名全員無事”という奇跡の生還を果たした。着水後も、浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は、国民的英雄として称賛を浴びる。だが、その裏側では、彼の判断を巡って、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われていた……。

 
9月25日(日)は曇時に雨。金小の運動会。小5の孫娘の運動会。2時頃に帰宅。
 
9月24日(土)は曇。600m泳いで750m歩いた。甘木と久留米の墓地へお彼岸参り。帰りにうどん。
 
9月23日(金)はイオンシネマ筑紫野4番にて午後2時5分からの「超高速!参勤交代 リターンズ」を見ました。続編ですが、何とかつじつまが合うように作られていたようです。☆☆☆☆・70点


急な参勤交代を命じられた弱小藩の奮闘を描き第57回ブルーリボン賞作品賞を獲得した時代劇コメディの続編。金も人手も時間もない中、知恵と工夫をこらし江戸に参勤した湯長谷藩一行。帰路の途中、老中が逆襲を企て藩で一揆が起こり、さらなる危機に陥る。前作に引き続き「鴨川ホルモー」の本木克英が監督を、第37回城戸賞を受賞した土橋章宏が脚本を手がける。また、湯長谷藩藩主役の佐々木蔵之介、飯盛女から藩主の側室となったお咲役の深田恭子、老中役の陣内孝則らが再集結している。

老中・松平信祝(陣内孝則)の差し金により幕府から突然の参勤交代を命じられた磐城国の湯長谷藩藩主の内藤政醇(佐々木蔵之介)ら一行は、金も時間も人手もない中知恵をこらし江戸へ参勤。そして藩に戻る交代の路につくが、その途中、湯長谷で一揆が起きた旨が伝わる。参勤のときに政醇たちに敗れた信祝が、さらに大きな権力と最強の刺客を使って逆襲に出たのだった。一揆を収めるためには2日以内に藩に戻らねばならず、また、交代であるからには大名行列も必要に。行き以上の速さで宿役人の目をくらましながらなんとか湯長谷にたどり着いたものの、すでに田畑は踏み荒らされ、城を乗っ取られた後だった。城をおびただしい数の幕府軍が取り巻いているのに対し、藩主らはたったの7人。湯長谷藩は再び絶体絶命の危機に陥る。


続いて、イオンシネマ筑紫野7番にて午後4時20分からの3D4DX「スーサイド・スクワッド」吹替を見ました。4DX初体験それなりに楽しめますが、2400円でした。DCコミックの映画ですが、ストーリーの整理がなかなか付かない。☆☆☆☆・69点



1930年代に始まるアメコミの元祖DCコミックスの原作を映画化。バットマンをはじめとするヒーローによって投獄されたヴィラン(悪役)たちが減刑を条件にチームを組み、世界崩壊の危機に立ち向かう。監督・脚本は、「フューリー」のデヴィッド・エアー。出演は、「フォーカス」のウィル・スミス、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャレッド・レト、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のマーゴット・ロビー、「ラン・オールナイト」のジョエル・キナマン、「ブラックハット」のヴィオラ・デイヴィス。

迫りくる世界崩壊の危機を前に、政府はある決断を下した。バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄され、死刑や終身刑となったヴィラン(悪役)たちを、減刑と引き換えに自殺に等しい任務を強制する集団スーサイド・スクワッド(自殺部隊)へ入隊させるのだ。こうして、情に厚い凄腕暗殺者デッドショット(ウィル・スミス)、狂気の道化師ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)、軍人リック・フラッグ(ジョエル・キナマン)、地獄の炎を操る小心者エル・ディアブロ(ジェイ・ヘルナンデス)、必殺縄師スリップノット(アダム・ビーチ)、ブーメラン使いキャプテン・ブーメラン(ジェイ・コートニー)、唯我独尊を貫く女侍カタナ(福原かれん)、魔女エンチャントレス(カーラ・デルヴィーニュ)、ウロコに覆われた怪力男キラー・クロック(アドウェール・アキノエ=アグバエ)という強烈な個性が揃った寄せ集めの最狂チームが誕生した。思いがけず“正義のヒーロー”を任された彼らは、世界を救うことができるのか!?
 
9月22日春分の日雨は結局何もせず。
 
9月21日(水)は晴。映画に行こうと思う。

午後4時50分からイオンシネマ筑紫野8番にて家内と「キング・オブ・エジプト」2D吹替を見ました。どちらかといえば若者向けのような感じもしますが、家内は喜んでいます。吹替の声優に問題があり興ざめする事がありました。☆☆☆☆・68点。



「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス監督による冒険ファンタジー。神と人が共生する古代エジプトに砂漠の神セトが君臨。混乱が広がる国を救うため、天空の神ホルスは盗賊ベックと組み、王座を左右する神の眼を奪おうとする。4D/3D/2D同時公開。セトに妻を奪われた盗賊ベックを「マレフィセント」のブレントン・スウェイツが、前王オシリスの子ホルスを「真夜中のゆりかご」のニコライ・コスター=ワルドーが、暴君セトを「300 <スリーハンドレッド>」のジェラルド・バトラーが演じる。

神と人間が共生する古代エジプトでは神々を讃える石像やピラミッドが建ち並び、生命の神オシリス王の統治のもと、繁栄を誇っていた。しかしオシリス王の弟である砂漠の神セト(ジェラルド・バトラー)が王を殺害。王座を強奪し、混乱が広がる。多くの民が苦しめられる中、オシリスの子・天空の神ホルス(ニコライ・コスター=ワルドー)は妻をセトに奪われた盗賊ベック(ブレントン・スウェイツ)と組み、王座を左右する神の眼を狙う。
 
9月20日(火)は雨。鉢やプランターを元に戻す。プールに行くかもしれない。丁度プールに出かけようとする頃に上村さんが治ったPCを届けてくれたので、セットしたりして、遅くなったのでプールは休み。夜は朝高12回生会、アベニューの大番にて。
 
9月19日(月)は振替休日。台風準備。だいぶ南の方へそれているようだ。雨は時に強く降っていたが、風は少し強風が吹いていたようだが、被害はほとんどなくてよかった。。今後の対策。応援していたマラソンの道下選手は銀メダルだった。夕方2012年製のPCがついに起動しなくなった。上村さんに頼んだ。
 
9月18日(日)は雨。休養。パラリンピックの女子マラソンは中係はなかったようだ。
 
9月17日(土)は遅くに帰宅。
 
9月16日(金)
 
9月15〜16日は家内とツアー。3日カントもほとんど雨には遭わなかったが、曇が多かった。16日は晴れていたる
 
9月14日(水)は雨。医者に行く予定。入院検査日を10月11.12日と決めてきたところ、12日夜は集団的・・・・を受けなければならなくなった。延期した。10月2526日とした。
 
9月13日(火)は曇。500m泳いで700mの水中歩行。
 
9月12日(月)は雨。結局何もしなかったような気がする。
 
9月11日(日)は雨はない模様なので午前4時半頃起床。午前5時に出発で。今回はカーナビの都合でAQUAを使用しました。山口市仁保中郷の「経塚岳」に行きました。先人は往復1時間だったそうですが、私は3時間弱でした。この後、仁保のクワ、仁保小の大クス、舟上神社のチシャノキ・イチイガシ、徳地堀出雲神社の大スギ、西宗寺の大ヤマザクラ、妙見社の大イチョウ、仁保上郷岩倉妙見社の大イチョウなどを訪問して帰宅しました、今回は全てカーナビでうまく移動することが出来ました。GPSも1部は参考にしました。やはり場所は特定していなくてはすむ砂見学は出来ないと思う。
 
9月10日(土)は晴。19時から杷木斎場へ。平位和博。
 
9月9日(金)は晴。新海誠の「君の名は。」kindleで読んだ。ようやくストーリーなどを理解できた。読みやすい本で漫画世代の人も読んでみるといいと思う。☆☆☆☆・ スピンオフ風なアナザーストーリーもあります。より、人間関係が詳しく書かれています。主に飛騨側(三葉サイド)のお話です。
 
9月8日(木)は曇。文藝春秋9月号の芥川賞受賞作品 村田沙耶の「コンビニ人間」を読みました。芥川賞にしては読みやすい作品でした。☆☆☆☆★85点



600m泳いで550m水中歩行。
 
9月7日(水)は曇。宮城公博「外道クライマー」を読了。いろんな登山家がいるものだ。


午後2時15分からイオンシネマ筑紫野1番にて「君の名は。」を見ました。やはり若い人が多い。あの「君の名は」とは関係はありませんが、似た様なところもありました。離れた男女が入れ替わる、それも時を隔てて、というお話ですが、これはSFかメルヘンです。☆☆☆☆★82点。家内も見ましたが、面白くなかったそうです。



「言の葉の庭」の新海誠によるオリジナル長編アニメ。山深い田舎町に暮らす女子高生の三葉は、ある日、自分が東京の男の子になる夢を見る。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ていた……。キャラクターデザインを「心が叫びたがってるんだ。」の田中将賀、作画監督を「思い出のマーニー」の安藤雅司が務め、音楽をロックバンドRADWIMPSが担当する。声の出演は「太陽」の神木隆之介、「舞妓はレディ」の上白石萌音。

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に小学生の妹と祖母の3人で暮らす女子高校生・宮水三葉(声:上白石萌音)は、憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動や家系の神社の古き風習などに嫌気が差し、友人たちと小さく狭い町を嘆き、東京の華やかな生活に憧れを抱いていた。周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れは日々強くなっていく。そんなある日、三葉は自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。三葉は、戸惑いながらも念願だった都会での生活を思いっきり満喫するのだった……。一方、東京で暮らす男子高校生、立花瀧(声:神木隆之介)は、日々、友人たちと楽しく過ごしイタリアンレストランでバイト中。同僚の奥寺先輩へひそかに好意を寄せている。ある夜、瀧は奇妙な夢を見る。行ったこともない山奥の町で自分が女子高校生になっているのだ。繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている記憶と時間……。出会うはずのない瀧と三葉は、やがてお互いの存在を知る。入れ替わってしまった身体と生活に戸惑いながらも、その現実を少しずつ受け止める二人。運命の歯車がいま動き出す……。
 
9月6日(火)は晴れそうだ。500m泳いで600m水中歩行。結構多い。
 
9月5日(月)は曇。プランター、鉢などを戻した。台風は勢力を急速にに弱めているようで、被害はなかった。運が良かったようだ。夜は例会。
畠中恵の「おおあたり」を読了。☆☆☆・・60点

9月15.16.17.日は旅行に行くことにした。17日の医療保険講習会は欠席することにした。
 
9月4日(日)は雨。台風準備など。自宅の庭でマムシの子供を捕獲した。殺してはいない。風もあまり吹かず雨もひどくはない。
 
9月3日(土)は曇。700m泳いで、400mの水中歩行。草刈り鎌や除草剤を購入。駐車場の草刈り少しと除草剤散布。液と顆粒の2種を散布。疲れた。
 
9月2日(金)は曇。プールには行かずに映画に行った。

T-ジョイ久留米10番にて午後1時45分からの「XーMEN アポカリプス 」2D吹替を見た。ストーリーは良く理解できない部分もあったが、若いX-MENの活躍は楽しめました。最近はこのシリーズにはよく見ています。☆☆☆☆・75点




特異能力を持つヒーローたちの戦いを活写する「X-MEN」シリーズ6作目。1983年、封印されていた最古のミュータント、アポカリプスが復活。マグニートーらを従え世界を滅ぼしにかかる彼を阻止すべく、X-MENが立ち上がる。3D/2D同時公開。「X-メン」の前日譚にあたる「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」より続く。監督は「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガー。「X-MEN」シリーズを手がけるのは4作目となる。ジェームズ・マカヴォイらが引き続き出演するほか、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のオスカー・アイザックがアポカリプス役を演じる。


紀元前3600年、力を用い神として世界を支配していたミュータントのアポカリプスは、裏切りにあい、古代エジプトのピラミッドの中に封印される。しかし 1983年、アポカリプスが眠りから目覚めてしまう。現代の文明は堕落していると判断したアポカリプスは、新しい秩序をもたらすため、マグニートーら4人のミュータントを『黙示録の四騎士』として従えて世界の破壊に乗り出す。プロフェッサーXやミスティークの率いる若きX-MENはアポカリプスの計画を止めるために立ち向かっていくが、ミュータントの力を吸収できるアポカリプスにテレパシー能力に目をつけられたプロフェッサーXが連れ
 
9月1日(木)は曇。朝地震を感じた。プールは今日から開場。1ヶ月の会員権を購入。1250円。500m泳いで、800m歩いた。約1時間橋は水中にいたと思う。

〔ホーム〕〔上〕
 
日記

2016年8月
 
8月31日(水)は晴。映画に行こう。夜電話があったというのでMに電話、いろいろいわれたがいては20年以上会ったこともなく、どうかしている。

イオンシネマ筑紫野5番にて午後3時45分からの「ミュータントニンジャ・・タートルズ:影」2D吹替を見ました。最近はシリーズをよく見ています。ハチャメチャですが、楽しく見ることが出来ました。☆☆☆☆・73点



忍術を使うカメが活躍するアメコミ原作の人気シリーズを、「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作により映画化。宿敵シュレッダーが脱獄し、再びニューヨークを恐怖に陥れようとする。タートルズはエイプリルや新しい仲間のケイシーらと共に立ち向かう。監督は、「EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー」のデイヴ・グリーン。出演は、「トランスフォーマー」シリーズのミーガン・フォックス、「ミュータント・タートルズ」のウィル・アーネット、「私が愛した大統領」のローラ・リニー、ドラマ『ARROW/アロー』のスティーヴン・アメル、「ゴーン・ガール」のタイラー・ペリー、「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のブライアン・ティー。

リーダーのレオナルド、熱血漢のラファエロ、ムードメーカーでピザが大好きなミケランジェロ、メカに強いドナテロの4兄弟からなるタートルズ。彼らの宿敵シュレッダー(ブライアン・ティー)が、マッドサイエンティストのバクスター・ストックマン博士(タイラー・ペリー)と、マヌケな子分ビーバップ(ゲイリー・アンソニー・ウィリアムズ)&ロックステディ(ステファン・“シェイマス”・ファレリー)の協力で脱獄を果たす。タートルズは、TVレポーターのエイプリル・オニール(ミーガン・フォックス)、新たに仲間となったホッケーマスクをかぶったNY市警のケイシー・ジョーンズ(スティーヴン・アメル)らとともに、再びニューヨークを恐怖に陥れようとするシュレッダーの悪事に立ち向かう。しかし彼らの前に、イノシシとサイのミュータントに変貌したビーバップ&ロックステディが立ちはだかる。さらには異次元から現れた新たな敵、悪の帝王クランゲの世界征服の野望も加わり、戦いの舞台はニューヨークからブラジル、そして空中戦へともつれ込む。そんななか、固い絆で結ばれていたはずのタートルズに分裂の危機が訪れる……。
 
8月30日(火)は晴。涼しくなった。台風も東北に上陸するようだ。映画に行くかもしれない。と思っていたのですが、やめて「危険なビーナス」を読了。まあまあの作品だが、途中も若干退屈で、オチがイマイチだった。でも、最後まで読むことは出来たという所です。

 
8月29日(月)は曇。午後は税理士さんと懇談。夜7時からは研修。介護の研修だった。
 
8月28日(日)は雨が降ったりやんだり。ターザンを4本ばかり見た。東野圭吾の「危険なビーナス」が届いた。A
 
8月27日(土)は曇。午後は合同学会。うきは。出席する。ユピテルのレーダー探知機が届いた。A安価で小型と思っていたらGPSは付いていないタイプだった。AQUA用にはいいかもしれない。M1911Aモデルガンが届いた。A少しや吸い物を頼んだが、やはり軽くて本物感が少し薄い。
 
8月26日(金)は曇。500m泳いで、700m水中歩行。夜は外食。SanDiskExtreme32GBをAにて購入。並行輸入品で易い。
 
8月25日(木)は晴。600m泳いで700m水中歩行。
 
8月24日は晴。映画に行こうと思う。

イオンシネマ筑紫野6番にて午後1時50分からの「ゴーストバスターズ」2D吹替を見ました。前作はすっかり忘れているので、割合新鮮にそれなりに楽しめました。CGはやはりすばらしい。☆☆☆☆・72点



1984年に大ヒットしたSFコメディの主人公たちを女性に置き換えたリブート版。幽霊の調査依頼を受けた物理学者エリンは、幽霊を研究する友人アビーと共に訪れた現場でゴーストに遭遇。これをきっかけに彼女たちは、超常現象の調査会社を設立する。出演は「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のクリステン・ウィグ、「ヴィンセントが教えてくれたこと」のメリッサ・マッカーシー、「スノーホワイト 氷の王国」のクリス・ヘムズワース。メガホンを取ったのは「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のポール・フェイグ。


ニューヨークのコロンビア大学で教鞭を執る物理学者エリン・ギルバート(クリステン・ウィグ)の元に、幽霊の調査依頼が舞い込む。彼女がかつて幽霊本を出版したことがその理由だったが、大学内で微妙な立場にあるエリンは、ヒギンズ科学大学で幽霊研究に打ち込む幽霊本の共著者で友人のアビー(メリッサ・マッカーシー)を訪ねる。その話に目を輝かせたアビーと、彼女の相棒ジリアン・ホルツマン(ケイト・マッキノン)と共に訪れた現場で、ゴーストに遭遇。だが、その映像をネットで公開したところ、世間を騒がせたという理由で3人とも大学をクビになってしまう。やむなく3人は、頭の悪い青年ケヴィン(クリス・ヘムズワース)を秘書に雇い、中華料理店の 2階をオフィスとして超常現象の調査会社を設立する。最初の依頼者は、地下鉄の女性駅員パティ(レスリー・ジョーンズ)。地下鉄構内でゴーストに追いかけられたと駆け込んで来たのだ。現地でそのゴーストの姿をビデオに収めたものの、ネットに公開した映像は世間から完全にインチキ扱い。ゴーストの存在を証明するには捕獲するしかないと悟った3人は、パティを仲間に加え、ジリアン開発の捕獲装置プロトンビームをバックパック型に改良してチャンスを待つ。そして、再び訪れる出動の時。オジー・オズボーン主宰のロックフェス会場にゴーストが出たというのだ。万全の装備で乗り込んだ4人は、ステージ上でゴーストの捕獲に成功。これが彼女たち“ゴーストバスターズ”最初の大手柄となった。だがその裏で、ニューヨークに危機が迫っていた。一連の幽霊騒ぎは、天変地異によって世界を浄化しようとする黒幕ローワンの仕業だったのだ。果たしてゴーストバスターズたちは、ニューヨークの街を守ることができるのか?人類の未来を懸けたファイナルバトルが、今始まる!
 
8月23日(火)は晴。プールへ行く。500m泳いで、700m水中歩行。DVD「ターザンの怒り」を見た。これでワイズミュラーの主演作を10本見た。
 
8月22日(月)は晴。午後からX-TRAIL20GTの点検。オイルも交換。カーオーディオが壊れたようなので修理のために外している。3週間以上はかかりそうだ。カーナビもだがバックモニターやサイドモニターがないのも不便だ。ターザンの十枚組の最後の「ターザンと豹女」を見た。次いでもう一組のターザン映画も見てしまおうと思う。
 
8月21日(日)晴。山陽小野田市の松岳山・三条山・妙見山・物見山に行きました。300m以下の超天山でしたが、暑い日でした。
 
8月20日(土)は。午後4時からKDU福岡県理事会。12月3日(土)も理事会。県歯会館。家内と娘家族と原田で落ち合った。
 
8月19日(金)は晴。家内は胃の検診に行くそうだ。何もなかったようだ。ピロリ菌はいないが寄生していた後が残っているそうだ。500m泳いで600m水中歩行。「魔境のターザン」を見た。
 
8月18日(木)は晴。550m泳いで、800m水中歩き。1時間はプールに浸かるようにしよう。結構歩く時間が長くなるようだ。
 
 8月17日(水)は晴。午後プール。600m泳いで700m水中歩行。何だが水温が高かったようだが?それから医院へ。甘木へ行き買い物。眠剤飲んで寝た。今回は順調に効いたように感じた。
 
8月16日(火)は晴。午後はプールに行く約束がダメになったので、映画に行った。家内も見た。

イオンシネマ筑紫野3番にて午後4時15分からの「ジャングル・ブック」吹替2Dをみた。どちらかといえば子供向けの作品の感じでした、楽しめます。ジヤングルの掟は人間世界の掟も同じですね。CGもすばらしい。☆☆☆☆★80点



ディズニーアニメにもなったラドヤード・キップリングの冒険小説を実写化。ジャングルに一人取り残された人間の赤ん坊・モーグリは、動物たちに育てられる。しかしトラのシア・カーンが現れ、モーグリに人間への復讐心をぶつける。4D/3D/2D同時公開。動物たちや大自然をCG技術を駆使し描いている。監督は「アイアンマン」シリーズのジョン・ファヴロー。少年モーグリをオーディションで選ばれた新人ニール・セディが演じるほか、「ガンジー」のベン・キングズレーや「ロスト・イン・トランスレーション」のビル・マーレイらが動物たちの声を担当している。

ジャングルに人間の赤ん坊・モーグリがたった一人取り残されてしまう。一人ではジャングルの中で到底生きられない幼い命を救ったのは、黒ヒョウのバギーラだった。モーグリは子どもを抱えるオオカミのラクシャに託され、ジャングルの子として育っていった。バギーラから厳しい自然の中で生き抜く知恵を授かり、ラクシャからは惜しみなく愛情を注がれ成長していくモーグリ。しかし人間はジャングルの敵だと言い放つトラのシア・カーンが現れたことにより、彼の幸せな暮らしが変わっていく。
 
8月15日(月)は晴。雲が多い。夕方は原鶴温泉泰泉閣にて家族寄。上滝家も一緒に。康瀬と信博君は不参加。なぜか?潤泉と晴香は泊まった。午後はプールに行ってみよう。昼間久しぶりに夕立があった。土砂降りだった。
 
8月14日(日)は薄曇り。山に行こうと思ったがかすんでいて夕立もありそうなのでやめておく。明日は原鶴泰泉閣。午後から竹下家と久留米の墓参り。帰りに夕食。
 
8月13日(土)は晴。歯科医師会の初盆。井上家と篠崎家。DVD「ターザンの猛襲」を見た。
 
8月12日(金)は500m泳ぎ、500m水中歩行。夜は門内の初盆参り。今年は当番。
 
8月11日(山の日)は晴。懸案の「馬頭岳」に行った。浮洲池駐車場に車を置いて歩いた。1部は林田さんの歩行記録を参考にした。大まかなコースは「福岡県超低山100」を参考にした。この記事の歩行図には誤りがあるようだ。実際の歩行録を取っていないと思われる。馬頭岳山頂の位置や大谷山を歩行線が通っていない。車道は大体よさそうだ。午前8時から歩き始めて午後4時過ぎに戻った。暑い日で休憩も何度もしたし、足首の痛みもあったが、消炎鎮痛剤は服用しなかった。このコースは車道歩きが長い。暑い季節には向いていない。駐車地は探せばもっと近いところに1台くらいの分はありそうだ。
 
8月10日(水)は晴。600m泳いで、500mの水中歩行。
 
8月9日(火)は晴。12時過ぎにプールへ。600m泳いで、600m歩いた。

手持ちのDVD「ターザンの復讐」字幕モノクロスタンダード1934年を見ました。「類猿人ターザン」の続きだ。象の墓場から象牙を持ち出そうとする白人との対決。まあ楽しめる。☆☆☆☆・68点。
 
8月8日(月)は晴。息子はPTAの会合で休み。午前中仕事をして、下水の申込書で四苦八苦ようやく自分土地の広さや番地を把握した。

DVD「類猿人ターザン」を見た。ターザンは懐かしいワイズミューラーだ。ターザンの始まりのようだ。☆☆☆☆・68点



エドガー・ライス・バロースの小説から「あけぼの」「トレイダ・ホーン(1931)」のシリル・ヒュームが脚色し、アイヴォー・ノヴェロが台詞執筆、「トレイダ・ホーン(1931)」のW・S・ヴァン・ダイクが監督した映画で出演者の顔ぶれは米水泳界の巨人ジョニー・ワイズミュラーをはじめ、「仮染の唇」のニール・ハミルトン、「摩天楼の悲劇」のモーリン・オサイヴァン、C・オーブリー・スミス、ドリス・ロイド等、カメラはのハロルド・ロッソン、「緑の処女地」のクライ・デ・ヴァンナと担当。

英人パーカーはアフリカで行商していたが彼はある野心を抱いていた。象は自ら死期を悟ると人間世界から隔離した秘密境に姿を隠すという話を聞いてその所在と探し求めていたそこには豊富に象牙がある筈であるからである。彼は友人のホルトに計り、いよいよこの秘密境を探検に出発のその前夜、都会の喧騒に厭きたパーカーの娘ジェーンは学校を素都合するや、父を慕って若い女の身空に海路はるばるやってきた。父のパーカーは大いに当惑したが娘の熱意に動かされて彼女も同行を許されることになった。一行は種々の困難や危険に遭遇した。端しなくも一原住民の生命の犠牲により秘密境の方向を知り行を急いだ。断崖絶壁の上こそ問題の場所なのである。また一行は樹間を跳び廻っている大猿の群の中に偉大なる体格の白人を発見した。彼はそこの森林を巣窟とする類人猿ターザンであった。ターザンは突如現れたジェーンを拐って逃げた。原住民がターザンの手からジェーンを取り戻した頃には既に二人は相慕う仲となっていた。パーカーの一行を保護する原住民等は獰猛なる原住民の襲撃を受け、パーカーを始めジェーンもホルトもゴリラの檻に投げ込まれたがターザンが象の群と共に彼らを襲い、パーカー父娘を救い出した。彼らがこの村落を出発して間もなくパーカーは不慮の災難で重傷をを負ったが更に屈せず他の者と行を共にしたが目的地を眼前に控えて遂に彼は死んでしまった。目的を完成した一行はこの土地を離れることになったがジェーンはホルトの勧告を斥け、ターザンと共にアフリカ奥地に愛の巣を営むことになった。
 
8月7日(日)は晴。「厚保草場山」に登った。登山口は先日行った大スギのある熊野神社前だ。シダのヤブを登ると歩きやすくなった。3時間半かけて往復した。次いで、宇部市の「本覚寺のモッコク」を訪問した。暑い日だった。
 
8月6日(土)は晴。プールに行こう。600m泳いで600m水中歩行。
 
8月5日(金)は晴。夕方は夕立。下水道課が来て説明。申込書を書こうと思う。税務は一応終了。不眠の様だ。
 
8月4日(木)は晴。暑かったが夕立があった。600m泳いで600m水中歩行。午後は理髪へ。店で下水道工事の話を聞いた。説明会が1日にあっていたようだ。下水道課へ電話。明日来るそうだ。自宅は北側へ排水しようと思っている。
 
8月3日(水)はイオンシネマ筑紫野4番にて午後2時25分からの「ターザン REBORN」吹替を見ました。一旦イギリスへ戻ったターザンは再びコンゴへと向かう。あまり泳がないが、子供の頃よく映画館で見たワイズ・ミューラーのターザンも懐かしい。☆☆☆☆・ 70点


エドガー・ライス・バローズの冒険小説を「ハリー・ポッターと死の秘宝」のデイヴィッド・イエーツが2D/3Dで映画化。ジャングルで動物に育てられたターザンは、今は英国貴族として暮らしている。ある日彼は政府の命で故郷のジャングルに戻る。出演は、「バトルシップ」のアレクサンダー・スカルスガルド、「フォーカス」のマーゴット・ロビー、「ビッグ・アイズ」のクリストフ・ヴァルツ、「ヘイトフル・エイト」のサミュエル・L・ジャクソン。

美しい妻ジェーン(マーゴット・ロビー)と裕福な暮らしを送る英国貴族で実業家のジョン(アレクサンダー・スカルスガルド)は、“ターザン”という別の名を持っていた。生まれて間もなく国の反乱に巻き込まれた彼は、コンゴのジャングルで動物たちに育てられたのだった。スマートにしてワイルドというアンバランスな魅力を兼ね備えたターザンは、英国政府でも一目置かれていた。ある日ターザンは、政府の命を受け、貿易使役としてジェーンを連れて故郷のジャングルに戻る。しかしそれはターザンに仕向けられた罠で、故郷は侵略され、ジェーンはさらわれてしまう。愛する妻と故郷を救うため、ターザンはすべてをなげうち、ジャングルに戻ることを決意する。果たして彼は己の野生を呼び覚まし、失ったものを取り戻すことができるのか?
 
8月2日(火)は晴。イオンシネマ筑紫野2番にて午後1時35分からの「シン・ゴジラ」2Dを見ました。作品のできも進化しているようで、人間社会に対して目が向けられていたようです。す。☆☆☆☆★80点。



ゴジラ FINAL WARS」以来12年ぶりに日本で製作された、「ゴジラ」シリーズ第29作目。庵野秀明と樋口真嗣が短編「巨神兵東京に現わる」に次いで再びタッグを組んだ。現代日本にゴジラが出現。初めて直面する恐怖に、街中パニックに陥る……。自衛隊の全面協力のもと撮影。これまでのシリーズで最大の体長118.5 メートルものゴジラがフルCGで描かれる。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみら総勢328名の出演陣が集結した。

現代の日本に巨大怪獣ゴジラが出現。パニックに陥る者、立ち向かう者。大いなる脅威に直面した人々の行方は……
 
8月1日(月)は晴。プールは休みなので午後は立木に絡んでいるツタなどの整理を1時間半ばかりした。蚊取り線香を持っていると蚊はあまり来ないようだ。

〔ホーム〕〔上〕
 
日記

2016年7月
7月31日(日)は晴。古処山に行った。古処林道は通行止めだったので正面から歩いた。登路は集中豪雨で荒れたところが多くなった。歩きにくい。キツネノカミソリは登路沿いに咲いているところがあり、馬責めなどには行かず。山頂下マユミのある広場で壱岐村さんと出会ったので山頂で昼食ともにした。先週の日曜日に続き出会った。珍しいことだ。ノンアルコールビールをもらったので飲んだ。結構な美味だった。三角点にも行かず。0時過ぎから下山したが、3時間近くもかかった。午前8時頃から午後3時近くまで休憩を入れて結構長く歩いたものだ。左踝あたりが痛くなった。
 
7月30日(土)の午後はプールへ。600m泳いで450m歩いた。もう少し長時間運動した方が良いかもしれない。歩く時間を長くする?
7月12日料金をATMで振り込んで、返信用封筒を送付していたアマチュア無線局の免許状(JH6CJN)が届いた。
 
7月29日(金)は晴。午後は映画に行くことにしている。

イオンシネマ筑紫野4番にて午後2時35分からの「ファインディング・ドリー」2D吹替を見ました。帰宅して「ファイディング・ニモ」はテレビで見ました。子供には楽しいかもしれませんが、私には物足りなさを感じました。☆☆☆☆・70点。



ディズニー/ピクサーによるアニメーション「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。前作から1年後。家族のいないナンヨウハギのドリーが、幼少期の秘密を解く鍵を求めて、カクレクマノミの親子マーリン&ニモと共に再び大海原へ旅立つ。監督は、前作に続きアンドリュー・スタントン。共同監督に「ニセものバズがやって来た」のアンガス・マックレーン。前作でドリーの声を務めたエレン・デジェネレスが続投。日本語吹替版でも前作に続き、ドリーの声を室井滋、マーリンの声を木梨憲武が担当する。

ディズニー/ピクサーによるアニメーション「ファインディング・ニモ」の13年ぶりとなる続編。前作から1年後。家族のいないナンヨウハギのドリーが、幼少期の秘密を解く鍵を求めて、カクレクマノミの親子マーリン&ニモと共に再び大海原へ旅立つ。監督は、前作に続きアンドリュー・スタントン。共同監督に「ニセものバズがやって来た」のアンガス・マックレーン。前作でドリーの声を務めたエレン・デジェネレスが続投。日本語吹替版でも前作に続き、ドリーの声を室井滋、マーリンの声を木梨憲武が担当する。
 
7月28日(木)は晴。早めにプールに行きたいが・・・。仕事の都合。600m泳いで、400mの水中歩行。
 
7月27日(水)は晴。500m泳いで、500m水中歩行。
 
7月26日(火)は曇。プールか映画か?

イオンシネマ筑紫野5番にて午後3時30分からの「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」2D字幕版を見た。なかなかのCGで結構楽しめた。☆☆☆☆・70点。


997年に国内洋画ナンバーワンヒットとなったSF大作「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編。人類が地球侵略を目論むエイリアンとの戦いに勝利してから20年。強固な防衛システムを確立した地球に、さらに進化したエイリアンが再び襲来する。前作に引き続き、ローランド・エメリッヒ(「ホワイトハウス・ダウン」)がメガホンを取った。「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワースのほか、「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」のジェフ・ゴールドブラム、「エージェント・ウルトラ」のビル・プルマンが前作に引き続き出演する。

人類がエイリアンとの壮絶な死闘に勝利してから20年。30億の尊い命を失った人類は、新たな襲来に備えるため、エイリアンの宇宙船のテクノロジーを基に、地球防衛システムを構築していた。そして迎えた2016年7月。エイリアンが残した宇宙船が、20年の時を経て密かに覚醒。地球に仲間を呼び寄せる SOS信号を発信し始める。ほどなくして地球に現れたエイリアンは、想像を遥かに超える進化と巨大化を遂げていた。重力すらも自在に操るそのパワーの前に、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、ドバイといった世界の主要都市は、なすすべもなく壊滅。敵の猛攻撃に晒され、防衛システムを無力化された人類は、たちまち滅亡の危機に直面する……。
 
7月25日(月)は晴。午後は税務・・・・。次回は8月5日(金)午後ということになった。
 
7月24日(日)は晴。やまびこ会オフ。高速経由で御所ケ谷の神社Pへ行く。。1時間半程度、した道でも同じくらいのようだ。私と壱岐村さんは西谷Pへ行き、ここから逆コースで馬ケ岳まで歩く。暑い日だったので私たちには丁度良かったようだ。皆さんは0時過ぎに馬ケ岳に到着。熱中症寸前の体だった。昼食は済ませていたが皆さんの昼食後、私たちは往路を少し端折りながら下山。途中からの別ルートがあったようだったが、ルートに詳しくなく登山口へ戻った。皆さんの駐車場へ高木君も乗せて戻った。皆さんもその後次々に到着。解散皆さん無事で良かったという所です。
 
7月23日(土)は晴。様子を見にプールに行ってみよう。500m泳いで600m水中歩行。子供も多くなっている。
 
7月22日(金)は晴。仕事が長引いたのでプールには行かず。
 
7月21日(木)は曇。プールは夏休み日程に変わるようだ。仕事が昼休みに食い込んだので、結局、プールは休んだ。胃是していたウォーキングを一人でした。風があり案外暑さは感じなかった。
 
7月20日(水)は曇。500m泳いで、450mの水中歩行。夜は朝倉三師会総会。センチュリーにて。
 
7月19日(火)は晴。プールには行ってるかも。600m泳いで、500mの水中歩行。帰宅して夕方にアジサイの剪定。少し遅すぎたかもしれない。
 
7月18日(月)は海の日。晴。午前11時頃から足慣らしのために大平山へ行く。結構暑く最近歩くのが少ないので難儀1時間半以上かけて山頂。行動食を摂って下山1時間くらいかかった。24日は馬ケ岳のみの登山となるかもしれない。夜はなかむとしさんらオフ。6名の参加。
 
7月17日(日)は晴。遅くから美祢市厚保に行った。まず、「原八幡宮の大ムク」を訪問。大スギやマキノキ等もあった。カーナビの設定場所が少し違っていたのだが、車道から見えていたので無事に到着。ついで、「江下山192.6m」四等三角点へ登った。林道はあるが夏草がはみ出したいるので歩く。山頂には電波塔があり、先日この付近の巨樹を訪問していたときに見えていたので、この日の登山となった。この後帰宅した。吉志PAで焼きうどんを食べた。
 
7月16日(土)は曇。プールに行った。600m泳いで500m水中歩行。帰宅して、除草剤散布。暑くて疲れた。池井戸潤の「陸王」がamazonから届いた。
 
7月15日(金)は晴。映画に行きたいが。

イオンシネマ筑紫野にて午後4時10分からの「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」2D吹替を見た。予告編の頃から眠かったが途中から目が覚めてきた。まあまあの出來だ。☆☆☆☆・68点


ルイス・キャロルの名作を原作にした大ヒットファンタジー・アドベンチャーの6年ぶりの続編。ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップら前作のキャストが続投し、窮地に陥ったマッドハッターを救うため、アリスが時間を遡って過去へと冒険に旅立つ。時間の番人タイム役で「ディクテーター 身元不明でニューヨーク」のサシャ・バロン・コーエンが新加入。2016年1月に他界したアラン・リックマンが声の出演をしており、これが遺作となる。監督は前作のティム・バートンから「ザ・マペッツ」のジェームズ・ボビンに交代。

アリス(ミア・ワシコウスカ)が不在の不思議の国で事件が発生。マッドハッター(ジョニー・デップ)の悲しい過去が、彼を窮地へ追いやる。過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターを救うため、アリスは時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)と戦い、過去へと旅立つが……。彼女を待ち受けるのは、秘められた真実とタイムとの戦い。果たして、運命に逆らって過去を変え、マッドハッターを救うことができるのか?さらには、チェシャ猫や赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)と白の女王(アン・ハサウェイ)たちの驚くべき幼年期の秘密も明らかに……。
 
7月14日(木)は曇。午後はプール。500m泳いで500mの水中歩行。18日午後6時30分博多筑紫口集合。なかむとしさん。
 
7月13日(水)は大雨の予報。レピーターを取りに来るというが。レピーター機などいくつかを引き取ってもらった。捨てようと思っていたので良かった。チューナーも引き取ってもらった。又の機会に油冷式ダミーも引き取ってもらうことにする。局免返送用封筒を投函してもらった。プールには行かず。
 
7月12日(火)は曇。電子申請の料金を振り込んだ。免許状返送用の封筒を送ることにする。レピーターを廃止したのでリグそのものをかたづけようと思う。部品はそろっているようだ。これを売った金額は今までの管理を単独でしてきたので私が戴くことになっています。午後は税理士との懇談。プールはお休みした。
 
7月11日(月)は雨。午後は久しぶりに自分の部屋のかたず家半分くらい。テーブルの置き場がない。総務省からIDとパスワードがしたので一応申請書を送信。メールが来た。次のメールで送金して封筒を送り免許状が届くようになるようだ。
 
7月10日(日)は曇。山口県萩市などへ出かけて予定通りの巨樹を訪問した。萩市椿の「河内の大ムク」、「南明寺のイトザクラ」、「三見吉広のバクチノキ」、阿武町の「大覚寺のビャクシン」、阿武町の「鶴ヶ峰神社のクス」、萩市殿川の「紫福の一本杉」、萩市吉部上の「吉部八幡のスギ」、山口市宮野上の「龍王社のムクノキ」等を見た。はやるに帰宅して途中吉志PAにて焼きうどんを食べた。見残したものもあったようだ。今回も又カーナビで走っていたところぎりぎりの狭い道をナビされて左側のバックミラーを少し傷つけた。そこでバックミラーをたたんで走行した。これで二度目だ。戻る時は別の道路へ回ったが、少し広めで、標識があった。こちらから行くべきだった。
 
7月9日(土)は曇。昼間はプール。600m泳いで、450m水中歩き。

TSUTAYAの無料サービスで「受験のシンデレラ」を見た。本とは少し異なっているところがある。☆☆☆☆・71点



東大受験をキーワードに、余命宣告を受けたカリスマ講師と高校中退の少女が奮闘するシンデレラストーリー。監督は、東大医学部卒の精神科医、和田秀樹。出演は、「転校生〜さよならあなた〜」の寺島咲、「サッド ヴァケイション」の豊原功補。

“受験指導のカリスマ”五十嵐(豊原功補)は、ミチターゼミナールという予備校を設立し、富も名声も手に入れおごり高ぶっていた。しかしある日、大学からの友人である外科医の小宮(田中実)から、癌にかかっており余命1年半との宣告を受ける。その帰り道、立ち寄ったコンビニで「代金を別々に払えば2円安くなる」と店員を問い詰めている遠藤真紀(寺島咲)に出会う。16歳の真紀は、「297円に消費税を加えると311円。しかし、99円を3点別々に買うと2 円安くなる……」などと数学的感性を持ち合わせながらも、高校を中退し貧しい家庭に暮らす不幸な少女であった。何もかもうまくいかず自暴自棄になっていた真紀と出会った五十嵐は、自らの原点に立ち返る。環境の恵まれない高校生の思いを叶えようと予備校を設立し、裕福ではない生徒を東大に合格させることに全てをかけていた過去を持つ五十嵐は、真紀を東大受験へ導く決意をし、自分の持っている全ての受験テクニックを伝授して、高認(高等学校卒業程度認定試験)に合格させる。五十嵐の指導の元、着々と学力をあげる真紀だったが、初めて受けた東大模試で「判定評価E」を受け挫折しそうになる。病に蝕まれていく五十嵐は、そんな真紀を必死で説得し、彼女の人生を大きく変えようとしていた。そして遂に、東大受験の日がやってくるが……。
 
7月8日(金)は雨。午後はプール。600m泳いで500mの歩行。これは一応ノルマ達成。中古DVD「スクエアー・スクワッド」を見ている。リオを舞台のお話です。これを見るとリオには行きたくなくなるはずです。
 
7月7日(木)は晴。プールには行けるかもしれない。電子申請の準備が整ったかもしれない。250m泳いで550m水中歩行。

中古DVD「エリート・スクワッド」が届いた。近くのレンタル屋にもなかった。TSUTAYAにはあったかもしれない。ナレーションが多いので少し興ざめしたが、続編を見ていたので理解はできた。これを見るとリオオリンピックは成功するのかと思ってしまうし、リオには行きたいとも思わなくなるだろう。



リオ・デ・ジャネイロにローマ法王が来訪することに。警察のエリート特殊部隊・BOPEの隊長・ナシメントは、危険なスラム地帯の麻薬ディーラーを一掃せよとの命令を受けるが…。『シティ・オブ・ゴッド』のスタッフが贈るクライムアクション。第58回ベルリン国際映画祭で金熊賞(最高賞)を受賞し、ブラジルでの興行記録を塗り替える大ヒットとなった。監督はジョゼ・パジーリャ。出演はヴァグネル・モーラ、アンドレ・ラミロ、カイオ・ジュンケラほか。 2014年10月18日より、東京・新宿シネマカリテにて開催された[オト カリテ Vol.7]として上映。

リオ・デ・ジャネイロにローマ法王が来訪することになった。警察のエリート特殊部隊BOPEの隊長ナシメントは、法王が宿泊を希望した場所の近くにある、危険なスラム地帯にはびこる麻薬ディーラーを一掃せよとの命令を受ける。妻が妊娠し、過酷な部隊を引退しようとしていた彼だったが、この最後の仕事だけは、断ることができなかった。一方、正義心に燃える新人警官のネトとマチアスは、高い志を持って警官の任務を始めるが、腐敗し、堕落しきった警察の実態にショックを受ける。彼らはやがて、最も過酷で、最も死に近い任務をこなす超エリート部隊、BOPE への入隊を希望するが…。
 
7月6日(水)は晴。午後久しぶりに友人と電話で話す。元気のようだ。田中設備も来た。「第三の脳」が届いた。古書。
 
7月5日(火)は晴。田中設備は来なかった。Jプランが来た。プールには行かなかった。


amazonプライムにて「顔のないスパイ」字幕を見た。リチャード・ギア主演のサスペンスです。☆☆☆☆・70点



すでに死亡したと思われていたソビエトの伝説のスパイ“カシウス”の謎を追う元諜報員の姿を描くサスペンス・アクション。監督は「WANTED ウォンテッド」の脚本を手がけたマイケル・ブラント。出演は「アメリア 永遠の翼」のリチャード・ギア、「プレデターズ」のトファー・グレイス、「ボーダータウン 報道されない殺人者」のマーティン・シーン。

メキシコ、アメリカに隣接するソノーラ砂漠。国境警備員を殺害し、アメリカに渡ろうとする一団がいた――。6ケ月後、ワシントンで、ロシアと密接な関係を持つダーデン上院議員が暗殺、その手口から浮かび上がったのは、死んだはずのソビエトの伝説のスパイ“カシウス”の痕跡だった。CIA長官ハイランド (マーティン・シーン)は、カシウスをリーダーとする暗殺集団“カシウス7”の追跡にキャリアを捧げ、今は引退した元エージェントのポール・シェファーソン(リチャード・ギア)を呼び戻し、議員を内偵していたFBIの若手捜査官ベン・ギアリー(トファー・グレイス)と共に事件解決にあたらせる。ポールは、すでにカシウスは死亡、議員殺害も模倣犯によるものと考えていたが、渋々捜査に協力。一方、カシウスに魅せられ、大学で彼についての修士論文も書いているベンは、カシウスが殺しを復活させたと確信する。そんな中、2人はかつてポールが射殺したはずの“カシウス7”の一人、ブルータス(スティーヴン・モイヤー)がまだ獄中で生きていることを知る。ポールは、カシウスの死を証明するため、ベンを連れ刑務所へ赴くが、ブルータスから、暗殺者の掟を破ったため、カシウスにはある“罰”が下されたことを聞かされる。そして2人が帰った直後、情報と引き換えに入手したラジオの電池を飲み込み病院へ運ばれたブルータスは、見事脱走に成功。だがカシウスを名乗る男に捕まり惨殺される。現場にはポールの姿があった……。カシウスの魔の手は、ベンにも伸びていた。家族のいないポールは、自分と違い守るべき者がいるベンに捜査から外れるよう命じるが、カシウス逮捕にこだわるベンは全く聞く耳を持たない。そんな中、半年前の国境警備員殺害事件の際に奪われた車が発見される。監視カメラに映っていたのは、元特殊部隊でKGBのボズロスキー(テイマー・ハッサン)の姿だった。彼とカシウスが同じ時期に表舞台から姿を消し、20年後に再び出現したことから、本部ではカシウス=ボズロスキーの線で捜査が進められていく。しかしベンは、過去の事件の検証から、カシウスの真の正体に気づく。一方、ポールも最後の落とし前をつけるため、ボズロスキーの元へ向かっていた……。
 
7月4日(月)は晴。暑い。7月に税務調査があるといってきた。夜は例会。20日が朝倉三師会総会のようだ。「受験のシンデレラ」古書が届いた。TVドラマになるので読んで見る。
 
7月3日(日)は曇。美祢市の「熊野神社の大スギ」、「神功皇后神社のイチイガシ」、宇部市の「水分神社のスダジイ」、教念寺のナナミノキはだいぶ前に枯死したということでした。。別の資料を見ると美祢市厚保にはまだ巨樹がある様だ。後日訪問予定。午後amazonプライムにて「インサイド・マン」を見た。なかなかの作品だったが、以前見たことがあったようだ。☆☆☆☆・72点。


銀行強盗グループと事件解決に向けて奔走する捜査官、そして現場に駆けつけた女性交渉人らの心理戦をサスペンスフルに描く犯罪映画。監督は「25時」のスパイク・リー。出演はリー監督と「マルコムX」で組んだデンゼル・ワシントン、「フライトプラン」のジョディ・フォスター、「クローサー」のクライブ・オーウェン。

ダルトン・ラッセル(クライブ・オーウェン)をリーダーとする4人の銀行強盗が、マンハッタン信託銀行を占拠した。通報を受け、NY市警のフレイジャー(デンゼル・ワシントン)とミッチェルは現場に急行する。フレイジャーは以前関った麻薬事件で14万ドルの小切手が紛失するという事態に巻き込まれ、内務調査課から汚職の疑いをかけられていた。それだけに、今回の事件は汚名返上のチャンスだったのだ。また、銀行の取締役会長アーサー・ケイスの命を受けて、ニューヨークでも指折りの弁護士マデリーン・ホワイト(ジョディ・フォスター)も呼び出される。銀行内では、ダルトンたちは人質全員にジャンプスーツと覆面を着用させ、自分たちと同じ格好をさせていた。これでは誰が人質で誰が犯人なのか、区別できない状態となる。ダリウス警部率いる作戦指令車には、犯人との電話回線などの全ての準備が整った。その時、人質の老人が解放され、犯人から「警官が近づいたら人質を2人殺す」とメッセージが伝えられる。そんな中、人質がまた一人解放され、犯人からの要求が明らかになる。人質の首に下げられたボードには、「ケネディ空港にジャンボ機とパイロットを用意しろ。夜の9時以降、1時間ごとに人質を殺す。銀行には爆弾が仕掛けてある」と書かれていた。警察側は、要求されたピザの箱に盗聴器をセットして銀行内に運び込む。そんな時、マデリーンが市長を伴って現場に現れ、政治レベルの問題をちらつかせながら事件に介入してくる。実はマデリーンは、ケイスから貸金庫にまつわる個人的な密命を受けていた。事件は混迷の度を深めていくが、フレイジャーは遂にダルトンとコンタクトをとることに成功する。
 
7月2日(土)は曇。
 
7月1日(金)は朝は晴れている。暑い1日だった。amazonプライムの映画「エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE」を見た。ブラジルの作品だ。「エリート・スクワッド」の続編のようだ。原題に2とある。こんなところでオリンピックとは相当な覚悟で見学しなけばならないのかもしれない。はじめに ”現実の様であるが、フィクションです”と但し書きがついていた。日本のスクリーンでは未公開。☆☆☆☆・ 75点




ブラジルの特殊部隊・BOPEとギャングの抗争を描いたミリタリーアクション。第58回ベルリン国際映画祭 ベルリン国際映画祭で金熊賞(最高賞)を受賞し、ブラジルでの興行記録を塗り替える大ヒットとなった「エリート・スクワッド」の続編。監督・脚本はジョゼ・パジーリャ。出演はヴァグネル・モーラ、セウ・ジョルジュほか。

舞台は南米一の犯罪都市リオ・デ・ジャネイロ。この街では毎日スラムを根城にするギャングと軍警察との攻防が繰り広げられていた。刑務所暴動事件の失態を受け、リオ・デ・ジャネイロ特殊警察作戦部隊から保安局へと左遷されたナシメント大佐はタンキ地区の警察署から盗まれた銃の行方を追っていた。そんな中、盗まれた武器はタンキ地区のスラムのギャングが持っているというタレコミが入る。ナシメント大佐はかつて部隊に所属していた時の部下だったアンドレ・マチアス大尉と共にタンキ地区の掃討作戦を開始するが…。


〔ホーム〕〔上〕
 
日記

2016年6月
 
6月30日(木)は曇。午後は「天使のくれた時間」を見ました。2000年公開で、いい作品でした。☆☆☆☆・79点



忙なビジネスマンが別の人生を生きることで愛の大切さを知るラヴ・メルヘン。監督は「ラッシュアワー」のブレット・ラトナー。脚本はデイヴィッド・ダイアモンドとデイヴィッド・ワイスマン。撮影は「ワンダー・ボーイズ」のダンテ・スピノッティ。音楽は「プルーフ・オブ・ライフ」のダニー・エルフマン。衣裳は「あの頃ペニー・レインと」のベッツィ・ハイマン。出演は「60セカンズ」のニコラス・ケイジ、「ディープ・インパクト」のティア・レオーニ、「ミッション・トゥ・マーズ」のドン・チードル、「ベリー・バッド・ウェディング」のジェレミー・ピヴェンほか。


マンハッタンで大手金融会社の社長として活躍するやり手ビジネスマンのジャック(ニコラス・ケイジ)は、クリスマスイブの夜、仕事の帰り道に立ち寄ったスーパーで、奇妙な黒人青年キャッシュ(ドン・チードル)から換金できない当たり宝クジ券を買い取るはめになる。「これから起こることは、あんたが招いたことだ」と謎の言葉を残す青年。その晩、ジャックはいつものように眠りにつくが、翌朝目覚めると、全く見知らぬニュージャージー郊外の家にいることに気づく。隣で眠っているのは、なんと13年前に彼が冷たく縁を切った恋人ケイト(ティア・レオーニ)だった。NYの自分のマンションからは門前払いをくらい、会社では部下が社長の座に。狐につままれた思いのジャックは、この世界にいる自分が、ボランティアで弁護士をしているケイトと、2人の子供と暮らす良き家庭人であることを知る。仕事は、ケイトの父の店のタイヤ・セールス。はじめはとまどっていたジャックだったが、やがてケイトへの愛が蘇り、平凡な生活によって人間らしい素直な感情が芽生えてくるのだった。しかも本来の世界で働いていた会社ともコンタクトが取れ、出世の道まで開けてくる。だがそんなジャックの前に、再びあのキャッシュが現われる時がやってきた。前の世界に戻ってしまったジャックだったが、その世界のケイトのもとを訪れ、やり直そうと告げるのだった。
 
6月29日(水)は雨。ワゴンRが不調のようだ。午後は映画に行くかもしれない。家内が今週は自重するようにというので外出は中止した。Amazonプライムで未見の作品を見た。

午後はAmazonプライムにて「グリーン・ゾーン」を見た。イラク戦争の話だ。



「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」に続く、ポール・グリーングラス監督とマット・デイモン主演によるサスペンス・アクション。イラク中心部にある米軍駐留地域で巨大な陰謀に立ち向かう男の戦いを、臨場感溢れる手持ちカメラの映像で描く。共演は、「リトル・ミス・サンシャイン」のグレッグ・キニア。

2003年、英米連合軍によって陥落したイラクの首都バグダードに、アメリカ軍駐留地域、通称“グリーン・ゾーン”があった。ロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン)は、イラク政府が隠した大量破壊兵器を発見するという任務に就いていた。ミラーはMET隊を率いて戦闘を繰り広げるが、大量破壊兵器は見つけられない。これが3度目の失敗となったミラーは情報の正確性に疑問を感じ、作戦会議の席で、情報源の説明を要求する。しかし上官は、情報は精査されていると一蹴する。ミラーは任務の遂行中、英語が堪能でフレディと名乗るイラク人男性と接触する。フレディは、政府の要人たちが近くの民家に集まっているのを見たとミラーに告げる。ミラーはその民家で激しい銃撃戦の末、フセイン政権の最高幹部アル・ラウィ将軍の側近であるサイードという男を拘束する。ミラーはサイードの尋問を行うが、特殊部隊の隊長ブリッグス少佐(ジェイソン・アイザックス)が力尽くでサイードを連れ去る。ミラーの元には、サイードから押収した1冊の手帳が残される。国防総省の動きに不信感を募らせるミラーは、CIAのエージェント、ブラウン(ブレンダン・グリーソン)と会う。国防総省のパウンドストーン(グレッグ・キニア)と敵対するブラウンは、ミラーと同様、大量破壊兵器の謎を探っていた。ミラーは、ウォールストリートジャーナル紙の女性記者デイン(エイミー・ライアン)が過去に書いた記事から、“マゼラン”と呼ばれるイラク政府高官が大量破壊兵器の情報源であると確信する。パウンドストーンは、サイードの手帳にアル・ラウィの隠れ家のリストが載っていることを知り、その機密を入手しようとする。ミラーは米軍基地に収容されたサイードに接触する。サイードは尋問のため瀕死の状態に陥っていたが、ヨルダンという言葉を呟く。パウンドストーンはブリッグスの部隊を操り、ミラーとブラウンの行動を妨害する。アル・ラウィとの接触の機会を得たミラーは、命懸けの行動に出る。
 
6月28日午前中は仕事をした。
 
6月27日(月)午後に退院した。家内には迷惑をかけたありがとう。
 
6月26日(日)は尾園一家が来た。
 
6月25日(土)のお昼食から全粥で食事開始。
 
6月21日(月)紹介時用をもらって朝倉医師会病院へ行く。検査などをして入院511へ入った。当分絶食と点滴。
 
6月20日(月)は曇。お腹の調子が悪いようだ。午前中は仕事をしたが、午後に内科に行った。ョウ園らしい。結局水分補給が嘔吐でできないので明日入院することにした。嘔吐と下痢で過ごした。
 
6月19日(日)は曇。義父の命日墓参り。

家にいたのでAmazonプライムビデオにて「バトルロワイヤル」を見ました。題材としてはあまり好みではありませんが、都度都度話題に出てくるので一度は見ようと思っています。中学生が殺し合うとお話ですが、意味は良く理解できませんでしたが、未だに活躍している俳優さんが多くでていたのが興味深かった。☆☆☆☆・65点



新法の下、無人島で殺し合いをさせられることになった中学生たちの混乱と、やがてそこから生まれる生きる力を、メッセージ色豊かに描いたバイオレンス・アクション。監督は「おもちゃ」の深作欣二。高見広春による同名小説を、深作健太が脚色。撮影を「菊次郎の夏」の柳島克己が担当している。主演は、「仮面学園」の藤原竜也と「風を見た少年」の前田亜希、「御法度」のビートたけし。第24回日本アカデミー賞最優秀編集賞、第74回キネマ旬報日本映画ベストテン第5位、第43回ブルーリボン賞作品賞、新人賞(藤原竜也)受賞作品。


新世紀の初め、ひとつの国が崩壊した。自信を失くし子供たちを恐れた大人たちは、やがてある法案を可決、施行する。それが、新世紀教育改革法、通称”BR法“だ。年に一度、全国の中学校の中から1クラスが選ばれ、コンピュータ管理された脱出不可能な無人島で、制限時間の3日の間に最後のひとりになるまで殺し合いをする法律である。そして、今回それに選ばれたのは岩城学園中学3年B組の生徒たちだった。元担任・キタノの指導の下、食料と武器がそれぞれに渡されゲームが開始。極限状態に追い込まれた生徒たちは、様々な行動に出る。昨日までの友人を殺害する者、諦めて愛する人と死を選ぶ者、力を合わせて事態を回避しようとする者。そんな中、生徒のひとりである七原秋也は、同じ孤児院で育った親友・国信慶時がほのかな想いを寄せていた中川典子を守る為、武器を取ることを決意。当て馬としてゲームに参加した転校生の川田と共に島から脱出しようとする。そして、3日目。生き残った七原と中川は、キタノを倒し島からの脱出に成功する。だが、法律を破り指名手配犯となったふたりには、尚も走り続けなければならない運命が待っていた。
 
6月18日(土)は晴。午後3時から朝倉歯科医師会提示総会&午後6時から懇親会。明日は雨のようだ。
 
6月17日(金)は曇。午後プール。550m泳いで500m水中歩行。歩行も少し慣れて来た。
 
6月16日(木)は雨。午後プール。500m泳いで、500mの水中歩行。プールで。田中先生ご夫妻にあった。「ちはやぶる1〜31」をkindleにて読了。
 
6月15日(水)は曇。午後は映画?結局午後行った。

イオンシネマ筑紫野2番にて午後2時20分からの「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」を見た。原作を読んでいましたが、メルヘン調に脚色されていたようです。へくそ葛がよく出てくる。高畑充希はまあよいのだが、相手役の岩田剛典は台詞棒読みで下手だった。エグザイルのメンバーのようだ。☆☆☆☆・ 65点としておきます。



有川浩の恋愛小説を、ダンス&ヴォーカルユニット『EXILE』『三代目J Soul Brothers』のパフォーマー岩田剛典と「バンクーバーの朝日」の高畑充希を主演に迎え映画化。さやかは行き倒れていた謎の青年と、半年間だけ同居することに。少しずつ恋心を募らせていくさやかだが、彼には秘密があった……。監督は、テレビドラマ『トリハダ』シリーズや映画「のぞきめ」の三木康一郎。「レインツリーの国」に続き、渡辺千穂が有川作品の脚本を手がける。

ごく普通の女の子であるさやか(高畑充希)は、ある晩、行き倒れていた青年(岩田剛典)と出会う。樹と名乗る彼は、自分を犬になぞらえ、拾ってくれないかと言い出した。こうしてさやかは、思いがけず彼と半年の間だけ同居生活をすることになる。名前と、植物に詳しいということ以外は謎に包まれた彼と一緒に過ごすうちに、少しずつ恋心を募らせていくさやか。しかし彼には秘密があった……。
 
6月14日(火)は晴。午後はプール。600m泳いで、500mの水中歩行。その後、エビネを数本植えた。
 
6月13日(月)曇。午後は庭仕事を少し。
 
6月12日(日)は雨。朝倉歯科医師会の行事。お昼に終わった。手持ちの高圧洗浄機が壊れていたのでマキタの小型の高圧洗浄機を購入した。何とか使えそうだ。圧力は以前のものより少し弱い。
 
6月11日(土)は曇。夕方は明日の準備。
 
6月10日(金)は晴。午後プールに行ってみよう。「アレルギー医療革命」kindle版を読了。Tレグのことを知った。500m泳いで、500m水中歩行。人が多かった。夏になると多そうだ。
 
6月9日(木)は雨。午後は朝倉医師会病院へ。ようやく抜糸できる。抜糸して更にテープを貼っている。自然にはがれれば終わりとなります。病理診断はだだのイボで表面にメラニンが沈着したものだった。顔にできるほくろは悪性化することがあるそうです。紫外線にサラされるからということでした。明日からプールに行こうと思う。

夜、診療室で家内が誤ってユニットのSWに触れたのでバックシートが倒れ、そして降下してすぐ後方にあったキャビネットに当たりこれが倒れた。ユニットも力があるのでユニットも少し移動していた。怪我がなくてよかったのだが、メインSWが切れていなかったのと、スタッフが終了時にコンプレッサーのSWを切り忘れていた。しかし、ユニットへのコンプレッサーは自動水抜きが働いていないのを見つけた。交換しなければ。いろいろにミスが重なり事故は起こるものだ。
 
6月8日(水)は曇。午前中に内科に行った。明日は医師会病院で抜糸だ。
 
6月7日(火)は曇。映画に行きたいものだ。

イオンシネマ筑紫野9番にて午後2時10分からの「デットプール」吹替版を見た。マーベルの作品だがこれがX-MENのスピンオフと気が付いたのは結局最後の最後の映像だった。近々にX-MENが公開される。☆☆☆☆・ 79点




黄金のアデーレ 名画の帰還」のライアン・レイノルズ主演で贈る「X-MEN」シリーズのスピンオフ作品。驚異的な治癒能力と不死の体を持つアンチヒーロー、デッドプールの誕生秘話が、アクションとブラックユーモア満載で繰り広げられる。アメリカではR指定映画最高のオープニング成績を残すなど大ヒットを記録。メガホンを取ったのは、「マイティ・ソー ダーク・ワールド」の第二班監督などを経て、本作で長編デビューを飾るティム・ミラー。

タクシーに乗って目的地へ急ぐ全身真っ赤なコスチュームの男。運転手に“デッドプール”と名乗ったその男が到着したのは、ハイウェイの上。デッドプールは、そこで宿敵への復讐を果たそうとしていた……。その2年前。かつて特殊部隊の有能な傭兵だったウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は第一線を引退後、好き勝手に悪い奴を懲らしめ、金を稼ぐというヒーロー気取りの生活を送っていた。そんなウェイドが一夜の相手として知り合ったのが、娼婦のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)。最初のベッドインがあまりに完璧だったため、2人は1年間の同居を経て結婚を決意する。幸福な未来が待っていると思ったのも束の間、原因不明の痛みに襲われたウェイドに医師が下した診断は、全身にガンが転移しているという事実だった。余命わずかとなり、激しく落ち込むウェイド。そこへ、末期ガンが治療できると声を掛けてきた男がいた。ウェイドはその男から、ある施設へ案内される。そこで行われていたのは、余命宣告を受けた者たちに人体実験を施し、肉体改造を経て戦闘マシンとして売り飛ばすという恐ろしいプロジェクトだった。施設を仕切るのは、自らも無敵の肉体を手に入れたエイジャックス(エド・スクライン)。様々な実験を重ねて改造されたウェイドは、やがてどんな攻撃を受けても回復できる肉体を手に入れる。怒りが収まらない彼はエイジャックスとの激しい戦いの末、施設から逃亡。だが、実験で全身の皮膚がただれてしまい、ヴァネッサに素顔を見せる勇気がなかった。その顔を隠すため、自ら作ったマスクを被って“デッドプール”と名乗り、エイジャックスを探し始める。元の肉体を手に入れ、もう一度、ヴァネッサと幸せな生活を送りたい……。ウェイド=デッドプールは強い感情に突き動かされ、エイジャックスへの手がかりを見つけては、次々と敵を倒してゆくが……。
 
6月6日(月)は曇。夜は例会。
 
6月5日(日)は曇。朝倉高校総会。夕方帰宅。長男達が世話人当番だった。
 
6月4日(土)は曇。園芸。梅雨入りの様だ。
 
6月3日(金)は晴。映画に行きたいものだが。

イオンシネマ筑紫野3番にて午後1時50分からの「スノーホワイト 氷の王国」吹替を見ました。観客はそうなかったが、作品は白雪姫とはかけ離れているように思えた。前作の「スノーホワイト」も見ていたが前作の法が楽しめたと思う。☆☆☆☆・ 68点



グリム童話『白雪姫』に大胆なアレンジを加えて映画化したアクション・アドベンチャー「スノーホワイト」の続編。一度は滅ぼされたラヴェンナ女王と、その妹である氷の女王フレイヤによる恐ろしい陰謀に立ち向かう戦士たちの壮大なバトルが綴られる。「白鯨との闘い」のクリス・ヘムズワース、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のシャーリーズ・セロンが前作から引き続き出演、「イントゥ・ザ・ウッズ」のエミリー・ブラント、「オデッセイ」のジェシカ・チャステインが新たに参加する。日本語吹替え版のキャストは「翠星のガルガンティア めぐる航路、遥か」の杉田智和、「劇場版 進撃の巨人」の朴璐美、「紅殻のパンドラ」の田中敦子、「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ 終わりなき旅」の水樹奈々。

スノーホワイトと、ハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)の剣によってラヴェンナ女王(シャーリーズ・セロン)が滅ぼされた。姉ラヴェンナの死を知ったフレイヤ女王(エミリー・ブラント)は、氷の王国軍を集結させスノーホワイトの王国にあった魔法の鏡を自分の元に奪い去ってくるように命じる。フレイヤは、自身の魔力と鏡の魔力を掛け合わせてラヴェンナを蘇らせ、姉妹の魔力で世界を永遠に暗黒の力で覆い尽くそうとしていた。そんなフレイヤの恐ろしい計画に気付いたエリックは、その陰謀を阻止するためかつて自分の故郷でもあった氷の王国に戻り、鏡を破壊しようと試みる。だがそこに現れたのは、死んだはずの最愛の女性・サラ(ジェシカ・チャステイン)であった……。
 
6月2日(木)は晴。午前中は病院に行く必要がないので、午後から診てもらう。少し仕事をすることにする。次回は9日に抜糸。結果もわかると思う。それまでは水泳は禁止というか傷が見ずに浸からないように。
 
6月1日(水)は曇。午後は肩の小OP。午後2時から3時で終了。直径は7mmから8mmの様だ生検をする。多分良性と思う。痛みはあまりないが抗生剤を服用する時に手持ちのカロナールを服用した。最近はロキソニンよりこちらがすすめられているようだ。

 

〔ホーム〕〔上〕
 
日記
2016年5月
 
5月31日(火)は晴。プールに行こうと思っていたが、少し遅れたので行かず。庭の手入れをした。暑かった。しばらく泳げないかもしれない。
 
5月30日(月)は晴。あつい。ごこ少し庭仕事。モミジを一本切った。
 
5月29日(日)は雨。午前10時過ぎに旅館を出て、三愛レストハウスへ。雨でもあり、買い物客は少ない。雨の中を産山村を回って国道212で南小国町へ竹の熊のケヤキを遠くからみて、買い物をした。更に小国の道の駅へより買い物。ここは宮原線終点の小国駅跡にある。更に鉾納宮のケヤキや夫婦杉を見物。更に阿弥陀杉を訪問して小国の道の駅で昼食。国道387沿いにある北里柴三郎記念館を訪れたが、ひび割れて休館中だった。ここから更に楠方面へ走りファームロードへ入り国道210へでてうきはの道の駅に手買い物して帰宅した。今回はづっと運転手をした。
 
5月28日(土)は雨。「黒川温泉」に行く予定。雨で残念だが・・・>
午前11時30分頃に「AQUA」にて、出発。日田で昼食。国道386から国道210へ入り212は通行止め箇所があるので国道387を迂回して小国町にでた。水源のケヤキを対岸から見物して、国道442にて黒川温泉「優彩」経向かった。雨は降り続けていた。午後3時前に到着。この旅館は観光ホテル風の旅館で収容人員も多いようだ。宿泊客は少ないということだった。大浴場に行くと誰もいなかった。
 
5月27日(金)は曇。プール=600m泳いで400m歩く。「暮らしの手帖」が届いていた。久しぶりに手に取ってみた。戦後、発汗されたものを父がよく読んでいた。
 
5月26日(木)は曇。プールへ。600m泳いで、400m水中歩き。AQUAの洗車。少々園芸。青山文平の「つまをめとらば」古書Aが届いた。
 
5月25日(水)は雨後晴。プールで600m泳ぎ400m歩き。
 
5月24日(火)は曇。プール。600m泳いで、300m水中歩き。
 
5月23日(月)は 晴。午後は除草剤散布など。
 
5月22日は(日)晴。山口県下関市・長門市・美祢市の巨樹を訪問した。ついでに毘沙ノ鼻に行きました。
 
5月21日(土)は晴。プール。600m泳ぎ250m歩く。消毒と東側のサンシュユ伐採。
 
5月20日(金)は晴。プールへ。600m泳ぎ200m歩く。剪定は一応終わり。
 
5月19日(木)は晴。プールには行く予定だったが、肝炎検査採血があったのでやめた。駐車場の蛇口の交換をした。ずいぶん前からの懸案だった。材料はすでにそろえていた。ようやく水漏れも解消。弱痔が長年使っていたので腐食などの影響ではしっかり閉めないと水漏れしていた。
 
5月18日(水)は医師会病院に予約している。皮膚科。ほくろと思っていたが、イボだろうということだったが、一応切除して病理検査することにして6月1日に予約。午後は屋根の補修をしたが、雨樋に広範囲に穴があいているのを見つけた。これが刀伊付近から大量に雨水が落ちてくる原因のようだ。所々で雨樋が腐食して穴があいているところがあり応急処置した所もある瓦押さえの久木を打ち直しもしたが、届かないところは無理だ。危ない。ナデシコを停止よくしたが、播種が密すぎてよくなかった。何本かの花苗はできるだろう。
 
5月17日(火)は晴。プールに行く。行く時間が、遅かったので600m泳いで150m歩いた。
 
5月16日(月)は雨。

イオンシネマ筑紫野2番にて午後2時5分からの「殿、利息でござる!」を見ました。実話が基になっているお話で、原作もあります。よくできていた。☆☆☆☆・ 79点 イオンシネマ筑紫野は月曜日がサービスディなので見ないことにしていたが、試しに行ってみた。案の定公開して間もないのとサービスディなのでいつもより多かった。T-ジョイ久留米だとここまではないのだが。まあ隣席に人が来るということはなかった。




『武士の家計簿』の原作者・磯田道史の評伝『無私の日本人』の一編を基にした時代劇。困窮する宿場町を立て直すために、庶民が身銭を切って集めた大金を藩に貸し、得た利息を全住民に分配した実話を、「予告犯」の中村義洋監督が映画化。宿場町を守ろうと奔走する造り酒屋の主・穀田屋十三郎を「謝罪の王様」の阿部サダヲが、秘策を立てた菅原屋篤平治を「まほろ駅前多田便利軒」シリーズの瑛太が、十三郎の弟・浅野屋甚内を「悪人」の妻夫木聡が演じる。2016年 5月7日より宮城先行公開。


江戸中期。仙台藩は財政が厳しく、重税にあえぐ百姓や町人たちの破産と夜逃げが後を絶たなかった。小さな宿場町・吉岡藩もすっかり寂れてしまい、造り酒屋の主・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は町の行く末を案じていた。そんな中、知恵者の菅原屋篤平治(瑛太)がある秘策を打ち出す。それは、大金を藩に貸し付け、藩から利息を得るというものだった。目標額は、千両。しかしこれが明るみになれば打ち首必至。十三郎とその弟・浅野屋甚内(妻夫木聡)、さらに宿場町の仲間たちは、水面下で大金を掻き集めようと知恵を絞り、奔走する。

原作「無私の日本人」に収められているのをkindleで読んだ。実話のようですばらしい人たちがいたものですね。2編収納されている。

帰りにマイカーセンターに寄って、帰宅する途中、古賀茶屋の信号ですぐ前の車が、信号無視して交差点で2台更にそこから100m位走って反対車線の車と衝突してとまった。どうしたんだろう?
 
5月15日(日)は曇。歯路会は長崎市中華にグラーバー園だった。結構疲れた。歩くのが弱っている時にはトレをした方がよさそうだ。
 
5月14日(土)はツツジの剪定ケーブルも1部処理。疲れた。AQUAの窓磨き終了。12000円。
 
5月13日(金)は晴。紹介状をもらいに行く。600m泳いだ。
 
5月12日(木)は晴。プールで600m泳いだ。
 
5月11日(水)は曇。絶食して血液検査をする。皮膚科に行ってみることにしたので紹介状を金曜日に撮りに行く。薬も。

午後2時40分からイオンシネマ筑紫野6番にて「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」2D吹替を見ました。アメコミのヒーローがたくさん登場します。スパイダーマンも登場でした。キャプテン・アメリカははじめから終わりまで登場しますが、誰がヒーローということはないような気もします。☆☆☆☆★ 82点 次作も楽しみです。スパイダーマンも近々登場の様でしす。観客はこの時間帯にしては、割と多かった。



マーベルが生んだヒーロー、キャプテン・アメリカを主人公にしたシリーズ第3弾。アイアンマン始め「アベンジャーズ」の仲間同士が壮絶な戦いを繰り広げる。監督は「アベンジャーズ」の次回作も決定しているアンソニー&ジョー・ルッソの兄弟。クリス・エヴァンス、ロバート・ダウニー・Jrなど「アベンジャーズ」シリーズでお馴染みのキャストに加え、新たなヒーロー、ブラック・パンサーを演じるチャドウィック・ボーズマン(「ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」)らが新加入。


平和を守る「アベンジャーズ」の戦いは、アメリカ国内のみならず全世界に広がり、多くの人々を救ってきた。だがその反面、国境を軽々と飛び越える戦いがもたらす被害も甚大になってゆく。やがて、世界中で巻き起こるアベンジャーズを危険視する声。ついに彼らは、国際的な政府組織の管理下に置かれ、無許可での活動を禁止される。アイアンマンとして数多くの人々を救いながらも、一般市民を危険に晒したという罪の意識を持つトニー・スターク(ロバート・ダウニー・ Jr)は、これに賛成。しかし、自由を重んじるキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は、そんなトニーに失望する。両者の対立がエスカレートする中、事態は大きく動く。ウィーンの政府組織の本拠地でテロ事件が発生。その犯人としてキャプテン・アメリカのかつての親友、ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)が指名手配されたのだ。アイアンマンと彼を支持するブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)は、政府組織の指示を受けてウィンター・ソルジャーの捜索を開始。その頃、キャプテン・アメリカは、過去を共にした親友バッキーか、それとも未来を共にするアイアンマンたちか、二つの友情の間で葛藤していた。そんな彼に味方するのは、ファルコン(アンソニー・マッキー)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)、スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)たち。アイアンマンの傍にも、ウォーマシンこと長年の友人ローズ(ドン・チードル)、その戦いを支え続けた人工知能ジャーヴィスが進化したヴィジョン(ポール・ベタニー)がいた。さらに、復讐のためにウィンター・ソルジャーを追うブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)もこれに加わる。こうして、アイアンマンとキャプテン・アメリカを中心に、アベンジャーズを二分する壮絶な戦いが幕を開ける……。

この日は48回目の結婚記念日だ。家内も同行していたので帰りに食事をして帰宅した。
 
5月10日(火)は午後7時30分から県歯会館で講習。駐禁除外の講習。申請。申請日を8日にしてしまったようだ。仕事が遅くなったので、プールには行かず。
 
5月9日(月)は曇。

午後3時35分からT-ジョイ久留米6番にて「ズートピア」2D吹替を見ました。ディズニーのアニメですが、なかなかよくできた脚本です。☆☆☆☆★85点 時間帯もありますが、子供はいませんでした。



夢に燃える新米警官のウサギと詐欺師のキツネが、動物たちの楽園ズートピアの危機に立ち向かう冒険アニメ。「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーアが監督を務める。3D/2D同時公開。動物たちが人間のように暮らす大都市ズートピアで、ウサギ初の警察官になったジュディは、認められようとしてキツネの詐欺師ニックと組み失踪事件の捜査にあたるうちに、ズートピアに隠された陰謀に気付く……。字幕版では、ジュディの声をテレビドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』のジニファー・グッドウィンが、ニックの声を「モンスター上司」のジェイソン・ベイトマンが担当する。

高度な文明が発達した動物たちの楽園ズートピア。そこは、誰もが夢を叶えられるところだった。田舎町バニーバロウで育ったウサギのジュディは、幼い頃から、世界をより良くするために警察官になりたいと思い描いていた。サイやカバといった大型動物だけが警察官になっているものの、ジュディは警察学校を首席で卒業。ウサギとして初めて警察官になり、ズートピアに赴任する。しかし、動物たちの連続行方不明事件が発生し、捜査に向かうのはサイやゾウといった大型の同僚たちばかり。スイギュウの署長ボゴはジュディの能力を認めようとせず、駐車違反の取締りを命じる。そんな中、街で困った様子のキツネの親子を助けたところ、彼らは詐欺師だった。だまされショックを受けるジュディに、詐欺師のニックは、何にでもなれると思っていても無理だと言い放つ。落ち込むジュディだったが、諦めずに、未捜査のままになっているカワウソのオッタートンが行方不明になっている事件の捜査に名乗り出る。ジュディを応援するヒツジのベルウェザー副市長の後押しもあり、ボゴは期間は2日間のみであること、失敗したらクビにすることをを条件に、やむなく捜査を任せる。チャンスを掴んだものの、手がかりは皆無だった。そこでジュディは、街に精通しているニックに協力を依頼。秘密を握られているニックは、渋々彼女の捜査に付き合うことにする。ニックの情報網を駆使し聞き込みを続けるうちに、ついにツンドラ・ラウンでオッタートンの痕跡が残る車を見つける。しかしその車はツンドラ・タウンの闇のボス、ミスター・ビッグのものであり、ジュディとニックは捕まってしまう。何とかこの危機を切り抜けたジュディとニックは、新たな手がかりを掴むとともに、ズートピアに何かが起ころうとしていることに気付く……。

bookoffで新書版の古書を2冊購入。900円以上した。結構高いのはわかっていたが。次いでだ。映画に行ったときに時間つぶしに時に立ち寄っている。
 
5月8日(日)は晴。一斉清掃日で私の出番。

終わってから録画していた「PARKERパーカー」を見た。ジェイソン・ステサム主演の作品。悪の役柄だった。☆☆☆☆・70点



ドナルド・E・ウェストレイクの小説『悪党パーカー』の映画化。強盗の復讐劇を描く犯罪アクション。出演は「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム、「メイド・イン・マンハッタン」のジェニファー・ロペス。監督は「Ray/レイ」のテイラー・ハックフォード。脚本は「ブラック・スワン」のジョン・マクラフリン。

天才的な頭脳と強靭な肉体を併せ持つプロフェッショナルな強盗のパーカー(ジェイソン・ステイサム)は、生い立ちも過去も謎のベールに包まれた冷酷非情な一匹狼で、自らに課した3つのルールに従って行動する。メランダー(マイケル・チクリス)率いる犯罪グループと大金が集まるオハイオ・ステートフェアを襲撃し、150万ドルを強奪するヤマも、パーカーの完璧な計画で成功するが、メランダー一味の不用意な行動から一般人を巻き込んでしまう。このパーカーのルールに反した行動によって、メランダーから次のヤマの話を持ち掛けられたパーカーは拒否する。怒ったメンバーたちに何発もの銃弾を浴びせられたパーカーは、瀕死の状態で道端に置き去りにされる。何とか一命を取り留めたパーカーは、一味がセレブの集まるパームビーチに身を置いていることを嗅ぎ付け、テキサスの大富豪ダニエル・パーミットという偽IDを作り、報復のための追跡を始める。島の豊富な知識を持つ不動産業者のレスリー(ジェニファー・ロペス)と出会ったパーカーは、彼女の助けを得て、一味が5千ドル相当の宝石を盗もうとしていることを知る。パーカーは、一味に宝石を奪わせて、それを横取りする計画を立てる。しかし一味はパーカーが生きていることを知り、シカゴを牛耳る殺し屋集団に彼の殺害を依頼する。最凶の刺客が送り込まれる中、パーカーは復讐を果たすことができるのか……。


、午後はツツジの剪定をした。これは結構つかれた。脚と左腕が痛い。庭内のツツジは別の日にすることにする。
 
5月7日(土)は曇。プールに行こうと思う。600m泳いだ。

Amazonプライムで「しあわせのパン」を見た。よくあるお話の部類だ。淡々とした日常に訪ねてくるお客さんの事情を連ねたお話。☆☆☆☆・70点



北海道の洞爺湖の辺にある町・月浦を舞台に、パンカフェを営む一組の夫婦とそこを訪れる様々な客たちの人間模様を、美しい風景とともに綴る。主演は「東京オアシス」の原田知世、「探偵はBARにいる」の大泉洋。監督・脚本は「刺青 匂ひ月のごとく」で劇場用映画デビューを飾った三島有紀子。オール北海道ロケで撮影された。2012年1月21日より、北海道にて先行公開。

東京から北海道の月浦に移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ“マーニ”を始めた水縞尚(大泉洋)とりえ(原田知世)の夫婦。尚がパンを焼き、りえがそれに合うコーヒーを淹れ、料理を作る。そこには毎日、色々なお客がやってくる。北海道から出られない青年、時生(平岡祐太)、なんでも聞こえてしまう地獄耳の硝子作家、陽子(余貴美子)、口をきかない少女、未久(八木優希)と父親(光石研)、革の大きなトランクを抱えた山高帽の阿部(あがた森魚)、沖縄旅行をすっぽかされた傷心の香織(森カンナ)、観察好きの羊のゾーヴァ。そして、想い出の地に再びやってきた老人とその妻……。それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて店を訪れた彼らが見つけた心の中の“しあわせ”とは?そして彼らを見守る尚とりえに訪れることとは?
 
5月6日(金)は雨。プールは休んで映画に行くことにする。

イオンシネマ筑紫野3番にて午後3時5分からの「ちはやふる 下の句」を見ました。前作に比べると少し盛り上がりには欠けるような気がする。やはりはじめの作品にはかなわないのか?更に続く様だ。☆☆☆☆・ 72点



2009年第2回マンガ大賞を受賞した末次由紀のマンガを実写映画化した2部作の後編。競技かるたに打ち込む高校生たちが、全国大会に挑む。「海街 diary」の広瀬すず、「ストレイヤーズ・クロニクル」の松岡茉優など、旬の若手俳優が共演。監督は「タイヨウのうた」、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」など、青春映画を得意とする小泉徳宏。

千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)は幼なじみ。いつも一緒にかるたで遊んでいたが、家の事情で新が引っ越し、離れ離れになってしまう。高校に入学した千早は、新にもう一度会いたい一心で、再会した太一と一緒に“瑞沢高校競技かるた部”を作る。創部1年目ながら、エース千早の活躍と抜群のチームワークで何とか強豪・北央学園に勝利。都大会優勝を成し遂げた。そして舞台はいよいよ全国大会へ……-。だが、都大会優勝を報告する千早に、新から思わぬ告白が。“俺、かるたはもうやらん……”。ショックを受ける千早だったが、全国大会に向け、懸命に仲間たちと練習に打ち込むのだった。そんな中、千早は同級生ながら“最強のクイーン”と呼ばれる若宮詩暢(松岡茉優)の存在を知る。全国大会の個人戦で詩暢と対決する可能性がある。新に会って“強くなったな”と言われたい、詩暢に勝てばもう一度、新とかるたを取れるかもしれない……。“クイーンに勝ちたい。”千早の気持ちは次第に詩暢に捕われ、競技かるた部の仲間たちから離れてゆく。そんな彼女の目を覚まさせようとする太一。千早、太一、新の気持ちが、少しずつバラバラになってゆく……。果たして、全国大会の行方は……?
 
5月5日(こどもの日)は晴。午後から選定作業。脚が疲れた。続きは8日にする予定。
 
5月4日(みどりの日)は鳥栖の城山(勝尾城址)へ久しぶりに行きました。サクラツツジを見たいと思っていったが、裏年の様でした。しかし、1本だけ花がついていた。家内も同行したが私が30分と勘違いしていっていたので、実は標準タイムは50分で、疲れた様だった、しかし、一応登った。久しぶりに登った山だったので、コースなどはすっかり忘れていた。下りは階段などがあり下りやすかった。

 
5月3日(火)(憲法記念日)は雨なので山などには行かず。

録画していた「アフタースクール」を見た。前半はよくわからず、後半に謎解きがある。大泉洋は良い味出している。☆☆☆☆・ 72点



大人になったかつての同級生たちが織り成すサスペンス・コメディ。監督・脚本は「運命じゃない人」の内田けんじ。出演は「ゲゲゲの鬼太郎」の大泉洋、「ぼくと駐在さんの700日戦争」の佐々木蔵之介、「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」の堺雅人、「魂萌え!」の常盤貴子、「黄色い涙」の田畑智子ほか。

母校で働く中学教師・神野(大泉洋)は、夏休み中も部活動のために出勤していた。そんな彼のもとに、同級生だったという探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は島崎と名乗るが、神野はほとんど覚えていない。探偵は、やはり同級生の木村(堺雅人)を捜していた。神野と木村は中学時代からの親友で、今朝も産気づいた木村の妻(常盤貴子)を、仕事で忙しく昨夜から全くつかまらない木村の代わりに病院へ連れて行ったばかりであった。神野がそう探偵に告げると、今朝撮ったという1枚の写真を渡される。そこには若い女(田畑智子)と親しげにしている木村が写っていた。ショックを受けている神野に、探偵は木村捜しを手伝ってほしいと頼む。まず、神野は顔が知られている探偵の代わりに、木村の件を探偵に依頼してきた男を尾行する。その男は、木村が勤める梶山商事の上層部の人間で、その背後には社長(北見敏之)の存在があることが明らかになる。また彼らは探偵もよく知るヤクザの片岡(伊武雅刀)と繋がっていた。一流企業で働き、人のいい木村を信じる神野であったが、探偵は鼻で笑う。さらに捜索を続けていると、片岡が自身の経営する高級クラブで働いていた女・あゆみの行方を捜しているという情報が入り、そのクラブは梶山商事の人間が頻繁に利用していたことがわかる。そしてそのクラブに勤めていたという女を訪ねたところ、あゆみが消えた日に木村が店に来ていたとの情報を得る。探偵は、ヤクザの女に手を出した木村が、女房子どもを捨てて、女と一緒に逃げたのだと言う。しかしそれでも神野は、彼はそんな奴ではないと探偵の考えを一蹴する。探偵は神野に、本当に友達の全てを知っているのかと問うが、木村の隠された側面を知ってしまった神野は、何も言い返すことができず、自宅に戻ることに。しかし、事件はここから、想像だにつかぬ展開が待ち受けていた……。



続いて、録画していた「誘拐の掟」吹替を見ました。リーアム・ニーソンがスーパーヒーローではない私立探偵を演じる物語です。原作があるようです。☆☆☆☆・ 72点


引退した元刑事が知力と交渉テクニックを駆使し猟奇殺人鬼に誘拐された少女の奪還に臨む心理サスペンス。ローレンス・ブロックのミステリー小説『マット・スカダー』シリーズの10作目『獣たちの墓』を映画化した。監督・脚本は、「ルックアウト/見張り」(未)などの監督のほか、脚本を手がけた「アウト・オブ・サイト」で第71回アカデミー賞脚色賞にノミネートされたスコット・フランク。心に傷を抱える元刑事を「96時間」シリーズや「シンドラーのリスト」のリーアム・ニーソンが演じるほか、ドラマ『ダウントン・アビー』のダン・スティーヴンス、キッズ・ラッパーとして注目を集めたアストロことブライア

1999年、ニューヨーク。誘拐殺人事件が続けざまに起こる中、隠居生活を送る元敏腕刑事マット・スカダー(リーアム・ニーソン)のもとに妻を誘拐した犯人探しの依頼が入る。犯人は身代金を奪った上に人質を変わり果てた姿で返すような非常に残忍かつ狡猾な猟奇殺人鬼だった。新たに一人の少女が誘拐されてしまい、常軌を逸した凶悪犯との戦いに臨む。
 
5月2日(月)は晴。プールは休みなので、午後は家にいた。
 
5月1日(日)は晴。再び京・築へ行った。今回は県道78経由でいった。まず、先日登り残した「国見山」へ行く。山頂近くまで林道ができていたので林道最高地点から登った。木段もあった。次いで、「水神社の大クス」を訪ねた。そばに泉があり、水くみの人も多く見られた。有名な水のようだ。次いで天地山公園のある「天地山」へ多くの人でに賑わっていた。次いで「須佐神社」の大クスへ、更に若木観音堂のある「若木山」、次いで烽火台のあった「雄熊山」、穴ヶ葉山古墳のある「穴ヶ葉山」最後は木船神社の大クスです。やはり帰宅は国道212から大分道経由でしたが、甘木で給油して帰宅。ニューピークは5座でした。


〔ホーム〕〔上〕
 
日記
2016年4月
 
4月30日(土)は晴。午後プールに行き、600mおよいだ。
 
4月29日(昭和の日)は晴。久しぶりに京・築の山へ。まず先日のやまびこ会オフで行き損ねた「城井の上城址」へ。結構岩などもあり楽しめる城址歩きだった。なかなかの攻めにくい城の様だ。次いで「松尾山」へ行く。山頂に上宮がある。戻る時に「梅ヶ谷神社(八社大明神)のイチイガシ」を訪問しました。この神社には他にも大木がありました。ここから帰宅しました。国道212を走り日田から高速道で帰宅しました。帰りに筑後川の堤防から「下古毛の大クス」の写真を撮って、自宅近くにある石成の古塔塚の「ナンジャモンジャ」の木を訪ねました。これはタブノキの老木です。息子から聞いていたので訪ねました。ニューピークは2座としておきます。
 
4月28日(木)は晴。午前中の仕事が遅くなったのでプールへは行かず。
 
4月27日(水)は雨。映画に行こう。

イオンシネマ筑紫野3番にて「レヴェナント 蘇えりし者」字幕を見ました。実話が基になったお話で長尺でした。デカプリオが初めてのアカデミー主演男優賞。☆☆☆☆★82点


レオナルド・ディカプリオと「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督が初タッグを組み、実話を基にした小説を映画化。荒野に取り残された男が復讐のため、過酷なサバイバルに挑む。ゴールデングローブ賞作品賞、監督賞、主演男優賞受賞。撮影監督は、「ゼロ・グラビティ」のエマニュエル・ルベツキ。音楽は、「ラストエンペラー」の坂本龍一。

アメリカ西部の未開拓な荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、狩猟チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に見捨てられ置き去りにされたばかりか、最愛の息子を殺されてしまう。グラスはフィッツジェラルドに復讐を果たすため、厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃を交わし、約300キロにわたる過酷な旅に出る……。
 
4月26日(火)は晴。暑かった。午後はプール。600m泳いだ。肩が痛くならない腕の振りを研究中。格好は悪くなりそうだ。AQUAを洗車。花壇の手入れを少し。
 
4月25日(月)晴。AQUAのウィンドウグラスの水垢が落ちることがわかった。今後はよく洗って拭くことをしなければ。
 
4月24日日は曇り。外出はしなかった。WOWOWを録画した「第九軍団のワシ」と「米軍極秘部隊 ウォー・ビッグス」を見た。草取り、菊の差し芽、アクアの窓ガラス磨き・・落ちない。

「第九軍団のワシ」はローマ帝国時代のお話。☆☆☆☆・ 68点



イギリスの女流児童文学者ローズマリー・サトクリフの同名小説を「Life in a Day 地球上のある一日の物語」のケヴィン・マクドナルド監督が映画化。ローマ軍最強といわれた第九軍団の名誉の象徴である黄金の“ワシ”の謎と、父子の絆を描く。出演は「親愛なるきみへ」のチャニング・テイタム、「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」のジェイミー・ベル、「グリーン・ランタン」のマーク・ストロング。

西暦120年、ローマ帝国はブリタニア(現在のイングランドとウェールズ)への侵略を進めながらも、北端地域に君臨するカレドニア(現在のスコットランド)の部族の抵抗に手を焼いていた。ローマ軍最強といわれる第九軍団の兵士5000名はフラビウス・アクイラ指揮の下、黄金の“ワシ”を掲げてカレドニアに進攻したが、霧の中で忽然と姿を消し、再び帰ってくることはなかった。激怒したローマ皇帝ハドリアヌスは、ブリタニア人の南下を防ぐため防壁の建設を命じる。“ハドリアヌスの長城”と名付けられたこの防壁はやがて、ローマ帝国の支配圏における最北端の境界線“この世の果て”と呼ばれるようになる。20年後、誇り高きローマ軍人として成長したアクイラの息子マーカス・アクイラ(チャニング・テイタム)は、父の影を追うようにブリテン島(イングランド)の南西部に位置する小さな砦に赴任する。赴任して間もなくのある夜、先住民族に砦を襲われ勇猛果敢に戦ったマーカスは、その功績を称えられたものの、足に重傷を負い軍人生命を絶たれてしまう。生きる目的を失い、絶望の淵に追いやられたマーカスは、伯父(ドナルド・サザーランド)の屋敷で傷を癒しながら憂鬱な日々を送っていた。ある日、マーカスは観戦していた剣闘試合で、奴隷戦士のブリタニア人青年エスカ(ジェイミー・ベル)の命を救う。エスカは命の恩人であるマーカスに忠誠を誓い、奴隷として仕えることになる。そんなとき、ブリテン島北端の神殿に“ワシ”があるという噂を聞いたマーカスは、父の汚名を晴らすため、また自らの生きる誇りを手にするため、エスカを従え、危険な北の荒野へと“ワシ”を取り戻す旅に出る。果たしてマーカスとエスカは、消えた父と 5000名の兵士の謎を解き明かし、“ワシ”を取り戻すことができるのか。想像を絶するほど広大で厳しい荒野で、2人を待ち受ける真実とは……。



「米軍極秘部隊 ウォー・ピッグス」2015は日本未公開
☆☆☆☆・ 65点

 
4月23日(土)は曇。午後は震災支援物質の買い物に行こう。嘉島町の東君からメッセージが来た。少しくらいはお手伝いをしたいと思いました。このメッセージは22日に発されたもののようです。すでに支援品であふれているかもしれません。
 
4月22日(金)は曇。午後はプールに行ってみよう。会員の更新もある。600m泳いだ。方がいたくなりそうなのでこれでやめた。

Amazonプライムで「アジャストメント」を見た。SFファンタジーらしい作品だった。☆☆☆☆・67点


フィリップ・K・ディックの短編小説を「ヒアアフター」のマット・デイモン、「ウルフマン」のエミリー・ブラント共演で映画化したSFサスペンス。謎の組織が密かに人々の運命を支配する世界で、その事実に気付いた男が、自らの未来を賭けて組織と戦う。「ボーン・アルティメイタム」の脚本家ジョージ・ノルフィが監督デビュー。

選挙で敗れた上院議員候補デヴィッド・ノリス(マット・デイモン)。敗戦会見の準備をしていた彼は、見知らぬ女性エリース(エミリー・ブラント)と出会い、たちまち意気投合する。さらに、会見を無事に切り抜けたデヴィッドは全米一のベンチャー企業に役員として迎えられ、次回上院選の有力候補として再浮上する。だが、そんな彼の行動を逐一モニターする謎の集団があった。社会の裏で超人的な能力を駆使して、人間の運命を操作する運命調整局のエージェントたちだった。その1人、ハリー(アンソニー・マッキー)は、出勤するデヴィッドがバスを乗り過ごすように操作を試みるが、手違いから失敗。バスに乗り込んだデヴィッドは車内でエリースと再会し、彼女の携帯番号が書かれたメモを手に入れる。出社したデヴィッドは、調整局から派遣された干渉班が社員の意識改変を実施する現場に遭遇し、捕えられてしまう。エリースとは2度と会わないようデヴィッドに忠告したエージェントたちは、携帯番号のメモを燃やす。さらに、調整局の背後にはすべての運命を司る“チェアマン”の存在が……。それから3年。デヴィッドはエリースと偶然再会。それを知って2人を引き離そうと様々な策を講じる調整局。繰り返し再会する彼らに疑問を持ったリチャードソン(ジョン・スラッテリー)は、2人を調査。過去に2度も結ばれる運命にあった2人が、その運命に引きずられて互いに呼び合っていたことが明らかになる。一方、デヴィッドの元には調整局が派遣した“ハンマー”の異名を持つトンプソン(テレンス・スタンプ)が現れ、彼が政治家になった理由は真のリーダーとして人類を統率させるためだったと説明。さらに、これ以上エリースと接触すると、彼女のダンサーとしての夢も消えると告げる。選択を迫られたデヴィッド。果たして彼はどのような決断を下すのか……?
 
4月21日(木)は雨。午後はプール。遅くいった。500m泳いた。少し肩に痛みを覚えだしたのでやめてで帰宅。週刊文春4月28日号をkindleにて購読。

 
 
4月20日(水)は晴。イオンシネマ筑紫野に行こうと思う。

 実はT-ジョイ久留米で「スポットライト」を見る事にしていたのだが、(月)(火)と震災点検のため休館だった。
そこで、午後はイオンシネマ筑紫野5番にて午後3時40分からの「ちはやふる 上の句」を見た。競技カルタのお話で、一種のスポ根ものです。面白い。下の句ももうすぐ公開。見たい思う。公開されて時間がたっので観客は5人だった。コールデンウィークも近くなり話題作の公開が多くなりそうだ。☆☆☆☆・75点



高校の競技かるた部を舞台にした末次由紀の同名コミックを、二部作で実写映画化した前編。出演は「海街diary」の広瀬すず、「映画 ビリギャル」の野村周平、「劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー」の真剣佑。監督は、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の小泉徳宏。

幼なじみの千早(広瀬すず)・太一(野村周平)・新(真剣佑)の3人は、いつも競技かるたで遊んでいたが、小学校卒業を境に離れ離れになってしまう。千早は一人になっても、競技かるたを教えてくれた新に「強くなったな」と言われたいという純粋な想いで、競技かるたを続けていた。千早は高校生になると、再会した太一とともに競技かるた部を作り、全国大会を目指す。全国大会に行けば新に会えるかもしれないという千早の気持ちを知りながらも、太一はかるた部の一員となる。3人と瑞沢高校かるた部の夏が始まる……。
 
4月19日(火)は晴。今日T-ジョイ久留米に映画に行こうと思ったが、今日も休館だ。水曜日にはイオンシネマ筑紫野で「ちはやふる 上の旬」を見ようと思う。「スポットライト」は別の日に。そこでにたような作品を見た。1976年。

Amazonビデオにて「大統領の陰謀」を見た。有料400円。新聞記者の活躍。ウォーター・ゲート事件。☆☆☆☆・ 72点



ウォーターゲート事件を追求し、ニクソン大統領を失脚させたワシントン・ポスト紙の2人の記者、カール・バーンスタインとボブ・ウッドワードの行動を通して、事件の全貌を描く。製作はウォルター・コブレンツ、共同製作はマイケル・ブリットンとジョン・ボースチン監督は「バララックス・ビュー」のアラン・J・パクラ、脚本はウィリアム・ゴールドマン、原作はカール・バーンスタインとボブ・ウッドワードの共同著書、撮影はゴードン・ウィリス、音楽はデイヴィッド・シャイアー、編集はロバート・J・ウォルフが各々担当。出演はダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード、ジャック・ウォーデン、マーティン・バルサム、ハル・ホルブルック、ジェイソン・ロバーズ、ジェーン・アレクサンダー、メレディス・バクスターなど。

1972年6月17日土曜日の午前2時30分。ワシントンのウォーターゲート・オフィス・ビルの5階にある民主党全国委員会本部に5人の男たちが侵入した。彼らは来るべき秋の大統領選挙にそなえて必勝を期する民主党のキャンペーンを攪乱するために、秘かに雇われた者たちだった。この5人は元CIAの情報部員と大統領再選本部の現役の対策員で固められていた。仕事は手抜かりなくおこなわれる筈であったが、ビルの警備員に見咎められ、たちまち警察に通報された。そして不法侵入の現行犯で逮捕された。まだ入社して9カ月になったばかりのワシントン・ポスト紙の記者ボブ・ウッドワード(ロバート・レッドフォード)は、ウォーターゲート事件が起きてから7時間後に、上司のハワード・ローゼンフェルド(ジャック・ウォーデン)に呼ばれた。一方、同じポスト紙のベテラン記者カール・バーンスタイン(ダスティン・ホフマン)も、この事件に興味を示していた。その朝、彼は現場にいってきた記者たちのメモをコピーし、局長のハワード・サイモンズ(マーティン・バルサム)や主幹のブン・ブラッドリー(ジェイソン・ロバーズ)に、もう少しチェックしてみたいと伝えた。そしてバーンスタインは、ウォーターゲート・ビルのあらゆる人たち−−事務員はもとより、夜警、掃除婦など−−に片っ端から電話をかけ始めていた。政府上層部のスポークスマンたちはこの不正侵入行為に非難を集中させた。はじめのうちはこの侵入事件は狂信者たちの単独犯によるもので,リチャード・M・ニクソン大統領の公式の選挙運動本部から認められたものでも、援助を受けているものでもないと思われ、ホワイト・ハウスの人間とはまったく無関係と思われていたのだ。その日の午後、裁判所では保釈が認められるかどうかを決定する予審が行われたが、ウッドワードはその場に刑事犯の弁護士ではない政府筋の弁護士たちが来ているのに好奇心をそそられた。さらに、侵入者の1人、ジェームズ・W・マッコード・ジュニアが、最近CIAを辞めたことを認めたとき、ウッドワードはこの事件がホワイト・ハウスから発表されているような政治狂信者の仕わざとか単なる三流の侵入事件にとどまるものではないことを感じた。この犯行ははじめ、刑事事件と考えられていたが、この侵入事件が国家の自由な選挙制度とプライバシーに対する市民権を破壊しようとする網の目のように張られた巧妙な犯罪の氷山の一角にすぎないことがわかると、ワシントン・ポスト社内では調査を続けるというウッドワードとバーンスタインの主張も認められた。2人の取材活動が開始された。最初のうちは政治の厚い壁にはさまれて試行錯誤のくり返しだったが、謎の人物ディープ・スロート(ハル・ホルブルック)の、『金を追え』という示唆に従ってニクソン再選委員会の選挙資金を追求するうちに、その裏に隠された陰謀が次第に鮮明になっていった。裏付け調査を終わった2人の暴露記事が全世界に報道される日がやってきた。それは大統領をはじめとするホワイト・ハウスの幕僚たちに大きな衝撃を与えた。ワシントン・ポスト紙は権力からの激しい否認にあい、ニクソン大統領の報道担当官たちからは激しい非難と嘲笑を浴びせられた。しかし、不吉な警告にも屈せず、ウッドワードとバーンスタイン、それにワシントン・ポスト紙の同僚たちは、長いあいだ疑っていた侵入犯と政府の関連を立証してみせた。岐路に立たされたホワイト・ハウスの強い圧力にも屈せず、両記者の徹底的な調査は半信半疑で当惑する市民たちに、政府の高官たちの犯罪的な裏切り行為を納得させるに充分だった。たとえどんな大統領でも、大統領とあろう者がそのような陰謀に加担したり見逃したりしたことを、初めは信じたがらなかった国民も疑いの目を向け始めた。次から次へと発表される2人の記事は国会で真相を究明することを促し、さらにそれは政府や陰謀者たちの不安をつのらせ、ある場合にはパニック状態に陥らせた。ウッドワードとバーンスタインのタイプをたたく手に力がこもり、それは近い日、必ず訪れるであろうニクソン大統領失脚を物語っているようだった。
 
4月18日(月)は曇。映画に行こうと思っている。T-ジョイ久留米は点検のため休館だった。Webサイトを見たような気がしていたが、帰宅して見ると休館ということになっていた。往復40q1時間の無駄で死が、教訓となった。事前に確かめること。「大統領の陰謀」を見ようと億も手板が、地震のニュースを見てしまった。それと草取り。種をばらまいていた「ツワブキ」のめがでていた。第1生命からもらった「美女ナデシコ」の種をまいてみた。
 
4月17日(日)は晴れていたが予定の所には行けないようだ。まだ余震も続くし、道路がどうなるかわからない。大分道や九州道は良いところが通行止めとなったいる。大分道は早く開通すると思われるが、九州道は時間がかかりそうだ。

WOWOWを録画していた「映画 深夜食堂」を見た。夜に食堂に集まる人たちを描いた作品だ。原作の漫画やTVドラマシリーズは知らない。☆☆☆☆★ 80点



2006年に連載開始、深夜0時に開店する小さな食堂で繰り広げられる人間模様を描き第39回日本漫画家協会賞大賞を受賞した安倍夜郎の漫画『深夜食堂』。2009年、2011年、2014年とTBS系列で放送されたテレビドラマは第1シリーズが第47回ギャラクシー賞テレビ部門選奨を受賞。「歓喜の歌」の小林薫をマスター役に迎えしみじみとした味わいで人気となったドラマを映画化。監督は「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」の松岡錠司。綾田俊樹、松重豊、安藤玉恵らがドラマ版に続き常連客役で登場するほか、高岡早紀、柄本時生、多部未華子、田中裕子らが新たに出演。作中の料理は「かもめ食堂」のフードスタイリスト飯島奈美が手がけている。

街のある一角に、深夜0時になると開くめしやがある。掲げられたメニューは豚汁定食、ビール、酒、焼酎しかないが、マスター(小林薫)ができるものだったら言えば作ってくれる。めしやにはいつもマスターの味と居心地の良さを求めて人が集まる。ある日、店に骨壷が置き忘れられていた。常連客たちが骨壷をネタにああだこうだ話に花を咲かせていたところ、久しぶりにたまこがやってくる。最近愛人を亡くした彼女は、新しいパトロンを探している最中だった。めしやに住み込みで働くことになったみちるも、常連客のあけみに会いたいと騒ぐ謙三も、何か訳ありの様子。マスターのどこか懐かしい味は、そんな彼らのおなかも心も満たしていく。

エビネの写真を撮った。
 
4月16日(土)は曇。午前1時25分頃の地震はだいぶゆれた。震度5+だった様だ。朝起きてみると下ろしてある積み方の悪かった瓦が落ちて鉢が割れていた。「羊と鋼の森」を読了。良い本だった。午後はプールに行き短めの500m泳いだ。肩を使いすぎないようにするため。今後は短めにする予定。
 
4月15日(金)朝から地震のニュースが飛びかっている。正確な情報を手に入れることが大事と思う。流言飛語には惑わされないようにしよう。

「羊と鋼の森」文藝春秋 2016年本屋大賞 が届いた。A ポイントがあったのでAmazonにて購入。



夜は北野へ。陽子ちゃんの結納を見に行った。

 
4月14日(木)は曇。プールに行きました。50m×10=500m泳いでやめました。左の息継ぎをやろうとしますが、失敗です。又継ぎの機会に練習です。帰宅すると田中設備が来ていた。流量計を入れて漏水の検査。結局離れの使っていないトイレの手洗いの水栓が壊れて漏水しているのがわかった。栓をしたら漏水は泊まったようだ。ようやく終了。よく水栓を点検すれば早くに解決していたと思う。結局3カ所で漏水があったことになる。今日見つけたのが一番の量。

午後9時30分頃に益城地方を中心とする地震があり震度7を記録したそうです。この辺りは震度4位揺れたそうだ。私は疲れていたので早めに就寝していたのでこれに気が付かなかった。3度目の余震には気が付いた。それから起きて室内を点検。被害はなさそうだ。
 
4月13日(水)は晴のち。プールに行きました。50m×30=1500m泳いだ。左腕の売り方を用心した。今後は水泳肩のようなので息継ぎを右にかえる練習をしようと思う。「蠅の帝国」をよんだ。軍医の軌跡を集めたもの。
 
4月12日(火)は曇。午後、プールに行った。50m×20=1000mは泳いだが、肩の痛みがあった。腕の動かし方と手のひらの水圧を軽くすればまだ何とかなりそうだ。今後は一応800m以上ということにするが、1000mを基準とする。週に一度くらいは1500mを泳ぎたいものだ。

帰宅してWOWOWを録画していた「百円の恋」をみた。安藤サクラがなかなかなよかった。はじめは太った姿で登場、後半はこの写真の姿でボクサーとして登場です。



故・松田優作氏の出身地である山口・周南映画祭に新設された第1回松田優作賞グランプリ脚本を「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督が映画化。不器用でどん底の生活を送っていた32歳の女が、中年ボクサーと出会い、ボクシングを通して変化していく姿を描く。出演は「かぞくのくに」の安藤サクラ、「アウトレイジ ビヨンド」の新井浩文、「ハラがコレなんで」の稲川実代子。第27回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞。2014年11月15日より山口県内先行上映。


32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていたが、ある日、離婚した妹の二三子が子連れで戻ってくる。しかたなく同居をする一子だったが折り合いが悪くなり、家を出て一人暮らしを始めることに。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありついた一子の唯一の楽しみは、帰り道にあるボクシングジムで一人ストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することであった。百円ショップの店員たちは皆心に問題を抱え、そこは底辺の人間たちの巣窟のような場所だった。そんなある夜、狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに二人はお互いの距離を縮めていき、なんとなく一緒に住み始め、体を重ねる一子と狩野。だが、そんなささやかな幸せの日々は長くは続かなかった。どうしてもうまくいかない日々の中、一子は衝動的にボクシングを始める。やがて、一子の中で何かが変わりだし、人生のリターンマッチのゴングが鳴り響こうとしていた……。
 
4月11日(月)は晴。T-ジョイ久留米5番にて午後3時45分からの「ルーム」字幕版を見ました。拉致監禁された女性とその子供のお話です。、はじめの脱出劇はサスペンスでハラハラドキドキです。アカデミー主演女優賞の母親と5歳児の演技もすばらしい。脱出後のお話が後半。これがまた考えさせられます。☆☆☆☆★・85点




長年の監禁生活から脱出した母子が外の世界で直面する葛藤や苦悩を描くドラマ。「ショート・ターム」のブリー・ラーソンが母親を演じ、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞、アカデミー賞主演女優賞を受賞した。原作はエマ・ドナヒューのベストセラー小説『部屋』。監督は、「FRANK フランク」のレニー・アブラハムソン。他に、「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」のジェイコブ・トレンブレイ、「ファーゴ」のウィリアム・H・メイシー、「きみに読む物語」のジョアン・アレンが出演。トロント国際映画祭観客賞ほか、世界の映画祭で受賞多数。

ママ(ブリー・ラーソン)と5歳の誕生日を迎えたジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、天窓しかない狭い部屋で暮らしている。夜、二人がオールド・ニックと呼ぶ男がやってきて、服や食料を置いていく。ジャックはママの言いつけで洋服ダンスの中にいる。ママは「息子にもっと栄養を」と抗議するが、半年前から失業して金がないとオールド・ニックは逆ギレする。さらに真夜中にジャックがタンスから出てきたことで、ママとオールド・ニックは争う。翌朝、部屋の電気が切られ寒さに震えるなか、生まれてから一歩も外へ出たことがないジャックに、ママは真実を語る。ママの名前はジョイで、この納屋に7年も閉じ込められていた。さらに外には広い世界があると聞いたジャックは混乱する。電気が回復した部屋で考えを巡らせたジャックは、オールド・ニックをやっつけようとママに持ち掛ける。しかし、ドアのカギの暗証番号はオールド・ニックしか知らない。ママは『モンテ・クリスト伯』からヒントを得て、死んだフリをして運び出させることを思いつく。ママはジャックをカーペットにくるんで段取りを練習させるが、恐怖から癇癪を起こすジャック。ママは、“ハンモックのある家と、ばあばとじいじがいる世界”をきっと気に入ると励ます。しかし、「ママは?」と尋ねられると、2度と息子に会えないかもしれないと知り、言葉に詰まる。そして、オールド・ニックがやってくる。脱出劇は失敗しかけるが、ジャックの記憶力と出会った人たちの機転で、思わぬ展開を迎える。翌朝、ママとジャックは病院で目覚める。ママの父親(ウィリアム・H・メイシー)と母親(ジョアン・アレン)が駆けつけるが、二人が離婚したことを知ってママはショックを受ける。数日の入院後、二人はばあばと新しいパートナーのレオ(トム・マッカムス)が暮らす家へ行く。しかし意外な出来事が次々とママに襲い掛かる。一方、新しい世界を楽しみ始めたジャックは、傷ついたママのためにあることを決意し……。
 
4月10日(日)は曇後晴。やまびこ会オフ会に参加予定だったが、葬儀に参列。

録画していた「ビリギャル」を見ました。原作は読んでいたが、映画はうさんくさいと思い見ていなかった。以外に評判なのでWOWOWを録画したものを見ました。映画は脚本がよく、よい仕上がりになっています。☆☆☆☆・ 78点。



坪田信貴のノンフィクション『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を原作に「麒麟の翼 劇場版・新参者」の土井裕泰監督が映画化。超ミニスカの金髪ギャルを演じるのは『あまちゃん』「思い出のマーニー」の有村架純。共演は「ボクたちの交換日記」の伊藤淳史、「日々ロック」の野村周平、「六月燈の三姉妹」の吉田羊、「愛の渦」の田中哲司。

名古屋の女子高に通う工藤さやか(有村架純)は、勉強は一切せず友達と朝まで遊びながら過ごす毎日。このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃん(吉田羊)は、さやかに塾へ通うことを提案する。金髪パーマ、厚化粧、耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しルックというギャル全開の姿で入塾面接に現れたさやかに一瞬面食らう教師の坪田(伊藤淳史)。しかし、見た目は派手でも素直な性格だとすぐに気付いた坪田はさやかと打ち解け、慶應大学への受験合格を約束するのだった。ところが当のさやかの成績は偏差値30の学年ビリ。学力テストをしても聖徳太子を“せいとくたこ”と読み、高校2年生にして小学4年生の学力しかない。そんな彼女の教室大爆笑の珍解答の連続にも「君の発想は天才級だね」と坪田は褒めるのだった。どうやって生きてきたのか理解できないほど知識の欠如を抱えるさやかであったが、坪田だけはこの愛すべきアホぶりの中に凄い可能性が秘められていると踏んだのだ。当初はノリで慶應大学合格という目標を掲げたさやかは、当然、絶望的な高い壁に何度もぶち当たる。だがやがて自分のために必死になる坪田の姿を見てガッカリさせないために、そして愛情を注ぎ応援してくれる母のために、さやかファンの不良少年・森玲司(野村周平)の励まし、ギャル仲間の友情にも支えられ、さやかは本気で勉強に取り組むようになっていく……。





・「今度は愛妻家」等を見た。
 
4月9日(土)は晴。夜は井上先生ご母堂の通夜だが、親和会の世話人なので欠礼。10日の葬儀にはやまびこ会オフをキャンセルしてでることにする13時から・セレモニーさとう。雨がなくてオフは成功のようだ。ずっと家にいた。

陽子ちゃんの結納の日ここを訪問した。「太白」の下で記念写真。

 
4月8日(金)は曇。午後はプール。50m×24=1200m泳いだ。左肩付近の筋?がいたいようだ。帰宅すると徳田さんが来ていた。

まず、新着のBD「スペクター」を見た。再度見たものだが、やはり面白い。あいて女性の武器としてSIG226が登場。☆☆☆☆・78点
今度は日本語吹き替えで見た。特典映像も見た。これを見ないとBDを購入した甲斐がないというものだ。


Amazonプライムで「20歳よ!もう一度」中国映画を見た。字幕版・これは韓国映画「怪しい彼女」のリメイク版だが、楽しく見ることができた。ストーリーは同じだ。☆☆☆☆・70点


韓国映画「怪しい彼女」の姉妹作品。70歳のおばあちゃんが突然、20歳に若返り……という設定は共通ながら、独自の視点で描かれたファンタジー・ラブロマンスに仕上がっている。出演は「So Young 過ぎ去りし青春に捧ぐ」のヤン・ズーシャン、「藍色夏恋」のチェン・ボーリン。元EXOのルハンが映画初出演。

モンジュン(グァ・アーレイ)は、プロのバンドを目指す孫チェンチン(ルハン)と大学教授の息子には甘いが、他の家族からは疎まれるほど口うるさい頑固なおばあちゃん。やがて、ストレスで息子の嫁が入院したことをきっかけに、家族会議でモンジュンを老人ホームへ入居させる話が持ち上がる。ショックを受けて街に佇んでいたモンジュンの目に飛び込んできたのは、1軒の写真館。引き寄せられるように足を踏み入れたところ、“一番綺麗だった頃を思って”との言葉と共に写真を撮られる。するとモンジュンは、なんと20歳の麗しき姿に若返ってしまう。最初は戸惑いを隠せないモンジュンだったが、もう一度青春を取り戻すことを決意。“テレサ”(ヤン・ズーシャン)と名を改め、かつて叶えられなかった歌手の夢を実現しようと、新たな生活を始めるが……。
 
4月7日(木)は風雨が強かった。春の嵐。予約の患者がキャンセルだった。午後はプール。50m×21=1050m泳いだ。左肩が痛い。「カッコウのタマゴは誰のもの」1.2.をみた。ストーリーはすっかり忘れている。
 
4月6日(水)は晴。

イオンシネマ筑紫野5番にて午後2時からの「あやしい彼女」を見ました。韓国映画のリメイクらしいが基になった作品は見ていない。多部未華子は良い味出していた。このような73才が20才になるというような設定のドラマもあっていたし、流行なのかもしれない。☆☆☆☆・ 78点。


韓国映画「怪しい彼女」を「謝罪の王様」の水田伸生監督がリメイク。ひょんなことから20歳の姿になってしまった73歳の瀬山カツ。失われた青春を取り戻すため、大好きな歌を歌い、淡い恋に胸をときめかせ新たな人生をスタートさせるが……。出演は「ピース オブ ケイク」の多部未華子、「デンデラ」の倍賞美津子、「神様のカルテ」の要潤、「陽だまりの彼女」の北村匠海、「折り梅」の金井克子、「幕が上がる」の志賀廣太郎、「紙の月」の小林聡美。

東京の下町。毒舌で頑固でおせっかい、トラブルばかり引き起こす73歳のおばあちゃん、瀬山カツ(倍賞美津子)は、周囲から煙たがられてばかりの毎日。女手一つで娘・幸恵(小林聡美)を育て、望むような人生を生きることができなかった彼女はある日、幸恵と喧嘩し家を飛び出してしまう。ふと目にした写真館に吸い寄せられたカツは「私がこのカメラでお姫様にしてあげますよ」と言う店主の言葉に喜び、写真を撮影。店を出るとそこにいたのは、なんと20歳の姿をしたカツ(多部未華子)だった……。麗しい容姿を取り戻したカツは、まず髪型を変え、洋服を変え、そして名前を大鳥節子と変え、失われた青春を取り戻すために新しい生活をスタートさせる。そんな中、なじみの商店街で開催されたのど自慢大会で、節子は得意の昭和歌謡を熱唱。その歌声は会場中を魅了し、歌手になるという夢が動き始める。新人を探していた音楽プロデューサー・小林拓人(要潤)にスカウトされた節子は、しがないバンドマンの翼(北村匠海)と組んでバンドデビューを果たすが、実は翼は節子の孫。長年カツに想いを寄せる幼馴染の中田次郎(志賀廣太郎)も巻き込みながら、初めて思い通りの人生を歩み始める節子であったが、そんな奇跡のような日々は長く続くはずもなく……。
 
4月5日(火)は晴。午後は遅くなったがプールへ行った。50m×16=800m泳いだ。
 
4月4日(月)は曇。まず娘や孫の主目的の乗馬に行く。「エル・ランチョ・グランデ」。続いて男池に行くこれは大ケヤキが目的。ついでに名水の滝まで遊歩道を行く。車で迎えに来てもらう。更に直入町の「籾山神社の大ケヤキ」を訪問。そして、湯布院の散策。ついでに大杵神社の大杉を訪問。大木に杉の木だった。帰り道に日田市の石井里山公園に寄った。サクラがきれいだった。吉井町で夕食の地帰宅した。結局朝歯会の臨時総会は欠席した。




 
4月3日(日)は曇。4人で午前11時過ぎから出かけた。亀石山の見える丘で休憩。以前登ったことがある。更に小国町の前原一本桜の標識したがって行くとまだ開花前の丘のピークにあるサクラに出会う。左に涌蓋山が見えている。この頃はまだ雲はかかっていない。桜の開花は調べてみると4月20前後の様だ。そして、小国町の下城の大イチョウや下城滝・鍋釜滝を見学。更に南小国町の国道442脇の夫婦滝を見学した。八丁原発電所を見学して、筋湯の「ななかまど」に到着。風呂付きの和洋室だった。風呂は「八丁原ビューホテル」の打瀬のある浴場に行った。姉妹旅館のようだ。夕食は豚しゃぶだったが多くてみんな食べきれなかった。





 
4月2日(土)は晴。夕方博多でKDUの同窓会理事会に出席。
 
4月1日(金)は雨。午後はプールに行きたいものだ。1週間いっていない。明日も行けないし。50m×20=1500m泳いだ。肩が少し痛む。海洋センターもサクラが満開だ。

〔ホーム〕〔上〕
 
日記
2016年3月
 
3月31日(木)は曇。ソメイヨシノは満開だ。そろそろ少し散っている。お昼休みに食い込んで仕事をしたのでプールは休んだ。夜はK.U.H.孫3人にとガストで夕食。年長の孫Hは来なかった。
 
3月30日(水)は曇。午後は映画に行こう。

3月30日(水)はイオンシネマ筑紫野7番にて午後2時50分からの「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」を見ました。3人のヒーローやヒロインの登場で正義の人になっていくのでしょう。☆☆☆☆・75点としておきます。はじめの方は少し居眠りをしたような気もする。少しストーリーも不明。途中から目も覚めたが、観客はそれなりに多かった。春休みでもあるし、30日はあるサービスデイでもある。



スーパーマンの新シリーズ「マン・オブ・スティール」の続篇。強大な力を持つクラーク・ケントことスーパーマンを危険視する世論が日々高まる中、ブルース・ウェインことバットマンが立ち上がり、正義を懸けた二人の対決が始まる。2D/3D上映。

後半のアクションはなが〜い。これはスーパーマンが正義の人に目覚めるところの作品の様だ。ようやく理解。
 
3月29日(火)晴。午後は観光バス・福岡 オープントップバス・博多なかコース昼食と夕食・孫は家に泊まっている。
 
3月28日(月)晴。午後は不要物をサンポートへ運ぶ。夜は保険の講習・久留米ハイネスホテル
 
3月27日(日)は曇時々雨。短時間で、日田市と朝倉市の大木を訪ねた。場所が行きづらいところはパスした。日田市から東峰村へ抜けて赤谷から県道を走って帰宅した。道幅が狭いところがある。前津江では結構雨が降ったが市外地ではあまり降ってはいなかった。結局日田市街地の大クスはあきらめて宝珠山から赤谷へ出て佐田経由で帰宅した。

廃棄したいものをまとめた。
 
3月26日(土)は晴。午後から下り坂の予報。
 
3月25日(金)は晴。50m×30=1500m泳いだ。夜は映画を見ていたら眠くなったので午後9時頃就寝。
 
3月24日(木)は曇。冷えるようだ。プールには行こうと思う。50m×17=850m泳いだ。時間の都合。左の方の異なった部分が痛くなってきた。先日の除草剤散布の噴霧器を使用したためのようだ。

録画していた「ディファイアンス」字幕を見た。2大戦中にユダヤ人を救ったという兄弟の実話が基になったお話。ダニエル・クレイグが出演しているので見たもの。☆☆☆☆・73点。制作2008年、公開2009年


第二次世界大戦中、約1200人のユダヤ人の生命を救った3兄弟の実話に基づく戦争ドラマ。製作・監督・脚本は「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィック。出演は「007/慰めの報酬」のダニエル・クレイグ、「トータル・フィアーズ」のリーヴ・シュレイバー、「父親たちの星条旗」のジェイミー・ベルなど。

1941年、第二次世界大戦下、ドイツ軍はベラルーシを占拠。ナチス親衛隊と地元警察はユダヤ人狩りを始める。8月。両親を殺されたユダヤ人兄弟、トゥヴィア(ダニエル・クレイグ)、ズス(リーヴ・シュレイバー)、アザエル(ジェイミー・ベル)は子供の頃から遊んでいたリピクザンスカの森に逃げ込んでいた。そこへ、3人と同じように逃げ惑うユダヤ人が次々と合流する。トゥヴィアは食料と武器を入手するため、父の親友だったコシュチュクを訪ねると、そこにも数人のユダヤ人が身を隠していた。トゥヴィアは、コシュチュクに頼まれ、他のユダヤ人たちも森の中へと案内する。10月。数十人となったユダヤ人の共同体は森の中に家を建て、やがて彼らは“ビエルスキ・パルチザン(武装組織)”と名乗り、銃で武装し始める。だがドイツ軍への攻撃を行なっていたある日、銃撃戦で2人の犠牲者を出し、アザエルも行方不明に。森の中で、仲間の喪失や空腹、不安を抱え、同胞の間でもいざこざが起き始めていたとき、トゥヴィアは皆でこの森で暮らすことを提案。生き残ることが復讐だという彼の意見に仲間たちも賛同するのだった。そんな中、トゥヴィアがコスチュクの家に食料をもらいに行くと、2人のユダヤ人女性と共にアザエルがかくまわれており、コスチュクが納屋の先に吊るされ殺されていた。1942年。ソ連軍キャンプは敵の攻撃から逃れるため、撤退を始める。それを拒むズスだったが、ソ連軍は受け入れず、森を後にする。まもなくして森の中に爆弾が打ち込まれた。逃げ惑う人々。アザエルら数人が残り、銃を手に時間を稼ぐ。その間、トゥヴィアが仲間たちを誘導、森の奥へと進んでいった。ロープやベルトで全員をひとつ繋ぎにして、大きな沼をようやく渡りきると、そこにはドイツ軍が待ち受けていた。激しい銃撃戦が繰り広げられ、トゥヴィアたちは劣勢を強いられていく……。


夜はAmazonプライムで「東京家族」をみた。以前冒頭だけを見ていた。「東京物語」へのオマージュだ。よい作品だった。☆☆☆☆・75点



小津安二郎監督の「東京物語」をモチーフに、現代日本家族の風景を描く「おとうと」の山田洋次監督作。出演は「奇跡」の橋爪功、「人生、いろどり」の吉行和子、「武士の家計簿」の西村雅彦、「孤高のメス」の夏川結衣、「あさってDANCE」の中嶋朋子、「悪人」の妻夫木聡、「フラガール」の蒼井優。音楽は、初の山田組参加となる久石譲。


2012年5月、瀬戸内海の小島に暮らす平山周吉(橋爪功)と妻とみこ(吉行和子)は、子供たちに会うために東京へやって来る。だが品川駅に迎えに来るはずの次男の昌次(妻夫木聡)は、間違って東京駅へ行ってしまう。周吉はタクシーを拾い、郊外で開業医を営む長男の幸一(西村雅彦)の家へと向かった。長女の滋子(中嶋朋子)は不注意な弟に呆れ、幸一の妻、文子(夏川結衣)は歓迎の支度に忙しい。やがて周吉ととみこが到着、大きくなった二人の孫・実(柴田龍一郎)と勇(丸山歩夢)に驚く。そんな中、ようやく昌次も現れ、家族全員が久しぶりに夕食を囲むのだった。日曜日、幸一は勇を連れて、両親をお台場から横浜見物へと連れて行く予定だったが、患者の容体が悪化、急な往診に出かけることになる。周吉ととみこは、滋子の家に泊まりに行くが、美容院を経営する滋子は忙しく両親の相手ができず、夫の庫造(林家正蔵)が駅前の温泉へと連れ出す。滋子に頼まれ、昌次は両親を東京の名所巡りの遊覧バスに乗せるが、自分は疲れて居眠りをしている。帝釈天参道の鰻屋で、周吉は、舞台美術の仕事をしている昌次に将来の見通しはあるのかと問いただす。昔から昌次に厳しい周吉、昌次はそんな父が苦手だった。その頃、滋子は幸一に、お金を出し合って二人に横浜のホテルに泊まってもらおうという提案をする。横浜のリゾートホテルの広い部屋で、ただ外を眺める周吉ととみこ。周吉はネオンに輝く観覧車を見て、結婚する前に二人で観た映画「第三の男」を懐かしむ。寝苦しい夜が明け、周吉ととみこは2泊の予定を切り上げて、帰ってきてしまう。そんな両親に、商店街の飲み会があるので今夜はいてもらっては困ると言い放つ滋子。周吉は同郷の友人、沼田(小林稔侍)宅へ、とみこは昌次のアパートへ行くことにする。久しぶりの母親の手料理を美味しそうに食べる昌次。その時、母に紹介しようと呼んだ恋人の間宮紀子(蒼井優)が現れる。昌次はボランティアで行った福島の被災地でひと目惚れしてプロポーズしたことを、とみこに打ち明ける。一方、周吉は、沼田に宿泊を断られた上に泥酔、周囲に大迷惑をかけていた。幸一の家でようやく落ち着いたところに、とみこが上機嫌で帰ってくるが、突然倒れてしまう……。
 
3月23日(水)は晴。もう一台のパソコンがいつの間にかW.10にアップグレードしていた。話には聞いていたが、まあこれでも困らないのでこのまま使うことにする。映画に行く日だが・・・

イオンシネマ筑紫野4番にて午後3時10分からの「家族はつらいよ」を見た。山田洋次監督作品。コメディで楽しめる。「東京家族」を再度見て見よう。T先生が来ていた。☆☆☆☆・ 78点。


「東京家族」の出演者8人が再結集し“新たなる一家”の物語を紡ぎ出す山田洋次監督作。結婚50年を迎えようとする周造と富子。そんな二人に持ち上がった離婚騒動を契機に開かれた家族会議で子供たちの不満が噴出、さらなる騒動が巻き起こる。橋爪功と吉行和子が離婚危機に瀕する熟年夫婦を演じ、長男夫婦に西村雅彦と夏川結衣、長女夫婦に中嶋朋子と林家正蔵、次男カップルに妻夫木聡と蒼井優が扮する。「男はつらいよ」シリーズ終了から約20年ぶりに手掛けた山田洋次の喜劇作品。

初秋。東京の郊外で暮らす三世代同居の平田一家の主・周造(橋爪功)は、モーレツサラリーマンだった時期を終えて今はすっかり隠居生活を送っている。今日も仲間とゴルフを楽しんだ後、美人女将・かよ(風吹ジュン)がいる小料理屋で散々女房の悪口を言って盛り上がり上機嫌で帰宅。長男・幸之助(西村雅彦)の嫁・史枝(夏川結衣)は酔っぱらっている周造に気を遣いながらも義父の苦言に笑顔で付き合う。妻の富子(吉行和子)もまたそんな夫を優しく迎え、寝室で脱ぎ捨てる服を拾い歩きながら着替えを手伝うのだった。周造はいつものように靴下を脱ぎ捨てながら、ふと寝室に飾られたバラの花瓶を見て「その花どうした」と尋ねる。なんでも誕生日に花をプレゼントする事は仲間の決まりで、今日は私の誕生日なのだと富子は言う。すっかり忘れていた周造だったが、たまには妻に誕生日プレゼントでもしてやろうかと欲しいものを聞いてみると、富子が机から持ち出してきたのはまさかの離婚届であった。突然の宣告を受け唖然と凍りつく周造。一方、富子はそんなことはお構いなしに冷静に部屋を出ていってしまう。こうして、平田家の“離婚騒動”は幕を開けた……。10月26日、秋晴れの日曜日。周造と富子、幸之助と史枝、長女・成子(中嶋朋子)と夫・泰蔵(林家正蔵)が集まっている。件の離婚問題について議論しようとしたとき、今日が家族会議だと聞かされていなかった次男の庄太(妻夫木聡)が恋人を紹介するため憲子(蒼井優)を連れてくる。なかなか本題に入れない一同だったが、ようやく憲子を交えた8人で家族会議が始まった。だが幸之助と成子が口論を始め、ついには史枝、庄太、泰蔵まで巻き込まれ、会議は思わぬ方向に進んでしまう。やがて長年抱え続けた富子の思いがけない本音が暴露されると、事態は更に思いも寄らぬ局面を迎えるのだった……。
 
3月22日(火)は晴。プールに行こう。家内が車がいるというので50m×20=1000m泳いで帰宅。その後X-TRAIL20GTのタイヤ交換。そろそろ普通タイヤも摩耗が進んできた。4本とも同時に新しいタイヤと交換すると良いと思うが、結構高価である。10万円はかかりそうだ。来年にすることにした。
 
3月21日春分の日は晴。昨日より良いお天気のようだ。午後は墓参りに行く。
 
3月20日(日)は晴。大隅半島へリベンジに行く。まず場所を特定出来なかった鹿屋市の「熊野神社の大イヌマキ」。体育館の横にあった。大きなイヌマキだった。次いで「霧島ケ丘」へ行く。車道からすぐだがチェーンが貼ってあった。一角にバラ園があったがパスした。ついで、南大隅町の「南蛮船係留の大クス」、川のそば、次いで鬼丸神社の「浦のアコウ」、裏山が「鬼山」というらしいので登って見た。1部自然林が残っている。
ついて、錦江町の「旗山神社の大クス」、結構悲惨な状態で植立していた。熱心にお参りしている人たちがいた。次いで、大崎町の「仮宿のなげどんむに行く。運よくこんもりとした森をみつけて、目指すと大きなタブノキだ。最後は「草野丘」へ行った。1部コースを複雑に行き時間がかかった。ピークまで車道があった。午後1時30分過ぎには帰宅を開始した。高速道少しは渋滞していた。お天気はよかった、
 
3月19日(土)は晴。50m×20=1000mで終了。明日の準備をしていたら遅くなった。
 
3月18日(金)は雨。映画に行こう。

午後3時15分からイオンシネマ筑紫野7番にて「エレヴェスト 神々の山嶺」を見ました。原作はだいぶ以前に読んでいたのでストーリーがどうだったっか忘れていました。ドラマチックさはやはり少ないと思います。☆☆☆☆・ 70点という所です。山に登る人なら少しは楽しめると思います。通常のハイキングをする人でもクライミングを知らなければ、クライミングの微妙さはわからないところがあるかもしれません。


夢枕獏のベストセラー小説『神々の山嶺』を「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」の平山秀幸が映画化。世界最高峰エヴェレスト登頂を巡って3人の男女が織り成すドラマ。エヴェレストの標高5200m級で撮影された映像が見もの。出演は「図書館戦争 THE LAST MISSION」の岡田准一、「ふしぎな岬の物語」の阿部寛、「起終点駅 ターミナル」の尾野真千子。

カトマンドゥを訪れた山岳カメラマンの深町誠(岡田准一)は、エヴェレスト史上最大の謎を解く可能性を秘めた古いカメラを発見する。失われたフィルムを追ううちに辿り着いたのは、孤高の天才クライマー、羽生丈二(阿部寛)の存在だった。「山をやらないなら死んだも同じだ」と語り、他人を寄せ付けない人生を送ってきた羽生が取り憑かれた史上初の挑戦とは何なのか?その目的に興味を持ち、羽生の過去を調べるうち、深町はその凄絶な生き様に飲み込まれてゆく。そして、羽生に人生を翻弄されながらも愛し続ける女性・岸涼子(尾野真千子)とも出会う。標高8848m、氷点下50℃。呼吸すら困難な極限の世界。垂直の壁が待ち受けるその場所で、これまで誰も成し得なかった過酷な登攀に単身挑む羽生。その挑戦を見届けようと後を追う深町。男たちは自然の脅威の前に命を晒しながらも、人間の限界を超えてただひたすら世界最高峰の頂を目指す。彼らは生きて帰る事が出来るのか?その先には果たして、何があるのか……?
 
3月17日(木)は晴。暖かい。50m×16=800m泳いだ。家内の車がいるというので早めに切り上げた。先週の金曜日に泳いだきりだった。
 
3月16日(水)は晴。柞原八幡宮のクスを見学した。この後、家内が福沢諭吉旧邸を訪ねて見たいというので行った。この後中津城を訪ね212で帰宅した。
 
3月15日(火)は晴。午後から家内とKDU14期会へ出かけた。別府のホテル白菊・栗田君は1月に逝去されたようだ。会いたいと思っていたのに残念だ。
 
3月14日(月)は雨。明日は14期のクラス会、別府白菊にて。
 
3月13日(日)は曇。遅くから雲仙市の「長栄寺のヒイラギ」、「稲荷山」、島原市の「鳥越山」「焼山」へ言った。ニューピークは3座としておきますが、焼山はどこがピークかわからないが、標高点があるところには到達しなかった。
 
3月12日(土)は晴。主子の誕生日。古希。「万吉」で食事の予定。「満吉」を探すのに手間取ったが、無事に到着。
 
3月11日(金)は晴。孫の中学校卒業式。息子は父兄会長なので出かける。午前中は留守番。夜は河原会長の会長会議。「ひろ吉」。結局冷酒を少し飲み過ぎたようだ。

午後はプールに行った。50m×24=1200mで終わった。
 
3月10日(木)は晴。午後は税理士さんとの懇談があったので、プールはお休みです。昨年より減収。私の仕事が減っているのも影響でしょう。

WOWOWテゼ録画していた「あと1センチの恋」をみた。ラブコメだった。
 
3月9日(水)は雨。定期検診に行き午後は映画に行きたいものだが・・・。

イオンシネマ筑紫野9番にて午後2時50分からの「マネー・ショート 華麗なる大逆転」字幕版を見ました。実話を基にしたお話で、リーマンショック時、ウォール街を出し抜いた金融マン4人の話ですが、この辺りは弱いのでよくわからないところが多かったが、ラストの大逆転はわかった。途中で面白くないのか?出ていく人もあったようだ。分かり難いと言うことでしょう。☆☆☆☆・70点。しかし、金融機関のからくりがわかり自業自得の金融恐慌だったのです。



マネーボール」の原作者マイケル・ルイスのノンフィクションを基に、リーマンショックの裏側で経済危機をいち早く予見し、ウォール街を出し抜いたアウトローたちの実話を映画化。監督・脚本は、「アントマン」脚本のアダム・マッケイ。「マネーボール」のブラッド・ピットが製作・出演を務めた。他に出演は、「エクソダス 神と王」のクリスチャン・ベール、「フォックスキャッチャー」のスティーブ・カレル、「L.A.ギャング ストーリー」のライアン・ゴズリング。

2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の事例を何千も調べていくなかで、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品(サブプライム・ローン)が数年以内に債務不履行に陥る可能性があることに気付く。しかし、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関からまったく相手にされなかった。そんななか、マイケルは“クレジット・デフォルト・スワップ”という金融取引に目をつけ、ウォール街を出し抜こうと画策する。同じころ、マイケルの戦略を察知したウォール街の銀行家ジャレット(ライアン・ゴズリング)は、信用力の低い低所得者に頭金なしで住宅ローンを組ませている大手銀行に不信感を募らせるヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーブ・カレル)を説得し、“クレジット・デフォルト・スワップ”に大金を投じるよう勧める。また、今は一線を退いた伝説の銀行家であるベン(ブラット・ピット)は、この住宅バブルを好機と捉えウォール街で地位を築こうと野心に燃える投資家の二人から相談を持ち掛けられる。ベンは自分のコネクションを使って、彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意する。三年後、住宅ローンの破綻をきっかけに市場崩壊の兆候が表れ、マイケル、マーク、ジャレット、ベンは、ついに大勝負に出る……。
 
3月8日(火)は曇。暖かい。昨夜はトイレが近くて数回目が覚めた。午後はプールに行こうと思う。50m×20=1000m泳いでやめた。少し不調の様な気がした。2日間も運動をしなかったせいかもしれない。公立高校の入試。孫は受験した。合格発表は15日だ。
 
3月7日(月)は晴。暖かい。図説 銃器用語事典 が届いた。古書A
 
3月6日(日)は曇。家内の電話にノイズが入るのでNTTに診てもらった。局回線から出ていたようで切り替えてもらった。NTTが来るので、どこにも行かず。映画を3本見た。
Amazonプライムにて「野火」「まだまだ あぶない刑事」「禅」を見ました。

野火は大岡昇平原作です。フィリピン戦線レイテ島の最後の頃のお話です。1959年作



大岡昇平の原作を、「鍵(1959)」のコンビ和田夏十が脚色し、市川崑が監督したもので、レイテ島を舞台に飢餓に追いつめられた兵隊を描いたもの。撮影は「代診日記」の小林節雄。

曹長はなぐった。再び病院へ帰れと命じた。田村一等兵はのろのろと歩き出した。それは死の宣告に等しかった。病院からも追い出されたばかりだ。どこにも行く所がないのだ。−−比島戦線、レイテ島。日本軍は山中に追いこまれていた。田村は病院の前に寝ころぶ同じように原隊から追われた連中の仲間に加わった。彼らが厄介ばらいされたのは、病気で食糧あさりに行けないからなのだ。安田という要領のいい兵隊は、足をハラしていたが、煙草の葉を沢山持っていた。永松という若い兵が女中の子だというので、昔、女中に子を生ませた安田は、彼を使うことにした。翌日、病院は砲撃され、田村は荒野を一人で逃げた。海辺の教会のある無人の町で、田村は舟でこぎつけてきた男女のうち女を射殺してしまう。恐怖からである。そこで手に入れた塩を代償に、彼は山中の芋畠で出会った兵たちの仲間に入った。彼らは集結地という、パロンポンを目指していた。すでに雨季がきていた。密林の中を、ボロボロの兵の列が続いた。安田と永松が煙草の立売りをしていた。−−オルモック街道には、米軍がいて、その横断は不可能だった。山中で、兵たちは惨めに死んだ。幾日かが過ぎ、田村は草を食って生きていた。−−切断された足首の転がる野原で、彼は何ものかの銃撃に追われた。転んだ彼を抱き上げたのは、永松だった。永松は“猿”を狩り、歩けぬ安田と生きていたのだ。安田は田村の手榴弾をだましとった。永松の見通し通り、安田はそれを田村たちに投げつけてきた。彼が歩けぬのは偽装だったのだ。二人に安田が仲直りを呼びかけてきた。永松の射撃で、安田は倒れた。永松がその足首を打落している時、何かが田村を押しやり、銃を取らせ、構えさせた。“待て田村、わかった、よせ”銃声とともに、永松はそのままくずおれた。田村は銃を捨て、かなたの野火へ向ってよろよろと歩き始めた。あの下には比島人がいる。危険だった。が、その人間的な映像が彼をひきつけるのだ。その時、その方向から銃弾が飛んできた。田村は倒れ、赤子が眠るように大地に伏したまま動かなくなった。すでに、夕焼けがレイテの果しない空を占めていた。

続いて「まだまだ危ない刑事」2005年作☆☆☆☆・65点



80年代に人気を博したテレビ・シリーズの映画版第6作で、横浜を舞台に、連続狙撃に端を発した未曾有の大事件解決に挑む、おなじみタカ&ユージのはみだし刑事コンビの活躍を描いたアクション・コメディ。監督は「メールで届いた物語/やさしくなれたら…」の鳥井邦男。脚本は、「プレイガール」の柏原寛司と「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 2 UFO襲来! トルネード大作戦!!」の大川俊道の共同。撮影を「プレイガール」の仙元誠三が担当している。主演は、「あぶない刑事 フォーエヴァー THE MOVIE」の舘ひろしと「69 sixty nine」の柴田恭兵。ゲスト出演に、「ジャンプ」の佐藤隆太、「TKO HIPHOP」の窪塚俊介、「蝉しぐれ」の原沙知絵。


韓国・釜山で、アンダーカヴァーとして小型核爆弾密輸組織逮捕に一役買ったタカとユージが、7年振りに横浜に帰って来た。だが、町も港署もすっかり様変わり。透や薫はそれぞれ昇進し、捜査課にはIT機器に強い水嶋とガン・マニアの鹿沼と言うふたりのルーキーが配属されていた。そんな中、7年前にタカとユージが逮捕した東洋銀行襲撃事件の犯人・尾藤が脱獄、当時の仲間と目される西村、海童を射殺する事件が発生した。早速、尾藤の行方を追うタカとユージ―― だったが、なんと彼らに日本への小型核爆弾密輸容疑がかけられ、内閣情報調査室の三橋参事官らによって身柄を拘束されてしまう。しかし、水嶋と鹿沼の協力でそれを逃れたふたりは、尾藤を追跡し、遂に“ファンタジア・パーク”での決戦を迎えるのだった。ところが、既に尾藤は何者かに殺害されており、タカとユージにも魔手が迫る。すんでのところで免れたふたりは、実はそれが海童の秘書・美咲涼子と水嶋・鹿沼の仕業であることを突き止める。ボランティア団体 “ピースメイカー”に属する彼らは、捜査を撹乱すべく尾藤を利用、更にタカとユージを巻き込み、アメリカ国防長官と大物華僑との戦争兵器売買の極秘会談を阻止しようとしていたのだ。そして、小型核爆弾を日本に密輸したのも彼らだった。会談の行われるサッカー・スタジアムに仕掛けられた核爆弾。試合終了と同時に爆発する。しかし、タカとユージの活躍により犯人たちは射殺され、見事、爆発も回避されるのであった。 かくして、事件解決……と思われた矢先、釜山から港署に大捕り物の際に行方不明になっていた、タカとユージの遺品らしき物が見つかったとの連絡が入った。果たして、ふたりは幽霊だったのだろうか!?

続いて道元禅師の生涯「禅」を見ました。開祖のお話はいいものです。☆☆☆☆・75点としておきます。



日本曹洞宗の開祖・道元の生涯を初めて映画化。鎌倉時代、道元は入宋し仏法を学ぶ。帰国後は比叡山からの圧力に抗いながら、禅の教えを広めた。原作は大谷哲夫の「永平の風 道元の生涯」。監督は「丘を越えて」の高橋伴明。出演は、「ターン」の中村勘太郎、「クワイエットルームへようこそ」の内田有紀、「デスノート」の藤原竜也。

道元は8歳で母・伊子(高橋惠子)を亡くす。それから16年後、24歳の道元(中村勘太郎)は仏道の正師を求め宋へ渡るが、この国でも仏教は腐敗していた。失意の彼の前に、青年僧・寂円(テイ龍進)が現れる。寂円の案内で、道元は入宋したときに錫を止めた天竜山に帰る。そこで住職・如浄禅師と出会い、如浄の元で修行を積む。そしてある夏の夜明け、道元は悟りを得る。道元は帰国し、建仁寺に身を寄せ『普勧坐禅儀』の執筆を始める。腐敗した僧たちからは孤立するが、俊了(高良健吾)、懐奘(村上淳)、宋からやってきた寂円など、道元に共感する者も集まってくる。しかし宗派を否定する道元の教えは、比叡山から邪教の烙印を押される。鎌倉幕府の六波羅探題・波多野義重(勝村政信)は、叡山の僧兵・公仁(菅田俊)らに圧迫される道元を救い、洛外深草の安養院に移らせる。遊女・おりん(内田有紀)は怠惰な夫の松蔵(哀川翔)と乳飲み子を抱え、希望のない日々を過ごしていた。しかし道元と出会い、心の変化を感じる。さらに乳飲み子を失い自暴自棄になるが、道元の教えに救われる。深草に建てた興聖寺が僧兵によって襲撃される。道元は義重の勧めで越前志此庄に移り、大仏寺(のちの永平寺)を建てる。そこで、おりんが道元の門下に入る。義重が永平寺を訪れ、時の執権・北条時頼(藤原竜也)が毎夜怨霊に苦しめられているので救ってほしいと訴える。道元は寂円と共に鎌倉へ行き、時頼に只管打坐を教える。雪深い冬の永平寺で、道元は54年の生涯を終える。
 
3月5日(土)は晴。午後、研修があるが欠席するかもしれない。→欠席。50m×20=1000m泳いだ。

レンタルビデオにてタンティーノ監督の「レザボア・ドッグス」を見た。☆☆☆☆★80点としておきます。これは「ヘイトフル・エイト」をみてから解説書などで知った作品です。ラストシーンがよく似ていると思う。こちらは1人生き残って得する人間がいるが、ヘイトフル・エイトはみんな死んでしまう?


宝石強盗に失敗して破滅していく犯罪グループの姿を描くバイオレンス・アクション。監督・脚本は俳優出身のクエンティン・タランティーノ。彼がこの作品を低予算のモノクロ16ミリで撮影しようと資金集めに動き回っていた時、脚本がサンダンス・インスティテュートで高く評価され、監督デビューとなった。製作はローレンス・ベンダー、エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・N・グラッドスタイン、ロンナ・ウォーレス、サンダンスの教官でもあったモンテ・ヘルマン。撮影はアンジェイ・セクラが担当。出演は本作の共同製作者でもある「天使にラブ・ソングを… 」のハーヴェイ・カイテル、「ゴッホ」のティム・ロス、「テルマ&ルイーズ」のマイケル・マドセン、「モブスターズ 青春の群像」のクリストファー・ペンなど。

ロサンゼルスの犯罪のプロ、ジョー・カボット(ローレンス・ティアニー)は大掛りな宝石強盗を計画し、彼の息子ナイスガイ・エディ(クリストファー・ペン)とダイヤモンド専門の卸売り業者に押し入るべくプロの悪党たちに声をかけた。計画を成功させるため、コードネームで呼ばれるMrホワイト(ハーヴェイ・カイテル)、Mrオレンジ(ティム・ロス)、Mrブロンド(マイケル・マドセン)、ピンク(スティーヴ・ブシェーミ)、Mrブルー(エディ・バンカー)、Mrブラウン(クエンティン・タランティーノ)が集まった。周到に練られた彼らの計画は、襲撃現場に警官が待ち伏せていたため失敗に終る。ホワイトと瀕死の重傷を負ったオレンジが集合場所の倉庫に必死でり着いた時、ピンクもやって来た。そして彼らはブルーが行方不明で、ブラウンは逃走の途中で死んだことを知った。彼らの中に仲間への不審の念が沸き上がる。そこに縛り上げた若い警官、マーヴィン・ナッシュ(カーク・バルツ)を連れてブロンドがやって来た。仲間に裏切り者がいたことを確信するブロンドは、この警官に裏切り者は誰か吐かせようと言う。やって来たエディと共に、ホワイトとピンクは隠したダイヤを取りに倉庫を出て行った。サディストのブロンドは拷問を楽しむために剃刀とガソリンを取り出した。倉庫にマーヴィンの絶叫が響き、彼の耳が切り落とされた。血の海の中でオレンジはマーヴィンに、自分は潜入捜査官だと告白した。そしてまた倉庫に生き残った者が集まり、それぞれの不信感が絶頂に達し、凄絶な殺し合いが始まった。銃を手にしなかったピンクがひとり生き残り、地獄絵のような倉庫をあとにして去っていくのだった。
 
3月4日(金)曇。夜は例会。プールに行ってみよう。毎日行って少しでも泳いでいた方がよさそうだ。50m×30=1500m泳いだ。週に一度は1500m以上泳ぐこととしています。もう少し時間いっぱい泳いで見るとまだ泳げるかもしれない。
 
3月3日(木)は晴。久しぶりにプールに行こう。50m×16=800m泳いだ。今日は留守番。泳いだ空かもしれないが意外と席が出た。サンシュユがもうすく゛ひらきそうだ。「世界のピストル図鑑」古書Aが届いた。カラーではない。
 
3月2日(水)はイオンシネマ筑紫野2番にて午後2時45分からの「ザ・ブリザード」3D字幕版を見ました。実話に基づく話と言うことですが、感動的なお話でしたが、ドラマ性は少ない。☆☆☆☆★ 79点


1952年に海難事故に遭ったSSペンドルトン号救出劇を「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー監督が映画化。猛烈なブリザードの中、沿岸警備隊は命がけで難破した巨大タンカーの生存者救助にあたる。3D/2D同時公開。たった4人で定員12名の木製小型救助艇で32人の生存者救助に向かう沿岸警備隊の若き隊員を「スター・トレック」シリーズのクリス・パインが、ペンドルトン号の一等機関士を「ジェシー・ジェームスの暗殺」のケイシー・アフレックが、司令官を「ミュンヘン」のエリック・バナが演じる。

1952年2月18日未明、超大型ブリザードが大西洋沖を航行中の大型タンカー、ペンドルトン号を襲った。雪が混ざった強風と大きくうねる波にさらされて、前月に船体を補修したばかりの継ぎ目が避け浸水。真っ二つに裂かれてしまう。タンカーの構造に精通する一等機関士レイモンド・シーバート(ケイシー・アフレック)の指揮のもと、船員たちは沈没を食い止めようと懸命の作業にあたる。一方、沿岸警備隊チャタム支局にペンドルトン号遭難の知らせが入り、新任の司令官クラフ(エリック・バナ)は木製の小型救命艇で生存者救出に向かうよう一等水兵のバーニー・ウェバー(クリス・パイン)に命じる。1年前に似たような状況で8人の命を救えなかったバーニーは、今度こそ誰も死なせないと心に決め、仲間のリヴシー(ベン・フォスター)やフィッツ、マスキーとともに救出に向かう。しかしタンカーの生存者は32人であるものの、小型救助艇の定員は12人。また、コンパスが壊れてしまい、視界がないにも拘わらず方角もわからなくなってしまう。雨と雪が混じった風速40mを超える強風と20m超の高波が襲う中、刻一刻とタイムリミットが迫るペンドルトン号のもとへバーニーらは命がけで向かう。
 
3月1日(火)は晴。寒い。屋根上に少し雪がある。プールに行ってみよう。と思ったが、映画に行った。




3月1日(火)はT-ジョイ久留米にて「ヘイトフル・エイト」2D字幕版を見ました。マカロニウエスタン調のバイオレンスがあり、首吊りがあり、また、ミステリーでもあります。タンティーノ節が十分現れていた作品でした。最後はみんな・・・・・・しまう? ☆☆☆☆★ 82点


クエンティン・タランティーノが仕掛ける密室ミステリー。吹雪でロッジに足止めを食らい一夜をともにすることになった7人の男と1人の女。殺人事件が起き、犯人も目的も不明のままそれぞれの素性が明らかになり、8人の過去が繋がり始める。出演は「ジャンゴ 繋がれざる者」のサミュエル・L・ジャクソン、ウォルトン・ゴギンズ、「デス・プルーフ in グラインドハウス」のカート・ラッセル、「キル・ユア・ダーリン」のジェニファー・ジェイソン・リー、「デンジャラス・バディ」のデミアン・ビチル、「グローリー 明日への行進」のティム・ロス、「ヘルライド」のマイケル・マドセン、「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」のブルース・ダーン。音楽を「鑑定士と顔のない依頼人」のエンニオ・モリコーネ、美術を「キル・ビル」の種田陽平が担当する。

どこまでも続く白銀の世界。北部の元騎兵隊で今は賞金稼ぎのマーキス・ウォーレン(サミュエル・L・ジャクソン)が、レッドロックへ運ぶお尋ね者3人の凍った死体を椅子代わりに座っている。寒さで馬がやられ、誰かが通りかかり拾ってくれるのを待っているのだ。やがて1台の駅馬車がウォーレンの前で停まる。馬車の客は、同じく賞金稼ぎのジョン・ルース(カート・ラッセル)。腕にはめた手錠の先には、連行中のデイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジェイソン・リー)が繋がれていた。1万ドルもの賞金をかけられた重罪犯のその女は、散々殴られた顔で不敵に笑っている。迫り来る猛吹雪から避難するため、ルースはレッドロックまでの中継地でうまいコーヒーにシチュー、装飾品から武器まで何でも揃っているミニーの紳士用品店へ向かうという。途中、クリス・マニックス(ウォルトン・ゴギンズ)が乗り込み、新任保安官だと名乗るが、ルースは彼が黒人殺しで名を馳せる凶悪な南部の略奪団の一員だと知っていた。ミニーの店へ着くと、見知らぬメキシコ人・ボブ(デミアン・ビチル)が現れ、母親に会いに行ったミニーの代わりに店番をしていると話す。ルースは早速ストーブの上のコーヒーを飲むが、ボブが作ったらしいそれは泥水のようにマズく、自分の手で淹れ直す。店には3人の先客が吹雪で閉じ込められていた。絞首刑執行人のオズワルド・モブレー(ティム・ロス)は、洗練されているがどこか胡散臭い英国訛りの男。カウボーイのジョー・ゲージ(マイケル・マドセン)は、何を考えているかわからず、母親とクリスマスを過ごすために帰る途中だということ以外は一切語らない。そしてサンディ・スミザーズ(ブルース・ダーン)は、大勢の黒人を虐殺した南部の元将軍。ルースはこの怪しげな男たちに疑いの目を向けていた。この中にドメルグの仲間がいて奪還するチャンスを待っているのではないか。あるいは1万ドルのお宝を横取りしようとしているのではないか……。偶然集まった他人同士のはずが、マニックスは父親がヒーローと崇めていたスミザーズとの出会いに感激し、そのスミザーズの息子の謎の死につてウォーレンが何かを知っていた。それぞれの過去の糸が複雑にもつれ出した時、コーヒーを飲んだ者が激しく苦しみ、間もなく息絶える。夜も更け、外の吹雪はますます激しくなっていく……。

〔ホーム〕〔上〕
 
日記

2016年2月
 
 
 
 
 
2月29日(月)は晴。X-TRAIL20GTを先日内之浦の叶岳で原をこすっていたようで、少し緩んでいるところがあったので、修理した。日産プリン。映画に行こうと思っていたのだが都合でやめた。

レンタルしていた「ハートブルー」を見た。X−ミッションと比べると見せ場は少ないが、原作に近そうだ。サーフィンが主体のお話だった。ストーリーは同じといえるところもあるが違っていた。この映画の監督はキャスリン・ビグローだ。後のアカデミー賞の「ハート・ロッカー」と題名がよく似ているが、こちらの方が先に作られ公開されている。偶然ですね。と思ったが、これを意識して「ハート・ロッカー」というタイトルにしたのかもしれない。


サーフィンのメッカ、カリフォルニアを舞台に連続銀行強盗事件を追う若手FBI捜査官の愛と友情を描くアクション映画。日本ビクターと「ダイ・ハード」のプロデューサーとして知られるローレンス・ゴードンとの提携によるラルゴ・エンターテインメントの第1回作品。エグゼクティブ・プロデューサーはジェームズ・キャメロン、製作はピーター・エイブラムスとロバート・L・レヴィ、監督は「ブルー・スチール」のキャスリン・ビグロー、脚本はピーター・イリフ、撮影をドナルド・ピーターマン、音楽をマーク・アイシャムが担当。出演は「マイ・プライベート・アイダホ」のキアヌ・リーブス、パトリック・スウェイジほか。

カリフォルニア、ベニス・ビーチで、元大統領のマスクを被った4人組による連続銀行強盗事件が勃発していた。捜査に当たるのはFBI捜査官パパス(ゲーリー・ビジー)と新しく赴任してきたジョニー・ユタ(キアヌ・リーブス)。2人は事件の手口からサーファーの仕業だと推測、ユタはおとりとしてサーファーたちの間に潜入ずることとなった。かつてフットボール選手としてならしたユタではあったが、サーフィンは初めて、海辺であった美人サーファー、タイラー(ロリ・ペティ)に教わることになり、いつしか愛し始めるようになる。サーフアーの生活にも慣れたユタは、サーファーたちから一目置かれているボディ(パトリック・スウェイジ)という男と出会う。ユタとボディは相反する関係ながら互いに信頼と友情を深めていく。しかし、ある日ふとしたきっかけからボディが犯人ではないかと疑い始めるユタは、その直後起こった強盗事件で犯人を寸前のところで逃す。しかし、一瞬見た瞳の中にボディを見るのだった。ボディもまたユタがFBIであることを知り、彼を消そうとユタをスカイダイビングに誘う。ボディはタイラーを参加することを強制する。しかし、これまでの90秒間、無血の仕事は守られず、仲間たちは次々と死んでいった。ユタは飛行機で逃走しようとするボディを説得するが、その際パパスは凶弾に倒れてしまう。逃亡に成功したボディは空中でユタに別れを告げ、空中に飛び出した。ユタはパラシュートもなくボディを追って空中に身を投じる。そして、そのまま大地に着陸、ボディは逃走した。1年後、50年に1度という大波が来る日、ユタはそこでボディを発見する。逮捕しようとするユタにボディは、一生に一度の機会にチャレンジする事を許して欲しいと申し出、それを許すユタ。そしてボディは波に消えていった。仕事よりも友情を取ったユタは自らバッジを捨て、彼もまた何処かへと去ってゆくのだった。
 
2月28日(日)晴。お天気はよさそう。まず、朝食後「猿葉山」へ。私はサスケさんと稲荷神社側から登った。山頂はGPSで調べた付近に事前に石が積まれて皆さんと標識を建てた。この後、「鉢巻山」へ行きましたが、先人は1時間半で往復したいますが、私は3時間半もかかりました。登りの急登も応えるようになったようだ。お天気が良くて、よい登山日和でした。
 
2月27日(土)は曇。千々石のオフに行く予定。午後4時から千々石少年自然の家・ミラ山ご夫妻の幹事です。お天気もあまり良くはなさそう。諫早市街地は渋滞気味だったが、午後4時前には到着到着。皆さんと7時間くらい歓談?やまびこ会の今後についての話など出ていた。今後はTaka山が代表となってもらう事とした。なかむとしさんは会長とした。実務は代表がする。私は区代表となること、ダンブルさんはWebマスターとして続けてもらう。
 
2月26日(金)は晴。風邪気味なので用心してプールは休もう。明日は千々石オフ会に行こうと思う。葉室麟の「神剣」人斬り彦斎が届いた。A
 
2月25日(木)は曇。映画に行こうと思う。

イオンシネマ筑紫野3番にて午後2時5分からの「X-ミッション」2D字幕版を見ました。この時間帯にしては多い。原作がある様で以前「ハートブルー」というタイトルで映画化されていいたようです。ストーリーはそれほどでもないのですが、アクション(サーフィン・スカイダイビング・スノボード・クライミング)がなかなか見ものではありました。それなりのできる人たちが出ていたようです。☆☆☆☆・68点



アクションサスペンス「ハートブルー」のリメイク。技術の悪用が疑われるエクストリームスポーツチームに潜入した元アスリート捜査官はリーダーと絆をつなぐが……。サーフィンなど各種競技の粋が集まり、生身でアクションを繰り広げる。監督は「ワイルド・スピード」などの撮影を手がけ「インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン」(未)で映画監督に進出したエリクソン・コア。チームを率いる男を「カルロス」「ボーン・アルティメイタム」のエドガー・ラミレスが、若きFBI捜査官を「スパイ・レジェンド」のルーク・ブレイシーが演じる。

アクロバティックな離れ業を繰り出すエクストリームスポーツのチームに、そのスキルを悪用し犯罪を行っている疑いがかかり、かつてアスリートだったFBI 捜査官のジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)はチームに潜入することになる。メンバーたちとともに命がけの行動をしていくうちに、ジョニーはチームを率いるボーディ(エドガー・ラミレス)との間に信頼を築き上げていくが……。

DVD「ハートブルー」を借りてきてもらったので、見てみよう。同じ原作を映画化した物だ。かなりストーリーなども異なっている様だ。
 
2月24日(水)は曇。プールに行こうと思う。50m×24=1200m。腕が痛くなった。プールではそんなに内が他の場所ではのどの調子が悪い。午後は息子は留守のようだ。映画は(木)にする。ウォッチカウンタースカイピンクが届いた。785円
 
2月23日(火)は曇。プールに行こう。仕事の都合で行くのが遅くなった。50m×16=800m
 
2月22日(月)は曇。X-TRAIL20GTの点検。オイル交換。点検時にオイル交換するとやすくなる。半年に5000q以上走るので途中で交換する事が多い。
 
2月21日(日)は午前3時頃起床。午前3時30分にはX-TRAIL20GTにて出発。甘木IC〜東九州道笠之原ICまで高速道で走ることができた。カーナビの地図も更新されていたので良かった。鹿屋城址・七狩長田貫神社の大クス・塚崎のクス・高山城址・志布志の大クス・小田のクス・叶岳と周り、午後6時過ぎに帰宅。今回は燃料を満タンにした。一度45qばかり走ったままにしていたので、満タン状態ではなく、ぎりぎりのようで途中で10L給油した。今後は満タンを心がけることにする。エアコンを使わなければ、750q以上は走れると思う。走行距離765qだった。途中3回の休憩。ニーピークは3座としておきます。
 
2月20日(土)は雨。プールに行こう。早く寝て明日は鹿屋ー方面へ行きたいものだ。50m×20=1000m泳いだ。午後8時には就寝。
 
2月19日(金)は晴。X-TRAIL20GTの点検は来週としよう。午後はプールに行こうと思ったが診療が遅くまでかかったのでやめた。

T-ジョイ久留米9番にて午後5時25分からの「ザ・ガンマン」字幕版を見ました。観客は3名でした。ショーンペンのアクションものです。それなりの出來だったがストーリーが絡んですっきりしないところがある。☆☆☆☆・71点



ミルク」のショーン・ペンが元特殊部隊の暗殺者を演じるアクション。アフリカ・コンゴの大臣暗殺任務を完璧に遂行し除隊。平穏な日々を過ごしていたジムは、ある日突然何者かに命を狙われ、捨てたはずの過去と再び対峙することに……。ジャン=パトリック・マンシェットのロマン・ノワール『眠りなき狙撃手』を原作に「96時間」のピエール・モレル監督が映画化。共演は「マンデラ 自由への長い道」のイドリス・エルバ、「ニル・バイ・マウス」のレイ・ウィンストン、「インティマシー/親密」のマーク・ライランス、「息子の部屋」のジャスミン・トリンカ、「007 スカイフォール」のハビエル・バルデム。

フリカ・コンゴ民主共和国。鉱山利権に絡む極秘の大臣暗殺作戦に参加した元特殊部隊のジム(ショーン・ペン)は、完璧な狙撃で任務を遂行。だがその後、愛する恋人も何もかも捨ててジムは姿を消した……。それから数年後、血塗られた過去を贖うようにひっそりと暮らしていたジムだったが、ある日突如として何者かに命を狙われる。コンゴでの暗殺作戦に参加したかつての仲間たちが次々に殺されていることを知ったジムは、自分を襲った敵が何者なのかを突き止めるため、そして自ら生き残るために過去と向き合い再び銃を手に取るのだが……。
 
2月18日(木)は晴。日曜日は鹿屋方面へいってみたいものだが・・・
 
2月17日(水)は雨。午後は研修会で休診状態のようだった。私もいなかった。午後4時から胃の内視鏡検査。昼食は抜き。昼頃に患者が混んだ。少しだけプールに行くかも。50m×12=600m泳いだ。腹が空いていた。午後4時頃から検診のために送ってもらった。胃の方は昨年と変わらずということだった。胃の調子は何となく悪い。夕方向かいに来てもらって家内と外食とした。「火星の人」kindle版を読了した。映画とは後半が少し異なったストーリーになっていたようだ。
 
2月16日(火)は曇り雪が積もっている。寒いようだ。プールに行こうと思う。50m×20=1000m泳いだ。新しいWiFiルーターが届いたのでテストをしたら1番目のkindleのみ繋がらない。Fireと2番目のkindleそして、1番目のNECのタブには繋がる。Fireは結局居間のWiFには繋がった。パスワードの間違いだった。

BUFFALO WRS-1166DHP2/N
 
2月15日(月)は曇。kindleFireの接続が悪い危機があるので一を変えてテストしたが同じく繋がらない。あたら異機種を購入して実験しようと思う。NECのものとは繋がる。「火星の人」を読んでいる。映画とほとんど変わらないので面白い。軽いのりのWeb小説のようだ。
 
2月14日(日)は雨。kindleFireが届いた。8950-4000=4950円 自宅のWIFIは上手く繋がらない。診療室のものは繋がる。プライムビデオの「蘇える金狼」をみた。松田優作主演の作品。夜は外食。

Fire
 
2月13日(土)は雨。本を読むか家で映画を見よう。録画していたドラマなどを何本か見た。床下に潜って水道管の点検。見える範囲には問題はなかった。床は結構低くきつい。プールには行かず。
 
2月12日(金)は晴。一昨日から風邪気味だったのでプールには行かず。月曜日まで休むこととする。インフルではないと思う。
 
2月11日(木)(建国記念の日)はまた、宮崎方面へ行きました。まず、「高岡の月知梅」、次いでついでの「天ケ城」、リベンジの「大坪の一本桜」、7日に行ったセンダンの古木がすぐ近くに見えていた。次いで、「本庄八幡宮のクス」、「本庄稲荷神社のクス」、「佐土原のヤマモモ」、「瓜生野神社のクス群」、最後は日南市へ行き、「東郷のクス」、「田上神社のクス」と訪問して帰宅した。ここに行くときは行きは県道28だったが帰りは県道432を走ったので時間がかかった。道が狭小でまるで林道のようだった。多分ハンズフリーで電話を使っていたのでナビ画面が消えていて、ナビの指示と違う道を走ったのかもしれない。
 
2月10日(水)は晴。医者に行く日。都合では映画に行けるかも、でなければプールに行けるかもしれない。明日は祭日なのでプールへは行くことはない。午前中に用件を済ましたので午後は映画に行った。明日は再度宮崎方面へ大クスなどの探訪へ行く予定。

イオンシネマ筑紫野2番にて午後3時からの「オデッセイ」2D字幕版を見た。観客もこの時間帯にしては多かった。火星に取り残されて生還するお話だが、良くできていた。☆☆☆☆★85点。



アンディ・ウィアーのベストセラーSF小説『火星の人』をリドリー・スコット監督が映画化。探査中の事故で火星に取り残された宇宙飛行士が、孤独なサバイバルを繰り広げる一方で、それに気付いたNASAが決死の救出ミッションに挑む。過酷な状況でもユーモアを失わず、常に前向きな主人公を「エリジウム」のマット・デイモンが好演。

人類3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、18日目に突然吹き荒れた猛烈な嵐によって、任務中止に追い込まれる。ところが、全6名のクルーのうち、マーク・ワトニー(マット・デイモン)は、突風でバラバラになった通信アンテナの直撃を受けてどこかへ吹き飛ばされ、行方不明になってしまう。タイムリミットが迫る中、必死の捜索を続ける指揮官のメリッサ・ルイス船長(ジェシカ・チャステイン)だったが、ワトニーは発見できず、やむなく離陸を決断。ルイス船長以下5人は宇宙船ヘルメス号で地球への帰途につく。ワトニーは死亡したと判断され、NASAのサンダース長官(ジェフ・ダニエルズ)が記者会見を実施した。しかし、ワトニーは生きていた。辛うじて砂漠から人口住居施設“ハブ”に帰還した彼は、この上なく絶望的な現実を思い知らされる。ハブに残された食料はほんのわずか。ところが、次の探査ミッション“アレス4”のクルーが火星にやってくるのは4年後だ。それまで生き抜くためには、酸素や水を作り出すところから始めなければならない。植物学者でメカニカル・エンジニアのワトニーは、ありったけの科学知識と持ち前のポジティブ思考によって、これらの途方もないハードルを1つずつ乗り越えてゆく。しばらくして、NASAもワトニーの生存に気付く。火星の衛星画像を調べていた職員が、ワトニー生存の証拠を発見したのだ。ただちに食料を送るための補給機の準備を開始。再び記者会見を開いたサンダース長官がワトニーの生存を発表したことで、火星で孤独なサバイバルを続けるワトニーは一躍、全世界の“時の人”となった。ところが、時間との厳しい戦いを強いられた救出プランはトラブルに見舞われ、ワトニーは再び絶体絶命の危機に陥ってしまう。やがてワトニーの命運は、宇宙を航行中のヘルメス号のクルーを巻き込み、誰も想定していなかった最終手段に託されることとなる……。
 
2月9日(火)は晴。プールに行こう。50m×24=1200m泳いだ。火曜日は案外と客が多い。月曜日は休館日。
 
2月8日(月)は晴。休養日。
 
2月7日(日)は曇。宮崎地方は晴。計画通り、午前4時出発で高鍋へ向かった。午前8時頃高鍋城址の到着。「高鍋のクス」や「高鍋城址」を見学、今回は資料館も訪れた。秋月氏は朝倉地方とは縁が深い。次いで「妻のクス」・「上穂北のクス」・「湯の宮神社の座論梅」、ついで大坪の一本桜は場所が少しづれていて違う木を見てしまった。再度リベンジ予定。次いで「竹野のホルトノキ」ここで途中の計画を端折って清武に向かう。「清武の大クス」と「清武城址」を見学してから 帰宅。午後5時40分頃に着いた。また、大坪の一本桜を間違えたのでリベンジなどに再訪するつもり。700qを50Lで走った。単価は一応80円だった。燃費がやすくなった。高速料金は割引が少なく、やはり高い。
 
2月6日(土)は曇。寒くなりそうだ。明日の高速道の様子が気になる。所用がある予定でプールには行かず。結局、たまっていた庭仕事をする。明日は高鍋まで行って大クスの写真をと思っている。
 
2月5日(金)は曇。50m×24=1200m泳いだ。左の上腕の肩の付け根の筋肉が痛い。水泳肩と言うのかもしれない。7日は高鍋方面の大クスを見学しようかと準備をしていたが、せっかくならと他の巨樹も探していたところたくさんあって、何度か行く必要がありそうだ。

パワーブリーズが届いた。呼吸筋のトレーニングに使う道具だ。吸気筋のトレになるようだ。

 
2月4日は曇。夜は例会。午後プールに行った。早めに行ったので前半に900m泳いで後半700m泳いだ。50m×32=1600m。やはり疲れた。
 
2月3日(水)は雨。映画に行こうと思っている。

イオンシネマ筑紫野5番にて午後2時からの「ザ・ウォーク」2D字幕版を見ました。ワールド・トレード・センターの間を綱渡りした男のお話です。ドキュメンタリーの「マン・オン・ワイヤー」と言う作品もあるようです。事実を基にしたお話です。なかなかスリルがあって楽しめました。☆☆☆☆★。82点



1974年、当時世界一の高さを誇ったニューヨークのワールド・トレード・センタービルの間を、ワイヤー1本で綱渡りに挑んだフィリップ・プティの実話を映画化。「インセプション」のジョセフ・ゴードン=レヴィットがプティを演じる。「ディーン、君がいた瞬間」のベン・キングズレー、「イヴ・サンローラン」のシャルロット・ルボンが共演。監督は「フライト」のロバート・ゼメキス。

8歳の時、故郷フランスで“世界一の綱渡り一座”と呼ばれるサーカス団“白い悪魔たち”の妙技に魅せられたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、独学でトレーニングを積み、“白い悪魔たち”の門を叩く。ところが、座長のパパ・ルディ(ベン・キングズレー)と決裂。1973年。パリで大道芸人として綱渡りを披露していたフィリップは、雑誌の記事で世界最高層のワールド・トレード・センタービル建設中のニュースを知り、衝撃を受ける。このツインタワーの屋上と屋上の間にワイヤーを架けて歩く……。危険極まりない違法行為ながら、その夢に囚われた彼は、実現に向かって走り始める。最初の協力者は、美術学校生のアニー(シャルロット・ルボン)とカメラマン志望の青年ジャン=ルイ(クレメント・シボニー)。さらに正しいワイヤーの張り方を習得するため、パパ・ルディに頭を下げて“白い悪魔たち”の下で改めて修行を積む。村祭りでの散々なワイヤー・ウォークデビューに続き、ノートルダム寺院の二つの塔の間にワイヤーを架けたウォークを敢行。パリっ子たちの喝采を浴びた直後に逮捕されるが、ワールド・トレード・センターの入居開始を知り、ついにニューヨークへ。110階にも及ぶ実物のツインタワーを目にして、新たな戦いを決意する。建築作業員や松葉杖のケガ人を装ってタワーに侵入し、警備員の巡回やトラックの搬入時間をチェック。タワー間の正確な距離を調べ、ワイヤーを通す方法を模索。仲間と共に準備を進めてゆく。決行の日を1974年8月6日朝6時に定め、ジャン=フィリップ(ジェームズ・バッジ・デール)ら新たな共犯者を得て準備は整った。そして決行前夜、搬入作業員を装ったフィリップたちは、ワールド・トレード・センターの屋上へ向かう。だが、その行く手には、様々なトラブルが待ち受けていた……。

自宅で最近購入していたDVD「白鯨」吹替版を見ました。原作も読んでいるところです。割と観念的な作品の様です。


ハーマン・メルヴィルの名作“白鯨”の映画化。“モビイ・ディック”と呼ばれる狂暴な白鯨と老朽捕鯨船ピークォド号船長エイハブとの激闘を中心とした海洋スペクタクル。脚色は「原子怪獣現わる」のレイ・ブラッドベリとジョン・ヒューストン、「悪魔をやっつけろ」に続いてヒューストンが製作・監督を担当。撮影監督は「しのび逢い」のオズワルド・モリス、作曲はフィリップ・スティートン。出演者は、「灰色の服を着た男」のグレゴリー・ペック、「善人は若死にする」のリチャード・ベースハート、「チャタレイ夫人の恋人」のレオ・ゲン、「ピラミッド(1955)」のジェームズ・R・ジャスティス、「トロイのヘレン」のハリー・アンドリュース、「知りすぎていた男」のバーナード・マイルズ、「ナポレオン」のオーソン・ウェールズなど男性オールスター・キャスト。


14年、北米捕鯨業中心マサチューセッツ州ニュー・ベドフォード。海にあこがれを求めてやってきた、風来坊のイシュール(リチャード・ベースハート)は “捕鯨館ピーター・コフィーン”に宿を求め、同室の銛打ちクィークェグ(フレデリック・レデバー)と無二の親友になる。クィークェグは全身刺青だらけの変人だが案外の善人である。翌日イシュメールは、教会で昔は銛師だったマップル神父(オーソン・ウェルズ)の説教を聴いた後、奇妙な男エリジャー(ロイヤル・ダノ)の警告にも屈せず、老朽捕鯨船ピークォド号の乗組員に傭われる。船長の名はエイハブ(グレゴリー・ペック)。鯨骨の義足を不気味に無気味に響かせ、顔面に深い傷跡を持つ彼の姿には、威厳と共に何かしら陰惨な、物に憑かれたような感じがあった。彼は以前、モビイ・ディックと呼ぶ白鯨に片足をもぎ取られて以来、復讐の一念に凝り固まっていた。今度の航海も目的は同じ。何も知らずに乗組んだ荒くれ船員達は、一日、彼の白鯨追跡宣言に驚いたが船長の狂熱ぶりに感染、賞金のスペイン金貨を得んものと夢中になる。唯一人理性を失わぬ一等運転士スターバック(レオ・ゲン)は、神を恐れぬこの行為に反対したが一蹴された。鯨群を追うピークォド号は、途中、ロンドンに船籍を持つサミュエル・エンダビイ号に出会う。船長のブーマー(ジェームズ・R・ジャスティス)が白鯨を捕り逃したというと、エイハブは怒って彼を自分の船に追い帰す。やがて同じ捕鯨仲間のレイチェル号にも邂逅。ガーデナー船長(フランシス・デ・ウルフ)は、12になる息子を先日、海で見失い、血眼になって探し廻っている。だが彼の協力の懇請も、エイハブには時間の浪費としか思えない。数刻後、嵐が船を襲う。だが強風にもエイハブは帆を下せと命じない。怒ったスターバックとエイハブは豪雨の中に対立。だがエイハブの形相と白鯨への執念に、スターバックもたじろぐうち、嵐は去る。遂に宿敵のモビイ・ディックを発見し、4隻のボートが下され、巨鯨との戦闘が開始される。しかしモビイ・ディックの背中へよじ上り憎悪の銛をぶちこむエイハブは銛綱に巻き込まれ、怒り立った鯨諸共、海中に姿を没する。ボートは白鯨の巨大な尾で砕け散り、スターバックが指揮するピークォド号も沈没。ただ一人生き残ったイシュメールは、クィークェグが船大工に作らせてあった棺桶の背で一昼夜を漂流した後、レイチェル号に救い上げられた。
 
2月2日(火)は薄曇り。プールに行こう。仕事が長くなったので、プールに行くのが遅くなり、午後2時過ぎから、50m×12=600m泳いで、切り上げ。夜は午後9時30分過ぎに就寝。なんだか最近AL二も弱くなったようだ。明け方は胃か腸かわからないが不快感があることがある。
 
2月1日(月)は晴。昨日の山歩きレポを一応書いた。テキストはすぐ書かないと忘れる。夜は午後8時前に就寝した。

〔ホーム〕〔上〕
 
日記
2016年1月
 
 
1月31日(日)はお天気はよくなるようだ。遅く起きたので長崎県の「猪見岳」「烽火山」に登って来た。猪見岳は自衛隊の演習地で立入禁止と書かれていたが、踏跡があったので登ってみた。三角点もある。演習があるのか、空砲が鳴ったので急いで降りた。次いで「烽火山は車道ねある様なのですが、遊歩道から登れば樫の大木が観られるというので登って見た。はじめは荒れた遊歩道で歌詞の大木はある。上部は目印もまばらで登路がわからない。結果、はじめは右回りで登り、下りは稜線経由で下った。こちらが本来の登路の様だが傾斜がひどく道も荒れています。誰でも登るのには向いていない。右周りの方が傾斜は少ないが、距離が長くなるようだ。舗装路があり車で来れば簡単だ。遊歩道を歩く人は少ないようだ。かえるときには「小峰烽火山」へ寄って見た。車道からすぐだ。烽火台があったところだ。ここから烽火山がよく見えていた。

急登で時間がかかったが山頂まで行けたので満足という所。脚が痛くなった。
 
1月30日(土)は雨。明日は曇のようだが、少し遠出をしてみようか?宮崎県辺りがお天気はよさそうだ。
 
1月29日(金)は雨。だいぶ温度も高いようで、窓ガラスに結露がなかった。50m×30=1500m泳いだ。カマクラも融けたようだ。




以前読んだことのある文学全集にある白鯨を探し出した。一度読んだことがある様だ。巻末に1963年に1ヶ月かけて読んだと書いていた。これを再度読んで見よう。これは読みづらいので岩波文庫のkindle版を読んで見ることにした。高く付くがPCで読めば文字か大きくなる。上をダウンロード。
 
1月28日(木)は曇。ちょっとだけ、プールに行こう。留守番なので50m×12=600m泳いで帰宅した。
 
1月27日(水)は曇。映画に行こうと思う。

イオンシネマ筑紫野5番にて午後2時50分からの「白鯨との戦い」2D字幕版を見た。「白鯨」の本になったお話の様で、最後の乗組員のショウゲンを聞く、メルヴィルとの話。なぜだまっていたか、の謎が解き明かされる。☆☆☆☆・78点。メルヴィルの「白鯨」が読みたくなった。


「ビューティフル・マインド」のアカデミー賞監督ロン・ハワードが小説『白鯨』の題材となった海難事故を取り上げたアクション・ドラマ。巨大なクジラに襲われ捕鯨船が沈没。生存者は太平洋のただ中を漂流する……。3D・2D同時公開。捕鯨船エセックス号の一等航海士を「ラッシュ/プライドと友情」でもロン・ハワード監督と組んだクリス・ヘムズワーズが演じるほか、「リンカーン/秘密の書」のベンジャミン・ウォーカー、「バットマン ビギンズ」のキリアン・マーフィー、「007/スカイフォール」のベン・ウィショーらが出演。原作は全米図書賞を受賞したノンフィクション『復讐する海―捕鯨船エセックス号の悲劇』。

9世紀、クジラから取れる鯨油は生活になくてはならない油であり、捕鯨は一大産業であった。1819 年、捕鯨船エセックス号はアメリカのナンタケット港を出航し、太平洋を進んでいく。しかし沖合4800kmの海域で誰も目にしたことがないほど巨大な白いマッコウクジラと遭遇。一行は巨大クジラに立ち向かっていくものの、船を沈められてしまう。わずかな食料と飲料水をかき集め3 艘のボートに乗り込んだ船員たちは、どの辺りにいるのかもわからない太平洋のただ中で、度々クジラに襲われながら漂流していく……。

グロック17が届いていた。台湾製で説明書がわからないので、28日に動画を見てばらしてみた。戻すのには若干なんなりで、が多いのでもうばらすことはない。




 
1月26日(火)は曇。プールに行こうと思うが・・・。自分だけ軽く昼食をして、×さんをカーブスに送って、プールに行く。プールの駐車場には雪が残っていたが、問題なし。50m×32=1600m泳いで迎えに行き、うどんを食べた。雪は相当溶けている。高速道が通行止めなので、下道が混んでいた。裏道を行き来した。
 
1月25日(月)は曇。雪が降っていた。日も少しはさした。温室の雪下ろしはまたした。バスは運転見合わせ。結局、スタッフの一人が歩いて出勤。帰りは送った。轍は融けていたが、みんなのろのろ運転だった。X-TRAIL20GTは40km/hでは、走ることは出来る様だった。これ以上はスピードは上げないのがよさそうだ。慣れないのです。
 
1月24日(日)はだいぶ雪がつもっていた。スタッフを送ったが、雪道走行がこの冬初めてだったが冬用タイヤも新しいものが2本着いていてX-TRAIL20GTは快適に走った。温室の屋根の雪を落とした。
 
1月23日(土)は曇。仕事部屋の窓に結露がないと思っていたら、暖房がつけたままだった。もったいない。夜は福岡大名で学会だが、夜は天候の悪化が予想されるのでよく考えて出席。学会を早めに退出するか?それとも懇親会のみをキャンセルするか・・いろいろ考えられる。結局、出発時間頃に筑紫野や福岡市辺りは雪で、しかもこの付近にもちらついたので中止した。しかし、結果的には、夜半までは交通障害はなかったようだ。
 
1月22日(金)は晴。明日は学会だが、お天気が悪ければ欠席。午後はプール。50m×24=1200m。呼吸の本は少しは参考になったが、クロールだけしかしていない私にとっては中身が薄かった。
 
1月21日(木)は曇。プールに行った。午後2時前にはあがった。50m×16=800m。「呼吸泳本」が届いた。
 
1月20日(水)は曇。先週は見ていないので、昼間に映画に行ってみよう。

イオンシネマ筑紫野4番にて午後2時40分からの「ブリッジ・オブ・スパイ」字幕版を見ました。冷戦期のスパイ交換のお話です。久しぶりにトム・ハンクスを見ました。いい作品でした。☆☆☆☆★

 
1月19日(火)は雪。積雪があった。午前中に昨日のレポの地図の部分ををやり直してアップ。今度は上手くできた。午後プールに行くといつもより多かった。50m×16=800m泳いだ。
 
1月18日(月)は雨。午後も仕事部屋にいてパソコンでようやくアップ。上手くいきません。
 
1月17日(日)は午後は雨だった。Amazonプライムにて「ヒットマン」を見た。勿論字幕。夕方家内と外出。買い物をして夕食も外食。
 
1月16日(土)は晴。午後はプールで50m×20=1000m泳いで
帰宅してAmazonプライムで「殺人のナンバー」を見た。最近はよくアマゾンプライムを見る。字幕ばかりなのが難点。
 
1月15日(金)は晴。午前10時半頃に斎場に集合。告別式の手伝い。午後は精進揚げで終わり。家族葬的になされたので弔問の人は少なかった。ワゴンRの車検日が1月19日になっているのですぐに手続きをするため、整備工場へ出している。代車を借りている。ホンダの軽。だいぶ古い。午後は4時前に帰宅ずっと家にいた。
 
1月14日(木)。通夜の段取り。午前10時に斎場に集合。お参りをして役所の手続き。午後はプールにいって、50m×20=1000m泳いで。少し仕事して、通夜の手伝い。通夜は午後7時〜。事前集合して準備。告別式は15日の午後12時半から。
 
1月13日(水)は曇。プールに行き50m×12=600m泳いで、医者に行った。門内で逝去者が出た。近くの斎場に名前があったので納得。自分が当番なので世話人頭だ。仕事の段取りを変えてもらった。
 
1月12日(火)は曇。午後プールに行った。50m×24=1200m泳いだ。左腕が痛い。泳いでいるときや水中を歩く時はいいが、普通に歩く時は左足首も痛い。
 
1月11日(成人の日)は曇。剪定などをして外出はしなかった。「殺しのナンバー」をAmazonプライムで見た。それなり☆☆☆・・。
 
1月10日(日)は以外と雲が少ない。遅くから「猿岳」に行きました。海彦山彦さんのコースで行きましたが、シダが茂って若干歩きにくいコースでした。別ルートが登山道の様です。T&Mさんが11日に歩かれました。
 
1月9日(土)は曇。夜は新年会。午後少し泳ごうと思っている。600m〜400m位でやめよう。新年会の帰りに久しぶりに先輩と二次会に行きましたが、新年会で冷酒を飲んだのが効きました。午後11時半頃帰宅したらしい。
 
1月8日(金)は曇。新学期のようだ。午後はプールに行った。何となく時間もあったので、50m×30=1500m泳いだ。約1時間30分いじようは泳いだと思う。休憩が少なくなっていたのは少しは体力が付いたのかとも思ったが、長く泳ぐと脚の痙攣が来たりした。疲れているようだ。
 
1月7日(木)は曇。午後はプールには行かず、イオンシネマ筑紫野2番にて15時50分からの「スター・ウォーズ・フォースの覚醒」字幕版を見た。やはり吹替版の方が楽に見ることができるようだ。ヒマラヤで水泳用のパンツなどを購入。あまりやすくはないようだ。
 
1月6日(水)は曇。映画に行こうと思う。夜に行くことにしたので、プールにいって、50m×16=800m泳いだ。夕方イオン筑紫野に行く。娘と孫と夕食。

イオンシネマ筑紫野8番にて午後18時25分からの「母と暮らせば」を見た。井上ひさしの「父と暮らせば」にヒントを江田という作品で、長さの原爆で亡くなった息子と母親のお話。よい作品だと思う。☆☆☆☆・



作家・井上ひさしが晩年に取り組んでいた広島・長崎・沖縄をテーマにした構想を「男はつらいよ」の山田洋次監督が受け継いだ家族ドラマ。長崎に落とされた原爆により息子を失った母と彼女のもとに現れた死んだはずの息子とが過ごす少し不思議ながら幸せな日々を描く。広島を舞台にし2004年には黒木和雄監督により映画化された戯曲『父と暮せば』と対になる作品として制作された。助産師の母親を「おとうと」の吉永小百合が、息子を「硫黄島からの手紙」の二宮和也が、息子の恋人だった女性を「小さいおうち」の黒木華が演じる。ほか、「私の男」の浅野忠信、舞台を中心に活躍する加藤健一らが出演。松竹120周年記念映画。

1945年8月9日、長崎に原子爆弾が投下された。それからちょうど3年後。助産師として働く伸子(吉永小百合)のもとに、原爆により死んだはずの息子・浩二(二宮和也)がひょっこりと現れる。それからというもの浩二は度々姿を現し、伸子と思い出話や浩二の恋人・町子(黒木華)についてなどいろんな話をしていくが……。
 
1月5日(火)は曇。今年の開館は5日からだ。プールに行った。明日は映画に行くので50m×20=1000m泳いだ。やはり肩が少し痛くなった。「トランスポーター・ザ・シリーズ」を見た。まだのこっているので楽しみだ。パンツの後ろが薄くなっているのを発見小さすぎてひっぱっすぎたのが原因かもしれない。インナーを着ければまた゛使えるかもしれない。あたら九少し大きめのものを購入しようかと思う。
 
1月4日(月)は曇。朝は霧がある。孫が泊まっていた。午後は「タクシー・ブルックリン シーズン1」の12話まで見たが、続きのある終わり方だった。シーズン2が見て見たい。この後、「トランスポーター・シリーズ シーズン1」を見ている。映画版に割とにている。12話の様だ。夜は例会。
 
1月3日(日)は雨のち曇。お昼頃まで回復すれば鳥屋山辺りへ行くかもしれない。ずっと曇であったので。山歩きはしなかった。年賀状を出した。2回ポストに行った。映画「TAXI」シリーズを3まで見て、テレビのシリーズ「タクシー・ブルックリン」シリーズを7まで見た。これは不法入国者の凄腕(運転が)タクシー運転手と女性刑事のお話で面白い。
 
1月2日(土)は曇後晴。大番で家族より。晄君は病気療養中。孫達と楽しかった。年賀状を2枚書いた。大楠君との年賀状は最後とすることにした。
 
1月1日(金)は晴。朝は霧が深かった。アマゾンプライムで「ヘンゼルとグレーテル」をみて、届いた年賀状の整理、勘違いしていて出さなかった分を追加で出した。これは年賀状を用意していたが他に足りないものがあったので、白紙のものに印刷して切手を貼ることとした。もう少し大目に購入しておけばよかったと言うところです。写真を印刷する様になったものをもらったので大クスの写真を使って制作。これもよさそうだ。