〔ホーム〕〔上〕

日記
 
2017年3月
 
 
 
 
 
 
 
 
3月18日(土)
 
3月17日(金)は晴。午後久留米の美術館に行ってみよう。
 
3月16日(木)は晴。仕事が遅くなったのでプールは休み。
 
3月15日(水)は曇時々雨。午後免許の更新に行った。20分位で完了。先日の山歩きを少しアップ。
 
3月14日(火)は晴。午後2時45分からイオンシネマ筑紫野3番にて「チア☆ダン」を見た。広瀬すずのファンなので見たが、いい作品だった。実話を基にした作品のようだが学校名などは異なっている様だ。。☆☆☆☆・78点



2009年に全米チアダンス選手権大会で優勝した福井商業高等学校チアリーダー部をモデルにした青春ドラマ。ひかりは憧れの人を応援したいという軽い気持ちでチアダンス部に入部。しかし全米大会制覇を目標に掲げる顧問のもと、過酷な練習が待ち構えていた。監督は「俺物語!!」の河合勇人。チアダンスと出会い成長していく主人公を「ちはやふる」の広瀬すずが、彼女と支え合う友人を「劇場版 零〜ゼロ〜」の中条あやみが、彼女たちを厳しく指導する教師を「アマルフィ 女神の報酬」の天海祐希が演じる。

中学を卒業した友永ひかり(広瀬すず)は、県立福井中央高校に進学。中学から一緒だった同級生の孝介(真剣佑)がサッカー部に入部したことを知り、彼を応援したいという軽い気持ちでチアダンス部の扉をたたいた。しかしチアダンス部の顧問・早乙女薫子(天海祐希)は全米大会制覇を目標に掲げ、額を出す髪形にすること、恋愛は禁止というルールを課して厳しく指導にあたっていた。あまりのスパルタぶりに続々と退部者が出たが、ひかりはチームメイトの同級生・彩乃(中条あやみ)の存在もあり、部活を続けることに。全米大会制覇を目指し、チアダンス部の挑戦がはじまった。
 
3月13日(月)は晴。顧問税理士との懇談。夜は12回生世話人会。大番にて。次回は7月。
 
3月12日(日)は快晴。午前7時頃から宇佐市足夢に出かけて計画の「青山城址」「轟山」と宇佐市立石の「栗山」に行った。いずれも低山だが、急登のある山はつらいところ。ニューピーク3座としておきます。
 
3月11日(土)晴。弟の見舞いに行った。だいぶ体にも症状がでいるようだった。その跡竹下へ行って。家内の誕生祝いをした。12日がたん常備だ。
 
3月10日(金)は晴。映画に行こうと思っていたが、電話があって話が長くなり開始時間に間に合わないのでやめた。事情があって疎遠にしている弟が悪いようだ。疎遠だが、住まいは車で6分くらいの所に住んでいる。
 
3月9日(木)は曇。プールに行こうと思う。500m泳いで、600m歩いた。
 
3月8日(水)は晴。冷えたようだ。起床して足の調子がしばらく悪かった。500m泳いで、700m歩いた。右親指の裏が急に痛くなった。内科受診。
 
3月7日(火)は晴。プールに行きたいものだ。600m泳いで、600m水中歩行。午7時から下水道工事についての説明会。山行きに写真を付けた。
 
3月6日(月)は曇。夜は例会。県歯会長立候補者の演説会。2名。
 
3月5日(日)は曇。急遽、山歩きをする。遅くから出かけた。以前から計画していた、宇佐市上矢部の「城山」。300mに満たないが意外と急傾斜の部分があり、疲れた。
 
3月4日(土)は晴。600m泳いで600m歩いた。案外すいていた。
 
3月3日(金)は曇。レポを少しアップ。昼休みに息子と会談。長くなりプールはお休み。
 
3月2日(木)は曇。午後はプールに行く予定だったが、お客さんがあったので行かず。少しばかりレポをアップした。ようやく方法を思い出してきたが、今少し簡素にアップしたいものだと思う。
 
3月1日(水)は晴。500m泳いで700m水中歩き。霊園に行ってみた。新しい管理人さんがいた。

〔ホーム〕〔上〕
 
日記
 
2017年2月
 
2月28日(火)は晴。イオンシネマ筑紫野7番にて午後2時25分からの「トリプルX:再起動」3D4DX字幕を見ました。アクションはすばらしいが中身は薄いようでした。アクションが多いのでシートが大いに揺れました。☆☆☆☆・72点


エクストリーム・スポーツのカリスマが、政府の極秘エージェントとなって活躍するスパイアクションシリーズの第3弾。世間から身を隠していたザンダー・ケイジは、制御不能に陥った軍事兵器奪回のため、新たなチームと共に世界壊滅を企む陰謀に立ち向かう。主人公ザンダー・ケイジ役には、第1作以来、15年ぶりにヴィン・ディーゼル(「ワイルド・スピード SKY MISSION」)が復帰。強敵ジャンを「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のドニー・イェンが演じる。

世間から身を隠していたエクストリーム・スポーツ界のカリスマ、ザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)。政府の極秘エージェントとなった彼は、制御不能になった軍事兵器“パンドラの箱”を奪回するため、ずば抜けたスキルを持つ仲間を集めて新たなチームを結成。世界各国の最高権力者たちをターゲットにした世界壊滅の陰謀に立ち向かう。だが、彼らの前に最強の敵ジャン(ドニー・イェン)が立ち塞がる……。
 
2月27日(月)は晴。プールが休みなのでT-ジョイ久留米1番にて午後1時50分からの「ラ・ラ・ランド」字幕を見ました。従来のミュージカル作品とは一線を画した作りのようでした。はじめはそれほどでもなかったのですが、次第に引き込まれていくという所です。アカデミ状は作品賞は逃したようですが、監督賞と主演女優賞は獲得したようです。☆☆☆☆★ 82点


セッション」のデイミアン・チャゼル監督によるオリジナルミュージカル。女優を目指すミアは、場末のバーでピアノを弾いていたセバスチャンと出会う。惹かれ合う二人だが、セバスチャンが加入したバンドの人気が出るとともに二人の関係に暗雲が立ち込める。主演のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンは「ラブ・アゲイン」「L.A. ギャング ストーリー」に続き3度目の共演。第73回ヴェネチア国際映画祭でオープニング上映され、エマ・ストーンが女優賞を受賞した。また、「セッション」に続きジャスティン・フルビッツが音楽を担当している。

アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。ある日、ふと立ち寄った場末のバーで、ピアノを弾いているセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼の夢は、自分の店を持って思う存分本格的なジャズを演奏することだった。恋に落ち、互いに応援しあう二人。しかしセバスチャンが生活のために加入したバンドが売れ、二人の関係が変わってしまう。
 
2月26日(日)は曇後晴でした。遅くから、以前から計画していた、安心院町の「米神山」へ行きました。京石登山口から登り、熊登山口へ下山しました。山の形通り、上方は急傾斜が続きます。3月12日に祭礼があるので登山道の整備が10人くらいの人たちであっていました。山頂からの展望はかすんでいましたが、由布岳方面はよく見えていました。昼食時間込みで往復4時間かかりました。ニューピークは1座です。

Amazonに予約していた村上春樹の「騎士団長殺し」上下が届いた。
 
2月25日(土)は晴。ユニットの取付。給水管が壊れて仕事が遅れた。プールは休み。ヘッドレストはまだ付いていない。
 
2月24日(金)は福岡に孫の部屋を見に行く・ミニ引っ越しの手伝いも兼ねている。長男の時には何度か行ったり、登山のために近くを走ったことはあったが、最近はご無沙汰で走れるかどうかと言うところです。高速道と都市高速で行けば野芥IC〜案外近くだった。値勇士谷地は難のようだが、少しは駐車出来た。部屋も長男の時代とは随分異なっていていい部屋のようだった。久しぶりに福岡歯科大学を見に行った。近くだった。長男時代とは周辺も激変しいるし、行きやすくなったのが何よりだ、1時間もかからないかもしれない。夜は一番下の孫娘を連れて家内と食事会をした。いろいろ聞かせてもらった。

プールは休み。
 
2月23日(木)は曇。仕事が遅くなったのでプールは休んだ。
 
2月22日(水)は曇。500m泳いで、800m水中歩行。
 
2月21日(火)は晴。子全中は後期高齢者保険証交付に市役所へ。午後はプールへ・500m泳いで650m歩いた。
 
2月20日(月)はT-ジョイ久留米2番にて午後1時50分からの「ナイスガイズ!」字幕をみた。コメディタッチのアクションミステリーだが、イマイチ物足りない感じがした。もう一工夫ほしかった。☆☆☆☆・70点



1970年代のロサンゼルスを舞台に、ラッセル・クロウとライアン・ゴズリングが凸凹コンビを演じるコミカルな犯罪アクション。酒浸りの探偵マーチは示談屋のヒーリーに無理矢理相棒にさせられ、娘も交えて行方不明の少女を探すうちに、巨大な陰謀に巻き込まれる。ラッセル・クロウは腕っぷしの強い示談屋に、ライアン・ゴズリングは情けないシングルファーザーの私立探偵に扮する。監督は「リーサル・ウェポン」の脚本を手がけ「キスキス,バンバン」や「アイアンマン3」でメガホンを取ったシェーン・ブラック。劇場公開に先駆け、第9回したまちコメディ映画祭in台東の『映画秘宝』presents映画秘宝まつりにてジャパンプレミア上映された(上映日:2016年9月18日)。

1970年代、ロサンゼルス。13歳の娘ホリーを抱えるシングルファーザーのマーチ(ライアン・ゴズリング)は、酒を飲んでばかりの情けない私立探偵だった。ある日、示談屋のヒーリー(ラッセル・クロウ)に強引に相棒にさせられ、彼と一緒に失踪した少女を探す羽目に。車の運転もこなすホリーを加え少女を捜索するうちに、ある映画に関する連続不審死事件、さらに国家を揺るがすような巨大な陰謀に行き当たり、次々に殺し屋が現れ狙われていく。

 
2月19日(日)曜日は快晴。かねてから計画の耶馬溪町の「一ッ戸城山」364.4mへ行く事にします。午前9時過ぎに出発して大分道にて日田まで・更に国道212にて山の北側の林道入口ゲートに向かう。ここは大神宮の参道もある。ゲートは施錠されていなくて、簡単にあくようになっている。通過した後はしっかり閉じる。しばらく走ると左側に登山口標識がある。この近くの道脇に駐車して、登山開始する。


登山口です。

登山口には登山道道開通記念碑もあります。平成19年11月吉日とあります。この登山道は作業道の様でこの近辺の人工林は枝打ちや間伐が行われています。ジクザクに登れば、作業道終点となります。ここらは急登の道となりますが、ロープがあります。これを登り切れば、稜線です。


ここから急登です。                         


この付近で南コースと合流です。

 ここからは左へ稜線を歩きます。瓦の破片などが集めてありました。岩などにはハシゴもあり登りやすくなっています。最後の本丸へは右を巻いて歩くように成っています。この部分で南側からのコースが合流します。こちらには石段などもあり、本来の登城路のようです。左に本丸址を見上げながら歩くと郭があり左へ石段などもあり本丸址へと登ります。



本丸址には立木などは伐られてね平坦地ですが、周囲の展望は落葉樹を通して望まれるだけです。四等三角点「城山」364.4mがあります。少し休憩をして往路を戻りました。登り1時間・下り45分。



ゲートから出る前に「大神宮」へお参りです。鳥居をくぐって石段をだいぶ登ると神殿です。車道も林道から登って来ています。お参りしてゲートから出て、昼食としました。13時頃。

この後は同じく近くの国道212号そばにある「伊勢山」200mへ行きました。


参道入口・手前は国道212

1ッ戸城山を下山して更に中津方面へ走ります。途中に「伊勢山」等高線200mヶあります。伊勢山大神宮参道入口を見落としてだいぶ進みましたが、戻ってくると参道の真ん前に国道212を挟んで防火用水があり、集会所の様です。ここの広場に駐車しました。多分、今泉の集会所ではないかと思います。表示板はありませんでした。


拝殿


拝殿後方の山頂。

この山は「伊勢山大神宮」として道路地図(県別マップル・山口県道路地図 昭文社)にあったので登ってみたものです。参道は本殿までずっと石段が続いています。途中に関神社が右側にあります。大神宮にお参りしても右の壊れたトイレの横からピークへ登ります。平坦になっていて水槽がありました。等高線200m。写真を撮って下山です。往復30分。

この後は宇佐市院内町日岳にある日の岳神社のムクノキを訪ねました。

日の岳神社のムクノキ

日の岳神社は国道500沿いの日岳にあります。別府方面へ走っていると下り坂の途中です。右側に背の高い木が見えたのですぐにわかりました。右へ少しはいる(下り坂)と集会所があり、その向側が日の岳神社です。境内に駐車出来ます。

←クリックで拡大

背の高いムクノキです。

 
←クリックで拡大

根の部分は露出しています。                                   

←クリックで拡大写真
日の岳神社


「日の岳神社のムクノキ」は背の高いムクノキでした。お参りしてから、写真を撮って、更に国道500を走り、何度も走ったことのある国道387へ入り、玖珠ICから大分道で帰宅しました。

最近はお参り用のお賽銭はたくさん貯まった小銭を持って行っています。神社やお寺にお参りするときにはお願い事などはしないことにしています。なぜなら、お願い事をしてかなったときは御礼参りをするのが当然だ教わっています。また行くかどうかわからない所が多いので、お願い事はしないということです。ただ、お参りするだけです。御礼を言うことはあります。
→クリック・コース概念図 戻る時は戻る←印で戻って下さい。
1ッ戸城山登山口へはゲートから入ります。車は走行できました。
→クリック・コース概念図 戻る時は←印で戻って下さい。
伊勢山は伊勢山大神宮のある山です。参道入口向かい側に集会場があり1〜2台は駐車出来ます。
 
2月18日(土)は晴。午後は講習会だった。続いて懇親会に出席。
 
2月17日(金)は雨。暖かい。窓の水滴はない。

イオンシネマ筑紫野3番にて午後2時10分からの「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」2D吹替をみました。ティ・バートンなので構えてみたのですが、けっこう楽しく見ることが出来るファンタジーでした。☆☆☆☆・78点



ティム・バートンがランサム・リグズの小説『ハヤブサが守る家』を映画化したファンタジー。孤独な少年ジェイクは、謎の死を遂げた祖父の遺言に従って小さな島を訪れる。そこで、森の奥の古い屋敷に暮らすミス・ペレグリンと奇妙な子どもたちに出会うが……。出演は「007/カジノ・ロワイヤル」のエヴァ・グリーン、「ヒューゴの不思議な発明」のエイサ・バターフィールド。

フロリダで生まれ育ったジェイク(エイサ・バターフィールド)は、周囲に馴染めない孤独な少年。そんな彼の唯一の理解者である祖父が、謎めいた死を遂げる。祖父の遺言に従って小さな島を訪れたジェイクは、森の奥で古びた屋敷を発見。そこには、美しくも厳格なミス・ペレグリン(エヴァ・グリーン)と奇妙な子どもたちが暮らしていた。やがて彼らと心を通わせ、その不思議な能力を知るジェイク。しかもなぜか、彼らは毎日、1940年の9月3日を繰り返していたのだ。ジェイクがその事実と理由を知った頃、目に見えない脅威が屋敷に迫っていた。だが、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか。そして、自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙な子どもたちに訪れる大きな変化。そして、自らの身体に宿る力に気付いたジェイクは、屋敷に迫る脅威に立ち向かってゆく……。
 
2月16日(木)晴。昨日打った膝が痛かったのでプールはやめた。明日は行きたいものだ。「八月の六日間」北村薫を読了。
 
2月15日(水)は晴。昼食は絶食。夕方に胃の内視鏡検査。いつも通り。帰宅して作業をしていたら麻酔が十分覚めていなかったようでよろけて 右膝を打ち、左手親指を負傷した。もうしばらく安静にすべきだった。
 
2月14日(火)は晴。500m泳いで550m歩いた。X-TRAIL20GTの給油と洗車。
 
2月13日(月)は晴。T-ジョイ久留米1番にて「相棒−劇場版Wー首都クライシス 人質は50万人!特命係最後の決断」をみた。上映開始時間の割には割と多かった。新しいからかもしれない。映画のスケール感も大きく北九州市街地のロケは効いていた。戦争が絡んだドラマでそんなこともありそうだとも思える。テレビドラマのファンとしては☆☆☆☆・78点




人気TVドラマシリーズの劇場版第4弾。日本政府に人質身代金9億円を要求した謎の国際犯罪組織。50万人以上の見物客が集まる世界スポーツ競技大会の日本選手団凱旋パレードで無差別大量テロが計画される中、特命係の杉下右京と冠城亘は真犯人を追い詰めてゆく。監督は「探偵はBARにいる」の橋本一。水谷豊、反町隆史、及川光博、石坂浩二、仲間由紀恵、六角精児、川原和久といったTVでおなじみの出演陣が総集結。そのほか、謎の“黒衣の男”を「猫侍」の北村一輝。誘拐された少女を「くちびるに歌を」の山口まゆ、国連犯罪情報事務局元理事のマーク・リュウを「想いのこし」の鹿賀丈史が演じる。

7年前、イギリスで起きた日本領事館関係者集団毒殺事件。当時、その唯一の生き残りだった少女が国際犯罪組織によって誘拐されたが、駐英大使と日本政府は高度な政治的判断によって、その誘拐事件を闇に葬っていた……。それから7年。国際犯罪組織バーズのリーダー=レイブンを長年追ってきた国連犯罪情報事務局元理事のマーク・リュウ(鹿賀丈史)が、日本にレイブンが潜伏しているという情報を得て香港から来日。警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、社美彌子(仲間由紀恵)からの指示で、案内役としてリュウに同行する。その矢先、リュウの部下が「天谷克則という男を調べてくれ」というメッセージを残し、首に黒い羽のタトゥーを入れた“黒衣の男”(北村一輝)に殺害される。外務省のホームページをハッキングした犯行グループは、7年前に誘拐した少女・鷺沢瑛里佳(山口まゆ)の現在の姿を動画で公開。「7年前、日本政府は我々の要求を無視した。今回拒否すれば、大勢の人々が見守る中で日本人の誇りが砕け散るだろう」というメッセージと共に約9億円の身代金を要求する。誘拐事件の全貌が明らかになり、騒然とするマスコミ。特命係の二人は捜査一課の面々、元鑑識の米沢守(六角精児)、警察庁の神戸尊(及川光博)らを巻き込みながら、事件解決へと独自に動き出す。そんななか、東京では世界の要人を招いて国際平和会議が開かれようとしていた。国際社会に向けて“テロに屈しない国家”であることを示さなければいけない日本政府。今回の要求も無視されることになれば、国から二度棄てられることになる少女。様々な思惑が交錯しながら、杉下右京は犯人グループの真の標的に近づきつつあった。しかし、異物混入事件の物証から、犯行グループが50万人分の致死量の毒物を所有していることが判明。あの犯行声明は、東京・銀座に50万人以上の見物客が集まる世界スポーツ競技大会の日本選手団凱旋パレードへの無差別大量テロであった。日本中が歓喜に包まれる凱旋パレードの真っ只中、遂に杉下右京は真犯人を追い詰める。だがその先には誰も想像してなかった真相と未来が待ち受けていた……。

AQUAに乗っていったので灯油2缶を購入して帰宅。
 
2月12日(日)は雪。途中積雪があり、雪道走行練習になりました。遅くから久住町方面へ巨樹探訪。まず、久住町仏原の宮処野神社のスギ・トチノキ、次いで久住町下田北の八社神社のヒノキ、竹田市米納の城原神社のイチョウ・ケヤキ・スギを見て帰宅しました。雪はすっかり溶けていました。
 
2月11日(建国記念の日)は雪。九重町方面へ巨樹探訪とGPSセットのため。。
 
2月10日((金))は雪。けっこう冷えていた。積雪もある。午後はイオンシネマ筑紫野2番にて午後2時からの「キセキ-あの日のソビト−」を見た。GreeeeNのお話だ。歯学部の学生で今は歯科医師になっているそうだが、頑張ったものだ。大抵は歌の方に進んでいるものが多いようだ。映画では神奈川歯科大学がモデルに登場していたが、実際には奥羽大学歯学部のようだ。郡山の歯科大学となっているので。CDも注文してみた。☆☆☆☆・76点



松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で、“GReeeeN”の名曲『キセキ』誕生の裏に秘められた実話を映画化。父の反対を押し切って家を飛び出したミュージシャンのジンは、歯科医を目指す弟ヒデたちの才能を見抜き、自分の夢を託すことを決意するが……。メガホンを取ったのは、「腐女子彼女。」の兼重淳。「女が眠る時」の怱那汐里、「青空エール」の平祐奈、「映画 深夜食堂」の小林薫が共演。

厳しい父の反対を押し切って家を飛び出したミュージシャンの兄ジン(松坂桃李)。父の想いを受けて歯医者を目指す弟ヒデ(菅田将暉)も、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。やがて、音楽に挫折していたジンは、弟たちの才能を知り、彼らに自分の夢を託すことを決意する。歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父には絶対に言えない……。そこで彼らが取ったありえない作戦。それは、前代未聞の顔出しなしのCDデビューだった……。
 
2月9日(木)は曇。800m泳いで、550m歩いた。夜は保健所の研修会 。7時〜9時。
 
2月8日(水)は晴。絶食して血液検査の予定。午前中に行くことが出来た。

イオンシネマ筑紫野3番にて午後3時15分からの「この世界の片隅に」を見た。公開からだいぶ経ちましたが、ようやく近くのスクリーンで見ることが出来た。キネ旬第1位の作品で見ることが出来てよかった。原作を読んだ時とよく似た感想を持ちました。戦前戦中戦後のすずの生活を淡々と描いているように見えた。すずの声ののんも以外とよかった。うまくなっているようだ。☆☆☆☆★84点




第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名漫画を原作にしたアニメーション。昭和19年、18歳のすずは軍港のある広島・呉に嫁入りした。戦況が悪化し大切なものが奪われていくが、彼女は前を向き日々の暮らしを愛おしみながら生きていく。「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が、太平洋戦争中〜戦後の広島を舞台に、すずの日常を鮮やかに描き出す。すずの声は「ホットロード」の女優のんが担当。クラウドファンディングサイトで資金調達を行い、3千人を超えるサポーターからの記録的な支援が集まった。2016年第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第一位、日本映画監督賞受賞。

昭和19年、18歳の少女・すず(声:のん)は生まれ故郷の広島市江波を離れ、日本一の軍港のある街・呉に嫁いできた。戦争が進み様々な物が不足していく中、すずは工夫をこらして食事を作っていく。やがて日本海軍の根拠地であるため呉は何度も空襲に遭い、いつも庭先から眺めていた軍艦が燃え、街は破壊され灰燼に帰していく。すずが大切に思っていた身近なものたちが奪われていくが、日々の営みは続く。そして昭和20年の夏を迎え……。
 
2月7日(火)は曇。500m泳いで、500m水中歩行。妙ちゃんが久しぶりにきていた。X-TRAIL20GTの点検に出す予約をしている。午後4時。少し速いがついでにオイルも交換。5000円、新型ノートに試乗してみた。電気自動車だ。よさそうだった。
 
2月6日(月)は曇。夜は臨時総会と例会。午後11時過ぎに寝た。
 
2月5日(日)は雨。九重町の巨樹探訪に出かけた。まず、松木川下の「川下の乳イチョウ」、これは場所がわからず結局コピーして行ったものを 見せて教えてもらった。地図マップファンが無効になっていて、書いてある事のみが頼りだったが、表現がイマイチだったと思う。野上の「鶴神社のケヤキ」、車で行こうと思ったがカーブが曲がりきれず、結局歩いた。Pあり。後野上の「白髪神社のスギ」これはカーナビで走ったらあったが駐車地がないので道脇に駐車した。「吉野神社のスギ・ケヤキ」、これは車道はすぐ近くまであるが駐車地に難あり。離れたところから歩いた。軽ならよかったかもしれない。田野の「白鳥神社のスギ」、駐車場あり。雨がだいぶ降っていた。菅原の「菅原の大カヤ」菅原神社の近くだが案内標識を読み間違えた。結局参考の写真を見て菅原天神参道入口から遊歩道がある。・「子安観音のスギ」は町道を万年山方面へ走ると左に見えている。、町田の「小倉神社のスギ・大ケヤキ」、Pあり、子安観音へ行く途中見つけた「相挾間のボダイジュ」等を訪問しました。
 
2月4日(土)は曇。明日は雨模様の様だ。
 
2月3日(金)は晴。ダイニングキッチンのエアコンの取付。昼過ぎに完了。取付位置を大幅に変えたが、思ったより効く様だ。500m泳いで500m水中歩き。×さんは腰が痛いと言っている。
 
2月2日(木)は晴。家内はお出かけの様だ。
500m泳いで300m水中歩行。X-TRAIL20GTへ給油、灯油3缶購入、ナカムラへ支払い。
 
2月1日(水)は晴。体調の都合でプールには行かず。プログラムバイクP7を30分。ボイラーの灯油補給。田中設備へ電話。部品はきているという事だ。

スティーブ・マクイーンのでビュウ作を見た。

〔ホーム〕〔上〕
 
日記
 
2017年1月
 
 
 
 
1月31日(火)は晴。イオンシネマ筑紫野7番にて「ドクター・ストレンジ」3D4DX吹替版にて見た4DXは2度目だったが、けっこう楽しめた。2400円メガネ付き。マーベルコミックヒーローのようだ。続きも制作される様だ。☆☆☆☆・78点



マーベルのヒーローの中でも異色の魔術師をベネディクト・カンバーバッチが演じたアクション。天才外科医ストレンジは怪我した両手の機能回復のため、どんな傷も治す不思議な力を操る指導者の元で修業を積む。そんな彼に、強大な敵との戦いが待ち受けていた。「エミリー・ローズ」や「地球が静止する日」を手がけてきたスコット・デリクソン監督が、時空を操る魔術師たちの戦いを描いていく。共演は「それでも夜は明ける」のキウェテル・イジョフォー、「スポットライト 世紀のスクープ」のレイチェル・マクアダムス、「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」のティルダ・スウィントンほか。

天才脳外科医のスティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は容姿も知能も秀でており、プライドの高さから傲慢になっていた。しかしある日交通事故に遭い、両手の機能を失ってしまう。突如外科医としてのキャリアを絶たれた彼は、あらゆる治療を試すうちに財産を使い果たした。完治の手立てが見つからぬまま富も名声もなくしたストレンジは、最後の望みをかけ、どんな傷も治せる神秘の力を操るという指導者エンシェント・ワンを頼る。不思議な力を目の当たりにし、栄光を取り戻すため、その日から想像を絶する厳しい修業に取りかかるストレンジ。悪用すれば人類の脅威となりえるその魔術が、彼の運命を大きく変えていく。

TSUTAYAでブラタモリ3・葉室麟の「あおなり道場始末」・湊かなえの「山猫珈琲」を購入した。

帰宅してプログラムバイクP7を30分間。
 
1月30日(月)は曇。朝は暗いくて暖かい。

T-ジョイ久留米6番にて午後2時20分からの「マグニフィセント・セブン」字幕版を見た。「荒野の七人」「七人の侍」をもとにしたお話だ。西部劇は久しぶりだ。七人の侍のおもしろさには足りないのは当然だが、設定も違って「荒野の七人」に比しても少し劣るような感じだ。今風な支点から描かれているからかもしれない。というのもリーリーダーに的と対決する個人的な恨みがある設定になっていたからかもしれない。ラスト付近のアクションとエンドロールはじめのエルマー・バースティンのテーマが流れてやはりこれだと思いました。見たくなった。 ☆☆☆☆★80点としておきます。



サウスポー」のアントワーン・フークア監督が、「七人の侍」及び「荒野の七人」を基に現代的視点で描いた西部劇。悪党に町を脅かされ、未亡人のエマは賞金稼ぎのサムらアウトロー7人を雇う。町を守るために立ち上がった彼らの、壮絶な戦いが始まる。賞金稼ぎのサムを演じる「トレーニング デイ」でアカデミー賞を獲得したデンゼル・ワシントンや、ギャンブラーのジョシュ役の「ジュラシック・ワールド」クリス・プラットをはじめ、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンら豪華な顔ぶれが揃う。

ローズ・クリークの町の人々は悪党バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サーズガード)の脅威にさらされ、絶望的な日々を送っていた。そんな中、未亡人のエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、さらに彼が選んだギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)やスナイパーといった7人のアウトローを雇う。金で雇われた彼らだが、町を守るため壮絶な戦いに挑むうちに、目的が金だけではなくなっていく。
 
1月29日(日)は雲時々雨のち晴れ間もあり。中津市の巨樹探訪に行った。雨がなければ1ッ戸城址ゑ登る予定だったが、登山口のみ確認。それなりの巨樹を見て回った。まず、山国町守実の三所神社のカヤ・これは国道212号線から見えている。参道入口にある。三所権現まで行ってお参りをした。他にも大きな木があるようだが、急斜面なので中止。境内にはイチョウの大木はあった。帰るときにカヤノキは境内にはなかったので入り口にあったものがカヤノキと気が付いた。次に雨がなければ登ろうと思っていた1ッ戸城址の登山口を確認した。山の南には道脇にある。北側にも案内標識がある。林道には外周除けが付けられているので扉を開けるのが面倒なので林道は走ってみなかった。この入口の所に半分だけ残ったムクノキがあったので写真を撮った。次いで山国町吉野の若八幡のスギ・これは国道496の脇にある。参道の途中なのでここから参道を歩いて若神社にお参りをした。このころ雨だった。耶馬溪町宮園の橋本天満宮のタブノキ・これは場所が細かくはわからないので近くに駐車し歩いて探した。旧耶馬溪鉄道の下郷駅跡の浦に大きな木が見えるのでいってみると隣に橋本公民館があり隣に橋本天満宮があった。境内に大きなタブノキがある。ついで耶馬溪町大野の浦山のムクノキ・これは県道2の津民小から少し走った所の道脇にある。さらに耶馬溪町中畑の桧原山の千本カツラ・これは駐車場から表示にしたがって700m歩くと山中にある。ここから耶馬溪町跡田の羅漢寺のスギ・羅漢寺の山門を入るとすぐにある千年スギと呼ばれているようだ。歩いて本堂まで行きお参りしました。境内は写真は禁止となっています。ここからリフトで展望所まで上がり、作業中の人からいろいろ話を聞きました。この頃は雨も上がり展望台から周辺の景色が楽しめました。ここからリフトで下山して帰宅しました。大分道では雨でした。スピードダウンで走りました。
 
1月28日(土)は晴。500m泳いで750m水中歩き。DVDにて塚本晋也の「野火」を再度見た。役者としてもやはりいける様です。この作品は戦争の悲惨さを伝える作品のの1つでしょう。☆☆☆☆・79点



大岡昇平の同名戦争文学を「六月の蛇」の塚本晋也が監督兼主演で映画化。第二次世界大戦末期のフィリピンを舞台に、肺病を病んで部隊を追い出され一人彷徨う兵士の姿を描く。共演は「そして父になる」のリリー・フランキー、「蘇りの血」の中村達也、オーディションで選ばれた新人・森優作、「ギリギリの女たち」の中村優子、「童貞放浪記」の山本浩司。

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。だが負傷兵だらけで食料も困窮、少ない食料しか持ち合わせていない田村は早々に追い出され、再び戻った部隊からも入隊を拒否される。行き場を失い、果てしない原野を一人彷徨う田村。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら彼が目撃したものは、想像を絶する地獄絵図であった……。
 
1月27日(金)は晴。イオンシネマ筑紫野4番にて、午後3時20分からの「沈黙−サイレンス−」字幕版を見た。原作は完全には読み切ってい内が、作品内容の理解の助けにはなった。これを見て禁教令について考え、信仰についていろんな思いが沸いてきた。よい作品だった。☆☆☆☆★80点



信仰を追究した遠藤周作の代表作を、マーティン・スコセッシ監督が構想28年を経て映画化。師がキリシタン弾圧に屈したとの報を受けた司祭ロドリゴは長崎に潜入。幕府の厳しい取締りや裏切りに直面し囚われの身となり、信仰か信者たちの命か選択を迫られる。司祭ロドリゴ役の「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールド、棄教した宣教師フェレイラ役の「96時間」のリーアム・ニーソンに加え、窪塚洋介や浅野忠信らが参加。

17世紀。江戸初期頃の日本では、幕府により厳しいキリシタン弾圧が行われていた。日本での布教活動に情熱を注いでいた高名な宣教師フェレイラが捕らえられ棄教したとの報に接した弟子ロドリゴとガルペは、日本人キチジローの手引きでマカオ経由で長崎に潜入。そこでは、想像を絶する光景が広がっていた。弾圧の目をかいくぐった隠れキリシタンたちの現状も目の当たりにする。幕府は一層取締りを強化、キチジローの裏切りに遭い、ロドリゴたちも捕らえられてしまう。頑なに信心を曲げないロドリゴに対し、長崎奉行は彼のために犠牲になる人々を突き付ける。信仰を貫くべきか、棄教し目の前の人々の命を守るべきか。追い詰められ自身の弱さを実感したロドリゴは、選択を迫られる。

TSUTAYAにてCQハムラジオ2月号・ブラタモリ4・芥川賞受賞「しんせかい」山下澄人・直木賞受賞作品「蜜蜂と遠雷」恩田陸・デシタルカメラの新基本100を購入。7881円なり。
 
1月26日(木)は晴。午後プールに行こうと思う。500m泳いで、600m水中歩き。けっこうよく眠ることが出来たような気がする。トイレの感覚が長かったと言うこと。人感センサー付きヒーターが届いた。A

 
1月25日(水)は晴。冷えた。映画に行く予定。

オンシネマ筑紫野3番にて「ザ・コンサルタント」字幕を見ました。サスペンス・アクションですがはじめは難のために多高っいるのかわからなかったし巨悪とも思えなかった。ある障害のある主人公の超戦闘能力や高い数学力。けっこう楽しめます。☆☆☆☆・77点



ベン・アフレック主演によるサスペンス・アクション。会計士クリスチャン・ウルフはある企業の財務を調査中、重大な不正を発見。だが一方的に依頼は打ち切られ、その日から何者かに命を狙われ始める。実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る掃除屋だった。共演は「ピッチ・パーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「セッション」のJ.K.シモンズ、「ボーダーライン」のジョン・バーンサル、「人生は小説よりも奇なり」のジョン・リスゴー。監督は「ウォーリアー」「ジェーン」のギャビン・オコナー。

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)に舞い込んだ大企業からの財務調査依頼。彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られてしまう。その日から、何者かに命を狙われるウルフ。実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあった。年収1000万ドル、天才的頭脳を持ち、最強のファイターで命中率100%のスナイパー。本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計コンサルタントは、アメリカ政府やマフィア、一流企業に追われながら危険な仕事に身を投じていく……。


帰宅してエアロバイクP7+で30分。
 
1月24日(火)は晴。冷えている。500m泳いで700mの水中歩行。午後6時から12回生会・アベニューの大番。午後7時から河原会長の会長会・わし家
 
1月23日(月)は雪。右の腰より上が動かすと痛い。急遽孫と話があったのでエアロバイクは出来なかった。一応理解だが?「ハルカの空 南アルプス山岳救助隊K−9」古書Aが届いた。これも樋口明雄作。
 
1月22日(日)は曇り時々雨。録画したドラマを見て、「約束の地」を読了した長編で時間がかかった。山と動物と人間のお話にミステリーを加えた作品だった。☆☆☆☆★ 80点というとこだ。



結局プログラムバイクもしなかった。
 
1月21日(土)は曇のち晴。少しは眠れたようだ。五十嵐さんの祝賀会。0時45分の高速バスで行った。無事に終了して福山さんが自宅まで送ってくれた。ありがとう。
 
1月20日(金)は雨。やはりトイレが近かった。睡眠がよく取れない。エアコンの業者が来たので、プールには行かず。ダイキンの壁取付を購入予定。3相200V・4KW。プログラムバイクP7を30分。
 
1月19日(木)は曇。夜中に眠剤を服用。500m泳いで600m水中歩行。更衣室で近藤さんとあった。「火竜の山 南アルプス山岳救助隊K−9」を読了。なかなかのサスペンスもあり面白かった。太陽熱温水器は熱交換器の交換をするようだ。遠藤周作の「沈黙」新潮文庫が届いた。
 
1月18日(水)は曇。映画に行こう。イオンシネマ筑紫野1番にて「本能寺ホテル」を見た。SFファンタジー?だが少しひねってあってご都合もあるが面白い。綾瀬はるかのファンでもあるので☆☆☆☆・75点としておきます。信長の解釈も最近の私の解釈と同じような物だ。



プリンセス トヨトミ」の監督・鈴木雅之と主演・綾瀬はるか&堤真一が再タッグを組んだ歴史ミステリー。1582年、天下統一を目前に控える織田信長は少数の家臣とともに京都・本能寺に滞在していた。そんななか、400年後の未来から来たという女・繭子が現れる。共演は「ヒメアノ〜ル」の濱田岳、「S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」の平山浩行、「超高速!参勤交代 リターンズ」の田口浩正、「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の高嶋政宏、「龍三と七人の子分たち」の近藤正臣、「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」の風間杜夫。脚本を「プリンセス トヨトミ」の相沢友子、音楽を「永遠

何の疑いもなく流れに任せながら日々を過ごしてきた倉本繭子(綾瀬はるか)。勤めていた会社が倒産し、あての無い生活を送っていたところ、付き合って2年の彼氏・吉岡恭一(平山浩行)からプロポーズをされる。周囲からも薦められ、流されるままに婚約した繭子は、恭一の両親の金婚式の祝賀パーティに出席するため京都を訪れる。しかし、予約していたはずのホテルは繭子の手違いで泊まることが出来ず、途方に暮れた繭子がたどり着いたのは、路地裏にひっそりと佇む“本能寺ホテル”だった。「ようこそ、本能寺ホテルへ」と出迎えた支配人(風間杜夫)に導かれるように、繭子は不思議な世界へと迷い込む……。時は1582年。武将と家臣団たちが逗留のため京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げるその女の正体は“本能寺ホテル”にチェックインしたばかりの繭子であった。そして、突如彼女の前に現れたのは天下統一を目前とした名将・織田信長(堤真一)。繭子は自身も訳のわからぬまま“本能寺ホテル”と1582年の本能寺を行き来しながら、信長と信長に仕える小姓・森蘭丸(濱田岳)との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が本能寺の変が起きる前日である事に気付く……。

TSUTAYAで「嫌われる勇気」を購入した。1500円+税

 
1月17日(火)は晴。プールに行こう。500m泳いで600m歩いた。
 
1月16日(月)は晴。プログラムバイクを30分間使用。
 
1月15日(日)は曇。寒い。九酔溪経由で牧ノ戸峠へ行った。雪は少なかったが、初めての雪道走行は快適でした。山歩きはしなかった。
 
1月14日(土)は曇。エアコンの件で量販店に行ったが、イマイチ売る姿勢がこちらの希望とは合わなかったので、別に探すことにした。太陽熱温水器の件は水曜日辺りに何らかの返事があるだろう。プールに行った。500m泳いで500m泳いだ。

レンタルのBDで「フェイスオフ」を見て見た。ストーリーは忘れていたので、楽しめた。これはやはり傑作だ。アクションが左図かジョン・ウー監督作品と思わせる。☆☆☆☆・79点



凶悪犯とFBI捜査官がお互いの顔を入れ替えて戦うという、異色の設定のアクション大作。監督は「男たちの挽歌」などで香港ノワールの一時代を築き、ハリウッドに渡ったジョン・ウー。「ブロークン・アロー」に続く本作は、荒唐無稽なアイディアを、ド派手な銃撃戦と抒情溢れる描写で見せ、「ヴァイオレンスの詩人」の異名をとる、彼の集大成とも言える仕上り。製作はデイヴィッド・パーマット、バリー・オズボーン、テレンス・チャン、クリストファー・ゴッドシック。製作総指揮は「ゴースト&ダークネス」の俳優マイケル・ダグラスと彼と共にダグラス-ルーサー・プロを設立したスティーヴン・ルーサー、「マイケル」のジョナサン・D・クレーンの共同。脚本は『ダークマン3』(V)のマイケル・コラーリーと「マスク」のマイク・ワーブ(共に共同製作も)。撮影は「ダイ・ハード2」「トゥー・デイズ」のオリヴァー・ウッド。音楽はTVシリーズなどの作曲で活躍するジョン・パウエルで、『オズの魔法使』が銃撃シーンで効果的に使用される。美術は「ヒート」のニール・スピザック。編集は「ザ・ファン」のクリスチャン・ワグナー。衣裳は「ゴースト・アンド・ダークネス」のエレン・ミロジニック。特殊メイクはケヴィン・イェイガー。内面的なひとり二役という難しい役柄に挑戦した主演のふたりには、「ブロークン・アロー」に続いてウーと組んだ「マイケル」のジョン・トラヴォルタと、「コン・エアー」のニコラス・ケイジ。共演は「クルーシブル」のジョアン・アレン、「バウンド」のジーナ・ガーション、舞台・TVで活躍するアレッサンドロ・ニボーロ、「ミセス・パーカー ジャズ・エイジの華」(出演)「ミルドレッド」(監督のみ)のニック・カサヴェテスほか。

FBI捜査官ショーン・アーチャー(ジョン・トラヴォルタ)は、凶悪なテロリスト、キャスター・トロイ(ニコラス・ケイジ)に、6年前、幼い息子マイケルを殺された。幾多の犠牲を払い、空港での大捕物の末、キャスターを逮捕したアーチャー。だが、キャスターは逮捕直前に、ロサンゼルスを壊滅させるほどの威力を持つ時限式細菌兵器爆弾を仕掛けていた。植物人間になったキャスターはもとより、彼の弟のポラックス(アレッサンドロ・ニボーロ)も兄以外の人間は信用せず、爆弾のありかを聞き出すことは出来ない。焦るショーンに極秘指令が下る。キャスターの顔の皮膚を移植して彼に成りすましポラックスに接近せよというのだ。ショーンは悩んだ末、家族にも明かすことのできないこの任務につくことを決意した。ウォルシュ博士(コーム・フィオレ)による手術を受け、刑務所に送り込まれたショーンは、何とかポラックスから爆弾の設置場所を聞き出すことに成功。ところが。キャスターが奇跡的に意識を回復。彼は手下を使ってウォルシュに残っていたショーンの顔を自分に移植させ、ウォルシュやショーンの上司のティト(ロバート・ウィズダム)はじめ、秘密を知る者を皆殺しにしてショーンに成りすました。彼はポラックスを釈放して自ら爆弾を解除、一躍ヒーローに。そんな夫の変化にとまどいながらもショーンの妻・イヴ(ジョアン・アレン)は彼を受け入れる。父親の豹変ぶりに反抗期の娘ジェイミー(ドミニク・スウェイン)は目を丸くした。一方事態を知り、哀しみと怒りで気も狂わんばかりのショーンは刑務所を脱獄、キャスターの恋人サシャ(ジーナ・ガーション)に接近。キャスターの姿のショーンに、幼い息子アダムを「あなたの子よ」と会わせるサシャ。そこをキャスター率いるかつての部下たちが急襲。激しい銃撃戦。サシャの兄ディートリヒ(ニック・カサヴェテス)はキャスターの銃弾に倒れ、ショーンはサシャとアダムを逃がす。お互いの顔をまとったふたりは鏡をはさんでついに対面。銃を構えて対峙するふたり。ショーンはキャスターの愛する弟ポラックスを殺した。キャスターはショーンを完全に抹殺することを決意。ショーンはかつてのわが家へ逃げ込んだ。怯えるイヴにふたりだけが知る想い出を語り、女医である彼女に血液型を鑑定させて自分こそが本物の夫なのだと納得させた。海辺の教会。ふたりの最後の戦いが始まった。戦いの中、サシャはアダムをショーンに託して死ぬ。モーターボートの大追跡に続く肉弾戦。死闘の末、ショーンはキャスターを倒した。かくして手術を受けて自分の顔を取り戻したショーンは、キャスターの遺児アダムを連れて、愛する妻子の待つわが家へと帰った。
 
1月13日(金)は曇。夜は院内の新年会となっている。午前に太陽熱温水器がこの前H25年頃の故障と同じ現象を起こした。まだ数年しか経過していない。昨年暮れに修理代を払ったばかりだったのにと言うところ。取付店に対処をお願いすることになると思う。数10万円は交換完動までにかかっている。



馳星周の「神奈備」を読んだ。御嶽を舞台にしたお話だった。77点。
 
1月12日(木)は曇。プールに行こう。仕事終わりが午後1時頃になった。500m泳いで200m水中歩きしてから帰宅。K君が元気になればいいが・・・。H君も大学は頑張ってほしい。夜にダイニングキッチンのエアコンナショナルCS-G40EFが動作しなくなった。壊れたようだ。取り替え?
 
1月11日(水)は曇後晴。定期検診に行ったが財布の中に預かり証を見つけた。帰りにナフコに行って高圧洗浄機ホースをもらいに行った。ついでに4号皿十枚。113円だった。エアロバイクはしなかった。プールにも行っていない。X-TRAIL20GTの洗車をした。
 
1月10日(火)は曇。午後プールへ行った。多かったが、500m泳いで600m歩いた。1ヶ月の会員券を購入。
 
1月9日(成人の日)は曇。巨樹訪問。自宅を午前10時40分頃に出発。まず、玖珠町戸畑小麦河野の「小麦河野のムクノキ」これは県道54の西側にある道路の広くなったところにフォトスポットの標識がありここからよく見えています。

次いで、県道43近くの玖珠町太田平井の平井神社近くにある「平井天神の大イチヨウ」に行きました。これは神社の位置を町の人に聞きました。道路からは見えません。まず平井神社にお参りします。車の道もありそうです。階段は結構長い。境内にはなく、右へ踏跡をたどれば板囲いの中にあります。入口を探し門のヒモをほどき中に入りました。少し高くなったところに大きなイチョウの木がある。

次いで、玖珠町古後下河内の下河内大神宮にある「下河内
のイチョウ」。これも金吉川の大砲橋付近からよく見えています。民家の前を通るのが早いですが、河野堤防を行くのが参道の様です。

途中、耶馬溪町に入り伊福で「後藤又兵衛の墓」によってみました。伝説上の墓でしょう。

更に県道702を走り、国道212に出ます。南下して、右側にある。中津市耶馬溪町宮園の雲八幡宮にある「雲八幡宮のイチョウ」に行きました。初詣の人もいない神社でしたが、ここにはスギノ大木が二本ありました。「千年スギ」と呼ばれているようです。

ここから、更に耶馬溪町樋山路にある大師堂に行きます。「大師堂のイチョウ」があります。樋山路を登山口と反対方向へ行くと左にあります。近くの空き地に駐車して、写真などを撮りました。

更にこの近くの耶馬溪町中摩庄屋村にある諏訪神社に行きます。山国川の近くの空き地に駐車して、歩きました。時には歩こうと思ったのです。標識がありました。だいぶ離れたところに駐車していたようです。鳥居が見えてきました。入口の所には集会所があり駐車スペースもありました。ここから参道の階段を登ります。入口には害獣除けの金網があります。外して登りました。車道もあります。だいぶ高所に神殿はあります。スギやイチョウの大木があります。お参りして、神殿の後方の高所に大スギがあります。「諏訪神社の大スギ」です。後方には堰堤がいくつか見えています。写真を撮って戻りました。戻りはサイクリングロードを歩きました。

ここから帰宅です。今年の初詣です。5社参りをしたことになりました。
 
1月8日(日)は雨。テレビでドラマや映画を見て過ごし、夕方は北野の墓を参りに行った。プログラムバイクP7を20分。
 
1月7日(土)は晴のち曇。午後6時から新年会。
 
1月6日(金)は晴。映画から戻ってプログラムバイクP7を30分。

イオンシネマ筑紫野2番にて午後1時45分からの「バイオハザードYザ・ファイナル」2D吹替版を見た。はじめは見たことがあったが、途中は見ていない。ラストなので見たもの。いろいろネタバレがあって、けっこう楽しめた。SF&ホラー&アクションが混ざった作品だ。これで本当に終わったのか?☆☆☆☆・70点



ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる主人公アリスが、ウィルス感染で蘇った死者“アンデッド”と戦いを繰り広げるアクション第6弾にして完結編。アンデッドが地上を埋め尽くす中、人類を滅亡から救うため、アリスは始まりの地ラクーンシティに足を踏み入れる……。モデル、タレントとして活躍するローラが、女戦士コバルト役でハリウッド

“48時間で人類は滅びる”。アンブレラ社が開発した人工知能“レッドクイーン”は、アリスにそう告げる。その目の前で、絶望的な数のアンデッドが地上を埋め尽くしていく。人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。すべての始まりの地ラクーンシティに再び足を踏み入れるアリス。世界をアンデッド化してきた宿敵アンブレラ社との壮絶なラストバトル。人類の命運はアリスに託された。そして、ついに明かされるアリスの秘密とは……?
 
1月5日(木)は曇。B&Gへ行ってみよう。今日からだ。と思ったが、今週は休むことにする。昨年は5日の初日に行って1000m泳いでいるようだ。本日はエアロバイクP7を30分。登山にはこちらの方が効果があるとおもう。
 
1月4日(木)は仕事始め。穏やかにお天気のようだ。プログラムバイクP7を20分。そろそろ30分くらいはと思う。明日はプールかもしれない。
 
1月3日(水)は晴。霧が出て真っ白。せっかく出かけようと思っていたのに水を差された感じだ。午前11時30分を過ぎると晴れてきた。0時過ぎから出かけた。海彦山彦さんのブログにある朝倉市安川の山田。まず「稚児忘」「稚児忘南峰」「五位山北峰」「五位山」と巡り稚児忘南峰と五位山北峰の間の古い作業道を下ったが下方部の堰堤作業道以外は下草の灌木が多く歩きにくい。途中に倒木がうか、そして新植地の害獣防止網の設置がった。しかし、何とか林道へ16時50分に到着駐車地には16時55分に着いた。まだ明るかった。歩けてよかったという所です。まだ、20年間の何とか遺産が残っているようです。途中2回ほど道を間違えたがすぐに気が付いてあまり労力時間もも無駄にはしなかったと思う。海彦山彦さんには何度が電話をしてアドバイスをらった。ありがとうございました。

稚児忘390m・稚児忘南峰363.6m・五位山北峰275m・五位山270m【福岡県朝倉市安川の山】 
【日時】   2017年1月3日(火)
【天候】   晴
【メンバー】 単独
【アプローチ】自宅(朝倉市)−県道509−国道386−国道322−県道594−林道駐車地
【山名】   稚児忘390m・稚児忘南峰363.6m・五位山北峰275m・五位山270m【福岡県朝倉市安川長谷山と甘水境界の山】 
【コース】  駐車地鉄塔路入口(12:35)→14号鉄塔(12:55)→15号鉄塔(13:20)→稚児忘(13:35)→稚児忘南峰(13:50)→五位山北峰(15:15)→五位山(15:30)→杣道分岐(16:00)→林道(16:50)→駐車地(17:00)
【参考資料】 1/25000の地形図、海彦山彦さんのブログ、道路地図(県別マップル・福岡県道路地図 昭文社)


朝は濃い霧でした。


昼頃には 晴れました。


2017年1月3日(火)はお天気がよさそうなので新年登山として、ニューピークを目指そうと計画していた。ところが午前中は濃霧でした。霧がお昼頃は晴れたので出かけることにした。

 途中コンビニに寄り、一応間食を用意しました。国土386から国道322を経由してハセヤマの信号から左折して県道594を走り甘水地区から林道へ入ります。集落を抜け谷沿いの道を登ります。鉄塔巡視路入口のすぐ上に分岐があり、使われていないようなので、ここに駐車しました。


鉄塔巡視路入り口が登山口です。


途中に14号鉄塔を見ます。


作業道の終点です。ここから尾根を目指します。


尾根には15号鉄塔があります。

 鉄塔巡視路から登ります。プラスティックの階段が続いています。しばらくすると階段は途切れますが、歩きやすい道です。しばらくすると左に14号鉄塔を見ます。更に登れば作業道ですが、新植地で害獣除け網があります。扉があるので入り右に歩くとすぐに更に網と出会います。ここにも扉がありでます。漉く先は分岐ですが、右へ歩きます。正面の稜線に鉄塔が見えています。作業道氏融点からテープのある所からやまに取付ます。踏跡はあります。ただし、倒木や放置間伐材が結構あります。鹿の糞も結構あります。ジクザグに登れば、15号鉄塔です。少し展望があります。


「稚児忘」の山頂です。展望はありません。

ここから稜線を左に歩きます。アカマツが多く落ち葉がつもっています。軽くアップダウンを繰り返すと「稚児忘」山頂です。展望はありません。稜線は更に続いています。ここから往路を鉄塔まで戻ります。


「稚児忘」から戻って尾根を歩くと、「稚児忘南峰」山頂です。

15号鉄塔から更にカヤトの原を進みます。古処山の展望が良い場所がありました。更に人工林の中を進みます。踏跡ははっきりしています。左に作業道が見えています。そして、四等三角点のある「稚児忘南峰」山頂です。展望はありません。


ここが標高点のある「五位山北峰」山頂です。

 ここから南の方を見ると少し西寄りの方に尾根が見えます。これを下りましたが、途中でGPSを見て見るとコースがひどく西に寄っている。これは違うようだととものピークに戻り地形図などで方向を定めてよく見ると南にも尾根があるのがみえた。こちらへ下るとまもなく踏跡のはっきりした杣道へ出ました。これを下りました。小ピーク到着です。ここでまた方向を少し違えました。海彦山彦さんに形態で様子を聞いたりして結局小ピークに戻り再度地形図などでケンしたる少し西寄りに尾根がある様なのでこちらに下ると背の低い灌木はあるものの杣道の様だった。これを下るとはっきりした踏跡と名り尾根が狭くなり、西側に杣道が分岐しているようだ。更にここから進むと荷ヒモが行くも巻かれていた。これをたどって歩けば275m標高点のある「五位山北峰」山頂です。


「五位山」山頂です。

 ここから南を見ると急坂で下っています。これを下りアップダウンを繰り返すと「五位山」に到着します。少し休んで下山です。海彦山彦さんはこのまま南へ尾根を下り長谷山地区へ下っていますが、時間がかかるので、先ほどの西へ分岐している杣道を利用することにします。


杣道の入口です。作業道だった様です。

 杣道のある鞍部まで戻ります。ここから左へ下りますが、早々灌木があります。獣道はある様なのでそんなところを選んで歩きました。崩落している所もあります。倒木はよけながら下ると少し広いとこに出ました。作業道の跡のようです。灌木は相変わらすあり歩きやすいことはない。更に倒木が完全にふさいでいるところもあります。ここは仕方なく一旦谷へ迂回しました。何を下ると時間も遅いので暗くなるとやっかいです。また、灌木がある作業道を下ります。と新植地です。害獣除け網があります。ここには扉はありませんでした。通行がないのが前提なのでしょうね。しかし、裾が少し緩んでいます。ここをくぐった人がいるようです。ザックなどを下ろしてくぐることが出来ましたるスギノんかを歩くと下の入口があります。ここには扉があります。更に作業道跡を下りますが、灌木はやっかいです。ケモノもあまり歩いていないようです。別に獣道があるのでしょうね。


明るい所が見えています。ここからは歩きやすくなりました。



走ってきた林道に出ました。



林道を少し登ると駐車地・登山口です。

しばらく下っていると谷が見えてきまする明るい広場です。ここに下ると堰堤があり堰堤作業用の道が谷脇にあり歩きやすくなりました。これが地形図にあるてんせんも道です。ここを下ると林道に出ます。右へ林道を上れば、10分足らずで駐車地でした。明るいうちに登山口に戻れてよかったという所です。霧がなければ時間的には余裕があったでしょう。登山口には午後4時までには戻るというのが私のポリシーではあるのですが・・・・。
←クリック・コース概念図 戻る時はプラウザの←印をクリックします。
稚児忘・五位山の歩行軌跡です。林道は走ることが出来ます。
 
1月2日(火) 家族寄。甘木で。午前中ブラタモリを見ていたが何度見ても楽しい番組だ。プログラムバイクP720分。午後6時から「黒川海」で子供達家族と会食。この会場は久しぶりだった。
 
1月1日元旦は快晴。ご来光も見ずに遅くまで寝ていた。よいお天気なので出かけようと思ったがお屠蘇が過ぎた。年賀状の整理をした。また、Webサイトを更新するのにも時間がかかった。新しいhtmlを作るコツを忘れかけていた。

手持ちのブルーレイにて「雨に唄えば」を見た。リマスター版できれいな画面だ。やはり懐かしくミュージカル映画の名作だ。デビー・レイノルズ逝去記念で見た。ご冥福を。☆☆☆☆★82点




アーサー・フリードが「巴里のアメリカ人」に次いで製作したテクニカラーのミュージカル(1952年作品)で、製作のフリード、監督ならびに音楽場面振付けのジーン・ケリーとスタンリー・ドーネン、主題歌「雨に唄えば」に基づいてシナリオを書いたアドルフ・グリーンとベティ・カムデン、音楽監督のレニー・レイトン、撮影監督のハロルド・ロッソンらは、すべて「踊る大紐育」と同じスタッフである。歌曲の大部分は作詞が製作者フリード、作曲ネイシオ・H・ブラウンによる。出演者はジーン・ケリーをめぐって新進デビー・レイノルズ、ヴォードヴィル出身のドナルド・オコナー、ジーン・ヘイゲン「アパッチ族の最後」、ミラード・ミッチェル「拳銃王」、シド・チャリシー「闘牛の女王」、ダグラス・フォーリーら。

ドン・ロックウッド(ジーン・ケリー)とコスモ・ブラウン(ドナルド・オコナー)の2人はヴォードヴィルの人気者、切っても切れぬ仲の良い友達同志だった。1920年代、2人はハリウッドにやって来て、インペリアル撮影所で仕事をみつけた。そのうちドンは西部劇でスタント・マンになり、俳優として契約され、調子よくサイレント映画のスターになることが出来た。彼の相手役リナ(ジーン・ヘイゲン)は、美人だが少々ぬけた女、そのくせお高くとまっていて、ドンは好きになれなかったのだが、彼女は自分からドンの恋人だと決めてかかっていた。だからドンが若くて歌も踊りもうまいケーシー(デビー・レイノルズ)と恋仲になったとき、リナはナイトクラブに職をもっていたケーシーをクビにさせてしまった。ドンの悲しみをよそにケーシーは町を去り姿を消してしまった。そのころ最初のトーキー映画「ジャズ・シンガー」が世に出て大当たりをとった。インペリアル撮影所のボス、R・F・シンプソンもドンとリナの新しい主演映画「決闘の騎士」をトーキーで作ることにきめた。その撮影中、ケーシーはやはり同じ撮影所で製作中のミュージカルに端役で出演していた。再会したドンとケーシーはたちまち仲なおりした。「決闘の騎士」の記者会見は大へん不評だった。リナの声が魅力なく鼻にかかったものだったので。コスモの発案でリナの声をケーシーの声にダビングして吹きかえた。映画は「踊る騎士」と改題され素晴らしい好評を博した。リナは何とか名声を維持しようと、シンプソンにケーシーを自分の影の声としてこれからも使うように頼みこんだ。ドンはコスモやシンプソンと力をあわせ、リナの声が偽りものであることを一般にあばいた。リナは失脚し、かわってケーシーが新しいスターとして迎えられた。ドンとケーシーが結ばれたことはもちろんである。