〔ホーム〕〔上〕
日記
 
2017年7月
 
 
 
 
 
7月31日(月)晴。T-ジョイ久留米4番にて午後1時55分からの「ザ・マミー 呪われた砂漠の女王」字幕版を見た。後ベンチャーものですが、一種のホラーでもあるようです。☆☆☆☆・70点としておきます。


1932年の「ミイラ再生」をトム・クルーズ主演でリメイクしたアクション・アドベンチャー。中東で発見された古代エジプトの石棺。そこには、全ての人間に憎悪を募らせた王女アマネットが眠っていた。やがて目覚めた王女が、世界を恐怖に突き落とす……。共演は「スター・トレック BEYOND」のソフィア・ブテラ、「ナイスガイズ!」のラッセル・クロウ。メガホンを取ったのは、プロデューサー、脚本家として「スター・トレック イントゥ・ダークネス」、「アメイジング・スパイダーマン2」などに参加してきたアレックス・カーツマン。

中東の戦闘地帯で、古代エジプトの文字が刻まれた石棺が発見された。発掘に立ち会った米軍関係者のニック(トム・クルーズ)、考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)らが調査のため、石棺をイギリスに輸送する途中でアクシデントが発生。ジェニーは辛うじて脱出したものの、輸送機はニックたちを乗せたままロンドン郊外に墜落。石棺は行方不明となってしまう。やがて石棺の中から、全ての人間への憎悪を募らせた王女アマネットが目覚める。その想像を絶する復讐が幕を開け、世界は恐怖のどん底に突き落とされてゆく……。
 
7月30日(日)は午前6時頃から津久見市方面へ出かけた。四浦半島にある「久保泊城址」にまず行った。登山口は少し荒れていたが、山中ははっきりしていた。山頂付近一帯に御太子様の石像が安置され、展望もあります。イマイチかすんでいた。ここから更に走ると展望台がある。説明板もあったが残念ながらかすんでいた。ここから市内の大友公園に行った。ここにも展望台がある。三角点もあり、1ピークとした。次いで宗麟公園に行った。ここは大友宗麟の墓地だ。大友宗麟は朝倉地方にも数回遠征して、秋月氏と戦っているのでなじみの名前だった。津久見峠に行く予定だったが、地形図を忘れていたので車でのコースがわからなかったので臼杵市の「水ヶ城山」に行くことした。ここは山頂近くに電波塔があり車道か゛ある。車道には石が落ちていて終点に着いてみると左前輪がパンクしていた。石を踏んだときにパンクたようだ。そのままにしてとりあえず山頂に行ってみた。思ったよりヤブは少なかった。下山してからタイヤの交換が暑かった。油圧ジャッキの下に引いたいたを忘れてきたようだ。暑さから逃れようと急いだからかもしれない。左前がテンパータイヤなので運転が安定しなかったが、無事に甘木の日産プリンスに到着。修理をしてもらったが、穴が少し大きいようだと言われた。午後1時35分頃から引き返した。
久保泊城址 久保泊集落
津久見港 大友公園にある三角点
宗麟公園 水ヶ城山駐車地でパンク
水ヶ城山の三角点 駐車地からの展望
 
7月29日(土)はプール・600mおよいで、900m歩いた。明日は低座を歩いて見よう。
 
7月28日(金)は晴。午後は映画に行こう。

イオンシネマ筑紫野2番にて午後2時55分からの「怪盗グルーのミニオン大脱走」吹替を娘と・孫娘と3人で見た。面白かったそうだが私は始め1/3はうつらうつらしていたようだ。後半だけは目が覚めてきっちり見たが。今少し私には合わなかったのかもしれない。☆☆☆・・68点


悪事を働くグルーとイタズラ好きのミニオンたちが活躍する「怪盗グルー」シリーズ第3弾。反悪党同盟をクビになったグルーに、双子の兄がいることが判明。一方ミニオンたちは安定志向になったグルーに呆れ、新しいボスを探そうとする。3D/2D同時公開。「怪盗グルー」シリーズのスピンオフ「ミニオンズ」に続きカイル・バルダとクリス・ルノーが監督を務める。「フォックスキャッチャー」のスティーヴ・カレル、「ゴーストバスターズ」(2016)のクリステン・ウィグ、日本語吹替版の笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、中島美嘉ら声優陣も続投。

悪党バルザタール・ブラットを逃したことを咎められ、グルーは妻のルーシーともども反悪党同盟をクビになってしまった。家族になった三姉妹にも心配される中、見知らぬ男がグルーのもとを訪ねてきて、グルーに双子の兄ドルーがいることを告げる。驚いたグルーは一路ドルーの屋敷へ。初めて対面したドルーは、金色の髪をなびかせる社交的なお金持ちで、グルーとは真逆の人間だった。一方、悪事から身を引きすっかり安定志向になったグルーに呆れたミニオンたちは、新たなボスを探そうとする。
 
7月27日(木)は晴。プールには行こう。600m泳いで900m歩いた。
 
7月26日(水)は晴。プール西は行かず。ゼラニュームの挿し芽。ニチニチソウの植え替え。等をした。
 
7月25日(火)は晴。夜は12回生会。:今朝ゼラニュームの鉢を壊した。これを機会に挿し芽をしてみようと思う。今日は切り口の乾燥をしている。500m泳いで700m歩いた。夜は12回生会、麦わら食堂。午後6時。
 
7月24日(月)は曇。夜は下水道工事の説明会。平成30年4月から供用開始となるようだ。今度の費用は自宅よりだいぶ高くなりそうだ。先日修理が完了した太陽熱温水器は請求書が来たが、製品の保証と取り替えの遅れに寄ったものなので払うことは出来ないと設備や産に返事をした。
 
7月23日(日)曇。豊後大野市の「障子岳」と「田口山」に行きました。障子岳は最後岩登りがあり、疲れました。田口山では途中から雨が降りました。樹林の中でびしょ濡れにはなりませんでしたが、ササがぬれていて、シャツは濡れました。。ニューピーク2座としておきます。
 
7月22日(土)は曇。500mおよいで、500m歩いた。
 
7月21日(金)は晴。映画に行きたいものだ。

イオンシネマ筑紫野9番にて午後3時5分からの「銀魂」をみた。荒唐無稽な時代劇だったが、それなりに楽しめた。原作は漫画で読んでいない。☆☆☆☆・71点

空知英秋による人気コミックを「ミュージアム」の小栗旬主演で実写映画化。宇宙からやってきた天人(あまんと)の台頭と廃刀令により、侍が衰退していく江戸を舞台に、風変わりな侍・坂田銀時と志村新八、神楽が営む万事屋の周囲で巻き起こる様々な騒動を綴る。共演は「帝一の國」の菅田将暉、「ハルチカ」の橋本環奈、「海街diary」の長澤まさみ、「何者」の岡田将生、「ヒメアノ〜ル」のムロツヨシ、「ディストラクション・ベイビーズ」の柳楽優弥、「ラストコップ THE MOVIE」の吉沢亮、「真田十勇士」の中村勘九郎、「ファンタスティポ」の堂本剛。監督・脚本は「HK 変態仮面」シリーズの福田雄一。

街には高層ビルが立ち並び、空には無数の宇宙船が飛び交う江戸時代末期。宇宙からやってきた“天人(あまんと)”の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持する少々変わった男・坂田銀時(小栗旬)は、ひょんなことから志村新八(菅田将暉)と神楽(橋本環奈)に出会い、万事屋を営むことに。そんななか、新八の姉・妙(長澤まさみ)や攘夷志士の生き残り・桂小太郎(岡田将生)、真選組の近藤勲(中村勘九郎)、土方十四郎(柳楽優弥)、沖田総悟(吉沢亮)らを巻き込みながら、様々な事件や騒動が起こり始め……。
 
7月20日(木)は晴。夜は例会。午後はプールに行こう。500m泳いで、800m歩いた。夜は臨時例会。被災地のボランティアのメンバーから外してもらった。参加する医師は会ったのだが、場ずれた方が自分としては良かった。足が若干不自由するときがある。
 
7月19日(水)は曇。500m泳いで、800m歩いた。夜は北野に陽子ちゃんの赤ちゃんを見に行った。寝たのは午後11時過ぎだった。
 
7月18日(火)は曇。午後はプール。500m泳いで1000m歩いた。多めが降った。
 
7月17日(月)は晴。被災地に行く予定。国道386号線で杷木中まで行ったが、除去作業のための重機などがあり交互通行箇所が数カ所あり渋滞気味だった。被害はひどい状況だ。
 
7月16日(日)は晴。遅くから大久保山と木原山に行った。どちらも他に車で山頂近くまで行ける道があったようだ。
 
7月15日(土)は晴。500m泳いで800m歩いた。夜は飲み会と行っても私だけが飲んでいたような。
 
7月14日(金)は晴。午後はイオンシネマ筑紫野3番にて「忍びの国」を見た。荒唐無稽さもひどいけれども、原作もしっかりしていたのか、結構楽しめる作品だった。☆☆☆☆・73点。



「のぼうの城」の原作者・和田竜の時代小説を「映画 怪物くん」の監督&主演コンビで実写化。織田信長の次男・信雄が超人的な忍者衆が暮らす伊賀に向け独断で挙兵。様々な思惑が交錯する中、伊賀一の凄腕・無門率いる忍び軍団と織田軍との壮絶な戦がはじまる。和田竜は本作の脚本も手がけ、第一次天正伊賀の乱を舞台に、無門と妻・お国の夫婦愛を描く。普段は怠け者ながら凄腕を持つ主人公を大野智が演じるほか、「シン・ゴジラ」の石原さとみ、「俺物語!!」の鈴木亮平、「超高速!参勤交代」シリーズの知念侑李らが出演。

天下統一に向け諸国を次々と攻め落としていく織田信長でさえ攻め入ることができない唯一の国、伊賀。そこには、超人的能力を持ち人を人とも思わない人でなしの忍者衆が暮らしていた。その中でも無門(大野智)は、どんな堅牢な門も彼の前では意味をなさないと言われるほどの凄腕だが、普段はこの上ないほど怠け者で、女房・お国(石原さとみ)の尻に敷かれ通しだった。天正七年九月、信長の次男・織田信雄(知念侑李)が父の命に背いて伊賀討伐に乗り出し、圧倒的な戦力を誇る織田の大軍が伊賀に迫る。様々な思惑が交錯する中、無門率いる忍びの軍団は想像を絶する秘策で織田軍に抗戦する。
 
7月13日(木)は晴。やはり不。午後はプールに行こう。500m泳いで1000m歩いた。朝倉市は急遽夏休みになり、子供が多い。
 
7月12日(水)は曇。不。午後はプールに行ってみようと思う。500m泳いで、800m歩いた。洗車。

レンタルした「ジョン・ウィック」をみた。やはりそれなりに暗殺者対暗殺者の殺し合いと言うところ。☆☆☆☆・78点。続編よりも良く出来ていたようだ。


「スピード」や「マトリックス」シリーズなどキアヌ・リーブスを主演に迎え、亡き妻の忘れ形見を奪われた元殺し屋がたった一人でマフィアに向かっていく復讐劇を描いたアクション作品。ガン・アクションとカンフーを組み合わせたスタイル『ガンフー』や、フォード・マスタングやシボレー・シェヴェルでのカー・アクションといった目を引くアクションを、スタイリッシュに映していく。監督は「マトリックス」シリーズのスタントコーディネーターや「ウルヴァリン:SAMURAI」のアクションコーディネーターを手がけたハリウッドきってのスタントマン、チャド・スタエルスキ。共演は「プラトーン」のウィレム・デフォーほか。

ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は裏社会にその名を轟かせた殺し屋だったが、愛に目覚め引退。しかし妻が死に、その忘れ形見はロシアン・マフィアの手により散ってしまう。ジョン・ウィックは怒りに身を任せ、たった一人、復讐に乗り出す。
 
7月11日(火)は晴。午後は従兄弟の晄君の運転手として杷木などの被災地を少し訪れた。訪れたいと思っていたので丁度良かった。思ったよりひどい状況だった。道路は意外と開通しつつあったが、志波は橋が破損していると言うことでしばらく国道386の開通には時間がかかりそうだ。
 
7月10日(月)は晴。仕事だ。
T-ジョイ久留米9番にて午後1時55分からの「ジョン・ウィック チャプター2」字幕を見た。1は見ていないが結構楽しめた。☆☆☆☆・76点


キアヌ・リーブス主演による元殺し屋の壮絶な復讐劇「ジョン・ウィック」の続編。再び隠遁生活に入ったジョンは、イタリアン・マフィアからある殺しを依頼されるが一蹴。マフィアの怒りを買ったジョンは、想い出の詰まった自宅をバズーカで破壊されてしまう。監督のチャド・スタエルスキ、脚本のデレク・コルスタッド、音楽のタイラー・ベイツといったスタッフや、オーレリオ役のジョン・レグイザモ、ウィンストン役のイアン・マクシェーンらが前作から続投。新たに「ラン・オールナイト」のコモン、「パッセンジャー」のローレンス・フィッシュバーン、「誰のせいでもない」のピーター・ストーメア、「二ツ星の料理人」のリッカルド・スカマルチョ、「トリプルX 再起動」のルビー・ローズ、「ジャンゴ 繋がれざる者」のフランコ・ネロが出演。

伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)による壮絶な復讐劇から5日後。ロシアン・マフィアの残党から愛車フォード・マスタングを奪い返した彼のもとにイタリアン・マフィアのサンティーノ・ダントニオ(リッカルド・スカマルチョ)が姉殺しの依頼にやってくる。彼はかつてジョンが殺し屋業界を引退するために課された実現不可能とされたミッションを助けたことがあった。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴。サンティーノの怒りを買ったジョンは、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始。だが命の危機を感じたサンティーノは、ジョンに7億円の懸賞金を懸け、全世界の殺し屋がジョンの命を狙い始める……。
 
7月9日(日)は雨のち曇。朝は清掃日。車のキイのバッテリー交換。
 
7月8日度は雨。葬儀の手伝い。
 
7月7日(金)は雨。不のようだ。青柳さんが亡くなられた。夜は通夜の手伝い。
 
7月6日(木)は雨。不登校の様だ。B&Gは休館。
 
7月5日(水)は曇。不登校の様だ。午後から大雨だったようだ。筑紫野から帰宅するときは甘木から東では道路が冠水していると頃があった。渋滞もあり回り道したが市道も冠水カ所か゛あった。
イオンシネマ筑紫野2番にて午後3時10分からの「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」吹替を見た。今回のものはここしばらくのシリーズに比べれば楽しめた。☆☆☆☆・78点。


ジョニー・デップ主演の大ヒットシリーズ第5弾。海の死神サラザールが魔の三角地帯から解き放たれ、ジャック・スパロウへの復讐を目論む。それを阻止するためジャックは、“ポセイドンの槍”を手に入れようと、新たな仲間と大海原へ繰り出してゆく……。共演は「007 スカイフォール」のハビエル・バルデム、「キング・オブ・エジプト」のブレントン・スウェイツ、「メイズ・ランナー」のカヤ・スコデラリオ。メガホンを取ったのは、「コン・ティキ」のヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリ。

かつて、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)と共に冒険を繰り広げたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)は、幽霊船フライング・ダッチマンの船長として呪われた運命を生きていた。そんな父を救おうとする息子ヘンリー(ブレントン・スウェイツ)は、呪いを解くカギが伝説の秘宝“ポセイドンの槍”にある事を突き止める。だがある日の航海中、ヘンリーの乗った船が、海の死神サラザール(ハビエル・バルデム)の襲撃を受けてしまう。サラザールは、魔の三角地帯の呪いから自らを解き放つため、ジャック・スパロウが持つ“北を指さないコンパス”を求めていた。そのため、ジャックへの伝言を託して、ヘンリーを解き放つ。やがて、セント・マーティン島に漂着したヘンリーは、女性天文学者カリーナ(カヤ・スコデラリオ)と出会う。彼女は、幼い頃に生き別れた父が残した“ガリレオ・ガリレイの日記”の謎に挑み続けていた。その謎こそ、“ポセイドンの槍”に辿り着くための方法だった。だがカリーナは、英国軍に捕まって投獄されてしまう。その頃、肝心のジャック・スパロウ本人は、セント・マーティン島での銀行強盗に失敗。仲間からも愛想を尽かされて一文無しになり、酒場でラム酒と交換に“北を指さないコンパス”を手放してしまう。その瞬間、魔の三角地帯から解き放たれるサラザール。その胸には、ジャックへの復讐の炎が燃え盛っていた。サラザールの復讐を阻止できるのは、“ポセイドンの槍”のみ。やがてヘンリーは、投獄されていたジャックとカリーナを救出。こうして、それぞれの事情から“ポセイドンの槍”を追い求めるヘンリー、カリーナ、ジャックの3人は、大海原へと繰り出してゆく。同じ頃、“アン王女の復讐号”の船長バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)も、“ポセイドンの槍”を狙っていた。サラザールの脅威が迫る中“ポセイドンの槍”を手に入れるのは、果たして誰なのか……?
 
7月4日(火)は台風が通過するようだ。学校は休校が多い。鉢のみをかたづけた。午後には元に戻せるかもしれないが、プールに行くかもしれない。夜は午後8時から例会。運よく強い風は吹かず、夕方八を取り入れた。プールに行った。台風のために学校が休みなので混雑していた。600m泳いで、900m歩いた。
 
7月3日(月)は曇。登校したようだ。台風が近づいているようだ。剪定があっていたので午後は留守番をしていたので、映画には行かず。
 
7月2日(日)は晴。午前5時過ぎに出発して朝倉ICから大分米良IC国道10号なのでまず課題の「烏岳」へ行った。ゲートが2個あり、溜池へのルートで左が溝にはまったが、これは無事にすぐに脱出。溜池に駐車して歩いた。しかし、何とか走れそうな林道で、上部は痛みは少なかった。時間がかかったので車で行けばよかったと思った。最後のみ急登が待っていたが短い距離だった。暑い日だったので次は簡単山として神角寺三角点近くの展望のピークと秀峰と白山のピークをかんたんに登って、剪定があっていたのではやめに帰宅した。午後2時40分頃には帰宅した。
烏岳東峰
展望峰

神角寺三角点
秀峰
白山
 
7月1日(土)は曇。午後は朝倉歯学会・会館・午3時〜。懇親会は欠席。