〔ホーム〕〔上〕
日記
 
2017年8月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月12日(土)は曇。
 
8月11日(金)(山の日)は初盆・辻・古賀・大内田家と森高家へ。
 
8月10日(木)は曇。600m泳いで800m歩いた。手洗いの蛇口を1個取り替えた。見積もりと請求書が異なるのでなぜか聞かなくては。
 
8月9日(水)は曇。雨になるようだ。
イオンシネマ筑紫野4番にて午後2時10分からの「カーズ クロスロード」吹替版を見た。始めはストーリーがイマイチのみ込めなかったが、途中からようやく飲み込めてレースシーンも迫力あり楽しめた。今後は映画を見るときは、事前にストーリーを少しのみ込んでいたた方がよさそうだ。☆☆☆☆・74点


ディズニー/ピクサー制作のフルCGアニメ「カーズ」シリーズ第3作。華々しく第一線で走り続けてきたマックィーンもベテランとなり最新型のレーサーに勝てなくなっていた。そんななか、レース中に大クラッシュを起こし、マックィーンは初めて挫折を経験する。製作総指揮は「カーズ」「カーズ2」で監督を務めたジョン・ラセター。監督は、前2作などにスタッフとして参加してきたブライアン・フィー。

これまで華々しく第一線で走り続けてきたスポーツカー、ライトニング・マックィーンもベテランとなり、最新型のレーサーに勝てない時代遅れのレーサーとなっていた。そんな状況に焦ったマックィーンはレース中に無理をして大きなクラッシュ事故を起こしてしまう。世間からも見放され、自信を喪失したマックィーンの脳裏には“引退”の2文字が浮かんでいた。夢の続きか、新たな道か。マックィーンは、“人生の岐路=クロスロード”に立たされ、運命の決断を迫られる……。
 
8月8日(火)は晴。600m泳いで800m歩いた。
 
8月7日(月)は曇。鉢などを元に戻すので早く起きた。
T-ジョイ久留米1番にて午後2時20分からの「トランスフォーマー 最後の騎士王」字幕版を見た。はじめはストーリーがよくわからず意味がわからなかったが途中からなんとなくわかってきた。アクションと音響がすごい?さらに続く様だ。☆☆☆☆・74点


日本の玩具発のSFシリーズ第5作目。1000年に及ぶトランスフォーマーと人類の歴史が明かされるシリーズ最終章第一弾。人類とトランスフォーマーの全面戦争が避けられなくなるなか、数千年間、秘密にされてきたトランスフォーマーが地球を救う鍵となる。監督は、シリーズ全作を手掛けるマイケル・ベイ。出演は、「バーニング・オーシャン」のマーク・ウォールバーグ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のローラ・ハドック、「ブラック・ファイル 野心の代償」のジョシュ・デュアメル、「ワイルド・スピード」シリーズのタイリース・ギブソン、「母よ、」のジョン・タトゥーロ、「スポットライト 世紀のスクープ」のスタンリー・トゥッチ、「マイティ・ソー」シリーズのアンソニー・ホプキンス。

オプティマス・プライムが去り、人類とトランスフォーマーの全面戦争が避けられなくなった。そんななか地球を救う鍵は、何千年もの間、秘密にされてきたトランスフォーマーの存在だった。迫りくる危機を救えるのは、発明家ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)、オプティマス無き後にオートボットのリーダーとなったバンブルビー、英国貴族の謎めいた老人(アンソニー・ホプキンス)、そしてオックスフォード大学の女教授の教授(ローラ・ハドック)だった。この思いも寄らぬ4人が、変化を起こすために立ち上がる……。
 
8月6日(日)は晴。台風が近づくようだ。鉢などを片付けていたが、運よく?コースが基優秀から離れていたので雨もあまりなく風もなかった。孫は帰った。お昼頃に佐田川の上流を見に行った。タムの堰堤近くには流木はなかったが、流木止めから上にはたくさんあった。また、上流は川はえぐられていた県道もえぐれているところがあった。県道分岐まで行って戻った。雨が降ってきたので帰宅したが、山間部以外はあまり降らなかったようだ。
 
8月5日(土)は晴。700m泳いで、700m歩いた。X-TRAIL20GTの車検が出来た。地図は更新。
 
8月4日(金)は晴。プールに行こうと思う。600m泳いで、700m歩いた。小中学校が出校日でお昼頃は少なかった。映画には行かず。夜は例会。孫がきている。
 
8月3日(木)は晴。X-TRAIL20GTを車検に出す。代車を撮りに行き、ナフコや似鳥へ買い物に行った。
 
8月2日(水)は晴。台風が近づいている。午前中の仕事が難しかった。方針を変えなければとも思う。医者に行く日だ。プールには行かず。
 
2017年8月1日(火)は晴。プールに0時半頃行ったが、すいていた。600m泳いで800m歩いた。よくは眠れなかったようだ。