ホーム〕〔上〕
日記
2017年11月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月14日(火)は晴。プールは休んで映画に行った。
イオンシネマ筑紫野9番にて午後3時50分からの「ザ・サークル」字幕を見た。が途中眠くなって少し見ていないところがある様だ。後半はしっかり見た。今から起こりそうな、すでに起こりつつある情報社会は怖い物でもあります。☆☆☆☆・70点


エマ・ワトソンとトム・ハンクスの共演でSNSを題材にしたサスペンス。巨大SNS企業サークルに就職したメイは、カリスマ経営者ベイリーから、生活のすべてをネットでシェアする新サービスのモデルケースに抜擢され、膨大なフォロワーを集めるが……。「人生はローリングストーン」のジェームズ・ポンソルト監督が、原作者デイヴ・エガース(「王様のためのホログラム」)と共同で脚本を執筆し、映画化した。「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「6才のボクが、大人になるまで。」のエラー・コルトレーンなど注目のキャストが共演。2017年2月に亡くなったビル・パクストン(「タイタニック」)の遺作となった。

世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業“サークル”。憧れていたこの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件をきっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、新サービス“シーチェンジ”のモデルケースに大抜擢される。それは、サークルが開発した超小型カメラを使って、生活のすべてを世界中にシェアするというものだった。自らの24時間をカメラに晒したメイは、瞬く間に1000万人超のフォロワーを得て、アイドル的な存在となるが……。
 
11月13日(月)は二見浦や伊勢神宮田だいぶ歩いて疲れた。帰りは時間が少し早くなったので乗り換えの直に余裕が出来た。帰りのバスは博多パスターミナル発甘木行き似乗った。営業所まで家内が迎えにはきてくれた。
 
11月12日(日)は三重県史間の賢島へ、家内に送ってもらって高速バスにて博多・から新幹線と近鉄で宝生苑へ。14期会。
 
11月11日(土)は仕事が遅くなったのでプールへは行かず。夕方ドコモショップへ。外食。
 
11月10日(金)は晴。循環ポンプはまた動作していた。以前にも一度あった。壊れそうな気がする。映画に行くかもしれない。技工室の蛇口を交換。

イオンシネマ筑紫野8番にて午後3時15分からの「マイティ・ソー バトルロイヤル」吹替版をみた。マーベルの物だが、続きもできる様だ。ソーと弟のお話でもあります。シリーズはじっくり見ていませんが、見ていた方が楽しめそうです。☆☆☆☆・75点



マーベル・ヒーローを実写映画化した「マイティ・ソー」シリーズ第3弾。邪悪な敵・ヘラによって、宇宙の果ての星で囚われの身となったソー。脱出を懸け、その星のチャンピオンと対決することになった彼の前に現れたのは、かつて共に闘った仲間のハルクだった。出演は「スノーホワイト 氷の王国」のクリス・ヘムズワース、「キングコング 髑髏島(どくろとう)の巨神」のトム・ヒドルストン、「キャロル」のケイト・ブランシェット、「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンス。監督は「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」のタイカ・ワイティティ。

アベンジャーズの一員として、地球を守るために戦ってきたソー(クリス・ヘムズワース)の前に、邪悪な敵・ヘラ(ケイト・ブランシェット)が突如現れる。ヘラは、アベンジャーズのメンバーですら持ち上げることのできないソーの最強の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊し、圧倒的なパワーでソーを宇宙の果てに弾き飛ばしてしまう。遠く離れた星で囚われの身となったソー。ここを脱出するには、この星で絶対王者として君臨するチャンピオンとの1対1の命がけのバトルに勝たなければならない。だが、ソーの前にチャンピオンとして現れたのは、かつて共に闘った仲間のハルクだった。果たして、史上最強の敵からソーはこの世界を守ることができるのか……。
 
11月9日(木)は曇。温水器の循環ポンプが不調なので止めた。夕方右下7番を分割抜歯してみた。
 
11月8日(水)は晴。T-ジョイ久留米8番にて午後1時50分からの「彼女がその名を知らない鳥たち」を見ました。蒼井優も阿部サダオもなかなかの名演であった。☆☆☆☆★81点


男女の愛憎渦巻くミステリー小説を「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌のメガホンで映画化。15歳上の陣治を毛嫌いしながら彼の収入に頼る十和子。元恋人・黒崎を引きずり、彼の面影のある水島との情事に耽る中、黒崎が失踪。彼女は異様に執着する陣治を疑う。自分勝手な十和子を「オーバー・フェンス」の蒼井優が、十和子に執着する下劣な男・陣治を「殿、利息でござる!」の阿部サダヲが、十和子との不倫を楽しむ水島を「キセキ -あの日のソビト-」の松坂桃李が、十和子を利用した元恋人・黒崎を「人生の約束」の竹野内豊が演じる。

和子は15歳上の陣治と暮らしているものの、8年前に別れた黒崎のことが忘れられずにいた。下劣で地位も金もない陣治を毛嫌いする一方で、自分は働かず彼の稼ぎをあてにし堕落した日々を送っている。ある日、どこか黒崎の面影がある水島と関係を持った十和子。水島には妻子がいたが、彼との情事に溺れていった。そんな中、家に突如やってきた警察から、黒崎が行方不明になったことを知らされる。黒崎の失踪にどんなに足蹴にされても執拗に十和子に執着する陣治の関与を疑った十和子は、水島にまで危険が及ぶのではと危惧する。

関連するキネ

 
11月7日(火)は曇。1000m泳いで、300m歩いた。いつもより少なかった。録画した「君の名は。」をみた。
 
11月6日(月)は晴。映画には行かず。ワゴンRのフロントガラスにキズ。とりあえず水曜日にリペアーする。夜は例会を欠席して、12回生会に出席。夜中に目が覚めてよく眠れなかった。
 
11月5日(日)は晴。リベンジの尺間岳、簡単ピークの上高、公園の柳井水と3座のニューピークとしておきます。
 
11月4日(土)は晴。プールには行かず。家内と買い物と夕食
 
11月3日(文化の日)は曇時に晴れ。そこで大分県のリベンジの山に行ってみた。利光山(城址)本丸、二の丸、三の丸それぞれピークだった。成大寺から歩いた。反対側からは車が山頂付近まできている。次いで尺間岳は尺間神社から登ったので難路だった。途中の岩場でよく参考資料を見てみると別の尾根を登っていた。岩場の後も急傾斜の様なので撤退とした。下山してみると奥の院への標識や登山口標識が駐車場の前にあった。また、リベンジすることになりそうだ。じっくり読むべきだと時に思うのに残念。最後に小松代に寄って見た。544.8mだがクヌギ畑で標高差はなく何とか三角点に到達。ここから農道を走り湯布院ICから帰宅。
 
11月2日(木)は晴。ホークスには勝ってほしいものだ。1000mおよいで、500m歩いた。ホークは負けた。次は4日(土)。
 
11月1日(水)は晴。800m泳いで、600m歩いた。ホークスは敗れ、3勝1敗となった。