ホーム〕〔上〕
日記
2017年12月
 
 
 
 
 
12月7日(木)は曇。
 
12月6日(水)は曇。冷え込んでいる。1000m泳いで、300m歩いた。
 
12月5日(火)は曇。冷え込んだ。1000m泳いで300m歩いた。
 
12月4日(月)は曇。夜は例会。

T-ジョイ久留米3番にて午後1時55分からの「探偵はBARにいる3」を見た。ミステリー味は少なく、ハードボイルドです。探偵と助手のコンビもうまくいっているようだ。☆☆☆☆・77点。



推理小説『ススキノ探偵』シリーズ原作、札幌ススキノを舞台に探偵と助手が事件を追うハードボイルド第3弾。失踪した女子大生探しに取り組む二人。調査を進めるうちにモデルクラブオーナーのマリと裏社会の住人・北城に行き当たった彼らを、卑劣な罠が襲う。監督は「疾風ロンド」の吉田照幸。脚本は引き続き「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの古沢良太が担当。大泉洋や松田龍平らレギュラー陣のほか、謎めいたマリを「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の北川景子が、探偵たちを追い詰める北城を「美しい星」のリリー・フランキーが、北城の売春組織に所属し失踪した女子大生・麗子を「武曲 MUKOKU」の前田敦子が演じる。

アジア最北の歓楽街・ススキノ。この街の表も裏も知り尽くした探偵(大泉洋)のもとに、ある日、相棒の高田(松田龍平)が人探しの案件を持ち込んでくる。失踪した女子大生・麗子(前田敦子)を追い調査を進めるうちに浮かび上がってきたのは、モデル事務所の美人オーナー・ マリ(北川景子)と札幌経済界のホープ・北城グループの社長であり裏社会の住人でもある冷酷非道な北城(リリー・フランキー)の存在。謎に包まれたマリに翻弄されるうちに、探偵たちは大きな事件に巻き込まれていく。
 
12月3日(日)は晴。少し遅くから湯布院町の亀山に行き、次いで玖珠町の若山の登山口まで行ったが、ハンターが集まっていたので登山はやめました。最後は玖珠町の御伊勢さんの山(点名は川底)に行って帰宅した。ニューピークは2座。用心すれば若山は登れたかもしれない。帰宅して鉢の取り込みをした。これは重い鉢もあり結構応えた。
 
12月2日(土)は晴。朝は冷えていた。そろそろ年賀状の準備を。
 
12月1日(金)は晴。1000m泳いで300m歩いた。