〔ホーム〕〔上〕
日記
 
2017年6月
 
 
 
6月30日(金)はバス旅行。九十九島めく栗など。家内と。仕事は休み。
 
6月29日(木)は雨。午後6時30分〜8時30分まで研修会(エイズ感謝の在宅医療について)
 
6月28日(水)は曇。立入検査は午後2時過ぎ。プールは休む。立入検査は無事終了。
 
6月27日(火)は曇。剪定をしてもらっている。午後はプールに行こうと思う。550m泳いで750m歩いた。ワゴンRのオイル交換。夕方はレントゲン。
 
6月26日(月)は曇。午後は映画に行くかも、本をかたづけなくては・・・立入がある。
T-ジョイ久留米1番にて 午後2時30分からの「ハクソー・リッジ」字幕をみた。良心的兵役拒否者が主人公で銃を持たずに従軍した。衛生兵の実話です。沖縄戦線で彼は75人の負傷兵を助け名誉勲章を受けた。ただ、相手が日本兵だったことで、若干複雑な心境です。☆☆☆☆★83点 彼ははじめから臆病烏ものではなかったのですからポスターの世界一の臆病者から英雄にというコピーはどうかと思います。これはイオンシネマ筑紫野では上映されていない。イオンシネマ大野城では上映されている。



メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりに監督、良心的兵役拒否者として名誉勲章を受けたデズモンド・ドスをモデルにした戦争ドラマ。武器を手にしないと誓った衛生兵デズモンドは激戦地ハクソー・リッジに赴き、銃弾が降り注ぐ中多くの命を助ける。のこぎりで切断したような断崖がそびえアメリカ軍と日本軍が激しく衝突した沖縄・前田高地(ハクソー・リッジ)で、味方が撤退しても信念を曲げず丸腰のまま負傷者を救出したデズモンドを「沈黙 -サイレンス

ヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)の父トム(ヒューゴ・ウィーヴィング)は第1次世界大戦出征時に心に傷を負い、酒におぼれて母バーサ(レイチェル・グリフィス)との喧嘩が絶えなかった。そんな両親を見て育ち「汝、殺すことなかれ」との教えを大切にしてきたデズモンドは、第2次大戦が激化する中、衛生兵であれば自分も国に尽くせると、父の反対や恋人ドロシー(テリーサ・パーマー)の涙を押し切り陸軍に志願する。グローヴァー大尉(サム・ワーシントン)の部隊に配属され、上官のハウエル軍曹(ヴィンス・ヴォーン)から厳しい訓練を受けるデズモンド。生涯武器には触らないと固く心に誓っている彼は、上官や仲間の兵士たちから責められても頑なに銃をとらなかった。ついに命令拒否として軍法会議にかけられても貫き通した彼の主張は、思わぬ助け舟により認められる。1945年5月、グローヴァー大尉に率いられ、第77師団のデズモンドとスミティ(ルーク・ブレイシー)ら兵士たちは沖縄のハクソー・リッジに到着。そこは150mの断崖がそびえ立つ激戦地だった。倒れていく兵士たちに応急処置を施し、肩に担いで降り注ぐ銃弾の中をひるむことなく走り抜けるデズモンドの姿に、感嘆の目が向けられるように。しかし丸腰の彼に、さらなる過酷な戦いが待ち受けていた。
 
6月25日(日)は雨。弟の法事・49日・筑前町の正福寺でその後、池田屋で食事。帰りは送ってもらった。帰宅して連ドラ「フランケンシュタインの恋」を8階分くらい見た。最終回は今夜。明日見ることにする。「ソースさんの恋」といのも見ている。
 
6月24日(土)は雨。午後は録画しいた連ドラ「リバース」を7回分ぐらい見た。本を読んだときにはあっと驚くラストだったが、ドラマでは祖ヶほどの意外感がなかったが。やはりミステリーだった。
 
6月23日(金)は晴。午後はプール。600m泳いで、700m歩いた。小屋を少し整理した。あるものを置く必要がある。
 
6月22日(木)は晴。午後はプール。500m泳いで、800m歩いた。帰宅して仕事場にいた。
 
6月21日(水)は雨。午後は娘が父の樋ノプレゼントを持ってきた。TNX。それで遅くなったので映画に行った。
イオンシネマ筑紫野3番にて午後3時30分からの「キング・アーサー」字幕をみた。伝説のお話で久しぶりにアーサー王の物語を見たようだ。やはり怪獣というか怪物が現れるダークファンタジーのようだ。はじめが良く理解できなかったがアクションシーンなどからは理解でした。☆☆☆☆・73点


コードネーム U.N.C.L.E.」のガイ・リッチーが、圧倒的なスケール感と迫力のアクションを交えてアーサー王伝説を映画化。路地裏で育った貧しい青年アーサーは、聖剣“エクスカリバー”を手に入れ、仲間と共に、暴君ヴォーティガンに反旗を翻す。出演は「パシフィック・リム」のチャーリー・ハナム、「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」のジュード・ロウ。

地裏で育った貧しい1人の青年。まだ自分の偉大な宿命に気付いていないその青年の名はアーサー(チャーリー・ハナム)。王の子でありながら、スラムで生きることを強いられた彼は、聖剣“エクスカリバー”を手に入れると、仲間と共に、両親の命を奪った暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)に反旗を翻す。イングランドの王となることを運命付けられたアーサーは、やがて救世主として後世に語り継がれる伝説の男“キング・アーサー”へと成長していく……。
 
6月20日(火)は晴。午後はプール。500m泳いで、800m歩いた。帰宅して、故障しているポンプの説明を聞いた。交換しようと思う。
Amazonビデオにて199円にて韓国映画「殺人の告白」字幕を見た。「22年目の告白 私が殺人者です」の基になった作品だ。少し分かり難いところもあったが、リメイク版よりストーリーがすっきりしていた。☆☆☆☆・76点


自らの犯した事件につい詳細に記した本を出版、一躍人気者になっていく殺人犯と、事件を長年追い続けてきた刑事、恨みを抱く遺族たちの駆け引きを描くサスペンススリラー。監督・脚本は新鋭チョン・ビョンギル。出演はTVドラマ『家門の栄光』のパク・シフ、「黒く濁る村」のチョン・ジェヨン、「妻の愛人に会う」のチョ・ウンジ。

世間を騒がした連続殺人事件から15年後、イ・ドゥソク(パク・シフ)という男が自ら犯人だと名乗り出る。しかし時効成立のため法的に無罪となり、彼は自分の犯した殺人事件について詳細に記した本を出版する。その衝撃的な内容と俳優のように美しいルックスが相まって、一躍人気者となったイ・ドゥソク。だが犯人を探し続けてきた刑事や、恨みを抱く遺族たちが黙って見ているはずもなかった。本の中に最後の未解決失踪事件の真相が書かれていないことに気付いた刑事チェ・ヒョング(チョン・ジェヨン)は、ドゥソクに向かって「詐欺罪で逮捕されるだろう」と言い放つ。そんな中、自分こそが真犯人だと主張するJと名乗る男が現れる……。
6月19日(月)は晴。T-ジョイ久留米4番にて「TAP THE LSAT SHOW」を見ました。はじめはどうなるのかなあと思っていたのですが、後半のTAPのシーンは久しぶりに見たのでなかなか良かった。☆☆☆☆・75点


俳優・水谷豊が40年越しの構想を実現させ、タップダンスを題材にショービジネスの光と影を映したドラマ。事故でダンサー生命を絶たれ、今や酒浸りになった渡。旧知の劇場最後の作品の演出を引き受け若手と交流するうちに、彼の止まっていた時が動き始める。水谷豊は初めて監督に挑み、主演も兼ねる。「僕は友達が少ない」の北乃きい、「団地」の岸部一徳らが共演するほか、オーディションで選ばれたダンサーたちが一堂に会する。「座頭市」(2003)や「TAKESHIS'」のダンスシーンを手がけたHIDEBOHがタップダンス振付・監修を担当。

タップダンサー、渡真二郎(水谷豊)は天才の名をほしいままにしていたが、19年前に舞台中の事故でダンサー生命が絶たれてしまう。その後演出家に転身したもののあまりの厳しさに彼の周りからは人が離れていった。ショービジネス界から遠ざかり酒に溺れる彼のもとに、ある日、旧知の劇場支配人・毛利(岸部一徳)がやってきて、劇場最後のショーの演出を依頼する。最高の舞台で劇場の最後を飾りたいという毛利の思いを受け、渋々引き受ける渡。それぞれ事情を抱えた若きダンサーたちと交流するうちに、自分がかつて垣間見た舞台の向こう側にある輝く世界を彼らに託そうと決意する。

次回は金曜日なのですが、予定があるので水曜日に行くと思います。
 
6月18日(日)は晴。遅くからまず、臼杵市野津町の「武山・東峰」に行きました。駐車地を探したり、国道脇に駐車して歩き登山口を探したり、時間がかかりましたが、結局、駐車地は集落の広場とすれば資料と同じになる野でしたが、だいぶ時間もロスしました。豊後大野市大野町の「真光院」は朝倉文夫記念館奥にあります。ここは展望台になっています。、神角寺奥の「神角山」に行きました。ニューピーク4座としておきます。豊後大野市大野町の八坂神社のスギは駐車地のがわからず今回は訪れませんでした。
 
6月17日(土)は晴。午後3時からはADAの総会。懇親会。
 
6月16日(金)は晴。イオン筑紫野に行く予定。DVD返却。

イオンシネマ筑紫野9番にて午後2時10分からの「22年目の告白 私が殺人犯です。」を見た。韓国映画の「殺人の告白」のリメイクだそうだ。けっこうなサスペンス感もあり、楽しめた。☆☆☆☆・79点。基になった作品も見てみたい。



韓国映画「殺人の告白」を日本でリメイクしたサスペンス。22年前に5人の犠牲者を出しながら、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。その犯人を名乗る男が突如、記者会見を開き、告白本を出版。世間に一大センセーションを巻き起こしていくが……。出演は「僕だけがいない街」の藤原竜也、「3月のライオン 前編/後編」の伊藤英明。監督は「ジョーカー・ゲーム」の入江悠。

かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた凄惨な連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然自ら名乗り出てくる。盛大に開かれた記者会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人(藤原竜也)という男だった。素顔をカメラの前にさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂。賛否両論を巻き起こしつつ、その告白本はベストセラーとなる。曾根崎の派手な行動は、それだけでは終わらなかった。マスコミを伴った被害者遺族への謝罪、執念深く事件を追い続ける刑事・牧村(伊藤英明)への挑発、そしてサイン会まで……。彼の行動のすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散してゆく。だがそれは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった……。日本中を釘付けにした告白の行方は……?やがて事件は意外な展開を見せるが……。
 
6月15日(木)は晴。午後はプール。500m泳いで700m歩いた。帰宅して診療室玄関前を剪定。やはり疲れた。いつもしているところは大体終わったが、何日もかかった。
 
6月14日(水)は晴。午後はプール。500m泳いで、750m歩いた。帰宅してサツキのとおたふくナンテンの剪定。疲れた。
 
6月13日(火)は曇。午後はプール。550m泳いで700m歩いた。帰宅して、サツキの剪定をしたが、まだ残っている。最近は剪定も重労働にっなてきた。

;レンタルしたDVD「ジェーン」を見終わった。これは未見だった。ナタリー・ポートマンが主演なので見たもの。スタイルは決まっていますが、映画そのものはB級西部劇ような感じでした。☆☆☆☆・70点



主演のナタリー・ポートマンが製作も務めた西部劇。夫ハムが悪名高いギャングのビショップに撃たれ、瀕死の状態に。狙った獲物は逃さないビショップから家族を守るために、妻ジェーンは南北戦争の英雄である元恋人ダンに助けを求め、銃を手に戦う決意をする。監督は「ウォーリアー」のギャヴィン・オコナー。強欲なビショップを「スター・ウォーズ」シリーズのユアン・マクレガーが、ジェーンに手を差し伸べるかつての恋人を「ブラック・スキャンダル」のジョエル・エドガートンが演じる。

アメリカ西部の荒野で、ジェーン(ナタリー・ポートマン)は夫ハム(ノア・エメリッヒ)と娘と暮らしていた。しかしある日、悪名高きビショップ一家の首領ジョン・ビショップ(ユアン・マクレガー)にハムが撃たれ瀕死の状態となり、穏やかな暮らしが一変する。強欲で執念深いビショップの恐ろしさを知るジェーンは、家族を守るために、南北戦争のときに活躍したかつての恋人ダン(ジョエル・エドガートン)にすがる思いで助けを求める。敵が迫りくる中、それぞれの過去が明らかに。ジェーンは愛のために戦うことを決意し、銃を手に取る――。
 
6月12日(月)は曇。午後は映画に行こうと思う。夕食は長男と孫と一緒に自宅でとった。

T-ジョイ久留米2番にて午後1時50分からの「パトリオット・デイ」字幕を見た。2013年に起こったボストンマラソン時のテロの話です。ドキュメンタリィ風に作られていました。実話なのでエンドロールに実際の当人が現れます。ただし、主演の警官は実在の人物ではないそうです。☆☆☆☆・79点



「ローン・サバイバー」でタッグを組んだマーク・ウォールバーグ&ピーター・バーグ監督による、2013年に起きたボストンマラソン大会テロ事件をベースにした実録ドラマ。50万人の観衆で賑わうなか実行された爆弾テロ。犯人逮捕までの緊迫の102時間を映し出す。共演は「COP CAR コップ・カー」のケヴィン・ベーコン、「10 クローバーフィールド・レーン」のジョン・グッドマン、「セッション」のJ・K・シモンズ、「ピクセル」のミシェル・モナハン。脚本はピーター・バーグと「トリプル9 裏切りのコード」のマット・クック、「ロボコップ(2014)」のジョシュア・ゼトゥマー。

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)は、朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である「パトリオット・デイ(愛国者の日)」に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。そんななか、次々と走者がゴールし、最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が発生。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察の面々は事態が飲み込めないまま救護活動を開始。やがて到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断定。管轄はFBIへ移るが、犯人に対する怒りが沸々と湧き上がっていたトミーは、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。9.11同時多発テロ以降の事件にアメリカは震撼、爆発時の映像はまたたく間に世界中に配信される。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する……。
 
6月11日(日)は曇。歯ミング21 Pポート中ホールにて。午後は駐車場に除草剤散布。つかれた。
 
6月10日(土)は晴。午後4時から「歯みんぐ21」リハーサル。
 
6月9日(金)は晴。イオンシネマ筑紫野3番にて午後3時55分からの「花戦さ」を見た。なんだか池坊の宣伝みたいな感じがしたが作品自体はまあまあの出來だった。☆☆☆☆・73点



戦国時代の華道家元・初代池坊専好のいけばな『前田邸の大砂物』の伝説に着想を得た時代小説を映画化。無二の友・千利休と互いに切磋琢磨しあう専好。しかし時の権力者・秀吉は利休や罪のない町衆の命を奪い、見かねた専好は彼にしかできない戦さを仕かける。監督は「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄。花をもって人々の心を救う池坊専好を映画界でも活躍する能楽師の二世野村萬斎が、権力を握り驕る豊臣秀吉を歌舞伎役者の四代目市川猿之助が演じる。池坊華道会が戦国〜安土桃山時代のいけばな作品を復元・製作。また、表千家不審菴、裏千家今日庵、武者小路千家官休庵の三千家が協力体制をとった。

京都・頂法寺六角堂の花僧・池坊専好(野村萬斎)は立花の名手で、天下統一を目指す織田信長(中井貴一)の前で花をいけ、居合わせた千利休(佐藤浩市)らの心をつかむ。思わぬ失態から信長の不興を買ってしまい打ち首になりかかるが、豊臣秀吉(市川猿之助)が機転をきかせ彼の危機を救った。それから十数年が経ち、秀吉は乱世をおさめ、専好と利休は無二の友として互いの道を高め合っていった。やがて天下人・秀吉の驕りが目につくようになり、利休を切腹に処し、専好を慕う町衆の命を次々に奪うように。見かねた専好は立ち上がり、前田利家邸を舞台に、花を用いて太閤秀吉に一世一代の戦さを仕かける。

また、DVD5枚借りてきた。
 
6月8日(木)は曇。「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の2度目の読了。500m泳いで、900m歩いた。
 
6月7日(水)は雨。診察に・検査・一応絶食していく。次いで映画化される東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を再読する。午後はプール、勘違いで450m泳いで、650m歩いた。夜北野が来た。
 
6月6日(火)は曇。お天気は下り坂。プールに行くかも。500m泳いで。600m歩いた。サンポートへ家内の手伝いに行った。荷下ろし。10月から廃棄料金が3倍になるようだ。東野圭吾の「片想い」の2度目の読了。性同一性障害のお花した。
 
6月5日(月)は晴。夜は例会。午後は映画には行かずに「片想い」を読んでいたが読了しない。例会は次の日曜日の行事の説明でいつもより遅くなった。
 
6月4日(日)晴。朝倉会総会に出席。2次会は5時過ぎまであった。総会の資料が届いた。
 
6月3日(土)は晴。映画に行くかもしれない。

イオンシネマ筑紫野3番にて午後2時45分からの「LOGAN ローガン」字幕を見た。最近何本か見た「X−MEN」シリーズのスピンオフだが、近未来のミュータントの悲哀を感じる作品でした。しかし、後継者もしっかり・・・。☆☆☆☆・79点



「X-MEN」シリーズに登場するウルヴァリン(別名ローガン)を主役にしたスピンオフ第3弾。ミュータントが絶滅の危機に瀕しローガンも治癒能力を失いつつある中、チャールズ・エグゼビアからミュータント唯一の希望である少女ローラを守るよう託される。ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリン最後の闘いを、「ウルヴァリン:SAMURAI」のジェームズ・マンゴールド監督が活写。これまでのシリーズ作に続きプロフェッサーX(チャールズ・エグゼビア)を『新スタートレック』シリーズ(1987〜1994)のパトリック・スチュワートが演じるほか、「ジェーン」のボイド・ホルブルックが敵役で出演。

近未来。ミュータントはほぼ絶滅してしまい、優れた治癒能力を持っていたローガン(ヒュー・ジャックマン)も今やその力を失いつつあった。そんな彼に年老いたチャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)から最後のミッションが託される。それは、絶滅の危機に瀕したミュータントに残された唯一の希望である少女ローラ(ダフネ・キーン)を守ることだった。強大な武装組織の襲撃を逃れながら荒れ果てた地を行く3人。その先には、想像しえぬ運命が待ち受けていた。

TSUTAYAにて「mother4.5.」をレンタルできた。4週ぶりくらい。始めに5巻借りておけばよかったのに。「mother4.5.」を一挙に見た。さすがに泣けた。
 
6月2日(金)は晴。午後は待合室ドアノブ取り替え・2時間以上かかった。プールには行かず。
 
6月1日(木)は曇。午後はプールに行くだろう。この月から1ヶ月ごとに書くことにする。簡単に紀行はここに書いて写真を付けるようにしたい。