〔ホーム〕〔上〕日記
 
2018年4月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4月20日(金)は晴。肩の痛みは、幾分かは収まっているがまだひどく痛い。本日は映画に行くのでプールを休むことにする。
 
4月19日(木)は晴。プールには行くつもり。1000m泳いで、400m水中歩行。帰宅してから右肩痛がひどくなって腕を上げるのも痛かった。
 
4月18日(水)は晴。気分はいいのでプールに行こう。夜は十文字の集会。1000m泳いで500m水中歩行。夜に詐欺のSMSが来て引っかかりそうになった。気をつけねば。
 
4月17日(火)は雨。プールには行かず。スニファー のシーズン2を見ていた。エピソード8間で見たが、終わりらしく区切りが良かった。シーズン1エピソード8は続きそうな終わり方であった。
 
4月16日(月)は晴。映画に行くかもしれない。

T-ジョイ久留米1番にて午後1時50分からの「名探偵コナン ゼロの執行人」を見た。久しぶりにコナンをスクリーンで見たが、大人が見ても楽しめるのがいい。時間帯にしては結構多かったと思う。人気があるようだ。細かい設定は詳しくないのでわからない。☆☆☆☆・75点



人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版第22弾。東京サミットの会場となる施設で爆破事件が発生。コナンは、事件の周囲に見え隠れする警察庁の秘密組織“ゼロ”所属の安室透の存在に気付く。やがて、証拠品に残された指紋が、毛利小五郎のものと一致する……。声の出演は『ワンパンマン』の高山みなみ、『機動戦士ガンダム』の古谷徹。

東京サミットの開催地となる東京湾の新施設、エッジ・オブ・オーシャン。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するというこの巨大施設で突如、大規模爆破事件が発生する。そこには、通称“ゼロ”と呼ばれる全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織に所属する安室透(声:古谷徹)の影があった。サミット当日ではなく、事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の謎めいた行動に違和感を覚えるコナン(声:高山みなみ)。その時、現場の証拠品に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎(声:小山力也)のものと一致してしまう。これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対するコナンと安室。果たして、謎の存在・安室透は、敵なのか、それとも味方なのか……?
 
4月15日(日)は晴。朝方まで雨だったようで、山には行かなかった。花壇の草取りなどをした。スニッファー シーズン18まで見た。シーズン2の1話は音声が出ない。2話は出る様だ。162円は払ったので損した気分。太陽熱温水器はまたせ樹間しなくなった。今度は壊れたしまったようだ。明日試してみる。1度くらいは修理して直らなければ使わなくするしかない。
 
4月14日(土)は曇。南地区の会員へFAXを送ること。夜は親和会。少し飲み過ぎたかもしれない。1000m泳いで、400m歩いた。
 
4月13日(金)は晴。映画に行こうと思う。花岡君が亡くなった。以前脳梗塞でたおれていたようです。14日通夜、15日は葬儀。選挙は事前投票。

T-ジョイ久留米3番にて「パシフィック・リム:アップライジング」吹替をみた。前作も見ていたが怪獣対イェーガーの戦いだ。最終戦は富士山でした。☆☆☆☆・74点


全世界でヒットを記録したアクション大作の続編。人類とKAIJUの死闘から10年。平穏を取り戻した地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現す。人類は、より洗練され、パワーアップした新世代の人型巨大兵器“イェーガー”でKAIJUに立ち向かう。出演は、「スター・ウォーズ」シリーズのジョン・ボヤーガ、「スクランブル」のスコット・イーストウッド、「キングコング 髑髏島の巨神」のジン・ティエン、「ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話」の菊地凜子、「ちはやふる」シリーズの新田真剣佑、「クリムゾン・ピーク」のバーン・ゴーマン、「サラリーマン・バトル・ロワイアル」のアドリア・アルホナ、「パシフィック・リム」のチャーリー・デイ。

人類とKAIJUの死闘から10年が経ち、地球には平穏が戻っていた。しかし、進化を遂げたKAIJUが再び現れ、世界を絶望の淵へと突き落す。若きパイロットたちは、よりスタイリッシュに洗練され、パワーアップを果たした新世代の人型巨大兵器“イェーガー”に乗り込み、KAIJUに戦いを挑む。
 
4月12日(木)は晴。プールに行ってみよう。1000m泳いで、400m水中歩行。Amazonビデオにて「スニッファー」字幕162円の1−2,1-3をみた。それなりに楽しめる。ウクライナ語はなじみがない。
 
4月11日(水)は曇。午後は胃の内視鏡検査なので絶食。朝食と昼食を絶食していたので空腹感があったプールは休んだ。。一応結果はひどい異常はないという所でした。夕方夏美ちゃんが来ていた。8月が出産だそうだ。今週の日曜日は次の補欠選挙と市長選挙がある。
 
4月10日(火)は晴。1000m泳いで400m水中歩行。

午後からAmazonビデオにて「ジュマンジ」字幕1996年をみた。今見ても楽しめる。SFXなど今の作品の方がやはり数段上ではあります。☆☆☆☆・74点


プレイの内容が現実に起こる不思議なゲーム盤を巡って展開する、ファンタスティックなSFXアドベンチャー。全てCGで描かれた象、ライオン、猿などの動物たちはじめ、アニマトロクス、特殊メイクなどの特殊技術のオン・パレード。監督はILMの特殊効果マン出身で「ミクロキッズ」「ロケッティア」のジョー・ジョンストン。童話作家クリス・ヴァン・オールズバーグの同名絵本(邦訳・ほるぷ出版刊)を基に、オールズバーグ、グレッグ・テイラー、ジム・ストレインが映画用ストーリーを作り、「ダイ・ハード3」のジョナサン・ヘンズリーが脚色。製作は「ターミナル・ベロシティ」のスコット・クループと、ウィリアム・タイトラー、エグゼクティヴ・プロデューサーはテッド・フィールド、ラリー・J・フランコ、ロバート・W・コート。撮影は「わんぱくデニス」のトーマス・アッカーマン、音楽は「ブレイブハート」のジェームズ・ホーナー、美術は「ロケッティア」「わんぱくデニス」のジェームズ・D・ビッセル、編集はロバート・ダルヴァ、特殊視覚効果はILMが担当。主演は「9か月」のロビン・ウィリアムズ。共演は「オンリー・ユー」のボニー・ハント、「若草物語」のキルスティン・ダンストほか。

1869年、深夜の森で2人の少年が大きな木箱を地中深くに埋めた……。1969年、製靴工場を営むニューハンプシャーの名家パリッシュ家の12歳になる一人息子アラン(アダム・ハン=バード)は気の弱い少年で、厳格な父サム(ジョナサン・ハイド)にいつも叱られていた。ある日、彼は工事現場の土中から、大きな木箱を掘り出す。それは「ジュマンジ」と書かれたゲーム盤で、アランはガールフレンドのサラ(ローラ・ベル・バンディ)とプレイをする。ところが、このゲームは投げたダイスの目に応じた結果が、実際に起こるのだった。アランはサラの目前で、ゲーム盤の中のジャングルの世界へと吸い込まれて消えてしまった。さらに26年後、アラン一家が住んでいた屋敷に、伯母ノーラ(ベベ・ニューワース)に連れられた、ジュディ(キルスティン・ダンスト)とピーター(ブラッドリー・ヒアース)の幼い姉妹が住むことになった。彼らは屋根裏部屋で「ジュマンジ」を発見し、さっそくプレイしてみる。だか、吸血蚊、猿、そしてライオンが出現してしまった。そこへ、ピーターの出した目のおかげで26年ぶりに生還したアラン(ロビン・ウィリアムズ)も現れる。彼は38歳になっていた。アランは狂喜乱舞するが、工場は倒産し、両親も既に数年前に他界していた。アランは姉妹と共にゲームを終了させて悪夢を終わらせようと決意。頑に拒むサラ(ボニー・ハント)を無理やり参加させ、ゲームは再開した。彼らの出す目により、屋敷中が人食い植物が覆い尽くすジャングルになり、アランを獲物と定めて執拗に追う英国人ハンターのヴァン・ペルト(ジョナサン・ハイド=二役)が現れたり、挙げ句にはゾウやサイ、シマウマといった動物たちが現れてスタンピード(大暴走)をはじめ、街はパニックとなる。3人は何とかゲームをやり続け、ついにアランが上がりとなった。その時、動物たちもジャングルもヴァン・ペルトも、全てゲーム盤に飲み込まれてしまう。気がつくと、幼いアランとサラは1969年の世界にいた。アランの両親も健在だった。ゲーム盤を川に流した2人はやがて結婚し、1995年のクリスマス・パーティーで、友人夫妻の子供、ジュディとピーターに再会した。その頃、どこかの国の海岸にゲーム盤が流れ着いていた……。
 
4月9日(月)は晴。T-ジョイ久留米1番にて午後2時からの「ジュマンジ・ウェルカム・トウ・ジャングル」吹替を見た。前作は見ていないが、これだけ見ても十分楽しめる。ゲームもしないけれどもゲーム感は少なく楽しめた。☆☆☆☆・76点


ドウェイン・ジョンソンが製作・主演を務めた「ジュマンジ」の続編。古いテレビゲーム“ジュマンジ”を発見した4人の高校生がそれをスタートさせたところ、全員がゲームの中に吸い込まれてしまう。果たして彼らは、ゲームをクリアして現実世界に戻れるのか?共演は「グースバンプス モンスターと秘密の書」のジャック・ブラック、「セントラル・インテリジェンス」のケヴィン・ハート。監督はローレンス・カスダンの息子で、「SEXテープ」のジェイク・カスダン。2018年3月30日〜4月5日にMX4Dおよび4DXでの先行上映開催。

学校で居残りをさせられていた4人の高校生が、“ジュマンジ”というソフトが入った古いテレビゲーム機を発見する。早速、プレイしようとキャラクターを選んだ途端、なぜか全員、ゲームの中に吸い込まれてしまう。その上、現実の自分とは身体も性格も、さらには性別までもが異なるキャラに入れ替わっていた。気弱で痩せたゲームオタクの男子は、ムキムキで勇敢な冒険家に。自撮り大好きなインスタ美少女は、まさかのヒゲを生やしたメタボ中年という衝撃的な姿に。しかも、彼らの目の前に広がる光景はジャングル。カバ、ジャガー、ゾウ、ヘビ、サイ……。現実世界に生きて帰るには、各自のスキルを使って、難攻不落のステージをクリアするしかない。だが、ライフは3回、使い切ればゲームオーバー。果たして彼らは、ゲームをクリアして、現実世界に戻ることができるのか……?

前作を見たくなった。
 
4月8日(日)晴。寒かったが。高速道には通行止めなどはなかった。蒲江の山に再び行った。今度は仙崎山の北西にある老久保山にまずいった。西側から仙崎林道を走ろうとしたが、ツツジ祭りがあっているので一方通行になっていたようです。案内は何もなかった。先日と同じルートを走ったが、仙崎地蔵尊のある場所への標識が間違っているに気づいた。多分場所を移したものではないかと思う。老久保山のフモト二あるのだがはじめは見落として林道を2週目でようやく到着。焼尾鼻方面からの方が随分近いのだが。お地蔵作業なの横から尾根を登ると老久保山山頂だ。次いで、よく見えている元猿山とした。マリーンカルチャーセンターは駐車場が閉まっていたので神社の横の道路の広いところにに駐車した。ここからガイドのように歩けば急登の北尾根経由で元猿山山頂だった。これは急登などあり私の足には骨だった。ここから自宅へ戻った。2時間20以上はかかる。旧を事前にしていなくて蒲江近くで気がついたので給油所探しをしたが、通り道にあって1安心だ。高速出口付近にもあるらしい。
 
4月7日(土)は曇。寒くなった。明日大分道が走ることが出来るか?プールに行きたいものだが。下水道工事の件がある。木下工業と下水の件で打ち合わせがあり、プールには行けなかった。
WOWOWを録画していた「ピーチガール」を見ました。山本美月が主演していたからですが、友人役で朝ドラ「半分青い」の主人公役の永野芽郁が出ていました。楽しみです。☆☆☆☆・70点

 
4月6日(金)は雨のち曇。映画に行くかも。

イオンシネマ筑紫野4番にて「トレイン・ミッション」字幕をみた。リーアム・ニーソン主演のアクション&サスペンスものだが、主役が高齢になったので迫力が?やや不足してきたような気もします。ラストはパニック映画並みでしたが、オチはナンだとおもうところでした。☆☆☆☆・75点



ラン・オールナイト」以来となる主演リーアム・ニーソン×監督ジャウム・コレット=セラのサスペンス・アクション。会社をリストラされた60歳のマイケルは、帰宅途中の電車の中で、乗客の中からある人物を見つけてほしいと見知らぬ女から持ちかけられる。出演は、「ディパーテッド」のヴェラ・ファーミガ、「オペラ座の怪人」のパトリック・ウィルソン、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のサム・ニール、「タイタンの戦い」のエリザベス・マクガヴァン、「ビバリーヒルズ・コップ」のジョナサン・バンクス、ドラマ『女刑事マーチェラ』のフローレンス・ピュー。

マイケル(リーアム・ニーソン)は、10年間勤勉に働き続けた保険会社を60歳でリストラされる。いつもの通勤電車で帰路につき、顔見知りの乗客に挨拶しながらも、頭の中は住宅ローンと息子の学費のことでいっぱいのマイケルの前に、見知らぬ女が座る。彼女は、乗客の中からある人物を見つけてくれれば10万ドルの報酬を払うと持ちかける。ヒントは、常連客ではない、盗品を隠したカバンを持っている、終点で降りる、プリンと名乗る、というもの。マイケルは高額の報酬に抗えず、元警官のスキルを駆使してその乗客を探し始める。しかし、さすがに無理だと諦めようとしたとき、妻と息子を人質に取られてしまう。やがて、“プリン”が重大事件の目撃者だと知ったマイケルが、あと数人まで絞り込んだとき、恐るべき陰謀が明らかになる……。
 
4月5日(木)は曇。プールは休んで、冬用タイヤの収納と除草剤散布。
 
4月4日(水)は晴のち曇一時雨。。車に積んだだけなのでプールの後に交換しよう。1000m泳いで400m水中歩行。夕方に冬用タイヤをノーマルタイヤに交換。夜は朝歯の臨時総会と例会、終了は午後9時30分頃すぎ。
 
4月3日(火)は晴。プールに行く予定。冬用タイヤを交換もしなくては。1000m泳いで800m歩いた。
 
4月2日(月)晴。転送の不調の原因はわかった。どこかがおかしくなっているが、手をかければ転送できるようだ。上村さんがアドバイスをくれた。。

T-ジョイ久留米2番にて午後1時50分からの「ペンタゴン・ペーパーズ」字幕を見た。歴代の大統領のベトナム戦争に関係する秘密文書を暴露したお話。この後にウォーターゲート事件が起きている。なかなかサスペンスのある社会派ドラマ作品だった。☆☆☆☆★81点



スティーヴン・スピルバーグ監督×メリル・ストリープ&トム・ハンクス初共演による社会派ドラマ。ベトナム戦争に関するアメリカ最高機密文書の存在を知った実在のジャーナリストたちをモデルに、政府の圧力に屈することなく世に出そうと奔走する姿を活写する。脚本は、本作で共同製作を務めるリズ・ハンナと「スポットライト 世紀のスクープ」のジョシュ・シンガー。撮影を「プライベート・ライアン」「ブリッジ・オブ・スパイ」のヤヌス・カミンスキー、音楽を「スター・ウォーズ」「シンドラーのリスト」のジョン・ウィリアムズが担当する。2018年3月29日、特別先行上映。

1971年。ベトナム戦争が泥沼化、アメリカ国民の間には疑問や反戦の気運が高まっていた。そんななか、アメリカ国防総省がベトナム戦争に関する経過や分析を記録したトップシークレットである文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。しかし、その後の記事は政府の圧力で差し止められてしまう。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたワシントン・ポストのキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)は、同紙の編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)らとともに、真実を明らかにすべく奔走。ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながらも連携、団結していくが、政府からの圧力はますます強くなり……。
 
4月1日(日)   山登りをする予定。不調になった原因は?リンクが開かなくなった。ファイル名も違っているようだ。転送されていないのかもしれない。

佐伯市蒲江の「赤石山」「背平山」2座は車で「高平山」「仙崎山」は遊歩道で登った。下山してきたのが午後2時を過ぎたので5座目はキャンセルした。