〔ホーム〕〔上〕日記
 
2018年5月
 
 
 
 
 
 
 
5月18日(金)曇。
 
5月17日(木)は晴時々雨。1000m泳いで、500m歩いた。
 
5月16日(水)は曇。プールはやすんだ。

イオンシネマ筑紫野4番にて午後3時25分からの「ホース・ソルジャー」字幕を見た。911の後、アフガニスタンでのタリバンに対する特殊作戦に参加した12名のお話です。ヒーローとして描いたのかもしれません。ラストに12名本人達の写真が登場します。☆☆☆☆・75点



最高機密とされてきたアメリカ同時多発テロ直後の米軍の戦いを、クリス・ヘムズワース主演で映画化。9.11発生の翌日、最前線部隊に志願したネルソン大尉は、12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバン勢力と共に敵拠点の制圧を命じられるが……。「シェイプ・オブ・ウォーター」のマイケル・シャノン、「素晴らしきかな、人生」のマイケル・ペーニャが共演。

アメリカ同時多発テロが発生した翌日の2001年9月12日。ネルソン大尉(クリス・ヘムズワース)は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。与えられたミッションは、12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍の協力を得て3週間でテロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧すること。だが、その行く手に立ち塞がる敵の数は5万。その上、将軍からは険しい山岳地帯で勝利を収めるための最大の武器は“馬”だと言い渡される……。
 
5月15日(火)は晴。3週間ぶりにプールに行った。用心して、600m泳いで600m水中歩行。結構疲れた。「トランスポーター  シリーズ」のDVDを借りてきてもらった。1を見た。2エピソード入って容結構楽しめました。
 
5月14日(月)は曇。午後12回生会。ニュー松屋。6月3日の朝倉会総会の日に12回生の懇親会をニュー松屋で開催するということになっていたようです。
 
5月13日(日)。清掃日。自分の出番。午後は雨。
 
5月12日(土)。旅行から帰宅。「パールファルコ伊勢」、「伊勢神宮内宮」「おかげ横丁」、高速道「関ドライブイン」にて昼食
 
5月11日(金)。旅行。びわ湖バレイで打見山に行ったのでニューピーク1座。蓬莱山は時間不足だった。よく計画すれば行けたかもしれない。鮎の郷にて昼食。「ラコリーナ近江八幡」、「太郎坊宮」階段上り。鳥羽シーサイドホテルに宿泊。
 
5月10日(木)。旅行。新幹線で新大阪。佐川美術館。琵琶湖大橋。浮御堂。びわ湖大津プリンスホテルに宿泊。レストランは37回で展望が抜群だった。
 
5月9日(水)。午前中に医院に行きたいものだが。薬をもらった。

T-ジョイ久留米1番にて午後2時からの「ラプラスの魔女」を見た。東野圭吾の原作は読んでいたが、評判通り、残念なできだった。脚本と三池監督のせいだろう。主役の櫻井翔はさえない。広瀬すずのほうが主役のようだった。☆☆☆・・68点〜☆☆☆☆・70点


東野圭吾の同名小説を、「ヤッターマン」以来のタッグとなる三池崇史監督・櫻井翔主演で映画化。自然現象による2つの不審死が連続して発生。警察から調査を依頼された大学教授・青江は事件現場を念入りに検証し、自然科学的見地から事件性を否定するが……。共演は、「ちはやふる」シリーズの広瀬すず、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰ほか。脚本は、ドラマ『半沢直樹』の八津弘幸。

事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での硫化水素中毒死という2つの不審死が連続して発生する。しかも、死亡したのは知人同士であった。警察からこの不可解な事件の調査を依頼されたのは、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)。一連の事件が事故ではなく、他殺であったなら、犯人は、完全無風状態になる一瞬をあらかじめ知っていて、その瞬間、致死量の硫化水素が発生する場所へピンポイントで被害者を誘導したことになる。そんなことは、“ラプラスの悪魔”でない限り不可能だった。封鎖された事件現場の地形や地質、気象などを念入りに検証した青江は、自然科学的見地から事件性を否定する。しかし、事件現場に現れた羽原円華(広瀬すず)が、その場で次に起こる自然現象を青江の目の前で言い当てていく。青江はなりゆきで円華と行動を共にすることになり、彼女が失踪した甘粕(福士蒼汰)という青年を探していることを知る。一方、警察は、何か不思議な力が備わっている円華が事件に関与しているのではないかと疑い始める。そして、第三の事件が発生する……。
 
5月8日(火)。耳鼻科に行ってみる。午後。5日分の薬をもらったが、抗生剤はもう服用したくないと思っている。
 
5月7日(月)は雨。久しぶりに映画に行きたいものです。

T-ジョイ久留米7番にて午後2次50分からの「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」吹替をみた。スーパーヒーロー大集合ですが・・・名前がイマイチ覚えていない。それと配役が以前から同じ役で出ている人が2〜3人しかいないのもわかりずらかった。これは続きがあるのは明らかな終わり方だった。予告編。”サノス”は戻ってく。次のもみたいものだ。☆☆☆☆★82点



マーベルコミックのヒーローたちによるドリームチームの活躍を描く「アベンジャーズ」シリーズ第3弾。世界を制圧する力を秘めた“インフィニティ・ストーン”を求め、悪の帝王サノスが地球へ降臨。アイアンマン、スパイダーマン、ハルクらが死闘を繰り広げる。出演は「アイアンマン」のロバート・ダウニーJr.、「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース、「スポットライト 世紀のスクープ」のマーク・ラファロ、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、「ドクター・ストレンジ」のベネディクト・カンバーバッチ、「スパイダーマン:ホームカミング」のトム・ホランド、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット、「ブラックパンサー」のチャドウィック・ボーズマン、「ヘイル、シーザー!」のジョシュ・ブローリン。監督は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。2018年4月26日、東京・札幌・名古屋・大阪・福岡にて先行上映。

6つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得ることができる“インフィニティ・ストーン”。その究極の力を秘めた石を狙う最凶にして最悪の敵“ラスボス”サノス(ジョシュ・ブローリン)が地球へ降臨。この危機にアイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)やキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、スパイダーマン(トム・ホランド)ら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”が集結。人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける……。
 
5月6日(日)は沖の一周忌。新築の法事用の離れがある「黒川海」。家内が送迎をした。妹の充子も。
 
5月5日(こどもの日)は山歩きしたいものだが。東野圭吾の新作が出版されているのを知った。短編集で「魔力の胎動」。注文は古書とした。

購入していたDVDにて「ハムレット」字幕を見ましたが、初めて通して見たようで、今までハムレットは名前だけ知っていたようです。主演と監督がローレンス・オリビィエとジーン・シモンズそれぞれハムレットとオフェリアを演じている。通して見たのは初めてだったが、格調高い作品です。古くさいといえば古くさいけれども。☆☆☆☆・78点




ヘンリー五世(1945)」に次いでローレンス・オリヴィエが製作・監督・主演したシェイクスピア劇映画で、フィリッポ・デル・ジュウディテェが製作指揮に任じた一九四七年作品。装置と衣装は「ヘンリー五世(1945)」の衣装デザイナーのロジャー・ファースがカーメン・ディランの協力を得て担当し、撮影は「ハングリー・ヒル」のデスモンド・ディキンソン、音楽は「ヘンリー五世(1945)」と同じくウィリアム・ウォルトンが作曲し、演奏はフィルハーモニア・オーケストラである。台本編修も同様アラン・デントが受持っている。オリヴィエのハムレットを囲って「大いなる遺産」のジーン・シモンズ。シェイクスピア劇俳優のベイジル・シドニー及びノーマン・ウーランド、「双頭の鷲」の舞台に出演したアイリーン・ハーリー、「ミスター人類」の舞台にオリヴィエを助演したテレンス・モーガン、「ヘンリー五世(1945)」のフェリックス・エイルマー、ジョン・ローリー、エズモンド・ナイト及びハーコート・ウィリアムス、「逢びき」のスタンリー・ホロウェイ、その他ピーター・カッシング、アンソニー・クェイル、ラッセル・ソーンダイッ等が出演する。


十三世紀のころとか、デンマークの王ハムレットは、庭園に眠っていて毒へびにかまれて亡くなったとか、王位は弟クローディアスが継ぎ、幾ばくもなくして前王妃ガートルードが新王と結婚した。前王の一子ハムレットはすでに成人しており、本来ならば王位に即くべきであろうが、新王にはばかってかと角の取さたも余り聞えない。王子ハムレットは一人憂愁に閉ざされ、あれほども父に愛されていた、が母が義弟と再婚してからは、彼は狂気じみた言行がある程である。重臣ポローニヤスの娘オフィリアに、王子が言寄っても彼女はその愛の言葉が本心やら戯れ言やら分らない。時しもハムレットの親友ホレーショがウイテンベルグから帰って来たが、彼の言葉でハムレットは父王の亡霊が、エルシノーア城の前の高台に現れると知り一夜亡霊と会って父は弟の為に毒殺されたこと必ず復しゅうをとげろと告げられる。かねての疑がいよいよ真実と知ったハムレットは復しゅうを決意するが証拠がない。そこで訪れた旅役者に「ゴンザゴ殺し」を演じさせると、王は見るに堪えず中止を命ずる。そしてポローニヤスにハムレットの本心を探らせると、ハムレットは間謀と思ってカーテン越しに刺殺す。父を殺されたオフィリアは悲しみの余り発狂した。ハムレットは王の命令でイギリスへ使者に赴いたが、王の奸計を知って引返すと、恋人オリフィアは川におぼれて死んでいた。父と妹を殺したのはハムレットと告げられて、ポローニヤスの一子レヤーチーズは王に願ってハムレットと御前試合を許される。クローディアスはレヤーチーズの剣尖に毒を塗り、さらに毒盃を用意する。レヤーチーズはハムレットと会って真実を知ると、試合をやめたいと思ったが、それもならず剣を交える。毒剣がカスリ創をハムレットに与えると、レヤーチーズは剣を取替え深傷を負いクローディアス王の奸計を告白して絶命する。ガートルード王妃は息子を死なせる罪を恐れて自ら毒盃を仰ぐ。ハムレットは一剣クローディアスを刺して復しゅうを遂げ、王位はノルウエイ王子フォーチンブラスに譲るとホレーショに後事を託して空しく息絶える。



4週間ぶりに山に行きました。九重町町田の中岳です。三町まで作業道がありますが、使われていなくて木イチゴやクマイチゴがはみ出ています。歩きました。登りは主に地形図の点線のコース。下りは主に作業道を下りました。帰宅する時に林道のコンクリとが破損しているとこについはまり左前輪タイヤの内側が切れていた。林道を占拠して交換したが、幸い車は来なかった。でも疲れる。予定通り交換手順もスムースにいった。タイヤを出し入れするのが面倒なのには困ったものだ。



 
5月4日(みどりの日)(金)は購入していたDVD「地上最大のショウ」字幕を見ました。1953年の作品です。カラーでした。昔見たことがあったと思いますが、楽しめました。いい作品です。☆☆☆☆・78点



「サムソンとデリラ」のセシル・B・デミルが1952年に製作・監督したテクニカラーのサーカス映画で、世界最大のサーカスといわれるリングリング・ブラザース=バーナム・アンド・ベイリー一座の協力によるもの。52年度のアカデミー作品賞とデミルにアーヴィング・サルバーグ賞が与えられた。フレドリック・M・フランク「サムソンとデリラ」、バリー・リンドン「スピード王(1950)」、シオドア・セント・ジョンの3人が書き下ろしたストーリイを、M・フランクとセント・ジョンにフランク・キャヴェット「ミズーリ横断」が協力して脚色した。撮影は「サムソンとデリラ」のジョージ・バーンズ、音楽はヴィクター・ヤングの担当。出演者は「ポーリンの冒険」のベティ・ハットン、「永遠のアンバー」のコーネル・ワイルド、TVスター、チャールトン・ヘストン、「南米珍道中」のドロシー・ラムーア、「渓谷の銃声」のグロリア・グレアム、「怒りの河」のジェームズ・スチュアート、この作品の製作補佐を兼ねるヘンリイ・ウィルコクスン「血闘」、ライル・ベトガー「武装市街」、ローレンス・ティアニイ「犯罪王ディリンジャ」らである。

世界最大のサーカスとして知られているリングリング・ブラザース=バーナム・アンド・ベイリー一座に、新しく空中曲芸の名人セバスティアン(コーネル・ワイルド)が加わることになった。この一座にはもともとホリー(ベティ・ハットン)という空中曲芸のスターが人気を集めており、ホリーはやがて来るセバスティアンに中央のリングを譲ることを快く思わなかった。ホリーを愛している座長のブラッド(チャールトン・ヘストン)にしても同じ気持ちなのだが、サーカスのためには仕方のないことだった。負けん気のホリーは芸の力でセバスティアンに勝とうと激しい稽古に励んだが、彼女の姿をいつも心配そうに見つめているのは道化師のバトンズ(ジェームズ・スチュアート)だった。彼は普段も扮装をおとしたことがなく謎の人物であった。一座に加わったセバスティアンは芸にかけても女にかけても相当の腕前で、踊り子のフィリス(ドロシー・ラムーア)などは彼の関心を買おうとつとめた。リングのホリイとセバスティアンの芸争いは1日ごとに激しくなり、とうとう無暴な芸を試みたセバスティアンは負傷してしまい、ホリイはまた中央のリングに返り咲いた。この頃からホリイはセバスティアンに同情をよせるようになり、ブラッドから遠ざかった。この様子を見た象使いの女エンジェル(グロリア・グレアム)はかねてからの想いを果たそうとブラッドに言いよったが、これを嫉妬した象使いのクラウス(ライル・ベトガー)は、ある日彼女を象に踏みつぶさせようとして、その場で馘になった。腹の虫のおさまらぬクラウスは、サーカス列車を襲って金を奪ったが、そのためサーカス列車は大衝突事故を起こした。多数の死傷者を出し、猛獣は逃げ出し、収拾のつかぬ混乱となり、ブラッドも重傷を負った。その時応急手当を買って出たのは仮面を脱いだバトンズだった。彼は元医者で不治の病に苦しむ妻を安楽死させ殺人罪に問われていたのだ。ブラッドは幸い一命をとりとめたが、バトンズはその場に来合わせた刑事(ヘンリイ・ウィルコクスン)に淋しくひかれて行った。ホリーは、指揮を取ることのできないブラッドに代わって、自ら采配をふるった。ブラッドがいつも言う「サーカスは1日も休んではならない」という標語をこの時はじめて実感した彼女は、近くの町で野外サーカスをかける準備をした。その当日、ホリーは一座の先頭に立って町回りをした。サーカス場には大勢の人だかり。ホリーとブラッドは今度こそ心から結ばれ
 
5月3日(憲法記念日)(木)は自宅待機。
 
5月2日(水)は雨。仕事ともなかったがプールもしばらく休むことにします。
 
5月1日(火)は晴。耳鼻科に行ってみた。蓄膿症になっているようだといわれて、1週間の内服薬。鼻を洗うと少しはすっきりした。連休中には一度くらいは山歩きをしたいものです。