〔ホーム〕〔上〕日記
 
2018年6月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6月22日(金)は晴。映画に行こうと思う。時間の都合でT-ジョイ久留米。
 
6月21日(木)は曇。1000m泳いで、500m水中歩行。本日は「夏至」だったようだ。
 
6月20日(水)は雨。映画に行くかも。娘から父の日のプレゼントに帽子をもらった。普段かぶれるか?

イオンシネマ筑紫野9番にて午後2時30分からの「ワンダー 君は太陽」字幕を見ました。今回は珍しく家内も見ました。いかにも涙なしでは見られないということの様でしたが、その通りでしたが、思ったほどではなく、良かったという所です。結構涙もろいところがあります。実話ではなく小説の原作がある様です。☆☆☆☆★81点



「ルーム」で注目を集めた子役、ジェイコブ・トレンブレイ主演で、R・J・パラシオのベストセラー小説を映画化。遺伝子疾患により、他の人と違った顔立ちで生まれた少年オギー。自宅で過ごしてきた彼は、10歳から他の子たちと同じ学校に通い始めるが……。「マイ・ファニー・レディ」のオーウェン・ウィルソン、「マネーモンスター」のジュリア・ロバーツが共演。監督は「ウォールフラワー」のスティーヴン・チョボスキー。

10歳のオギー・プルマン(ジェイコブ・トレンブレイ)は、「スター・ウォーズ」が大好きで、宇宙飛行士に憧れる男の子。だが彼は、普通の子とは少し違う見た目をしていた。遺伝子の疾患で、他の人とは異なる顔で生まれてきたのだ。そのため、27回もの手術を受け、一度も学校に通わないまま自宅学習を続けてきた。ところが、母親のイザベル(ジュリア・ロバーツ)は、“まだ早い”という夫のネート(オーウェン・ウィルソン)の反対を押し切って、オギーを5年生の初日から学校に通わせることを決意する。夏休みの間、イザベルに連れられて校長先生に会いに行くオギー。トゥシュマン校長先生(マンディ・パティンキン)の“おケツ校長だ”という自己紹介に、オギーの緊張はややほぐれる。だが、“生徒が学校を案内する”と聞き、動揺。 紹介されたのは、ジャック・ウィル(ノア・ジュプ)、ジュリアン(ブライス・カイザー)、シャーロット(エル・マッキノン)の3人。いかにもお金持ちのジュリアンは、“その顔は?”と聞いてくる。毅然とした態度を取るオギーだったが、帰宅後は元気がない。イヤならやめてもいいと言いかけるイザベルに、“大丈夫、僕は行きたい”と答え、学校に通い始めるが……。
 
6月19日(火)は雨。1000m泳いで300m歩いた。疲れた感じが下。会員権(1)を更新。株式会社ネクストが来たが断った。
 
6月18日(月)は雨。映画に行く予定。大阪で地震があった。疲れていたので居眠りするかもわからないので映画には行かずに久しぶりに昼寝をしてしまった。20日に行くかもしれない。下水道工事はコンクリートをうった。
 
6月17日(日)は晴。蒲江の「高森山」へいった。もう一座くらい行く予定にしていたが、この山で時間がかかりすぎ、疲れたのでニューピークは1座として帰宅。ひょうこうはあまりないのだが、登山口から山頂までの距離がありアップダウンが多く、また山歩きも久しぶりだっので疲れた。下山したのは12時30分頃だった。次の登山開始が午後1時過ぎになりそうなのと疲れていたのでここから帰宅した。午後3時半頃には自宅。



息子から父の日のプレゼントあり。
 
6月16日(土)。午後は朝倉歯会の総会。総会は無事終了。この後は懇親会。
 
6月15日(金)は晴。映画に行こう。「空飛ぶタイヤ」が公開される。辻村深月の「かがみの孤城」本屋大賞を読了。子どもが主人公で私には合わない作品だった。

イオンシネマ筑紫野2番にて午後2時25分からの「空飛ぶタイヤ」を見た。原作とほとんど同じで細かいところが省かれていると言う脚本のようだ。原作を2度読んだばかりで中身を覚えていたのでサスペンス感はうすかった。。☆☆☆☆・75点



直木賞作家・池井戸潤によるベストセラー小説を「超高速!参勤交代」の本木克英監督が長瀬智也主演で映画化。ある日突然起きたトラックの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松は車両の欠陥に気づき、製造元・ホープ自動車に再調査を要求するが……。共演は「結婚」のディーン・フジオカ、「嘘を愛する女」の高橋一生、「超高速!参勤交代」の深田恭子、「団地」の岸部一徳、「散歩する侵略者」の笹野高史。脚本を「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」の林民夫、撮影を「ソロモンの偽証」の藤澤順一、音楽を「エルネスト」の安川午朗が担当する。

よく晴れた日の午後。1台のトラックが起こした事故によって主婦が死亡。事故を起こした運送会社社長の赤松徳郎(長瀬智也)は、走行中のトラックから突然タイヤが外れたことによる事故だと警察から聞かされる。整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングを受ける日々のなか、赤松はトラックの構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車販売部カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)へ再調査を要求する。同じ頃、ホープ銀行本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始していた。遅々として進まない状況に苛立ち、赤松は自らの足で調査を始めるが、やがて、大企業のリコール隠しがあったことを突き止める。赤松は親から引き継いだ会社や社員、そして家族を守るため、何よりも自らの正義のために巨大企業に戦いを挑むのだが……。
 
6月14日(木)は曇。1000m泳いで、300m水中歩行。
 
6月13日(水)は晴。1000m泳いで、300m水中歩行。はじ゛めはゆっくり泳ぐべし。
 
6月12日(火)は晴。1000m泳いで500m水中歩行。はじめに力を入れすぎたようで、スピードは出たが、息切れがした。はじめは予備運動のつもりでゆっくり泳ぐこと。後半は自由にしても?良いかもしれないが。
 
6月11日(月)はついに雨。昨日ルンバが鉢置き場に侵入して故障したようだ。電源が入らない。何か異音がする。バッテリーを外す必要があるようだ。一応修理に出すことにした。佐川急便。金曜日午前中。午後1時半。下水管設置の完成検査があったので遅くから映画に行った。家内もいったが買い物をしていた。帰りに外食。

T-ジョイ久留米3番にて午後4時10分からの「羊と鋼の森」をみた。森のイメージにこだわり、音楽にこだわった作品になっているようです。内容的には原作を読んだときに感じた面白さがあまり感じられなかった。山崎賢人も上手い俳優とは言いがたいところがある。☆☆☆☆・74点としておきます。



第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説を原作に「orange -オレンジ-」の橋本光二郎監督が映画化。高校生の時、ピアノ調律師・板鳥と出会い、念願の調律師として働き始める外村。恩師や先輩、双子の姉妹に囲まれながら、外村はひたすら音と向き合ってゆく。新米調律師の外村直樹を「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の山ア賢人、外村が憧れる調律師・板鳥宗一郎を「葛城事件」の三浦友和、外村の先輩・柳を「忍びの国」の鈴木亮平、ピアニストの高校生姉妹・和音と由仁を実の姉妹である「ちはやふる」の上白石萌音と、「ハルチカ」の上白石萌歌が演じる。脚本は「高台家の人々」の金子ありさ。音楽を「リバーズ・エッジ」の世武裕子が務める。

北海道の田舎で育った外村直樹(山ア賢人)は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎(三浦友和)と出会う。彼の調律したピアノの音に生まれ故郷と同じ“森の匂い”を感じた外村は、調律の仕事に魅せられ、その世界で生きていこうと決意。専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働き始める。いちばん年齢が近く兄のような存在である先輩・柳(鈴木亮平)に付きながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、ある日、高校生姉妹、和音(上白石萌音)と由仁(上白石萌歌)に出会う。柳の調律したピアノを二人が弾くと、和音の音は端正で艶やかな音を奏で、由仁は明るく弾むような音色になるのだった。ときに迷い、悩みながらも、ピアノに関わる多くの人に支えられ、外村は調律師として人として逞しく成長していく……。
 
6月10日(日)は曇。歯ミング21のためにフレアス甘木へ。口腔ケア用品陳列場の係を引き受けたので、表彰式の会場にはいなかった。雨がなくて良かったという所だ。


 
6月9日(土)は晴。1000m泳いで500m水中歩行。午後4時から明日の準備。フレアス甘木。
 
6月8日(金)は雨。映画に行きたいが。

イオンシネマ筑紫野1番にて午後2時35分からの「万引き家族」を見た。パルムドール受賞作品で公開日なのでいつもより観客が多い。作品は意外に静かに進行していく。家族とは・・・・?☆☆☆☆★84点



「三度目の殺人」の是枝裕和監督長編14作目。東京の下町で、犯罪で生計を立てている貧しい一家。ある日、父・治と息子・祥太は万引きの帰り道、凍えている幼い女の子を見つけ、連れて帰る。体じゅうの傷から境遇を察した妻・信代は、家族として受け入れる。出演は、「美しい星」のリリー・フランキー、「DESTINY 鎌倉ものがたり」の安藤サクラ、「ちはやふる」シリーズの松岡茉優、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の池松壮亮、「64 ロクヨン」前後編の緒方直人、「ちょっと今から仕事やめてくる」の森口瑤子、「あゝ、荒野」前後篇の山田裕貴、「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE『富美子の足』」の片山萌美、「今夜、ロマンス劇場で」の柄本明、「彼女の人生は間違いじゃない」の高良健吾、「怒り」の池脇千鶴、「海よりもまだ深く」の樹木希林。第71回(2018年)カンヌ国際映画祭にてパルムドール受賞。

再開発が進む東京の下町のなか、ポツンと残された古い住宅街に暮らす一家。日雇い労働者の父・治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は、生活のために“親子”ならではの連係プレーで万引きに励んでいた。その帰り、団地の廊下で凍えている幼い女の子を見つける。思わず家に連れて帰ってきた治に、妻・信代(安藤サクラ)は腹を立てるが、ゆり(佐々木みゆ)の体が傷だらけなことから境遇を察し、面倒を見ることにする。祖母・初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らす一家は、JK見学店でバイトをしている信代の妹・亜紀(松岡茉優)、新しい家族のゆりも加わり、貧しいながらも幸せに暮らしていたが……。
 
6月7日(木)は晴。1000m泳いで500m水中歩行。40分弱で泳いだと思う。第1生命。
 
6月6日(水)は曇。内科へ検診。採血をした。

イオンシネマ筑紫野4番にて午後1時55分からの「恋は雨上がりのように」をみた。原作の漫画はしりませんが、評判が良さそうだったので見たものです。小松菜奈の高校生と大泉洋のバツイチ中年男の恋?ベタベタせずにすっきりしたお話にまとまっています。☆☆☆☆・78点



眉月じゅんの恋愛漫画を原作に、女子高生とファミレス店長との恋模様を小松菜奈・大泉洋主演で綴る。怪我で陸上の夢を絶たれたあきらは、28歳も離れたアルバイト先の店長・近藤に恋心を抱くように。彼女の思いは、二人が自分自身と向き合うきっかけとなる。2015年度コミックナタリー大賞第2位をはじめ各賞にランクインした同名漫画を、「帝一の國」の永井聡のメガホンで映画化。共演は「パーフェクト・レボリューション」の清野菜名、大泉とともに演劇ユニットTEAM NACSに所属する戸次重幸、「嫌な女」の吉田羊ほか。

高校2年生の橘あきら(小松菜奈)は、アキレス腱を負傷し陸上の夢を断念せざるをえなくなる。偶然訪れたファミレスで放心するあきらに店長の近藤正己(大泉洋)が優しく声をかけたことをきっかけに、あきらはその店でアルバイトを始めた。28歳も年上のバツイチ子持ちの近藤にあきらは密かに恋心を抱くが、近藤は一見クールな佇まいの彼女から好意を持たれているとは思ってもいなかった。近藤への思いを募らせついに告白するあきら。しかし近藤は戸惑い、彼女の思いをそのまま受け止めることができない。それでもあきらの真っ直ぐな思いは、二人の心の距離を縮めていく。陸上と向き合うことを避けてきたあきらとかつて抱いていた小説家の夢から目を背けてきた近藤の関係は、それぞれ自分自身を見つめなおすきっかけとなる。
 
6月5日(火)は雨。1000m泳いで300m歩いた。ネクストの訪問があった。
 
6月4日(月)は晴。夜は例会。

T-ジョイ久留米1番にて午後1時55分からの「デッドプール2」吹替を見た。結構、ハチャメチャなストーリーでもあるが、それなりに楽しめました。X・フォースはまだまだ続きそうです。☆☆☆☆・78点


マーベル・コミック発の異色ヒーローを前作に続きライアン・レイノルズが演じた、「X-MEN」シリーズのスピンオフ。恋人ヴァネッサの希望でマシーン人間ケーブルから謎の力を秘めた少年を守ることにしたデッドプールは、特殊能力を持つメンバーを集める。監督はスタントマン出身で「ジョン・ウィック」や「アトミック・ブロンド」を手がけたデヴィッド・リーチ。主演のライアン・レイノルズは本作でもプロデューサーを兼任している。前作からのキャスト陣に加え、未来から来たマシーンと人間が合体したケーブルを「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のジョシュ・ブローリンが、運を操る力を持つドミノをドラマシリーズ『アトランタ』のザジ・ビーツが演じる。

最愛の恋人ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)を取り戻し、お気楽な日々を過ごすデッドプール(ライアン・レイノルズ)。そんな彼の前に未来から来たマッチョな機械人間ケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れ、謎の力を秘めた少年の命を狙う。ヴァネッサの希望もあり少年を守ることにしたデッドプールは、ケーブルに立ち向かうため、仲間を集めることに。特殊能力を持つ者たちとスペシャルチーム『エックス・フォース』を結成するが……。
 
6月3日(日)は朝高12回生の懇親会が12時30分から松屋ガーデンパレスにて開催。2次会にも参加。いつものメンバーにてたくしーで帰宅。朝倉会総会には欠席した。

 
6月2日(土)は晴。快晴だ。1075m泳いで300m歩いた。
 
6月1日(金)は晴。1000m泳いで500mの水中歩行。選定はしなかった。