〔ホーム〕〔上〕日記
 
2018年7月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月17日(火)は曇。
 
7月16日(月)は晴。プールは休み。山には行けない。家にいた。洗濯物を干したり。どこにも出かけず。下水工事は終わったようだ。
 
7月15日(日)は晴。尾ヒロ頃プールに行ったが、樋岡さんがこちらに来ていると電話があったので500m泳いで上がった。Pポートの駐車場で会ってからジョイフル駅前見せて昼食をしながら午後四時頃まで話を下流背振山に行くということで分かれた。初めてお会いしたがなかなかの人物だ。長年の願望が叶いました。
 
7月14日(土)は晴。今日も暑くなりそうだ。プールは休んだ。
 
7月13日(金)は薄曇。家内は医院に行く。運転手は長男の嫁に頼んだ。一応午前中は仕事をしている。毎週金曜日の午後は映画に行っているが、行けないようだ。帰りが2時過ぎになるというのでその間プールに出かけた。1000m泳いで300m水中歩行。結局骨折などはなく変形性膝関節症という病名が書かれていた。時間がたてば収まるだろうということのようですが、あまり歩けないので外出は控えなければならないようだ。連休も自宅にいることになりそうだ。
 
7月12日(木)は曇。午後娘が来ていたのでプールに行くことが出来た。1000m泳いで500m水中歩行。夕方2時間くらい昼寝をしてしまった。
 
7月11日(水)は晴。1000m泳いで、300m水中歩行。プールから帰宅すると家内が足が痛くて歩けなくなったというので、志恩病院へ連れて行った右足が痛いので運転には危ない。金曜日の朝にMRIを撮ることにして松葉杖をついて帰宅した。建てないので何も出来ないようだ。原因は月曜日に何かあったようで次第に痛くなってきたようだった。原因は今は不明。金曜日は息子の連れが病院に連れて行くことになった。7月19日の日帰りツアーはキャンセルとなった。
 
7月10日(火)は晴。1000m泳いで、400m歩いた。前山君からお中元が届いた。
 
7月9日(月)は晴。久しぶりに晴れた。しばらく雨は降らないようだ。

T-ジョイ久留米8番にて午後2時10分からの「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」字幕を見た。5月頃から公開されていたようだが、こちらでは公開されたばかりだ。子どもが主役の様です。母親もそれなりの母親だ。評価は結構高いようですが、残念ながら、私にはイマイチの作品でした。見た人が話しているのが聞こえて来ました。「万引き家族」似ているような気もするという人もいました。そういう場面も多々あったような気もします。ラストが総ての様な気もしますが、飲み込みませんでした。ディズニー・ワールドが登場します。近くに住んでいたのです。☆☆☆・・69点



第90回アカデミー賞助演男優賞ノミネートほか多数の映画賞を席巻したドラマ。フロリダのディズニー・ワールドの外側にある安モーテルで、母ヘイリーと暮らす6歳のムーニーは夢のような日々を送っていた。だが、ある出来事によって現実が影を落とし始める。監督・共同脚本は、「タンジェリン」のショーン・ベイカー。出演は、本作で放送映画批評家協会賞最優秀若手俳優賞などを受賞した子役のブルックリン・キンバリー・プリンス、「オリエント急行殺人事件」のウィレム・デフォー。

6歳のムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)は、フロリダのディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテル“マジック・キャッスル”でママのヘイリー(ブリア・ヴィネイト)と暮らしている。ある日、隣のモーテルに同年代の女の子ジャンシー(ヴァレリア・コット)が越してきたと聞くと、仲良しの男の子スクーティ(クリストファー・リヴェラ)たちとモーテルに向かい、彼女のおばあちゃんの車にいたずらをして大目玉をくらう。ムーニーたちはジャンシーを仲間に加え、安モーテルや土産物店が立ち並ぶハイウェイ脇のエリアを探索。マジック・キャッスルに戻ると入室禁止の部屋に忍び込み、モーテル中の電気をストップさせる。モーテルの管理人ボビー(ウィレム・デフォー)はムーニーたちを叱るが、子どもたちは悪びれる様子もない。ムーニーは失業したヘイリーを助けるため、ダイナーで働くスクーティの母アシュリーからワッフルをもらったり、教会のフードドライブで食料をもらったりしていた。次の仕事が見つからないヘイリーは、リゾートホテルの前でニセの香水を売り始める。ある日、ムーニー、スクーティ、ジャンシーは古い空き家だらけのエリアへ冒険に出かける。荒れた家で暖炉を見つけたムーニーは、ライターを持っていたスクーティに火を点けてほしいと頼む。3人は親には内緒の約束をして別れる。モーテルに戻ると、ヘイリーが火事に大はしゃぎしていた。スクーティの様子がおかしいことに気づいたアシュリーは真相を知り、ムーニーと遊ぶことを禁ずる。スクーティ親子の態度が変わったことに気づいたヘイリーはアシュリーを問い詰めるが、理由は分からない。モーテルに居住は許されないというルールのため、ヘイリーとムーニーは月1回、向かいのモーテルに滞在する。しかし10ドルの値上げを言い渡されトラブルに。行き場がなくなった二人を受け入れてくれたのは、ジャンシーのおばあちゃんだった。香水売りも取り締まられたヘイリーはある決意をする。
 
7月8日(日)は曇時々晴や雨。。一斉清掃日は来週に延期になった。日曜日だが研ぎ時雨も降るので山にはいけない。休日のプールに初めて行ってみた。お昼頃に行ったがなんとか泳ぐことが出来た。1200m泳いで300m水中歩行。映画を見たりした。
 
7月7日(土)は曇。末妹の誕生日だった。彼女は59才で逝去した。生きていれば70才と言うところだ。1100m泳いで、300m水中歩行。
 
7月6日(金)は雨。極端な大雨だった。各地で被害も多く出ているようだ。プールにも映画にも行かず。映画は見たい作品の上映時間が合わなかった。録画したものやDVDの映画を見た。南の方は浸水が多かった様だ。自宅付近は無事。
 
7月5日(木)は雨。1000m泳いで、300m水中歩行。
 
7月4日(水)は晴。鉢類は一応無事だった。昼間は内科、夜は例会。1000m泳いで300m水中歩行。はじめは多かった。
 
7月3日(火)は雨。台風が接近していますが、その合間にプールへ。1100m泳いで300m水中歩行。台風前で意外と少なかった。鉢を一部かたづけた。先日の山歩きをアップした。
 
7月2日(月は曇。映画に行く?

T-ジョイ久留米5番にて午後2時10分からの「パンク侍 斬られて候」を見ました。宮藤官九郎の脚本という所だったが、現代劇風な時代劇にはイマイチで残念な出来でした。題名の通りの結末でした。☆☆☆・・68点




町田康の異色時代小説を「新宿スワン」の綾野剛主演、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の宮藤官九郎脚本、「狂い咲きサンダーロード」の石井岳龍監督で映画化。江戸時代、隠密ミッションを巡り10人の男たちが腹の探り合いを展開する。出演は、「君の膵臓をたべたい」の北川景子、「OVER DRIVE オーバードライブ」の東出昌大、「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」の染谷将太、「クソ野郎と美しき世界」の浅野忠信。

江戸時代。ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを"超人的剣客"と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが…。発令される隠密ミッションを巡って、クセもの12人が、繰り広げる腹の探り合いと、“1人の女”をめぐる恋の行方。そして、謎の猿将軍が語り出す驚愕の真実とは……。
 
7月1日(日)は晴れ。除草剤巻き。山には行かず。昨日が大雨だった。