〔ホーム〕〔上〕日記
 
2018年9月
 
 
 
 
 
 
9月25日(火)は晴。
 
9月24日(月)は(振替休日)曇後雨。本覚寺で法要。午後1時半から。墓参り、甘木と久留米。
 
9月23日(日)は晴。600mはクロール、900mはプルブイ泳ぎ、100mは水中歩行。夕方は短距離の散歩。

録画していた「プレデターズ」吹替を見た。この作品は見ていなかったようだ。これを見てから新作を見た方がよかったかもしれない。☆☆☆☆・72点



プラネット・テラー in グラインドハウス」のロバート・ロドリゲス製作のもと、惑星に集まった戦闘のエリートたちと新生プレデターの壮絶なバトルを描くSFアクション。メガホンを取るのは「アーマード 武装地帯」のニムロッド・アーントル。出演は「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」のエイドリアン・ブロディなど。

傭兵、囚人、暗殺団の一員など、様々な戦術を備えた一流の殺し屋たちが、ある地球外生命体によって理由も分からぬまま惑星に集められる。彼らは、まさに全員が“最強の人類”といえる戦闘のエリートであり、冷血な殺人鬼であった。そんな集団をしぶしぶ率いることになったロイス(エイドリアン・ブロディ)は、実は全員が地球外生命体に選ばれた獲物であることに気付く。異常なまでの戦闘能力と進化した武器を装備した無数のプレデターたちが、彼らに襲いかかってくる。最後に生き残るのは、果たしてプレデターか人類か……。
 
9月22日(土)は松田家の法事。会食は小野屋であった。
 
9月21日(金)は雨。イオンシネマ筑紫野1番にて午後2時50分からの「スカイスクレイパー」字幕を見ました。これも中国の香港が舞台です。高層ビルの火災ですが、高所でのハラハラドキドキ感はたまりませんでした。いろいろと目をつぶるべき所は多いのですが、やはり目をつむることにします。☆☆☆☆・75点



「ジュマンジ」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演のアクション。超高層ビルのセキュリティ監査のため、高層階で家族と暮らす元FBIのウィル。ある日、ビルが爆破され、ウィルにテロリストの容疑がかかる。しかし、彼はビルに残った家族の救出に向かう。監督は、「セントラル・インテリジェンス」のローソン・マーシャル・サーバー。出演は、「スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション」のネーヴ・キャンベル、「フライト・リミット」のパブロ・シュレイバー、「ゴースト・イン・ザ・シェル」のチン・ハン。

香港、ビクトリア湾の一角にそびえ立つ1000m超えの史上最大の超高層ビル、ザ・パール。ビルの安全性を証明するため、元FBI人質救出チーム隊長で、当時起きた事件によって片足を失い義足となったウィル・ソーヤー(ドウェイン・ジョンソン)とその家族が98階で暮らしている。ある日、ビルのオーナー・ツァオからビルの安全管理システムを24時間以内に分析するよう依頼されたウィルは、ビルのアクセス権限のマシンコードを託されるが……。
 
9月20日(木)はプールは休んだ。夕方家内と散歩。
 
9月19日(水)は午前10時近くなってからホテルを出た。皆さんは午前8時頃から金沢散策。ホテルから金沢駅まで歩いてみた。結構あった。←クリック・コース概念図1時すかんかかった。予定より一つ速いバスに間に合ったりで少し早く高速甘木に着いた。
 
9月18日(火)皆さんと福井の観光。丸岡城と恐竜博物館、永平寺がハイライトだ。昼食会場に帽子を忘れたので恐竜博物館で新しいのを購入。夕方は金沢城などの散策。だいぶ歩いて疲れた。東急ホテルに宿泊して懇親会やカラオケあり、楽しんだ。
 
9月17日(月)(敬老の日)は晴。福井で14期生会があるので出席、新幹線とサンダーバードで福井まで現地で松田光吉君と会う。昼食後しばらく福井市内などを案内してもらう。「足羽山公園」芦原温泉、など最後は会場まで送ってもらった。夜は懇親会会員は10数名の参加者だったがこじんまりしてこれもまたよかった。世話人は小笠原君でごくろうさまでした。藤井君と同室だった。
 
9月16日(日)は晴。遅くから竹田方面へいった。まず、騎牟礼山(騎牟礼城址)、鴻巣台、蛇塚、高鼻とニューピーク4座としておきます。早く帰宅しました。明日の旅行の用意をするために。
 
9月15日(土)は曇。1200m泳いで、300m水中歩行。半分くらいはプルブイ使用。
 
9月14日(金)は曇。映画に行くかもしれない。

T-ジョイ久留米3番にて午後2時50分からの「ザ・プレデター」2D字幕を見た。異星人のプレデターとの戦い?だったが、また、続きを作りそうな雰囲気だった。☆☆☆☆・75点



1987年制作のSFアクション映画「プレデター」続編。元特殊部隊員で現在は傭兵のクインがメキシコで手に入れた謎の装置を、息子ローリーが見つけて起動させてしまう。それは、好戦的な異星人プレデターを地球に呼び寄せるシグナルを発信する装置だった。監督は、「アイアンマン3」のシェーン・ブラック。出演は、「LOGAN/ローガン」のボイド・ホルブルック、「X−MEN: アポカリプス」のオリヴィア・マン、「ワンダー 君は太陽」のジェイコブ・トレンブレイ。

元特殊部隊員で現在は傭兵のクイン(ボイド・ホルブルック)の息子ローリー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、父がメキシコで手に入れた謎の装置を箱の中から見つける。ローリーは装置を起動させてしまうが、それは地球にプレデターを呼び寄せるシグナルを発信する装置だった。プレデターと接触したことで、クインは事実を隠匿しようとする政府の極秘機関に監禁されてしまう。彼は、ルーニーズと呼ばれるならず者の兵士たちと共に脱走し、危機が迫っている息子と人類を救おうとする。再び人類の前に姿を現したプレデターは、他の種のDNAを利用して遺伝子レベルでアップグレードしており、以前よりも強く、賢くなっていた。さらに、通常のプレデターをもはるかに上回る圧倒的なパワーを秘めた、“アルティメット・プレデター”までもが出現し、人類に襲いかかる……。

予約していたが予約が先日見た作品になっていた。劇場で交換してもらった。帰宅して家内と散歩した。
 
9月13日(木)は曇。1200m泳いで、300m水中歩行。このうちプルブイ使用は700m位。ひょうたん型の向きを変えて付けると浮力を調整できるようだ。次回は確かめてみようと思う。説明書をよく読んでいなかったようだ。夕方家内と散歩。
 
9月12日(水)は曇。1000m泳いで500m水中歩行。腰を上げて泳ぐのはきつい。休む時間が長くなったような気がする。時間がかかる。プルブイを忘れていた。夕方、家内と散歩。
 
9月11日(火)は晴。1000m泳いで300m歩いた。多かった。プルブイを使ってみた。今後は時々使うだろう。腰が上げる感覚がつかめる良いと思う。若干の庭仕事。プルブイが届いた。

2,484円
 
9月10日(月)は晴。映画はどうするか?プルブイを注文。

T-ジョイ久留米7番にて午後3時からの「累 かさね」をみた。丁度見る予定の作品がなかったので、キネ旬の評価などを参考にして興味のある俳優の出演している作品とした。原作は未読。顔が入れ替わるお話はいろいろあるけれども、口紅とキスで入れ替わるなど現実の話とはかけ離れている。傷のある方が結構な顔に見えて、ホラーのような感じもします。思ったより楽しめる作品だった。☆☆☆☆・74点



松浦だるまの同名コミックを実写映画化。伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、醜い容姿を恨み続けて生きてきた累。母は累に、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を遺していた。累は、美貌に恵まれながら花開かずにいる女優・ニナと出会う。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。出演は、「となりの怪物くん」の土屋太鳳、「心が叫びたがってるんだ。」の芳根京子、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕、「ママレード・ボーイ」の檀れい、「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信。

淵累(芳根京子)は伝説の女優・淵透世(檀れい)を母に持ち、母親ゆずりの天才的な演技力を持って生まれながらも、容姿は母に似ず、顔の大きな傷にも強いコンプレックスを抱いていた。そんな彼女に、母は一本の口紅を遺した。その口紅は、キスした相手の顔を奪い取ることができる不思議な力があった。一方、美貌に恵まれながら、決して他人には言えない理由により花開かずにいる舞台女優・丹沢ニナ(土屋太鳳)は、女優として大成することに異常な執念を募らせていた。ある日、累は、透世に世話になっていたという男・羽生田(浅野忠信)を通じてニナと出会う。互いに自分に足りない部分を埋めるように導かれた二人は、口紅の力を借りて入れ替わることを決断する。ニナの美貌と累の演技力を兼ね備えた完璧な女優“丹沢ニナ”は一躍脚光を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。しかし、二人が恋に落ちた演出家・烏合(横山裕)を巡り、秘密の共同作業に亀裂が生じる。
 
9月9日(日)は雨。道路清掃日にでた。雨の中で鍬が壊れたのであまりしなかった。プールは割とすいていた。1500m泳いで500m歩いた。
 
9月8日(土)は時々雨。1500m泳いで300m水中歩行。プールは割とすいていた。夕方課内と散歩。
 
9月7日(金)は曇。映画に行きたいものだ。映画から帰宅して家内と散歩した。

イオンシネマ筑紫野2番にて午後2時20分からの「MEG ザ・モンスター」字幕2Dをみた。巨大サメ”メガドロン”の作品だが怪獣映画も同然の作品だった。中国の近海が舞台の様で、中国映画の様?でした。ロケ地も現地ロケではないような所もあったようです。でもジェイソン・スティサムはいい。☆☆☆☆・74点



ジェイソン・ステイサム主演で、現代に甦った太古の超巨大ザメ“メガロドン”の恐怖を描く海洋パニック。人類未踏の地・マリワナ海溝を超える深海の調査に向かった研究チームが、事故に遭遇。深海レスキューのプロ、ジョナス・テイラーが救助に向かうが……。共演は「トランスフォーマー/ロストエイジ」のリー・ビンビン、「オレの獲物はビンラディン」のレイン・ウィルソン。監督は「ナショナル・トレジャー」のジョン・タートルトーブ。

人類未踏の地とされるマリワナ海溝を超える深海が発見された。沖合に海洋研究所を構えた探査チームが、最新の潜水艇で早速調査に乗り出す。生物がほぼ存在しない冷たい深海を超えると、そこには温かな海域が存在し、幻想的な未知の生物世界が広がっていた。世紀の発見に心躍らせる研究チーム。だが、巨大な“何か”に襲われ、身動きが取れなくなってしまう。救助に向かったのは、深海レスキューのプロ、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)。ところが、彼の目に飛び込んできたのは、200万年前に絶滅したと思われていた巨大ザメ“メガロドン”だった……。
 
9月6日(木)は曇。1100m泳いで500m水中歩行。夕方は家内と散歩。早朝に北海道で地震が発生。震度7で強い。ブラックアウト。
 
9月5日(水)は晴。1100m泳いで、500m水中歩行。夕方家内と散歩。久しぶりに途中で好恵ちゃんにあった。
 
9月4日(火)は晴。1000m泳いで300m水中歩行。夜は例会。九歯大朝倉支部に森高君が参加したい?らしい。台風21号の影響はほとんどなかった。風は少し吹いた。夕方は家内と散歩。修理した時計が戻った。ソーラー電波時計。故障というより磁気で狂っていた物という返事だった。
 
9月3日(月)は晴。映画に行こうと思う。

T-ジョイ久留米10番にて午後1時40分からの「マンマ・ミーア!ヒアー・ウィー・ゴー」字幕をみた。前回から10年経った時のお話。娘が主体のお話だが、過去が交互に出てくる。途中でようやく過去は母親の話ということに気が付いた。リリー・ジェームズとアマンダ・セイフライドはよく似ているようなきがしました。楽しいミュージカル作品でした。☆☆☆☆・78点



大ヒットミュージカル「マンマ・ミーア!」の10年ぶりの続編。若き日の母ドナの物語と、結婚した娘ソフィの物語が綴られる。母ドナとの夢だったホテルを完成させたソフィの妊娠が発覚。夫との関係に亀裂が生じる中、彼女は若き日のドナに自分を重ねる……。メリル・ストリープ(「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」)、アマンダ・セイフライド(「あなたの旅立ち、綴ります」)らが前作から引き続き出演。「シンデレラ」(15)のリリー・ジェームズが若き日のドナを演じる。メガホンを取ったのは「17歳のエンディングノート」のオル・パーカー。

どこまでも青く輝くエーゲ海に浮かぶギリシャのカロカイリ島。母ドナ(メリル・ストリープ)との夢だったホテルをついに完成させたソフィ(アマンダ・セイフライド)は、支配人に就任したセニョール・シエンフエゴス(アンディ・ガルシア)と共に、オープニングパーティの準備に駆け回っていた。人生で最高に晴れやかな日。だが、ソフィの心は揺れていた。ニューヨークでホテルビジネスを学んでいる夫のスカイ(ドミニク・クーパー)が、そこで働かないかと誘われていたのだ。ニューヨークで新たな人生を始めることに魅力を感じるスカイと、母の夢にこだわるソフィ。2人の間には、かつてない危機が訪れていた。そんな中、ソフィの妊娠が発覚。思わず、若き日の母と自分を重ねるソフィ。1人で私を身籠った時、ママはどんな気持ちだったのか?3人のパパたちとはどのように出会い、なぜ別れたのか……?時は遡り、ドナが大学を卒業した頃。広い世界へ羽ばたこうとしていたドナ(リリー・ジェームズ)は、パリに降り立ち、若き日のハリー(ヒュー・スキナー)と出会う。だがそれは、彼女の人生を変える三つの出会いの始まりに過ぎなかった……。

帰宅して家内と短時間でしたが、散歩。明るいうちはやはり暑くて汗が出る。
 
9月2日(日)は晴。お天気はよかった。曇の予報と思っていたので、山歩きは計画せずにいた。足の痛みもまだ、少し残っている。結局、昼頃プールに行く。1200m泳いで500m水中歩行。夕方、家内と久しぶりに散歩した。歩く速度に差があった。やはり多分2年くらいは散歩をしていないので、今後は散歩はすることにしたいと思う。山歩きにいい影響があると思う。水泳は足のトレにはならない。しかし、体力は少しは付いたかもしれない。最近は1200mを目標にしている。
 
9月1日(土)は雨。お昼休みにプールに行った。休みだったので久しぶりだ。1200m泳いで300m水中歩行。