〔ホーム〕〔上〕
日記
 
2018年1月
 
 
 
 
 
 
 
 
1月14日(日)は持つ論じたく待機。平熱。声はかれている。
 
1月13日(土)は仕事は休んだ。症状は薬が効いているらしく軽くなってきた。喉が痛いときがある。平熱になったので風呂には入った。
 
1月12日(金)は晴。寒い日だ。午後家内が検温するように言うのでしてみると37.7℃あった。すぐに医者に行って調べてもらったところB型に感染している事がわかり、よく効くらしい点滴をしてもらった。仕事は火曜日(16日)まで休むことにした。定期検診が来週だったので常用の薬も一緒にもらってきた。1万円以上の支払いだった。インフルエンザに罹患したのは初めての経験だ。予防接種の効果はあったようで発熱もひどくはなかったようだが、咳と鼻汁はひどかった。
 
1月11日(木)はレセコンの交換・三百万以上するそうだ。ごごに交換。風邪の具合がよくないのでプールはしばらく休み。

Amazonインスタント・ビデオで199円にて「キングスマン」吹替を見た。これを先に見ていれば昨日見た作品もまだよくわかったかもしれないと思った。☆☆☆☆★83点



キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督によるスパイアクション。どこの国にも属さないスパイ機関“キングスマン”のエリートスパイが、前代未聞の人類抹殺計画に立ち向かう姿を描く。出演は「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「サイダーハウス・ルール」のマイケル・ケイン、「ジャンゴ 繋がれざる者」のサミュエル・L・ジャクソン、「記憶探偵と鍵のかかった少女」のマーク・ストロング。

ロンドンのサヴィル・ロウにある高級スーツ店“キングスマン”の実体は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関。“キングスマン”のエリートスパイ、ハリー(コリン・ファース)は、ブリティッシュ・スーツをスタイリッシュに着こなし、組織の指揮者アーサー(マイケル・ケイン)のもとで日々秘密裏の活動を行っている。ある日、チームの一員が何者かに惨殺され、新人をスカウトすることになったハリーは、街のチンピラ、エグジー(タロン・エガートン)に可能性を見出し候補生として抜擢するが、エグジーの父親もまた機密活動中に命を落とした“キングスマン”のスパイであった。そんな中、巷では科学者の失踪事件が頻発。その首謀者ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)は、前代未聞の人類抹殺計画を進めていた……。
 
1月10日(水)は曇冷えそうだ。午後は少し風邪気味?のようだったので映画に行ったが咳をこらえるのに苦労した。のど飴をだいぶなめた。イオンシネマ筑紫野2にて午後2時40分からの「キングスマン:ゴールデン・サークル」字幕をみた。キングスマンは新しいキャラと思っていたが違うようだ。結構なアクションで楽しめる。☆☆☆☆★82点



「キック・アス」のマシュー・ヴォーンが手掛けたスパイ・アクションの続編。謎の敵ゴールデン・サークルの襲撃により、キングスマンの拠点が壊滅。僅かに生き残ったエグジーたちは、同盟を結ぶ組織ステイツマンの協力を得るため、アメリカへ向かうが……。前作に引き続き、「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「イーグル・ジャンプ」のタロン・エガートンに加え、「アリスのままで」のジュリアン・ムーア、「女神の見えざる手」のマーク・ストロング、「チェイサー」(17)のハル・ベリー、「ローガン・ラッキー」のチャニング・テイタムなど、豪華キャストが顔を揃える。

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵“ゴールデン・サークル”の攻撃により壊滅。残されたのは、一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)の2人だけになってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るため、アメリカへ向かう2人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンとは対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった。彼らは文化の違いを乗り越え、ゴールデン・サークルの陰謀を阻止することができるのか……?
 
1月9日(火)は曇。1000m泳いで250m歩いた。その後、松田くんの見舞いに行った。久留米古賀21。主子と行った。
 
1月8日(日)は雨。購入したDVD「そして誰もいなくなった」1945年モノクロスタンダード字幕をみた。この「そして誰もいなくなった」が始めて映画化された作品の様だ。これも前回見た2作目の「姿なき殺人者」とおなじで、ラストはそして誰もいなくなったではないが、戯曲はこのような結末になっているようだ。☆☆☆☆・74点


ミステリーの女王』と呼ばれたアガサ・クリスティーが40年に発表した同名小説の映画化第1回作品。第2回はジョージ・ポロック監督の66年作「姿なき殺人者」、第3回はピーター・コリンソン監督の76年作(未公開)。戦火を避けて渡米していたルネ・クレールが監督。脚本をルネ・クレールと、「男の敵」でアカデミー賞を得たダドリー・ニコルズが書いている。撮影は「南部の人」のルシアン・アンドリォット。音楽はチャールズ・プレヴィン。出演はイギリス出身の俳優が多くバリー・フィッツジェラルド、ウォルター・ヒューストン、ルイス・ヘイワード、ジューン・デュプレなど。

本土から遠く離れた孤島に8人の男女が招待されてやって来る。だが孤島の別荘には主人の姿が見えず、召使いのロジャース夫婦がいるだけだった。不思議に思った彼らが話し合った結果、彼らはいずれも手紙で招かれたもので、差出人のユー・エヌ・オーエン(U. N. Owen)を誰も知らなかった。ロジャース夫婦も周旋所から手紙で雇われ、1週間前に島に来たばかりだった。本土との連絡は、数日後に来るボートだけで、それ迄彼らは島にとじ込められたわけだ。ホールにある10人のインディアンの置き物を見てヴェラ(ジューン・デュプレ)は古い子守唄を思い出す。「10人のインディアンの少年が食事に出かけた 1人が咽喉をつまらせて9人になった/9人のインディアンの少年が遅くまで起きていた 1人が寝すごして8人になった/8人のインディアンがデヴァンを旅していた 1人がそこに残って7人になった」最後は「そして誰もいなくなった」で終る唄だった。彼らがくつろいでいる時、ロジャースがかけたレコードから、10人の罪を告発する声が聞こえてきた。10人はいずれも殺人を犯したというのだが、皆一様にそれを否定する。判事(バリー・フィッツジェラルド)は U. N. Owen が Unknown(無名者)と発音できることに気付く。プリンス・スタロフが毒入りの酒を飲んで咽喉をつまらせて死んだのを皮切りに、彼らは唄の文句通りにつぎつぎと殺されてゆく。殺人の後では必ずインディアンの人形が1つずつ壊されていった。もはや殺人者は彼らのうちの1人であることは明らかである。ついに残ったのはヴェラとロンバートの2人となった。犯人は2人のうちのどちらかなのか、それもとも唄のとおりに誰もいなくなってしまうのか……。



この後、2017年3月に放映になったドラマ「そして誰もいなくなった」を前後編で4時間近くもあるドラマだったが・・・一度は見ていたのだが、再度、見るとよくわかった。原作とは違って警視庁刑事などが登場するようになっていた。原作からだいぶ脚色されていたようだ。原作の通りの「そして誰もいなくなった」を見て見たいものだ。
 
1月7日(日)は曇。午後から雨かもしれないので、「万丈塔」の予定を「ひじり岳」、「中峰」、「堂尾台」に変えて、遅くから行った。堂尾台は車も行ける展望台になっていたので簡単だった。道路に雪が残っていたが問題ない。
 
1月6日(土)は晴。新年会。
 
1月5日(金)は雨。プールに行きたいものだ。1000m泳いで500m歩いた。
 
1月4日(木)は晴。仕事始め。プールは今日まで休みだ。午後Amazonビデオにて(399円)「姿なき殺人者」字幕を見た。クリスティの「そして誰もいなくなった」の映画化だ。ラストは「誰もいなくなった」ではありませんが、それなりのサスペンスです。☆☆☆☆・72点


アガサ・クリスティの推理小説『そして誰もいなくなった』をピーター・イェルダムとピーター・ウェルベックが脚色、ジョージ・ポロックが監督にあたった。撮影はアーネスト・スチュワード、音楽はマルコム・ロックヤーが担当。出演は「復讐戦線」のヒュー・オブライエン、「さそり暗殺命令」のシャーリー・イートン、歌手のフェビアン、「マイ・フェア・レディ」のスタンレー・ハロウェイほか。製作はオリヴァー・A・アンガー。


オーストリアの山中にある古城に8人の客が招待された。招待主はオーエンと名のる男だがだれも、この人に会ったことがない。夕食の席にもオーエンは現れず、この城の中には8人の客と召使いのグローマン夫妻の10人がいるだけだ。そして食卓の上には、10人の小さなインディアンの人形が飾られてあった。夕食後、その場の空気をやわらげようと、歌手のマイク(フェビアン)は、「テン・リトル・インディアン」の歌をうたったが、不評を買う。その時テープに吹き込まれたオーエンの声が流れてきた。10人を殺人の罪で責め、その罪に対する報復宣言である。衝撃を受け狼狽する一同。マイクは自分の犯した罪を告白するが、直後にその場で急死する。夜、恐怖にかられたグローマン夫人が脱出を計ったが、谷間に落ちて死んだ。卓上のインディアンの人形が、いつのまにか2つなくなっていた。続いてマンドレイク将軍が地下室で殺された。そして召使いのグローマン、グラマー女優イローナが殺され、残るは5人だけとなった。5人はそれぞれ過去に犯した罪を告白しあい、告白を拒否した者が犯人−−と断定した。ただひとり若いイギリス美人アン(シャーリー・イートン)だけが、順番がきたとき、口実をもうけて2階に上がったが、その時2階から彼女の悲鳴が聞こえ、城内はまっ暗になった。そして明るくなると元判事のキャノンが殺されていた。その夜アームストリング博士の死体が城外の雪の上で発見され死体を調べに行った私立探偵のブロアもその途中で殺された。残るはアンとヒュー(ヒュー・オブライエン)のみ。この2人は、いつしか恋に落ちていた。犯人は2人のうちの、どちらかだと思ったが、実は以外にも、すでに死んだはずのキャノン元判事が生きていて、彼が犯人だったのだ。長年、他人の罪を裁いていた彼が、過去に罪のある者を集めての、仕業だった。そしてアンは彼の秘書として城に来ていたのだ。キャノンは毒薬を飲んだ。自分が死ねばアンも死ぬと思ったのだろう。しかし、そこへヒューが駆けつけた。恋する2人は、すでに毒が体内に回ったキャノンを残して城を去っていった。

夜は例会。早く終わった。
 
1月3日(水)ははれ。北野で家族寄だった。義弟の孫も大きくなりつつあるようです。
 
1月2日(火)は晴。初登りとして湯布院の「岩山」と「官山」に行ったどちらの山も山頂近くまで林道や作業道があるがゲートがあったり谷の橋が壊れていたりで車で行くことは出来ないので歩いた。時間がかかったので疲れた。
 
1月1日(月)は晴。午前8時に起床。録画していた「ゼロの焦点」2009年を見た。じっくり見たのは初めてのような気がする。なかなかの出來と思う。松本清張の傑作の1ッだと思う。