〔ホーム〕〔上〕日記
 
2018年11月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11月16日(金)は映画に行こう。
イオンシネマ筑紫野2番にて午後2時15分からの「人魚の眠る家」を見ました。どこがミステリーかといえば原作とは違ったところのような気がしますが、いい作品になっていると思います。母親中心に描かれているようです。全体的に静かな作品でした。場内はシーンとしていました。☆☆☆☆・76点 原作は2度読みました。



 
11月15日(木)は晴。朝見ていた患者さんが救急社で来たので、診たが歯に以上があるとは思えないので他の病院・医師会病院へ行ってもらった。→結果は聞いていない。丁度お昼休みの時間ではあったが,昼食が遅くなったのでプールは休んだ。
 
11月14日(水)は晴。750mクロール、750mプルブイスイム、100m水中歩行。庭の草むしり。散歩は家内が留守なのでしていない。
 
11月13日(火)は曇。家内が調子が悪いといっている。プールに行こうと思っている。750mのクロールと750mのプルブイスイムと100mの水中歩行。時間がかかった。先日の山歩きで足が痛い。
 
11月12日月は雨。映画に行きたいが。見たい作品の上映がないようなので行かず。下町ロケットのろくが連ドラなどを見た。まだ追いついてはいない。金曜日は行くかもしれない。
 
11月11日(日)は晴。国東半島の前田富士と呼ばれるという小牟礼山と有寺山に行った。歩行距離は短いのだがされてがれたとざれた登路で時間がかかってしまった。このような山はとても苦手になった。次いで、簡単山と思って「中山」に行った。これは足が少し疲れていたのも有ったが、まあまあ標準タイムの3倍以内で歩いた様だ。ニューピークは3座でした。湖東君に電話したが元気にしていた。次回は香々地に近い山に行き、時間を作って会いに行こうと思う。帰宅は午後4時出発で、午後6時半頃になった。
 
11月10日(土)は晴。プールに行こうと思う。750mクロール。750mプルブイスイム。100m水中歩行。少なくて泳ぎやすかった。最小の時は3人だった。
 
11月9日(金)は雨。家内を病院に付き添いで行くことにした。仕事は休む。次第に晴れて来た。福大筑紫病院に家内が行くので同行して診察室に同席した。美枝子さんも来てくれていた。次は21日に行くのだが、次までは同行しようと思う。プールには行かず。
 
11月8日(木)は曇。雨になるそうだ。家内の体調が悪いので自宅大していた。明日病院に行くのに付き添うことにした。プールは休んだ。
 
11月7日(水)は晴。プールには行こう。50m×5×3のクロールと50m×5×3のプルブイスイムをした。100m水中歩行。歩く荷は足が痛かったので疲れたので散歩はやめた。
 
11月6日(火)は晴。プールに行こうと思う。700mクロールで、800mプルブイスイム。ワゴンRのオイル交換。
 
11月5日(月)は晴。晄君が脳梗塞で倒れた。ているようだ。見舞いに行かなくてはと思うが今は面会は出来ない。卓君の葬儀なので疲れたのかもしれない。月曜日だけど映画には行かなかった。夜は例会。つい晩酌をしたので,息子の車に同乗した。
 
11月4日(日)は晴。国東市の「行入富士」に行った。遅くから行ったのですが、ガイドブックには登りに使ったコースに危ないところはないと書かれていましたが、尾根の脇を歩くところが多く、踏跡も狭く傾斜も急で危なそうだった。登りに時間がかかったので、足場が悪いという山頂近くから斜面を下るコースをとった。これは本当に足場も悪く難路でした。しかし、危ない目には遭わなかった。コースにはテープが大体あったので無事作業道跡までだどり着いて車道に出ることが出来た。やはり時間的には早い。思ったより早く着いたのでよかったと思う。普通の足なら1時間というところかもしれないが、2時間かかった。足には負担になったと思うが、クライミングの経験なども生かすことが無事に下山出来た。今後はこのような山歩きは避けた方がよさそうだ。足関節付近に痛みがのこるようになった。
 
11月3日(土)(文化の日)は卓くんの葬儀、早くから飛鳥会館に出かけた。高速道経由で私が運転して行った。最後の初七日までいたが帰りは家内が運転した。
 
11月2日(金)は晴。卓くんの通夜だが今夜は失礼したいと思う。夜の外出はなるべく遠慮している。明日の葬儀には参列したいと思う。

イオンシネマ筑紫野3番にて午後2時40分からの「ビブリア古書堂の事件手帖」を見た。ミステリー性は低いので残念な気がした。黒木華はいい女優だと思う。☆☆☆☆・72点



三上延による同名ミステリーを、黒木華×野村周平主演で「幼な子われらに生まれ」の三島有紀子監督が映画化。夏目漱石の『それから』に記されたサインと、太宰治の『晩年』の希少本に隠された謎をビブリア古書堂の店主・篠川栞子と店員の五浦大輔が解き明かす。共演は「海街diary」の夏帆、「菊とギロチン」の東出昌大、「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の成田凌。脚本は「3月のライオン」の渡部亮平と「少女」の松井香奈。

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店“ビブリア古書堂”に、青年・五浦大輔(野村周平)がやって来る。亡き祖母の遺品の中から出てきた夏目漱石の『それから』に記された著者のサインの真偽を確かめたいという。美しく若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れ出す。そしてその優れた洞察力と推理力によって、栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には大輔の祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘するのだった。過去のある出来事から本が読めなくなった大輔だったが、それが縁となりビブリア古書堂で働き始める。不器用ながらも誠実な大輔は、やがて栞子に密かに思いを寄せていく。そんなある日、栞子は太宰治の『晩年』の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると大輔に告白。その正体を探り始めた二人は、漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実に繋がっていることを知る……。
 
11月1日(木)は晴。プールに行こうと思う。50m×5×3のクロールと50m×5×3のプルブイスイムと200mの水中歩行。