〔ホーム〕〔上〕日記
 
2018年12月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12月17日(月)は曇。
 
12月16日(日)は雨。国東の山へでも行こうと準備していたが、雨なのでプールへ。意外と少なく泳ぎやすかった。750mのクロールと750mのプルブイスイム。100mの歩行。録画した連ドラ「昭和元禄落語心中」を数日分を見終わった。意外と面白く落語が聞きたくなった。
 
12月15日(土)は晴。仕事が遅くなったがプールへ。500mのクロールと500mのプルブイスイム。100mの歩行。案外と少なく泳ぎやすかった。
 
12月14日(金)は曇。そろそろ年賀状の準備を。映画に行こうと思ったが、見て見たい作品がなさそうなのでやめた。代わりにAmazonVideo400円の「さよなら渓谷」をみた。真木よう子・大森南朋主演の作品。深刻なテーマの作品だがメリハリに少しかけていたような気もします。☆☆☆☆・74点



『悪人』『横道世之介』など著書が多数映像化されている吉田修一の同名小説(新潮文庫・刊)を、「まほろ駅前多田便利軒」「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の大森立嗣監督が映画化。ある殺人事件に関して妻が夫を告発したことから、記者が二人を結びつけるものを探っていくミステリー。愛憎の間で揺れ動く妻を「すーちゃん まいちゃん さわこさん」「ゆれる」の真木よう子が、その夫を「キャタピラー」「赤目四十八瀧心中未遂」の大西信満が、二人を追う記者を「東京プレイボーイクラブ」「ハゲタカ」の大森南朋が演じている。その他、「軽蔑」の鈴木杏、「かぞくのくに」の井浦新、「赤い季節」の新井浩文、「沈まぬ太陽」の鶴田真由らが出演。

都会の喧騒から離れた緑が覆う渓谷で、幼児が殺害され実母が犯人として逮捕されるショッキングな事件が起こる。母親の逮捕により事件は解決したかに見えたが、一件の通報により、この渓谷に住む尾崎俊介(大西信満)がこの母親と不倫関係にあったことがわかり、俊介に共犯の疑いがかけられる。通報したのは俊介の妻・かなこ(真木よう子)であった。取材に当たっていた週刊誌記者の渡辺(大森南朋)は、かなこが俊介を告発したこと、二人が必要最低限の物しか持たず、まるで何かから隠れているかのような生活をしていることにひっかかりを感じる。調べていくうちに、渡辺は二人を結びつけている15年前の罪に行きつく……。
 
12月13日(木)は曇。夜は九歯会朝倉支部総会。ひろきちにて。プールには行きたいものだが。750mクロール、750mプルブイスイム、100mの歩行。総会にはM先生は欠席していた。親睦は目的ではないということは分かっていたが、コダワリが強い。
 
12月12日(水)は雨。プールに行こうと思っていたが、仕事がお昼休みまでかかったのでやめた。ようやくタイヤにカバーを掛け、以前の車から外したモービルのVUHF機などをかたづけた。使い古しのブロックのバリ撮りなどをして運動はナシ。D5100は故障しているようだ。P7800も故障している。修理に出すことにする。1眼レフカメラは新しいのを購入したい物だ。
 
12月11日(火)は曇。冷えている。プールには行く予定。仕事の都合で遅くなったが、午後1時30分までにプールに行くことが出来れば、泳ぐと決めているのでいった。クロール500mとプルブイ500mと歩行150m。いつ会うIさんは新河町在住で知人のTさんの隣だった。よく行くところ
 
12月10日(月)は曇。前日寝不足気味だったのとお昼頃の仕事の都合で映画には行かなかった。あるTV連ドラを数話続けて見た。もうすぐ終わるようだ。録画していたドラマや映画の一部は消去しようとと思う。
 
12月9日(日)は曇時々晴。国東半島に行った。まず、国東市三井寺の椿八幡社の大楠木、次いで国東市武蔵町の「弁天峰」に車道からピークハント。次いで文殊仙寺のケヤキ。豊後高田市小田原の白鳥神社のクスノキ、杵築市大田永松の田原若宮神社の銀杏、杵築市大田白木原の白木神社のイスノキ、最後に杵築市若宮八幡社のクスノキと回って帰宅した。だいぶ走行したようだ。ニューピークは一座としておきます。弁天峰と呼ばれているところは弁天様の祠のある東弁天と三角点のある西弁天の2峰からなっているのだが、よくガイドを読んでいなかったようで大事な東弁天へ行くのを失念していた。ニューピークは1座としておきます。
 
12月8日(土)は曇。750mクロール、750mプルブイスイム、150mの歩行でした。夕方は家内と散歩。医者に散歩するのがよかろうといわれてから積極的になりました。私も家内に引かれて歩いています。2ストックです。
 
12月7日(金)は曇。T-ジョイ久留米1番にて午後2時40分からの「ボヘミアン。ラプソディ」を見た。くいーんの存在は知っていたのだが、聞いたことのある曲もあり結構楽しめる作品だった。これを今頃見たのは右肩上がりの評判という記事を見たからでした。それと見た人がよかったといっていた。本当にいい作品でした。クイーンの存在以外は何も知らなかったのですが、その一端が分かった気がしました。フレディ・マーキュリーのお話です。☆☆☆☆★83点

息子に聞いた話・・息子はクイーンのファンだったそうで公開当時にすぐ見たそうだ。事実とは違うといっていたが、事実を元にしたクイーンをのリードボーカリストを見据えた半生記のようだ。CDも持っているそうで借りて聞いて見よう。実はAmazonに注文したつもりだったがね最後の注文を決定するのボタンを押し忘れていたようで未注文でよかった。




ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

レディ・ガガが“史上最高の天才エンターテイナー”と讃え、ケイティー・ペリーが“今も最も影響を受けている”と語るミュージシャン。それが伝説のバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーだ。その名を知らずとも、『ボヘミアン・ラプソディ』、『伝説のチャンピオン』、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』といった名曲をほんのワンフレーズ耳にしただけで、たちまち誰もが心浮き立ち、歌い出さずにはいられない。いかにしてフレディは、世間の常識や既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、世界中から愛されるエンターテイナーとなったのか?なぜ愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれたのか?そして、崩壊寸前に陥ったバンドを立て直し、永遠のレガシーを確立できた理由とは……? 20 世紀最大のチャリティコンサート“ライブ・エイド”で、音楽史に残る史上最高のパフォーマンスを披露した彼らの華やかな活躍の裏には、誰も知らない物語があった……。

CDは長男が持っていたので借りて日曜日にカーオーディオに録音した。知っている曲は3曲くらいだった。

レディ・ガガの映画も見てみたいものです。もうすぐ公開。
 
12月6日(木)は曇。プールに行くだろう。650mのクロールと550mのプルブイスイム100mの歩行。人が多くなった。夜中に眠剤を飲んだ。
 
12月5日(水)は晴。午後は少し遠距離にある使用していない銀行口座の解約に行きました。2行で口座を解約。払い戻しは合計4500円くらいでした。終活?のほんの一部。家内も解約した口座があったようです。残金0で置いておくより、出し入れしないなら解約しておいた方が、銀行にも良いようです。
 
12月4日(火)は曇、雨。750mのクロール、750mのプルブイスイム。夜は常会。休日当番決めで遅くなった。
 
12月3日(月)は雨。映画に行くかもしれない。

T-ジョイ久留米9番にて午後2時5分からの「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」をみた。ご当地映画かと思ったが割とよく出来ていた。家族の1ツの形だろう。有村架純もだいぶ上手になった。肥薩おれんじ鉄道は何度も車から見たが乗って旅をしたくなりました。☆☆☆☆・75点



地方のローカル線を舞台にした「RAILWAYS」シリーズ3作目。晶は連れ子のいる修平と結婚し、東京で暮らしていたが、夫が突然亡くなり、息子を連れて夫の故郷・鹿児島を訪ねる。義父・節夫と暮らすことになった晶は、節夫と同じ鉄道の運転士を目指す。出演は、「コーヒーが冷めないうちに」の有村架純、「哭声/コクソン」の國村隼。監督・脚本は、「バースデーカード」の吉田康弘。

奥薗晶(有村架純)は25歳で修平と結婚し、その連れ子・駿也(歸山竜成)とともに東京で幸せに暮らしていたが、修平が突然亡くなり、生活は一変する。修平の死を伝えに、駿也とともに修平の故郷・鹿児島へ向かった晶は、まだ会ったことのない義父・節夫(國村隼)を訪ねる。東京に帰る場所を失った晶と駿也は、鹿児島で一緒に暮らしたいと節夫に頼み込む。運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきた節夫は、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れる。亡き修平の子供のころの夢であり、また電車好きの駿也のため、晶は節夫が勤める肥薩おれんじ鉄道の運転士の試験を受ける。血のつながらない息子の母として、そして運転士になるためにまっすぐに生きようとする晶の姿に、節夫はこれまでの人生で見出せなかったことに気づいていく。大切な人を失った悲しみを抱えた3人は、次々起こる出来事に立ち向かいながら、自分たちなりの家族のカタチを見つけることができるのか……。
 
12月2日(日)は晴。遅くまで寝た。山に行くのは注していたが、写真撮影くらいはよかったかもしれない。鉢を室内に移動。750mクロールと600mのプルブイスイム、100mの歩行。午後から鉢の並べ替えと掃除。まだ、レイアウトは完了していない。
 
12月1日(土)は曇。プールには行くだろう。明日の山名歩きは中止となるだろう。プールは少なかった。750mのクロールと780mのプルブイスイム。100mの水中歩行。夕方は家内と散歩。結構愛関節付近が痛い。