〔ホーム〕〔上〕日記
 
2019年5月
 
 
 
5月31日(金)は曇。十文字隣組の印鑑を登録に行くことにしている。その他に各種証明書の取得など。市役所での手続きは一応終了。本田司法書士との約束は6月5日(水)午後1時。
 
5月30日(木)は晴。プールは右大腿部外側の虫刺されのために休むこととした。午後7時公民館集合、広報の配達のための仕分け。と簡単な報告。「牛鶴区十文字隣組」の団体名と印影の「牛鶴十文字隣組」の文字が異なっているが、31日の問い合わせの結果、よかろうということのようでした。31日に行ってみる
 
5月29日(水)は曇。プールは休んだ。つつじの剪定を少しばかりした。

広報あさくらの配布日・公会堂、明日が配達日・十文字公民館。十文字は配達済み。

●地縁血縁団体の認可証が送られてきた。十文字隣組の印鑑を登録して印鑑証明書をもらい。公民館土地の登記をしなければ成らない。これが最終目標だ。費用は?。
 
5月28日(火)は雨後晴。プールに行くかもしれない。300mのクロール、700mのプルブイステム、300mの歩行。また、自宅で録画したTVを見た。映画「ミックス」を見た。卓球の作品だった。
 
5月27日(月)は曇。本日の午後は何もせずに終わった。見残していた録画ドラマなどを数本見た。外にも出なかった。
 
5月26日(日)は晴。豊後高田市上長岩屋の「鬼死岩」に行った。予定の3倍より時間がかかってしまったが、頂上までは行った。登山口て゜近所の人が心配してくれていた。近くの家のヒチでした。心配かけてごめんなさいです。次いで、帰宅時に国東市安岐町の「米山」に寄った。今回はGPSへのポイントの転送が上手くいっていなかった。米山はテープが皆無でしたが、林道歩き部分が長かったので適当な地点から取り付いて、支尾根、主尾根をあるいて山頂に到達できました。下山時が軌跡が結構動いていたので少し探した。次回からは必ず確認をすること。時には確認をしていたが、失敗することはほとんどなかったが・・・・?
 
5月24日(土)は晴。300mのクロール、750mのプルブイスイム、400mの歩行。夕方は家内と散歩。先日事故を起こしたI氏の娘さんは本日退院されていた。
 
5月24日(金)は晴。映画に行くかも。

イオンシネマ筑紫野2番にて午後3時20分からの「空母いぶき」を見た。コミックが原作のようだが読んだことはない。日本の離島が侵略されて防衛のための自衛隊が働くというお話だった。戦闘場面や艦隊の形はよく出来ていた。ああ上手くは下い゛けきミサイルが命中するとも思えないが、それは映画ということで。難しい問題も含むと思うがおおむねよく出来ていたと思う。総理役の佐藤☆☆☆☆・78点



かわぐちかいじの同名コミックを「沈まぬ太陽」の若松節朗監督が映画化。20XX年、日本領土である波留間群島の一部が謎の武装集団に占領された。自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》が出動するが、敵のミサイル攻撃を受け、想定を超えた戦闘状態に突入する。出演は「散り椿」の西島秀俊、「嘘八百」の佐々木蔵之介。脚本は「機動警察パトレイバー」シリーズの伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫。

20XX年、クリスマスイブ前日の12月23日未明。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、日本の領土が占領された。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群を現場に向かわせる。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》であった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり、国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐(西島秀俊)、そしてそれを補佐する副長は、海上自衛隊生え抜きの新波歳也二佐(佐々木蔵之介)。そんな彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊が出現。想定を越えた戦闘状態に突入していくなか、政府は戦後初めての「防衛出動」を発令。迫り来る敵戦闘機に向け、迎撃ミサイルが放たれる……。
 
5月23日(木)は晴。300mのクロール、700mのプルブイスイム、300mの歩行。帰宅して駐輪場裏の草むしり。サザンカや椿に毛虫の発生を確認。ピンポイントで殺虫。
 
5月22日(水)は晴。300mのクロール、700mのプルブイスイム、350mの歩行。久しぶりに彼女たちに会った。泳ぎのスタイルはイマイチ確立していない?様に見えた。帰宅後、裏庭の草むしりと剪定など。
 
5月21日(火)は晴。プールに行ってみよう。350mのクロールと700mのプルブイスイム、300mの歩行。1時間も松本さんとハムの話で盛り上がってしまた。帰宅して草むしり。まだ残っている。つつじの害虫は相変わらず、少しずつ食害しているようだ。裏のつつじは前回の消毒もしていないので被害がひどいようだ。
 
5月20日(月)は晴後雨。家内の手伝いをしようと映画に行かずに待機していたが、雨が続いた。夕方小降りになったので家内は花壇の花植え。私は鉢植えやプランター上などをした。夜は涼しかった。午後なぜか一時停電した。短時間ではあった。釜堀行政書士が書類が足りなかったということで印鑑をもらいに来られた。再提出のようだ。
 
5月19日(日)は雨が上がっていれば近場の高雄山に行ってみるかもしれない。曇だが福岡地方は雨はひどくは降らない予報。国東の山はあきらめて、かねてからの懸案の山「高雄山」に行ってみた。時間もあるので、登山口は高雄公園とした。先日の福山さんのコースによるものだ。現場からの取付が分からないので、電話で話を聞いてすぐに分かった。ここには立入禁止の札があった。ここから尾根に上がり、一路尾根筋を歩くものだった。はじめは割と手入れがいい竹林だった。尾根を歩けば途中にTV中継所があった。また、堀切もある。山頂には石祠があり、すぐ近くに三角点があった。何本かの登路や踏跡があった。筑紫女学園の登路が一番踏まれているように感じたが、福山さんが示した青山側の登山口に下り車道を戻った。雨もひどくはなくよかった。ニューピーク1座と言うところです。帰宅して家内についてかいもの、夕食をした。今日は中学校の運動会で会ったが、見物には行かず、孫の中学校には一度しか行ったことはない。太宰府市の小中学校も運動会があっていたようだ。風は強かった。
 
5月18日(土)は雨。プールには行こうと思う。400mのクロール、600mのプルブイスイム、350mの歩行。入場者が少なくてコースを占有できて、泳ぎやすかったが久しぶりで疲れた。やはり、1日おきくらいがよさそうだ。
 
5月17日(金)は曇。今日も映画に行こうと思う。

午後からイオンシネマ筑紫野3番にて「居眠り磐音」を見た。NHKのTV連ドラでは山本耕史が主演で、2007年から完結編は2017年でした。長く放送されていました。原作も1話くらいは読んでみました。はじめの方の話の成り立ちを忘れていたので映画は思い出すのに丁度良かったという所です。それなりに楽しめる作品になっていたと思います。続編などが出来れば見たいものですが・・・。☆☆☆☆・76点



佐伯泰英原作の時代小説シリーズの実写映画化。故郷で起きたある哀しい事件により、脱藩して江戸で浪人暮らしをしている坂崎磐音は、その剣の腕と優しい性格で周囲から信頼されていた。ある日、用心棒をしている両替商が新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ……。出演は、「孤狼の血」の松坂桃李、「羊の木」の木村文乃、「累 かさね」の芳根京子、「きみの鳥はうたえる」の柄本佑、「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」の杉野遥亮。監督は、「空飛ぶタイヤ」の本木克英。

人情に厚く、春風のように穏やかで、礼節を重んじる好青年の坂崎磐音(松坂桃李)は剣の達人ではあるが、日向ぼっこで居眠りする老猫のような剣術で、眠っているのか起きているのかわからないことから“居眠り剣法”と呼ばれていた。磐音と幼馴染の小林琴平(柄本佑)、河井慎之輔(杉野遥亮)は江戸勤番を終え、三年振りに故郷である九州・豊後関前藩に戻る。琴平の妹・舞は慎之輔に嫁ぎ、磐音も琴平と舞の妹・奈緒(芳根京子)と祝言を控えていた。ところが、磐音と奈緒の祝言の運びになったとき、舞が不貞を犯したという噂を聞いた慎之輔が、舞を斬ってしまう。それに激昂した琴平は噂を慎之輔に吹き込んだ人物と慎之輔を斬る。琴平は罰せられることとなり、磐音が琴平を討ち取るよう命じられる。琴平を討ち取った磐音は、実の兄を殺した以上、奈緒とは一緒になれないと、彼女を残して脱藩する。すべてを失い、浪人の身となった磐音は江戸の長屋で暮らすようになるが、収入源がなく家賃の支払いも滞ってしまう。見かねた大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介で、昼は鰻屋の鰻割き、夜は両替商・今津屋の用心棒として働き始める。穏やかで優しいが剣の腕は立つ磐音は、次第に周囲の人々から頼られる存在になり、今津屋の女中で金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるようになる。そんな折、今津屋は幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は用心棒として悪に立ち向かう……。

家内も同行していたが映画は見ていない。帰りに夕食。 持っている本2冊もかった様だ。どうするか?
 
5月16日(木)は晴。映画に行った。帰宅してかないと散歩。本日からストックの石突きのゴムを交換。ノルディックウォーキングのゴムから通常の脚保護のゴム・・・垂直につくた・・に交換した。これのほうがやはり脚の負担は軽いということが分かった。

T-ジョイ久留米10番にて「オーヴァーロード」字幕R15を見た。ノルマンディ作戦の一部で直前のサバイバルのお話。敵地に潜入ある施設を爆破する話。この施設では・・見たこともないような実験が行われていた。スリルもサスペンスもありホラーらしくもあった。話には若干の無理はあるが楽しめる?☆☆☆☆・75点



「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のJ.J.エイブラムス製作のサバイバル・アクション。1944年6月、ナチス占領下のフランスに送り込まれた米軍・落下傘部隊。彼らはナチスの要塞となった教会の地下にある研究所で、未知の敵と遭遇する。監督は、「ガンズ&ゴールド」のジュリアス・エイヴァリー。出演は、「フェンス」のジョヴァン・アデポ、「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」のワイアット・ラッセル、本作がデビューとなるマティルド・オリヴィエ、「ゴースト・イン・ザ・シェル」のピルー・アスベック。


第二次世界大戦下の1944年6月。ノルマンディー上陸作戦が開始された直後、アメリカ軍の落下傘部隊が侵攻作戦の成功を担う重要な使命を持ち、ナチスに占領されたフランスに送り込まれる。決死の激戦をくぐり抜け生き残った兵士隊は、ナチスの要塞となった教会の塔に潜入し、地下で謎めいたナチスの研究所を発見する。そこで彼らは、これまで誰も見たことのない敵と遭遇する……。
 
5月15日(水)は曇。お昼間際に医者に行って、午後はプールに1時間ばかり行き、その後に釜堀行政に書類を届けたいと思っている。計画通りにいかなければ午後4時30分頃に熊本医院に行くことになるだろう。書類を届けた後にプールに行ったが、本日は臨時休業だった。
 
5月14日(火)は曇。午後1時から午後2時は葬儀。この帰りにマイカーセンターに寄る予定。夕方は森園さんの議事録署名人の件。坂本さんに議長の署名捺印の件。書類は15日に行政書士に届ける予定。

流れとしては、今後、申請が受け付けられたら、地縁団体の認可証と代表者と十文字隣組の印鑑登録証明書を用意して司法書士の所で、土地の登記をしてもらうことになる手はずである。認可が下りるのに約約1ヶ月かかるようだ。これ以降の作業ということになる。。5月30日の市報配布の際に建物についての皆さんに話しておくことにする。最終的には総会の席で決めるかこのまま放置しておくかになるだろう。今までも建物は無登記で来ているし、問題はないということであった。
 
5月13日(月)は曇。行政書士に電話をする。住民票をもらいに行くなどの仕事があるので映画はパスすることになった。午後は行政書士に書類をもらいに行った。隣組長、議長、議事録署名人の署名、印鑑が必要。市役所に住民票や所得証明書をもらいに行く。このときに森山英樹先生の訃報が入った。本日午後6時からいすや夜須斎場楓ホール、14日午後1時から告別式。
 
5月12日(日)は晴。午前8時から地縁団体設立のための総会。一斉清掃日でもあるのでいろんな手続きを省略して2議案を6分くらいで承認可決に持ち込み、終わった。手続きを残すのみとなった。釜堀行政書士にお願いする。その後の区費や組費やね金川コミュニティ費の聴衆が会ったが、Sさんの組が領収書の発行が上手くいっていなかったので午後2時頃まで森園さん夫妻の手伝いもあり公民館で作業。夜は定例会。区費を無事に収めた。
 
5月11日(土)は晴。400mクロール、400mのプルブイスイム、450mの歩行。久しぶりに彼女たちに会ったが、泳ぎスタイルが変わっていた。以前より形もよくなったようだ。若い人はやはり進歩が目立つ。夕方アプローチのサザンカの内側のみ剪定。
 
5月10日(金)は晴。映画には行くかどうか?映画やプールに行くのはやめにして、軽自動車の下取りの査定に来てもらった。これで、注文を確定した。交渉はいつものディラーとしたが、マイカーセンターと契約することにした。ディズハイウェイスターとした。夕方に家内と散歩。
 
5月9日(木)は雨。山歩きの下書きは再診のものまで終わった。アップは大幅に遅れている。区費や組費やコミュニティの会費徴収が終わればだいぶ楽になるだろう。日産プリンスにて軽自動車購入についての2回目の交渉予定。午後3時予約。プールには行くだろう。400mのクロールと600mのプルブイスイムと50mの歩行。日産プリンスにて交渉。備品を少し減らして、支払い200万円で交渉成立となった。思っていた値引き額を確保したので妥結した。スズキは断った。帰宅してまた出かけた。夕食は外食。
 
5月8日(水)は晴。プールには行く予定。意外と少なかった。300mのクロールと450mのプルブイスイムと50mの歩行。釜堀行政を午後3時に訪問。委任状を渡す。総会後、議事録などに署名、申請書に捺印などの手続きとなる。
 
5月7日(火)は晴。早朝O氏から電話の問い合わせ。お昼頃にはK氏は領収書が1人分不足しているということだった。映画に行くかも。夜は常会。午後8時から。プールは休んで映画に行った。釜堀行政に電話、8日の午後3時に委任状の件で訪問予約。

上映時間の都合で、T-ジョイ久留米4番にて午後2時10分からの「アヘンジャーズ/エンドゲーム」字幕を見た。連休前に予約しようと思ったが、多そうだったのであきらめて、連休明けに見たもの。ヒーローの登場数も多く、誰がどのヒーローかも忘れていた者もいた。役者が違うという所もある。最後は入り乱れてのバトルだった。去り行く者や戻ってくる者あり。3時間の長編だった。今までの作品を見ていないと何々やら分からないとこはあるかもしれませんが、それなりに見ていたので何となく良い点となりました。81点



大ヒットシリーズ「アベンジャーズ」完結編。最強を超える敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命の半分が滅ぼされる。残されたキャプテン・アメリカ、アイアンマンらヒーローたちは再び集結し、最後にして史上最大の逆襲に挑む。監督は、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。出演は、「アイアンマン」のロバート・ダウニーJr.、「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース、「グランド・イリュージョン」のマーク・ラファロ、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンス、「ゴースト・イン・ザ・シェル」のスカーレット・ヨハンソン、「ウインド・リバー」のジェレミー・レナー、「アントマン」のポール・ラッド、「キャプテン・マーベル」のブリー・ラーソン。

アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命は、最強を超える敵“サノス”によって半分が消し去られる。大切な家族や友人を目の前で失い、地球に取り残された35億の人々のなかには、この悲劇を乗り越えて前に進もうとする者もいた。そんななか、地球での壮絶な戦いから生き残ったキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、ハルク(マーク・ラファロ)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)と、宇宙をあてもなく彷徨いながら新たなスーツを開発し続けるアイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)は、決して諦めてはいなかった。大逆転へのわずかな希望を信じて再び集結したヒーローたちは、失った者たちを取り戻す方法を探る。残された人々と今ここにいない仲間たちのために、アベンジャーズは最後にして史上最大の逆襲に挑む……。
 
5月6日(月)は振替休日。曇。鉢かたずけ予定。NECのPCが開かずパスワードを変更。夜は隣組会。コミュニティの領収書を時分の組の分を分けていたのを忘れて現場で不足しているのに気が付いた。帰宅して探したらあった。きっちり10戸分。出窓の鉢の整理。植え替えもしなくてはならない。別の日に。
 
5月5日(日)は晴。沖の三回忌。里川海にて、午前11時から。午後は家内と散歩。坂本区会長と長話。西さんの立木の伐採の件など。
 
5月4日(土)(みどりの日)は晴。少し早めの時間に豊後高田市の烏帽子岳(黒土)にいった。作業道跡はまあまあ歩きやすい。それから鞍部に登るときは急登。山頂への尾根筋は最後は急登。ニューピークは2座としておきます。山頂は2ピークなったいた。本峰と西峰。右足首が痛くて1座で帰宅。午後3時過ぎには自宅に到着した。本日は大分道を流れに乗って走ったので速かった。
 
5月3日(金)(憲法記念日)は晴。午前中は仕事場にいた。プールにはお昼頃に行ってみよう。400mのクロール、300mのプルブイスイム、300mの歩行。夕方家内と散歩。
 
5月2日(木)は曇。開墾記念碑のところで単独事故があったようで、父親のKさんが相談に見えた。事故現場を見に行ったが、車は正面衝突、電柱は少し動いたようでアスファルトに隙間とひび割れがあった。古賀組が施工者だと知らせている。夕方古賀組の人に会ったので話をしていた。隣組の古賀組への支払いはまだのようだった。

400mのクロールと300mのプルブイスイム、300mの歩行。お昼頃は少ない。会員権は2日まで。
 
5月1日(水)は曇。プールに行った。400mのクロールと300mのプル部位スイム。お昼頃は少ない。300mの歩行。X-TRAIL20GTの洗車と給油。何もせず。