〔ホーム〕〔上〕日記
 
2019年6月
 
 
 
 
 
6月30日は雨模様なので山には行かず。300mクロールと300mのプルブイスイム、700mの歩行。SUIETSシーズン8の9回まで見た。ようやくWOWOWの放送に追いついた。
 
6月29日(土)は曇。雨になるようだ。夜は九歯会朝倉支部。喜寿とかさじゅのお祝いをしていただけるようだ。秋月清流庵にて。お祝いを戴いた。皆様ありがとうございました。往復、島添先生の車に同乗した。ありがとうございました。
 
6月28日(金)は曇。夜は公会堂。民生委員の件。映画に行くかもしれない。イオンシネマ筑紫野は制度が変わっているようだ。まだよくわからない。

時間の都合でT-ジョイ久留米1番にて午後1時45分からの「スパイダーマン:フォー・フロム・ホーム」吹替版を見た。いろいろ凝っていたがイリュージョンはわかりにくかった。結構楽しめた。続きも楽しみだ。☆☆☆☆★82点 今月は新作を9本見る事が出来ました。満足です。



「スパイダーマン:ホームカミング」の続編。スパイダーマンこと高校生のピーターは夏休みに、友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。自然の力を操るクリーチャーたちによる危機が迫るなか、ピーターは“別の世界”から来たというベックと共に敵に立ち向かう。トム・ホランドがピーター・パーカー役、サミュエル・L・ジャクソンがニック・フューリー役で続投するほか、「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」のジェイク・ギレンホールが出演。監督は、前作に引き続き「COP CAR コップ・カー」のジョン・ワッツ。

スパイダーマンこと高校生のピーター(トム・ホランド)は夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。そこにニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が突如現れ、ピーターにミッションを与える。炎や水など自然の力を操るクリーチャーたちによって、ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパの都市をはじめ、世界中に危機が迫っていた。ニックはピーターに、ベック(ジェイク・ギレンホール)と呼ばれる人物を引き合わせる。“別の世界”から来たという彼も、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。彼は味方なのか、それとも……?
 
6月27日(木)は雨。プールに行った後、公会堂へ市報を取りに行って、19時から集会。回覧板の原稿配布。公会堂には市報が未だなかったので区会長に電話して自宅に持ってきてもらった。民生委員はS氏が引き受けてくれるということだ。250mのクロール、250mのプルブイスイム、800mの歩行。
 
6月26日(水)は曇。雨かもしれない。市報の配布は区長の所用で本日はなく、明日配布がある。明日は市報配布公会堂と公民館19時集合で配達。梅雨入り。250mのクロールと250mのプルブイスイム、800mの歩行。
 
6月25日(火)は晴。プールに行ってみよう。前回新しい耳栓を落としている様だ。落とし物の中にあった。ラッキー!
250mのクロールと250mのプルブイスイムと600mの歩行。夕方少しばかり家内と散歩。また、晩酌の後数時間ののうたた寝をした。
 
6月24日(月)は曇。映画に行くかも。

T-ジョイ久留米5番にて午後1時35分からの「X−MEN:ダーク・フェニックス」字幕を見た。X−MENシリーズの第7段のようだ。今回は女の戦いという所でした。☆☆☆☆・74点



特殊能力を持つミュータントたちの活躍を描いた人気シリーズ「X-MEN」第7弾。X-MENの一員であるジーン・グレイが宇宙で事故に遭遇。これによりダークサイドが覚醒し、世界を滅ぼすほどの強大なパワーを持つダーク・フェニックスに変貌する……。出演は前作「X-MEN:アポカリプス」に引き続きジーン・グレイを演じるソフィー・ターナー、「ミスター・ガラス」のジェームズ・マカヴォイ、「エイリアン:コヴェナント」のマイケル・ファスベンダー。「X-MEN:アポカリプス」の脚本を担当するなど、長年にわたってシリーズに携わってきたサイモン・キンバーグが、長編映画初監督を務める。

特殊能力を持つミュータントたちが結成したX−MENは、人類と共存し、平和を守っていた。そんなある日、主要メンバーのジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)が、宇宙のミッションで事故に遭遇し、謎の光線を浴びてしまう。これにより、彼女の中のダークサイド“ダーク・フェニックス”が覚醒。強大なパワーを持つ“ダーク・フェニックス”となったジーンは、次第に仲間から孤立していく。そんなジーンを理解し、救おうと手を差し伸べる仲間たち。だが、ジーンの解き放った力が、思いがけない悲劇を引き起こしてしまう……。取り返しのつかないことを引き起こしたジーンの心を、さらに侵食していくダーク・フェニックス。そんな彼女に近づく謎の女。地上の全生命を滅ぼしかねない最強の力は、ジーン自身にもコントロールできず、暴走していく。プロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)の旧友にして宿敵のマグニートー(マイケル・ファスベンダー)さえ、彼女を止めることはできない。絶体絶命の危機が迫る中、危険視され、拘束されるX−MEN。世界の滅亡を止めるため、ジーンを抹殺すべきか否か、仲間同士でも意見が対立。最強の存在と化したジーンに立ち向かう術はあるのか……。

帰宅して家内と散歩。夜は晩酌をしてうたた寝数時間、午後11時頃に就寝。最近晩酌の後にうたた寝をすることが多い。アルコールに弱くなったかもしれない。
 
6月23日(日)は晴。一義ちゃんの葬儀午前11時から。帰宅してからプールに行った。300mのクロールと300mのプルブイスイムと700mの歩行。初めて、日曜日の午後2時頃に行ったが、子供が多かった。顔見知りもいた。夕方は家内と散歩。
 
6月22日(土)は晴。昼の仕事が長引いたのでプールは休み。夜は一義ちゃんの通夜に行く。夕食は外食。
 
6月21日(金)は曇。映画に行くかも、しれない。映画から早く帰宅して、医師会病院にTさんの見舞い。久しぶりに会ったが比較的元気だった。明日には退院のようだ。この後夕食をして帰宅したが、従兄弟のKTの逝去の報を聞いた。明日が通夜で、日曜日が葬儀のようだ。出席はする予定。

時間の都合で T-ジョイ久留米3番にて「ザ・ファブル」を見た。岡田准一の殺し屋のお話。コミックが原作なのでそのような作りになっていた。それなりのおもしろさ。やや期待外れの感あり。☆☆☆☆・73点



2017年度講談社漫画賞一般部門受賞の同名漫画を「散り椿」の岡田准一主演で実写映画化。どんな相手も6秒以内に殺すという“ファブル”と呼ばれる謎の殺し屋が「1年間誰も殺さず、普通に暮らす」というミッションを与えられ、一般人として生活を始める。出演は、「居眠り磐音」の木村文乃、「去年の冬、きみと別れ」の山本美月、「旅猫リポート」の福士蒼汰、「夜明け」の柳楽優弥、「いつまた、君と 何日君再来」の向井理、「50回目のファーストキス」の佐藤二朗、「愛しのアイリーン」の安田顕、「64 ロクヨン」の佐藤浩市。監督は、「映画めんたいぴりり」の江口カン。

“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、どんな相手も6秒以内に殺すと言われ、裏社会では誰もが恐れる存在だった。仕事をし過ぎた彼に、ボスはミッションを与える。それは、1年間誰も殺さず、一般人に溶け込み普通に暮らすというもの。もし、休業中に誰かを殺したら、ボスがファブルを殺すという。ファブルは佐藤アキラと名乗り、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に、生まれて初めて一般人として暮らし始める。バイトをしたり、インコを飼ったり、殺しを封じて普通の生活を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う組織や、ファブルに助けを求める人たちが現れ、裏社会のトラブルに巻き込まれていく。ついにはファブルが一般社会で出会い、世話になった女性ミサキ(山本美月)が人質にとられてしまう。ファブルはヨウコの協力のもと、誰も殺さず人質を救出するという無謀なミッションに挑む。
 
6月20日(木)は晴。今日もプールに行ってみよう。250mクロール、250mのプルブイスイム、850mの歩行。挿し芽ゼラニュウムの移植は4鉢、何は血が育つか楽しみだ。。
 
6月19日(水)は晴。プールには行けるか?250mのクロール、250mのプルブイスイム、600mの歩行。O氏とY氏の手続きの書類に実印をもらった。本田司法書士に渡せば牛鶴区十文字隣組として登記出来ることになる。
 
6月18日(火)は晴。仕事が遅く終わったのでプールには行かず。家内と散歩。夜は民生委員選定作業はM氏不調。28日に公会堂にて再度会議。

録画していたアニメ「アラジン」吹替1992年を見た。実写版を見たのでアニメも見て見た。これも音楽は同じで、ストーリーも大まかに同じだった。よく出来たアニメ作品だと思う。☆☆☆☆・79点



「アラビアン・ナイト」の物語をもとに、不思議なランプを手にてた若者が、愛する人を守るため冒険に挑む姿を描くファンタジー・アニメーション。監督・製作・脚本は「リトル・マーメイド」のコンビ、ジョン・マスカーとロン・クレメンツ。共同脚本はテッド・エリオットとテリー・ロッシオ、音楽は「美女と野獣(1991)」のアラン・メンケン、挿入歌は、作詞を同作のハワード・アシュマンと「ジーザス・クライスト・スーパースター」などで知られるミュージカル界の大御所ティム・ライスが担当。「フック」のロビン・ウィリアムスが魔人ジーニ役で声の出演をしており、彼は本作で第50回ゴールデン・グローブ賞特別賞を受賞した。また本作は、同賞ならびに第65回アカデミー賞で最優秀オリジナル作曲賞、最優秀主題歌賞を受賞している。

神秘と魅惑の都アグラバ。大いなる夢と希望を抱いた貧しい若者アラジン(声・スコット・ウェインガー)は、市場で出会った美しい娘ジャスミン(声・リンダ・ラーキン)を一目で気に入り、彼女が盗っ人として捕まっていた果物屋から助け出す。彼女はアグラバ王国の王サルタン(声・ダグラス・シール)の娘だった。結局役人に捕まったアラジンは、城の石牢に閉じこめられてしまう。その頃ジャスミンは、右大臣のジャファー(声・ジョナサン・フリーマン)から、アラジンは処刑されたと聞き、嘆き悲しんでいた。一方、アラジンは突然現れた不気味な老人に誘われ、砂漠の中の洞窟から、ランプをとってくることを条件に、牢を脱出した。アラジンは、魔法の洞窟を奥へ進む途中、不思議な魔法の絨毯に出会う。アラジンは、絨毯の道案内でやっとランプを手に入れるが、同行していたペットの猿アブー(声・フランク・ウェルカー)が宝石に手を出してしまい、洞窟は次々に大爆発を起こし始めた。外に待っていた老人はアラジンからランプをひったくると、アラジンを洞窟の底へ突き落とした。老人の正体はジャファーだった。アラジンが絶望に落ちこんでいた時、アブーが落とされる瞬間取り戻したランプを取り出した。アラジンが汚れたランプに書いてある文字を読もうとさすった途端、ランプの魔人ジーニー(ロビン・ウィリアムス)が現れた。ジーニーは、ランプを持つ主人の願いを3つだけ叶えてくれると言う。アラジンは1つめの願いで、立派なプリンスに変身し、王宮へ乗り込んだ。ジャスミンに本当の自分を名乗れないアラジンだったが、その夜、絨毯に乗ってジャスミンを訪れる。2人は絨毯に乗って美しい星空の中を飛び、ジャスミンはアラジンに好意を持ち始めた。だが、すべての権力を握ろうとしていたジャファーは王を催眠術にかけ、ジャスミンと結婚しようと狙っていた。そしてアラジンからランプを盗んだジャファーは、アラジンを元の姿に戻し、すべての嘘が明らかにされてしまう。ジャスミンを助けに行ったアラジンだったが、ジェファーはランプを使い、ジーニーに自分もジーニーと同じような魔法使いになりたいと言う。望み通りの姿になったジャファーだったが、ランプの中に吸い込まれてしまう。アラジンは最後のひとつの願いで、ジーニーをランプから開放して普通の人間に戻し、王にも気に入られ、めでたくジャスミンと結ばれるのだった。
 
6月17日(月)は晴。T-ジョイ久留米10版にて「キングダム」を見た。いろいろ評判なので見て見ました。なるほどわかりやすい展開、人気のあるタレントの主演など若い人には良いかもしれないが、何となく漫画っぽいところがある。やはり原作がコミックだからかもしれない。スケール感を出すだけのために中国でロケする必要性があったか?とも思った。☆☆☆☆・75点


累計発行部数3800万部を越える原泰久の人気漫画を「BLEACH」の佐藤信介が映画化。春秋戦国時代の中国を舞台に、大将軍への夢を抱く奴隷の少年・信と、後に秦の始皇帝と呼ばれる若き王・政の戦いを、迫力のアクションを交えて壮大なスケールで描く。出演は「羊と鋼の森」の山崎賢人、「銀魂2 掟は破るためにこそある」の吉沢亮。中国ロケによる雄大な映像も見どころ。

紀元前 255 年。春秋戦国時代の中華・西方の国・秦。戦災孤児の信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、天下の大将軍を夢見て、日々剣術に励んでいた。そんなある日、漂は王都の大臣・昌文君(高嶋政宏)によって召し上げられ、王宮へ。信と漂は別々の道を歩むこととなる。だが、王宮では王の弟・成(本郷奏多)によるクーデターが勃発。戦いで致命傷を負った漂は、何とか信のいる納屋に辿り着き、“お前に頼みたいことがある”と告げる。血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。“今すぐそこへ行け”と言い残して力尽きる漂。泣き叫びながらも、信は漂が手にしていた剣と地図を握りしめ、走り出す。そして辿り着いた場所で信の目に飛び込んできたのは、冷静に佇む漂の姿。だがそれは、玉座を奪われ、王都を追われた秦の若き王・政(吉沢亮:二役)だった。政に瓜二つの漂は、政の身代わりとなって命を落としたのだ。激高する信だったが、国を背負う政の強さと漂の意思を受け止め、政と共に行動することを決意。2人は王宮を奪還するため立ち上がる。だがそれは、政にとっての第一歩に過ぎなかった。戦乱の世に終わりをもたらす中華統一。未だかつて誰も成し遂げたことのない夢を、政は心に秘めていた。信は天下の大将軍を、政は中華統一を。その夢の前に横たわるのは、途方もない修羅の道。若き2人の戦いが幕を開ける……。
 
6月16日(日)は曇後晴の予想。豊後高田市の「鬼城」に行ってみた。途中雨が降って忌めと衣あったが、登山口のこっとん村では雨はやんでいた。鬼城耶馬が一望であった。鬼城も見えている。ここの駐車場に駐車して遊歩道を歩き林道終点の防砂ダムから山道となる。鞍部まで歩くと、右の山頂を目指す。ガイド本のように南西尾根を目指してトラバースして尾根に取り付くが尾根の右を歩く。尾根に上がりまた尾根を巻く何度が繰り返して尾根を登れば山頂だ。右の岩場には図根三角点があり、波石田夢が一望だ。ここで昼食とした。最後に山頂へ向かう。こちらは海までよく見える。尻付山、ハジカミ山、猪群山が並んで見えていた。尾根を巻いているのだが急傾斜でなかなかの難所だった。ロープなどは全くない。下りは遠っ持ていたが,下りは案外コースが分かっていることもあり思ったより、スムースだった。今回の山はこの近辺で一番の難関の山だったが、無事に下山出来て何よりだった。
 
6月15日(土)は雨のち曇。定時総会は午後3時から。無事に終了。懇親会は里川海にて、また、冷酒を飲み過ぎたかもしれない。
 
6月14日(金)は曇。映画に行くかもしれない。

イオンシネマ筑紫野2番にて午後2時35分からの「メン・イン・ブラック インターナショナル」吹替版を見た。主役の1人がヒロインだった。始めストーリーが分かり難かったが、最後には何とか理解できたと思う。☆☆☆☆・73点



地球に潜入したエイリアンの行動を監視する秘密組織“MIB”のエージェントたちの活躍を描いたSFアクションコメディ第4弾。新人エージェントMと先輩エージェントHのコンビが、様々なエイリアンに立ち向かいながら、MIB内部のスパイ捜索に乗り出す。主人公を一新し、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンが主役コンビに扮して再共演。メガホンを取ったのは、「ワイルド・スピード ICE BREAK」のF・ゲイリー・グレイ。

20年前、エイリアンに遭遇しながらも偶然、記憶消去を逃れて以来、MIBに憧れ続け、ついに自らスカウトを勝ち取ったエリート新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)。上司のエージェントO(エマ・トンプソン)に対しても物怖じしない大物ぶりを見せる彼女に初ミッションが下される。それは、MIB内部に潜入したスパイの捜索。コンビを組むのは、イケメンだが軽薄な先輩エージェントH(クリス・ヘムズワース)。その前には、何にでも変身するエイリアンや、3本目の腕を持つクレオパトラのような美女(レベッカ・ファーガソン)など、常識外れのエイリアンたちが次々と現れる。ロンドンオフィスの大物エージェント・ハイT(リーアム・ニーソン)やパグ犬の協力は得たものの、味方であるはずのエージェントたちも、一体誰が敵で誰が味方なのか分からない。果たして、正反対な性格の男女コンビは、無事にミッションを遂行できるのか……?

帰宅して家内と散歩。専門学校生の孫とあった。
 
6月13日(木)は晴。プールに行くだろう→お昼にバッテリー式生け垣バリカンにチップレシーバーを取り付けようとしてSWをさわって指を怪我したので休んだ。注意書きのようにバッテリーを外して作業すべきだった。怪我は軽傷。夜は市報配布19時、公民館。O氏は代わりの人が取りに来た。お知らせの中にノーポイの用紙があったような気がしていたが、持ってきたものにはなかった。問い合わせてみる必要がある→もう1組あって1枚ずつとる様になっていたようだ。区会長が持っているということだ。後ほどもらうことにします。

プールを休んだのでAmazonプライにて昭和33年の「白蛇伝」アニメを見た。朝ドラにこれがモデルになった漫画映画を制作しているところが登場するから再度見たくなった。今見ると結構多編だったんだろうと思われますが、動きは割とスムースでよくやっていると思う。作品は割合短い。子供や家族で見るにはいいかもしれない。日本最初の総天然色漫画映画と書かれているのが懐かしい。☆☆☆☆・75点



東映動画スタジオが製作した、天然色・長篇漫画映画。白蛇の化身と、その恋人許仙の愛を綴る中国の民話「白蛇伝」を骨子としたもので、構成・美術は岡部一彦・橋本潔、脚本・演出は薮下泰司、撮影・塚原孝吉である。森繁久彌と宮城まり子が声の出演をする。

宗の時代の中国−−西湖の畔に住む少年・許仙は、可愛がっていた小蛇を大人たちに叱られて泣く泣く捨てた。何年か後、成人した許仙は、ある朝、自分の吹く笛の音につれて鳴る不思議な胡弓の音を聞いた。彼の子分、パンダ(白黒熊)とミミ(猫熊)は、妖しい少女に誘われて古寺から胡弓を見つけ持ち帰った。翌朝、許仙は、道で昨日の少女・少青に会ったが、彼女の導きで立派な御殿に連れてゆかれ、胡弓の持主という美しい白娘に引会わされた。許仙は一目で恋におちたが、白娘は昔、許仙が可愛がっていた白蛇の精、少青は青魚の精だった。許仙が白蛇の精と恋におちたことを法力で知った高僧・法海は、彼を何とか救おうと考えた。一方、許仙と白娘が結ばれたのを喜んだパンダとミミ、それに少青は、御殿の中の木彫りの竜で遊んでいるうちに、竜は、みんなを乗せたまま空へ舞上り、宝物殿へ落ちた。そこにあった二つの宝石を国宝とも知らず少青は二人のために持帰ったがこれを政府の役人に発見され、許仙は遠く蘇州へ流され、労役につかされた。パンダとミミも蘇州へ来て許仙を探すが、一方の白娘と少青も蘇州の街外れの古塔で許仙の現れるのを待っていた。白娘の妖気が、夜な夜な許仙の体にとりつき白蛇の幻となって現れたため許仙は労働者仲間から追放されたがやがて彼は古塔に白娘とめぐり会うことができた。が、これを見た法海が許仙を救おうと白娘と術を競い、白娘が敗れて逃げるのを追いかけた許仙は崖下に落ちて絶命した。法海は島のお寺に許仙を葬ってやろうとした。しかし白娘は許仙を救おうと命の花を貰いに竜王星の竜王のもとへ飛び、自分が術の使えない人間となることを条件に命の花をもらって島へかけつけた。が、白娘をあくまで妖怪と信ずる法海に追返された。そこで少青は海底の大なまずに頼み、島を水攻めにし、許仙を取戻そうとした。海は大荒れとなり島の寺に襲いかかった。舟に乗って命の花を届けようとする白娘は、今は術をもたぬ身、大波に溺れようとしている。そのころ少青の力で命の花は許仙のところに着き、許仙は生き返った。溺れようとしている白娘めがけて許仙は海へ飛びこんだ。これを見た法海は、今こそ白娘が人間に返り、許仙との恋の固さを知って舟を差のべてやった。二人は舟に乗って幸せの国へと旅立った。
 
6月12日(水)は晴。熊本医院。プルに行ければ行く。250mのクロールと250mのプルブイスイム、800mの歩行。市報配達日→公会堂。不燃物。A-49943が届いた。チップレシーバー。
 
6月11日(火)は晴。プールに行くかもしれない→少し風気味の用なので家内がやめるようにいったので中止。不要な樹木を伐採した。小木や桜のひこばえなど。ダニに喰われたが潜航で外して後遺症はナシ。義久くんから電話。13日は出席出来ないかも?叔母の件があるそうだ。

プールを休んだので、見て見たいと予定していた「パワーレンジャー」吹替版をAmazonプライムにて見た。400円。これは最近「アラジン」にでていたナオミ・スコットが出演しているので見たものです。今の方が洗練されているように思えましたが、今後も楽しみな女優さんの一人になりました。作品は日本のスーパー戦隊シリーズがもとのようです。これはアメリカでの最新リブート版のようです。はじめのお話です。テレビのシリーズは見ていませんし、初めて見ました。☆☆☆☆・73点



日本のスーパー戦隊シリーズを下地に英語版ローカライズした特撮テレビドラマをリブート。不思議なコインを見つけ、超人的な力を手に入れた5人の高校生たち。彼らは蘇った悪の戦士リタ・レプルサに立ち向かう新たなパワーレンジャーとして選ばれたのだった。監督は「プロジェクト・アルマナック」(未)のディーン・イズラライト。ドラマ『ストレンジャー・シングス』のデイカー・モンゴメリー、ミュージシャンとして活躍するベッキー・Gら新鋭5人が、思いがけない運命に戸惑いながらも強大な敵に挑むパワーレンジャーに扮する。

小さな町エンジェル・グローブに住むごく普通の高校生ジェイソン、キンバリー、ビリー、トリニー、ザックの5人は、同じ時間・同じ場所で不思議なコインを手にし、超人的なパワーを与えられる。困惑する彼らの前に、古代の地球を守っていた5人の戦士パワーレンジャーの一人、ゾードンと機械生命体アルファ5が現れ、かつて封印された悪の戦士リタ・レプルサが蘇り世界を滅ぼそうとしていること、そして彼ら5人はリタ・レプルサの脅威に立ち向かう新たなパワーレンジャーとしてコインに選ばれたことを告げた。自らに課せられた使命を受け入れられず、秘めた力を解放できない5人。世界の危機が目前に迫る中、ついにその力が目覚める。
 
6月10日(月)は曇。映画に行くかもしれない。本田司法書士に登記の件を連絡する必要がある。お昼頃ついでがあると立ち寄られたので、O氏とY氏の印鑑証明書などを託けた。映画に行くついでに会館に立ち寄るつもり→真美ちゃんに頼んだ。夜は「定例会」19時から生活改善センターにて。映画の帰りに給油と洗車(AQUA)。

T-ジョイ久留米5番にて午後1時50分からの「コンフィデンスマンJP」を見た。見ていたテレビシリーズの劇場版だが、テレビよりストーリーも凝っていてすっかり騙されてしまった。☆☆☆☆・78点



奇想天外な計画で、欲にまみれた人間たちから大金を騙し取る3人の信用詐欺師“コンフィデンスマン”の活躍を描いた痛快コメディ。伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛んだコンフィデンスマンのダー子、ボクちゃん、リチャード。その前に、強敵が現れる。本作は、好評を博したテレビシリーズに続く劇場版。出演はテレビシリーズレギュラーの長澤まさみ、東出昌大、小日向文世に加え、劇場版キャストとして「クリーピー 偽りの隣人」の竹内結子、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の三浦春馬、「BLEACH」の江口洋介が登場。脚本を『リーガルハイ』、『相棒』などの古沢良太が手がける。

華麗に、大胆に、人を騙し続ける百戦錬磨の信用詐欺師“コンフィデンスマン”、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人。彼女たちの次なるターゲットは、その冷酷さから“氷姫”の異名を持つ香港マフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)。彼女が持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。ランに取り入ろうと様々な策を講じるが、なかなかエサに食いつかず、苦戦する。そんな中、天才詐欺師ジェシー(三浦春馬)が現れ、同じくランを狙っていることが判明。そして以前、自分を騙したダー子たちに恨みを抱く日本のヤクザ、赤星(江口洋介)の影もちらつき始め、事態は予測不可能な展開に。騙し騙され、三つ巴の戦いを制するのは誰なのか!?ついに、史上最大のコンゲームが幕を開ける……
 
6月9日(日)は晴。フレアス甘木にて歯ミング21第10回に出席。終了後帰宅して、家内が要らないというツツジを5本ばかり伐った。ついでに新しいバリカンでツツジの剪定。3時間ばかり下が疲れた。
 
6月8日(土)は曇。プールには行ってみよう。250mのクロールと250mのプルブイスイムと600mの歩行。17時からフレアス甘木にて歯ミング21のリハーサルは欠席。配りものを恃まれた。その後、家内と買い物。バッテリー生け垣バリコン350mmを購入。
 
6月7日(金)は雨。樋に落ち葉が詰まっているところがある。映画から帰宅して、夕方、鬼塚氏から運転免許証のコピーを預かる。吉岡氏から印鑑証明と運転免許証のコピーを預かる。

イオンシネマ筑紫野1番にて午後3時からの「アラジン」吹替版を見た。アニメの「アラジン」の実写版という所だ。技術も進歩してなかなかよく出来ていた。CGもVFXもよく出来ている。ファンタジーはいつ見ても楽しいものだ。☆☆☆☆★84点



アラビアン・ナイト」を元にしたディズニーの名作アニメーションを実写化。自分の居場所を探す貧しい青年アラジンは、自由を求めて王宮を抜け出した王女ジャスミン、三つの願いを叶えることができるランプの魔人ジーニーと出会い、冒険を繰り広げる。出演はドラマ『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』のメナ・マスード、「パワーレンジャー」のナオミ・スコット、「素晴らしきかな、人生」のウィル・スミス。監督は「キング・アーサー」のガイ・リッチー。

ダイヤモンドの心を持ちながらも、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジン(メナ・マスード)。彼が巡り合ったのは、王宮の外に自由を求める王女ジャスミン(ナオミ・スコット)、そして“3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー(ウィル・スミス)。果たして3人は、この運命の出会いによってそれぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのだろうか……?
 
6月6日(木)は晴。プールに行こうと思う。250mのクロール、250mのプルブイスイム、550mの歩行。帰宅してつつじの剪定少々。鬼塚氏から印鑑証明のみ預かる。
 
6月5日(水)は晴。午後1時、本田司法書士にて牛鶴区十文字隣組による公民館敷地の登記準備。夜に鬼塚氏と吉岡氏に印鑑証明などの取得をお願いする。昼食は外食。
 
6月4日(火)は曇。250mのクロールと250mのプルブイスイムと600mの歩行。夜は常会。参院選・ひがなつみ。夜に福岡死早良区で81才の高齢運転者が逆走事故を起こしたようだ。またまた、風当たりが強くなりそうだ。来年3月は免許の更新。78才。今年は講習を受講しなければならない。
 
6月3日(月)は曇。映画に行くかもしれない。午後は久しぶりに時間の都合がよく見たい作品を2本続けて見た。

まず、T-ジョイ久留米3番にて午後1時30分からの「パラレルワールド・ラブストーリー」を見た。原作は東野圭吾なので読んでいたが、ストーリーは忘れていた。ラストにトリックあかしがあるが、簡単すぎたような気がした。☆☆☆・・68点 しておきます。残念なできでした。



東野圭吾の同名小説を実写映画化した恋愛サスペンス。研究者の崇史は、親友・智彦から恋人の麻由子を紹介される。彼女は崇史が以前、密かに想いを寄せていた人だった。ところがある朝、崇史が目覚めると、麻由子は自分の恋人になっていて、智彦は消えていた。出演は、「レインツリーの国」の玉森裕太、「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の吉岡里帆、「きみの鳥はうたえる」の染谷将太。監督は、「聖の青春」の森義隆。


研究者の崇史(玉森裕太)は、親友・智彦(染谷将太)から恋人の麻由子(吉岡里帆)を紹介される。彼女は崇史が以前、密かに想いを寄せていた女性だった。崇史は嫉妬に苦しむ。ところがある朝、崇史が目覚めると、麻由子は自分の恋人になっていて、智彦は消えていた。2つの世界に迷い込んだ崇史は、隠された真実にたどりつく……。



続いてT-ジョイ久留米1番にて午後3時40分からの「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」字幕を見た。ゴジラ自身も映画も進化しているようで怪獣大作戦のようにたくさんの怪獣が出現するがおもな怪獣は日本映画の怪獣だった。エンドロールにモスラやゴジラのテーマが流れてきた。予告もあっていた。髑髏島がまたまた現れるのかもしれない。☆☆☆☆★81点



ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」の続編となるパニックアクション。前作から5年後、モスラ、ラドン、キングギドラらが復活し、ゴジラと争いを始める。それによって引き起こされる世界の破滅を阻止するため、未確認特務機関・モナークが立ち上がる。監督は、「スーパーマン リターンズ」脚本のマイケル・ドハティ。出演は、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のカイル・チャンドラー、「トレイン・ミッション」のヴェラ・ファーミガ、ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のミリー・ボビー・ブラウン、「シェイプ・オブ・ウォーター」のサリー・ホーキンス、「硫黄島からの手紙」の渡辺謙、「グランド・マスター」のチャン・ツィイー。

「GODZILLA ゴジラ」から5年後の世界。神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらの怪獣たちが復活し、世界の覇権をかけてゴジラと争いを繰り広げる。未確認生物特務機関・モナークは、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止するため立ち上がる。

6月からシニア料金は1100円→1200円に値上げになっていた。一般料金は据え置きのようだ。久しぶりに時間の都合がよく2本続けて見た。疲れるがガソリン代の節約にはなる。
 
6月2日(日)は曇。午前11時から朝倉会総会なので出席。嫁は来ていたが息子は欠席のようだった。2次会福寿司で。熱燗のミス来たようで、帰宅したころには酔ってしまった。ご用心ご用心。
 
6月1日(土)は晴。プールは休む予定。虫刺されはだいぶ発赤も減少、かゆみも減った。午後は見残したドラマなどを見て通路側のつつじやサツキの一部を選定した。2時間ばかり詐欺が遅くなった。