〔ホーム〕〔上〕日記
 
2019年7月
 
 
 
 
7月31日(水)は晴。暑くなりそうだ。300mのクロールと300mのプルブイスイム、650mの歩行。散歩なし。ディズの給油20km/1L位のようだった。胃是よりはいい。1ヶ月無料点検がある様だ。
 
7月30日(火)は曇。プールに行ってみよう。ステッカーをコピーしてメールで送ること。300mのクロールと300mのプルブイスイム、700mの歩行。AQUAに給油。疲れた。
 
7月29日(月)は晴。広報誌の配布日なので午後7時から公民館で配達準備。回覧刷る資料があったようだ。夜区長が持参してくれた。世話人に配らなければならない。山口さんから電話。やまびこ会のデザインの件。
 
7月28日(日)は晴。新しい軽自動車のディズで国東半島豊後高田市の「堂明(高岩)」へ行きました。この日は特に暑い日でした。コース間違いを何カ所かでしていた。最後は撤退のつもり戻っていたのですが、せめてリベンジのためにと残土だけは各なしようとそれらしきところへいくとてー゜画ありました。つい、山頂までと一応行きましたが、三角点は岩場のさきにあり、 もうそこまで行く輝緑がなくて、数十メートールはにれたところから写真を撮りました。昼食としていくつかの寿司をつまんで下山しました。ゲンには岩場の下りがきつそうだと思っていたところ、岩場手前にヒダにテープが見えました。巻き道ではないかと思ってこれを下りました。これは始めに山に取り付いた地点があった、作業道跡に続いていました。これで少しは時間が短縮できたかもしれません。急登がいやな向きにはのぼりにも使えそうなコーでした。山頂まで道迷いで、4時間30分、下山はまきみちがあり、2時間30分でした。午後5時でした。ディズはプロパイロットも快適でした。ただ、坂道などは弱そうでした。660ccですから。いつも歯2000ccのディーゼルターボで走っていますのでその点は仕方がありません。
 
7月27日(土)はプールは休みました。録画していたビデオを見て、夕方家内と散歩。
 
7月26日(金)は晴。暑そうだ。映画に行こうと思っている。

イオンシネマ筑紫野9番にて午後2時15分からの「アルキメデスの大戦」を見た。途中事故渋滞や駐車場も蛇管混んでいたので、入場できたのは午後2時20分過ぎでしたが、作品をはじめから見る事が出来たので満足。なぜなら戦艦ヤマトが航空機の攻撃で沈没する場面が初っぱなに登場。ここ以外には戦闘場面はなかった。戦争をとめる発送のようでした。☆☆☆☆★81点



 戦艦大和建造を巡る頭脳戦を描く三田紀房の同名漫画を、「永遠の0」の山崎貴監督が実写化。昭和8年。海軍少将・山本五十六は上層部が進める超巨大戦艦大和の建造計画を阻止するため、天才数学者の櫂直に試算させ、国家予算の無駄遣いを明白にしようとする。変わり者の天才数学者・櫂直を「あゝ、荒野」の菅田将暉が、海軍少将・山本五十六を「終わった人」の舘ひろしが演じる。

 1933(昭和8)年。日本は欧米列強との対立を深め、軍拡路線を進み始める。海軍省は秘密裏に世界最大の戦艦・大和の建造を計画。海軍少将・山本五十六(舘ひろし)はこれからの戦いに必要なのは航空母艦だと進言したものの、世界に誇れる壮大さこそ必要だと考える上層部は、戦艦大和の建造を支持。巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか算出し、その裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩そうと考えた山本は、軍部の息がかかっていない協力者として、100年に1人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直(菅田将暉)に目をつけた。数学を偏愛し大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者の櫂は頑なに協力を拒んでいたものの、巨大戦艦を建造すればその力を過信した日本は必ず戦争を始めるという山本の言葉に動かされる。戦艦に関する一切の情報は建造推進派の者たちが秘匿。同調圧力と妨害工作の中、櫂は帝国海軍という巨大な権力の中枢に飛び込んでいく。
 
7月25日(木)は曇。プールは休んだ。夕方、朝顔の鉢を大きい鉢に交換。ツルがあるので慎重に。はじめから大きい鉢に植えるのがよさそう。もし、来年朝顔を植えるときには、プランターに植えようと思う。
 
7月24日(水)は晴。しばらく晴れるようだ。梅雨開け。300mのクロール、300mのプルブイスイム、750mの歩行。夕方は家内と散歩。暑かった。
 
7月23日(火)は雨。夜明け頃にだいぶ降っていた。時々腐ひどく降っているようだ。プールには行ってみよう。300mのクロール、300mのプルブイスイム、700mの歩行。「閉鎖病棟」を読んでいる。
 
7月22日(月)は曇時々雨。映画には行かず。「暁天の星」を読了。未完であった。おまけに短編「乙女がいく」が着いていた。龍馬の姉のお話。夕方は少し散歩。
 
7月21日(日)雨。朝の黄金川ボランティアは中止となった。朝はだいぶ降っていたようだ。午後黄金川を見に行ったが水位がふえているようには見えなかった。佐田川などは少しは増えていたようだ。一部の地域では、床下床上浸水したところがある様だ。この辺りはその点では浸水はない地域になっている。日曜日日までかかって「ボイス」シーズン1の16話まで見てしまったが、楽しめたサスペンスはやはり先が読みたくなるものだ。よく出来ていた。ラストは思ったような展開だったが、若干ちが流れすぎるような気がする。日本ではここまでは血は流せないだろう。原則韓流ドラマはみなことにしているが、リメイクされる程の作品には楽しみな作品があるようだ。
 
7月20日(土)は雨。「暁天の星」を読んでいたが、韓国ドラマの「ボイス」が見たくなりAmazonVideoにて午後からしばらく見た。日本版に脚色された作品とほとんど同じ流れだ。元作品が面白いのは常だ。
 
7月19日(金)は雨。大雨の情報。映画に行くかもしれない。

イオンシネマ筑紫野3番にて午後2時30分からの「トイ・ストーリー4」吹替版を見た。最近はこのシリーズは見ている。かって仲間のおもちゃを子供の友達にしてやろうと奮闘するお話だった。もうなつやすみの学校もある様で高校生もそれなりに来ていた。いい作品だった。高1の孫娘とみた。家内と娘は見なかった。「天気の子」が公開されている。これも見たいと思っている。☆☆☆☆★80点



おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

ウッディ(声:トム・ハンクス)、バズ(ティム・アレン)ら仲間たちは、新たな持ち主ボニーを見守っていた。そんな彼らの前に、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー(トニー・ヘイル)が現れる。しかし、フォーキーは自分をゴミだと思い逃げ出してしまう。ボニーのためにフォーキーを探しに行ったウッディは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボー(アニー・ポッツ)との運命的な出会いを果たし、見たこともない新しい世界にたどりつく。最後にウッディは、驚くべき決断をする……。

葉室麟の「暁天の星」をTSUTAYAにて購入。
 
7月18日(木)は雨。牛鶴十文字隣組の土地登記の件で、市役所に行ってみることにしよう。必要はなかった。ついでに期日前投票もした。帰りに竹下のお見舞い。買い物。夕食をして帰宅。
 
7月17日(水)は曇。プールには行くだろう。「トイ・ストーリー4」は見たいものだ。300mのクロール、300mのプルブイスイム、1000mの歩行。BDレコーダーの再生はこの日は正常だった。印鑑が届いたので明日は市役所に行ってみることにする。
 
7月16日(火)は晴。仕事が押してプールには行かず。休むのに丁度よかった?昨日の疲れが残っていたようだ。ほんを読もうと思っていたが、読まず。録画していたビデオを見てみたがさいせいの調子がおかしくなっているようだ。買い換えとしようと思う。修理は後ほど考える。
 
7月15日(月)は海の日。曇後晴。豊後高田市の「無動寺耶馬」を歩いた1時間半くらいで周遊出来るトレッキングルートを4時間くらいかかって周遊した。暑くなったので疲れた。車に戻ってエアコン付けて冷えたらよくなった。熱中症になりかけていたのかもしれない。無事に歩けてよかったという所だ。びでおの調子が悪いようだ。よく確かめて買い換えなければならないかもしれない。録画していたものがだめになるかもしれない。
 
7月14日(日)は雨。朝は雨の中一斉清掃。夜は公会堂で定例会。21日の黄金川のボランティアには出席する必要がありそうだ。300mのクロールと300mのプルブイスイム。750mの歩行。
 
7月13日(土)は雨。明日の一斉清掃日は上がってほしいが・・・。プールは休んだ。「ルパンの帰還」を読了した。一気読み。今回はの作品は軽いミステリーだった。
 
7月12日(金)は曇。映画には行かずにプールに行こうと思う?300mのクロール、300mのプルブイスイム、700mの歩行。夕方簡単に散歩。2組の係が回覧板を回すのを忘れていたいたようだったので電話。14日の一斉清掃の件だったので組員から申告があったのでよかったという所。「ルパンの娘」という連ドラの原作を読んでいる。深田恭子主演。連ドラは原作とは異なる展開が描かれているようだ。
 
7月11日(木)は曇。世話人会は午後7時から公民館にて。14日の出席表や登記簿の件。市報の配達、2組は昨日済。不燃物のブルーシートの問題。プールには行かずに「ノーサイド・ゲーム」を読了した。そして、録画している者を見た。だいぶ脚色されているようでした。
 
7月10日(水)は曇。薬は午前中に行った。250mのクロールと250mのプルブイスイム、100mの歩行。早く終わってDAYZの給油。平均燃費は20q/h位のようだ。広報誌配布日なので公会堂へ午後3時過ぎに行った。不燃物二は行かず。14日一斉清掃日の出席簿は作った。湊かなえの「ポイズンドーター・ホーリーマザー」古書が届いた。WOWOWでドラマが放送になる。
 
7月9日(火))曇。プールに行くだろう。300mのクロール、300mのプルブイスイム、650mの歩行。「ノーサイド・ゲーム」が届いた。 
 
7月8日(月)は晴。見たい映画はなさそうなので行かず。夕方は家内と散歩。本田司法書士が来る予定。公民館敷地の登記簿ができたので、もらった。多分7日に届いていた東野圭吾の「希望の糸」を読了した。加賀恭一郎も登場するが従兄弟の松宮が主人公のお話だった。まあ、殺人の動機が少し弱いような気もするがヨシとしておきます。ドラマなどになると楽しみだが。
 
7月7日(日)は晴。12時30分からやまびこ会オフが、アサヒビール園にてあった。ピールをたくさん飲んで焼き肉食べて、参加者は9人でした。山に行こうとも思ったのですが、参加になっていたので参加した。バスとJRで田ケし地益まで行ったが、ビール園の場所が分からなかったので咲かした。楽しく4時頃まで過ごし2次会は不参加で帰宅した。甘木営業所まで迎えに来てもらった。
 
7月6日(土)は晴。新車ディズのお祓いに行く予定。プールは休んだ。
 
7月5日(金)は晴。案外少なく300mのクロール、300mのプルブイスイム、650mの歩行。夕方は家内と散歩。
 
7月4日(木)は曇。夜は常会。

イオンシネマ筑紫野8番にて午後2時15分からの「新聞記者」を見た。内閣府と新聞記者と若手官僚のサスペンスだ。実際の政治とも重なる展開もあり、ラストは?で終わった。原案は東京新聞の望月記者のものである。制作がイオン系なのでイオンシネマで公開されているもののようだ。☆☆☆☆★80点




東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、「怪しい彼女」のシム・ウンギョン×松坂桃李主演で映画化。政権が隠す権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を活写するサスペンス。共演は「今夜、ロマンス劇場で」の本田翼、「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」の岡山天音。監督は「デイアンドナイト」の藤井道人。

日本人の父と韓国人の母の間に生まれ、アメリカで育った吉岡(シム・ウンギョン)は、ある思いを秘めて東都新聞の社会部記者として働いている。そんなある日、彼女のもとに大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届く。その真相を究明するため、早速、吉岡は調査を開始。一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は、「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、現政権に不都合なニュースをコントロールする現在の任務に葛藤していた。愛する妻(本田翼)の出産が迫るなか、杉原は尊敬する昔の上司・神崎(高橋和也)と久々に再会するが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう……。真実に迫ろうともがく女性記者と、“闇”の存在に気付き、選択を迫られる若手エリート官僚。そんなふたりの人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる……。
 
7月3日(水)は雨。大雨の予報だったので映画には行かずに、プールに行った。250mのクロール、250mのプルブイスイム、800mの歩行。大雨はなかった。
 
7月2日(火)は曇。プールに行きたいものだ。250mのクロール、250mのプルブイスイム、750mの歩行。その後、うさほうめんへディズの試乗。プロパイロットは結構上手く働いていた。
 
7月1日(月)は雨。午後に新しいディズが届くことになっている。映画にはいかずに待機。午後3時頃新型のディズハイウエィスターが届いた高速道などを試乗してみたが、以前乗っていた10年以上前のワゴンRに比べれば雲泥の差の乗り午後地で100qで走ってもまあまあだ。いろいろに運転支援装置はいまから勉強だ。複雑で飲み込めば使えるだろう。今後も同じような装置のある車と変えていくで今のうちになれたいと思う。機会に振り回されないようにしなければ成らない。夏に鹿児島にドライブしたいと思っている。