〔ホーム〕〔上〕日記
 
2019年8月
 
 
 
8月31日(土)は朝は晴れている。デイズの点検と予備キーの調整。帰りにマイカーセンターに寄って帰宅。
 
8月30日(金)は曇。映画に行こうと思う。

イオンシネマ筑紫野6番にて午後2時50分からの「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」字幕をみた。いくつかに事前に映画を見たりして予備知識をいれていた。この作品の頃は1969年頃のハリウッド。シャロン・テート事件の頃のお話だ。実名で俳優が出てくるそれなりに似ている?ので少しは分かる。しかし、相当な映画通でなければ理解は出来ないかもしれない。そうな作品だった。タンティーノの作品はそのようなものが多いと思う。それに関係なくわかりやすい作品もありそのような作品のほうが私の好みではあります。☆☆☆☆・77点


レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

人気のピークを過ぎたテレビ俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、映画スター転身を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるのは、スタントマンで親友のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)だった。目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに神経をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人を見ながら、リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタンに出演することを決意。だが、1969年8月9日、映画史を塗り替える“事件”が起こり、それぞれの人生を巻き込んでいく……。
 
8月29日(木)は曇。広報配達日。回覧板原稿配布。9月8日は一斉清掃後ポンプ試運転と組費の集金。
 
8月28日(水)は雨。未明に大雨のようだった。北部九州豪雨で佐賀県長崎県福岡県は大雨だった。広報あまぎを取りに行った。続いて買い物。帰宅して。

AmazonVideoにて「続 夕陽のガンマン」の続きと、「ウエスタン」を見た。結構楽しめる作品だった。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」関連で見たものだ。23日公開。見に行く予定ではあるが。

「続 夕陽のガンマン」1966年


ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、トニオ・スカルペッリ、セルジオ・レオーネの共同脚本を、「夕陽のガンマン」のセルジオ・レオーネが監督した西部劇。撮影はトニーノ・デリ・コリ。出演は前作「夕陽のガンマン」と同じくクリント・イーストウッドとリー・ヴァン・クリーフ、「ロード・ジム」のイーライ・ウォラックなど。製作はアルベルト・グリマルディ。テクニカラー、テクニスコープ。

南北戦争末期の西部。ジョー(C・イーストウッド)とテュコ(E・ウォラック)の二人はコンビを組んで賞金をかせいでいた。テュコが人を殺し、賞金つきのお尋ね者となる。そのテュコをジョーがとらえて賞金をうけとりテュコが絞首刑という寸前にジョーが救い出す、といった方法だった。だが、この商売も次第にあぶなくなってきたので、ジョーはテュコを捨て、去っていった。怒ったテュコは、ジョーを罠におとしてとらえ、砂漠の中で痛めつけた。その時、南軍の兵士の死体をのせた馬車が疾走して来た。その中に唯一人瀕死の兵士がおり、水を求めていた。その兵士が墓地に隠した二十万ドルのありかを知っているというので、テュコは水を取りに行ったが、戻ってくるとすでに死んでいた。そしてジョーはその墓の名を聞いていた。墓地の名をテュコが、墓石の名をジョーが知っているということで、二人は相棒になるしかなかった。二人は南軍の軍服を着込み、救護所へもぐり込んだが、その軍服のために北軍の捕虜となり、収容所にぶち込まれてしまった。その収容所には以前から隠した二十万ドルをさがしていたセサンテ(L・V・クリーフ)がおり、二人はさんざん責められた。が、ジョーがいくら拷問をかけても口を割りそうにない男だとみたセサンテは、同盟を結び一緒に金を捜すことにした。だが出来ることなら金を全部一人占めにしたいと思うのが人情である。三人は、それぞれに相手をだしぬこうと争った。そしてまずセサンテが二人に射殺された。残った二人はおめあての金を掘りあてたが、テュコはジョーの罠にかかってしまった。しかし、ジョーはテュコを射殺することはできず、結局、また旅を続けるのだった。

「ウエスタン」1969年

セルジオ・レオーネがアメリカで監督した西部劇。主演は「バルジ大作戦」のヘンリー・フォンダ、「さらば友よ」のチャールズ・ブロンソン、「墓石と決闘」のジェーソン・ロバーズ。共演には紅一点のクラウディア・カルディナーレ、フランク・ウォルフ、ガブリエレ・フェルゼッティ、ウッディ・ストロード、キーナン・ウィンなどが顔をそろえている。製作はフルヴィオ・モルセッラ。脚本はセルジオ・ドナーティとセルジオ・レオーネの共作。撮影にはトニーノ・デリ・コリがあたり、音楽はマカロニ・ウエスタンの名曲を数多く手がけたエンニオ・モリコーネが担当。テクニカラー、テクニスコープ。イタリア・オリジナル版は175分。日本初公開から50年を経て、2019年9月27日より、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」(165分)として公開。

西部に初めて鉄道が敷かれようとしていた頃……。アイルランドから移住して来たマクベイン(F・ウルフ)は、この荒野に大きな夢を抱いていた。そして、彼は砂漠を買い、ニュー・オリンズにいる婚約者ジル(C・カルディナーレ)を呼ぶ準備をした。その彼の地権を狙う二人の悪党がいた。鉄道局の役人モートン(G・フェルゼッティ)と、ガンマンのフランク(H・フォンダ)である。そこへ、フランクを捜して一人のよそ者(C・ブロンソン)がやって来た。彼は“その男”と呼ばれた。もの凄いガンさばきとハーモニカのうまいのが特徴であった。彼と同じ馬車でジルもやって来た。彼女はマクベインに呼ばれて来たのだった。しかし、その時すでに、マクベインはフランク一味の銃弾に倒れていた。この事件は、ハーフのシャイアン(J・ロバーズ)のしわざということになったが、居酒屋で“その男”に出会ったシャイアンは、犯行を否定した。一方、法的な利権がジルに与えられると知ると、フランクは彼女を狙いはじめた。身の危険を感じたジルは、保安官(K・ウィン)の助力を得て遺産をせりに出した。フランクは裏工作をしたが、“その男”とシャイアンが権利を買いとり、再びジルに与えた。その後も、フランクは執拗に彼女を狙ったが、目的を果せなかった。そしてついに、フランク一味の襲撃を待っていた“その男”の怨みの銃弾がフランクを倒した。その時“その男”の脳裏には一五歳の時フランクに虐殺された兄の事が浮かんでいた。彼は再びこの土地を去って行った。夫の夢をうけついでいこうとするジルを残して……
 
8月27日(火)は雨。午後はX-TRAIL20GTを車検に届けてノートe-POWERを借りてきた。バックミラーが連動していない。AQUAよりボディが大きい。プロパイロットは付いていない。等あるが家内なら我慢できるかもしれないが、もう少し鮮新生のある車がいいかもしれない。この大きさは私が乗るのならよさそうだが、スペアタイヤが着いていない。
手持ちのDVDにて「続 夕陽のガンマン 地獄の決斗」を見ていたがやはり面白い。「襲来 下」が届いた。古書だが美麗。
 
8月26日(月)は雨。T-ジョイ久留米1番にて午後2時10分からの「ライオン・キング」を見ましたが、CGはすばらしい。☆☆☆☆・78点



アニメ「ライオン・キング」(94)を「ジャングル・ブック」のジョン・ファヴロー監督が実写化。偉大な王、ライオンのムサファのもとに誕生したシンバは、いつか自分も父のようになろうと夢見るが、好奇心旺盛で未熟な彼はなかなかその一歩を踏み出せないでいた。声の出演は、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のドナルド・グローヴァー、「ドリームガールズ」など俳優としても活躍するシンガーソングライターのビヨンセ。

雄大なアフリカの大地。ジャングルの王ムファサのもとに誕生したシンバは、いつか自分も父のような王になる日を夢見るものの、好奇心旺盛でまだ未熟な彼はなかなかその一歩を踏み出せないでいた。一方、「勇気と無謀は違う」と厳しく説くムファサは、この広大なサバンナで未来の王を担うことへの責任と使命を愛する息子に教えようとしていた。だが、シンバはある悲劇によって父を失い、さらに王位を狙うスカーの企みにより王国を追放されてしまう。ひとり飛び出したシンバは、新たな世界で多くの仲間たちと出会い、自分が生まれてきた意味、そして王としての使命は何なのかを学んでいく……。
 
8月25日(日)は曇時々雨。プールは理由は分からないが今月いっぱい臨時休業と言うことだ。故障か何らかの事故かは分からない。台所のレンジフードの掃除。30年くらい掃除をしていないので油が固着していた。きれいにはならない。午後は庭の除草剤散布。暑かった。

AmazonVideoで「11人のカーボーイ」1971年を見た。ジョン・ウェン主演の西部劇だったが、結構楽しめた。☆☆☆☆・77点。

頑固一徹な老カウボーイと、牛追い(キャトル・ドライブ)のために雇われた少年達の心の交流を描いた作品。我が子とのつながりが上手く持てなかった男が、孫ほども年の離れた少年達に、西部の男の生き様を伝えていく。主演であり、タフなヒーローとして認知されているジョン・ウェインが映画途中(終了を20分も残して)で悪役に殺されてしまうという、珍しい展開の作品である。

ジョン・ウェインが殺される作品としては、彼の遺作となった『ラスト・シューティスト』(The Shootist)がある。


牧場主 ウィル・アンダーソン(ジョン・ウェイン)は、1500頭の牛を400マイル離れたベルフーシュの町まで運ぼうとしていたが、おりしも近くのルビー川で砂金が発見され、雇う予定のカウボーイは、みな重労働の牛追いの仕事を断わってしまう。

協力してくれる者を探したが誰もおらず、友人のアンス・ピーターソンからは、まだ学校に通う少年達を雇う事を勧められる。最年長でも15歳でしかない少年達を見て、とても雇う気にはなれないウィルであったが、翌朝には牧場に10名の少年達が志願してきた。牛や馬の面倒も見られない子供だと、あきらめさせようと荒馬を乗りこなす試験を課したのだが、少年達は必死でくらいついてきた。その意気込みを見たウィルは、今は亡き二人の息子を思い出し、カウボーイとして彼らを雇い、鍛え上げて連れて行くことに決める。

学校が休みになり、少年達はウィルの牧場へと集まった。学校仲間の10名のほかに、シマロン(A・マルティネス)と呼ばれる混血の少年も志願してきていた。試験では荒馬を見事に乗りこなし、ウィルもその腕前を認めるほどの少年だったが、集合初日から学校組の年長者で同じ年のスリム(ロバート・キャラダイン)と一悶着を起こしてしまう。ウィルは揉め事の元になると感じ、協調性のないシマロンを雇わずに追い出してしまう。

少年達が牛追いの訓練を受けている中、ワッツ(ブルース・ダーン)と名乗る男とその仲間の三人が仕事を手伝いたいとウィルを訪ねてくる。少年達よりも経験ありそうではあったが、ウィルは彼らの嘘を見破り、信用できない。と雇うのを断わる。

残りのクルーとして、なじみの白人のコックをあてにしていたウィルであったが、荷馬車に乗って現れたのは、ナイトリンガー(ロスコー・リー・ブラウン)という黒人だった。その歯に衣着せぬふてぶてしい言動は、ウィルにはむしろ頼もしく感じられ、彼を雇うこととする。 一通りの訓練も終え、家族に見送られて一行は出発する。一度は追い払われたものの、あきらめずに一行を追いかけ続けていたシマロンも、渡河中に流されて溺れかけたスリムを助け、皆と和解し仲間として迎え入れられる。

朝も夜も日曜もない予想以上の苛酷な旅に悲鳴をあげながらも、ウィルとナイトリンガーの厳しい指導の中、少年達は学校ではできない色々な体験を経て、たくましく成長していく。

いよいよベルフージュ到着まであと2・3日となったころ、仲間を増やしてこっそりと後をつけてきていたワッツ一味は、牛を強奪しようと行動を起こした。それを察したウィルは野営をして待ち構える。大人数で脅しをかけられながらも動じないウィルの態度に業を煮やしたワッツは、一対一の殴り合いで決着つけようとしたが、逆にウィルに叩きのめされてしまう。激昂したワッツはウィルを背後から撃ち、牛を奪っていった。

翌朝、ウィルは少年達が家に戻る事をナイトリンガーに託し、息を引き取る。だが、少年達は牛を取り返すことを決意し、銃を手に取った。少年達は作戦を立て、個別に牛泥棒を倒し、すりかわっていった。最後にナイトリンガーが囮になって一味をおびき寄せ、馬を暴走させて混乱を引き起こし、銃撃戦の末についに撃退してしまう。少年達は牛を取り戻してベルフーシュまで運びきり、見事に仕事を成し遂げた。

少年達はウィルを偲んで墓石を作り、故郷へと戻っていった。




 
8月24日(土)は雨。午後は浮羽朝倉歯科医師会の合同学会。久しぶりに魂十の話を聞いた。こののに一品香で懇親会。参加者の最年長なので最後の挨拶。紹興酒を飲んだ。
 
8月23日(金)は曇。映画に行く予定。湊かなえの「ポイズンドーター・ホーリーマザー」を読了。暗いお話。イヤミスだった。ドラマはそれぞれの話が映像になっていると書かれていた。見て見よう。

イオンシネマ筑紫野2番にて午後3時45分からの「天気の子」を見た。娘と孫娘と3人で見たものです。期待に添った出來と思いましたが、少し残念なできとも感じました。私にはなんだか「君の名は。」によくにていると思ってしまいました。公開から日が経っているのでさすがに、観客は多くはありませんでしたが、それなりでした。声はそれなりに皆上手いと思いました。
☆☆☆☆★76点



「君の名は。」から3年振りの新海誠監督作となる長編アニメーション。高1の夏、離島から家出して東京にやってきた帆高は、怪しげなオカルト雑誌のライターになる。連日雨が降り続くなか、祈るだけで空を晴れにできる不思議な能力を持つ少女・陽菜と出会う。声の出演は、オーディションで選ばれた舞台『弱虫ペダル』の醍醐虎汰朗、「東京喰種 トーキョーグール【S】」の森七菜が主人公とヒロインを務めるほか、「空母いぶき」の本田翼、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の倍賞千恵子、「銀魂」シリーズの小栗旬。

森嶋帆高(声:醍醐虎汰朗)は高1の夏、離島から家出して東京にやってくる。しかし生活に困窮し、怪しげなオカルト雑誌のライター業の仕事に就く。彼のこれからを示唆するかのように、連日雨が降り続くなか、都会の片隅で帆高はひとりの少女に出会う。その少女・陽菜(森七菜)はある事情を抱え、弟とふたりでたくましく暮らしていた。そんな彼女には、祈るだけで空を晴れにできる不思議な能力があった……。
 
8月22日(木)は晴。プールに行ったが、臨時休業だった。何か事故があったのかもしれない?駐車場の草刈りと除草剤薪をした。暑くてたまらない。奥の方は刈ってもらわないといけないようだ。9月8日は一斉清掃日になっている。自宅庭にも除草剤を散布しなければ。

ロマン・ポランスキー監督の「ローズマリーの赤ちゃん」をAmazonVideoで見た。100円。以前からよくいろんな記事に出てくるので今度の機会「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」公開の参考に見てみた。ホラーはあまり好みではないので遠慮していた。そんなにホラー感はなかった。☆☆☆☆・71点


アイラ・レヴィンの同名小説の映画化で、脚色・監督はポーランド出身の異才ロマン・ポランスキーである。撮影は「女狐」のウィリアム・A・フレイカー、音楽は「水の中のナイフ」でポランスキーに協力し、あとを追って西欧に逃れたポーランドのクリストファー・コメダが担当した。彼はポーランド時代、ワイダの「夜の終りに」のスコアを担当したことがある。なお、夢のシーンの合成撮影は、ファーシオット・エドワードが招かれて担当している。出演は「バタシの鬼軍曹」やTV「ペイトンプレイス物語」に出演していたミア・ファロー、「特攻大作戦」「暴力波止場」などに出演し、監督でもあるジョン・カサベテス、舞台の名女優ルース・ゴードン、「女房の殺し方教えます」のシドニー・ブラックマー、「猿の惑星」のモーリス・エヴァンスほか。

ニューヨーク。現代。若い俳優ガイ(ジョン・カサベテス)と妻ローズマリー(ミア・ファロー)が、マンハッタンの古いアパートに引越してきた。2人がつき合っている初老の友人ハッチ(モーリス・エヴァンス)によれば、このアパートは、以前から不吉な噂がたえないという。だが若い2人は、いっこうに平気だった。隣人はローマンとミニーのカスタベット夫妻。親切だが、少々おせっかいの老夫婦だ。彼らには養女が1人いた。彼女は、いつもタニスの入った異様な匂いを発するペンダントをしている。そして、ある夜、彼女はアパートの窓から飛び降り自殺をとげてしまった。理由のわからない不可思議な死であった。翌日、カスタベット夫婦は、ガイとローズマリーを夕食に招待した。ローズマリーは、この夫婦をあまり好まなかったが、何故かガイは親密なつきあいを始めていった。そしてミニーは、例のタニスの入ったペンダントをローズマリーにプレゼントし、一方的な親切をみせ始めた。この頃から、ガイの仕事の上に変化が起こり始めた。いつも彼をだしぬいて、いい役にありついていた俳優が急に盲になり、ガイに役がまわってきた。そして急に、赤ちゃんを作ろうと言い出し、その日にちまで決めてしまった。ローズマリーに異論のあるはずはない。その当夜、夕食の時、ミニーがデザートを持ってきてくれた。だが、まずくてローズマリーは食べられなかったが、ガイの強いすすめで半分ほど食べ、その結果、目まいがして意識を失ってしまった。その夜、ローズマリーの見た夢は、まさに悪夢というにふさわしい。翌朝目ざめると、彼女の身体は、ひっかき傷でいっぱいだった。おかしな、そして不気味な一夜であった。そして彼女は妊娠した。するとカスタベット夫妻は親切ごかしに産科医の指定をしたり、栄養があると称する飲物を毎日運んでくれさえした。ガイは何も言わない。だが日が経つにつれ、ローズマリーの身体は弱まり顔色は悪くなるばかり。訪ねてきたハッチは心配してくれた。様子がおかしい。彼は翌日、彼女と会う約束をして帰っていったが、その約束の日、彼は急病で倒れ、数ヵ月後に死んでいった。そして、かたみに"魔女のすべて"という古い本をくれた。ローズマリーは読みふけり、すべての謎を解いた。カスタベット夫妻は、魔族だ!そしてガイも一味になったのだ!ローズマリーはもうすぐ生まれる我が子の安全のため1人で事を運ぶ決心をした。だが産科医さえも、ぐるだった。もう逃れるすべはない。ローズマリーは、なんとか無事に子を生んだ。だが、みんなは死産だったという。しかし、時たま隣室から子供の泣き声がする。ある夜、肉切り包丁を持った彼女は1人、隣室に入っていった。するとそこには、魔族が大勢集まり、ガイもいる。黒づくめで十字架のついた、ゆりかごまである。ローズマリーは近づいた。中の赤ちゃんは、瞳孔がない。悪魔の子だ!自分の生んだ子、ローズマリーの赤ちゃんは悪魔大王の子なのだ!妊娠したあの夜、ガイの身体に悪魔が、のりうつったのだろう……。現代のニューヨークでの話である。
 
8月21日(水)は曇。プールには行こう。お昼過ぎに行った。客は少なかった。300mのクロールと300mのプルブイスイムと500mの歩行。帰宅して

2.「サイレンサー 殺人部隊」1966

ドナルド・ハミルトンのスパイ・アクション小説の第5作目『殺人部隊』を、ハーバート・ベイカーが脚色、「殺しのビジネス」のヘンリー・レヴィンが監督した。撮影は「ブルーライト作戦」のサム・リーヴィット、音楽は同じく「ブルーライト作戦」のラロ・シフリンが担当した。出演はディーン・マーティン、アン・マーグレット、「ネバダ・スミス」のカール・マルデン、スウェーデン生れの新人カミラ・スパーブ、「殺しのビジネス」のビヴァリー・アダムスのほかに、ギターと歌のグループ、ディノ・デジ・アンド・ビリーと、12人のマット・ヘルム・ガールズが特別出演している。製作は前作「沈黙部隊」のアーヴィング・アレン。

怪光線を使って世界転覆をはかろうとする一味が暗躍しはじめた。この光線を使うと、大都市が一瞬にして吹っ飛ぶという。一味は、計画達成のため、邪魔になる有能なスパイを消しはじめ、マット・ヘルム(ディーン・マーティン)のもとにも魔手がのびてきた。マットは相変わらず女の子のヌード撮影に熱中していたが、モデルの1人が敵のまわし者で、マットはあやうく命をとりとめた。一味のアジトはリビエラらしいとにらんだ上官“M”は、すぐにマットを派遣した。その地で世界的な科学者ソラリス博士が誘拐されたのだ。リビエラについたマットは、指令どおり、ドミニクの部屋を訪れたがすでに死体となっていた。次にマットは“ドミニクの店”をたずねた。そこは、ゴーゴーを踊る若者でみちあふれており、ソラリス博士の娘スージー(アン・マーグレット)も、その1人だった。一方、土地の警官は、ドミニク殺しの犯人としてマットを捕らえた。富豪ウォールと彼の情婦ココの証言のためだ。しかし、スージーがマットの窮地を救った。ウォールは、海岸に大工場を持っていた。そしてその工場こそ、怪光線の生産工場だったのである。観光客に化けたマットは、その工場をさぐっているうちに、またもや捕まってしまった。しかし、マットの正体は見破られることなく釈放された。一方、スージーは、敵のプレゼントとも知らず、金のブローチを胸につけて“ドミニクの店”で踊っていた。駆けつけたマットがブローチをむしりとり、壁に投げつけると爆発した。そしてマットは、スージーを連れて、ウォールのもとに再び戻った。博士は、怪光線の最後の仕上げをするためにウォールに捕らわれていたのだ。マットは新兵器を駆使して敵の一味にたちむかったが、またしても敵中におちてしまった。そして娘スージーを助けるため、ソラリス博士は一味に協力を承諾した。しかし、その時スージーの機転でマットは逃げ出しに成功し、敵に向かった。一味はバタバタと倒れた。海へ逃げたウォールを追って、マットとスージーも海へ。激しい海上の戦いの末、ウォールは海中に消えた。





・4.サイレンサー 破壊部隊1968
ワンスアポンナタイムインハレリウッド」を見る参考に見て見た。キネ旬に大ススメとあった。このたぐいの作品は見ていなかったのでAmazonにあった3作品をみた。199×3円。この作品がシャロン・ティト画出演している。☆☆☆・・65点




ドナルド・ハミルトンのスパイ小説を、「宝石を狙え ゴールデン・ブル作戦」のウィリアム・P・マッギヴァーンが脚色、「サイレンサー 沈黙部隊」のフィル・カールソンが監督したシリーズの4作目。撮影は「招かれざる客」のサム・リーヴィット、音楽は「サイレンサー・待伏部隊」のヒューゴー・モンテネグロが担当している。出演はおなじみのディーン・マーティン、「ラスベガス強奪作戦」のエルケ・ソマー、「哀愁の花びら」のシャロン・テイト、ほかに「大爆発」のナンシー・クワン、「踊れサーフィン」のティナ・ルイスなど。製作はアーヴィング・アレン。


デンマークで列車がおそわれ、50億ドルの金塊が奪われるという事件が起こった。通知をうけたICEのチーフ、マクドナルドは、カメラ片手に女の子にヤニ下がっている、マット(ディーン・マーティン)の尻をたたき、コペンハーゲンに発たせた。ホテルでマットは旅行案内係と称する女、フレヤ(シャロン・テイト)を知った。マットは彼女とともに強盗の頭目と目されるコンチーニ伯爵の邸を訪れたが捕まえられた。特製の毒ガス・カメラで逃げ出したが、次にはユー・ランという女とその一味に襲われ、命からがら逃げ出した。ユー・ランそして伯爵の女リンカ(エルケ・ソマー)が次々とマットをお色気戦法でせめてきた。だが、その度にフレヤがわりこんできた。実は彼女は英国のスパイだった。やがてマットとマクドナルド、そしてフレヤはユー・ランの罠におち一味に監禁されてしまった。その間一味は壁にぬりこめておいた金塊を取り出し、脱出を計った。やっと罠からのがれたマットは組立て式のミニ・コプターを作り、フレヤとともに乗り込み、走る列車に空から襲撃をかけ、首領に迫り、コンチーニ伯爵と大格闘の末、金塊を取り返した。





3・サイレンサー 沈黙部隊 

ドナルド・ハミルトンの小説“マット・ヘルム”シリーズのうちから「沈黙部隊」のオスカー・ソウルが脚色、「ランページ」のフィル・カールソンが監督したスパイ・アクション。撮影は「ちょっとご主人貸して」のバーネット・ガフィー、音楽は「ビッグトレイル(1965)」のエルマー・バーンスタインが担当した。出演は「結婚専科」のディーン・マーティン、「底抜け大学教授」のステラ・スティーヴンス、「ロード・ジム」のダリア・ラビ、「ふるえて眠れ」のヴィクター・ブオノ、「夢の渚」のアーサー・オコンネル、「ブラック・タイツ」のシド・チャリシーなど。製作はアーヴィング・アレン

スパイ戦の第一戦を退き美しい秘書と余暇を楽しんでいるマット・ヘルム(ディーン・マーティン)のところへ、ICE本部から電話が入った。有無をいわせぬ呼び出しで、パートナーには、彼が以前愛していたティナ(ダリア・ラビ)が選ばれていた。敵は中国人タン・ツェの組織で、彼らのねらいは、米空軍のミサイル実験を利用し、電波誘導で合衆国南西部一帯を死の灰でつつんでしまおうというのだ。ICEはそれを阻止しなければならない。マットとティナは、指令でニューメキシコに出発した。途中フェニックス・ホテルに落ちついて間もなく2人は、ゲイル(ステラ・スティーヴンス)と名のるグラマー女性と知りあい、彼女は2人にオルガン弾きガンサーを紹介した。マットはこの2人をあやしいと思いながらも正体をつかめなかった。その夜ホテルのショウ・ルームで、裏切った合衆国科学者が手に入れたマイクロ・フィルムが敵の手に渡されるという情報が入った。ショウ・ダンサーのサリータ(シド・チャリシー)が客の1人からマイクロ・フィルムを受けとり、衣裳の間にかくし、舞台中央に戻った時、彼女は何者かに射殺された。すぐに死体にかけより、マイクロフィルムを奪ったのはゲイルだった。マットはゲイルをとらえ訊問したが、彼女は何も知らないと言いはるのだった。いつのまにかティナもそばに来ていた。その頃ICE本部から指令が入り、マットはゲイルをつれて出発した。ゲイルは車の中でも、自分は事件には関係ないと強硬に言いはるのだった。途中の山道で車は敵にかこまれ、一時は逃げられたものついに敵の一味にとらえられ、本部につれていかれた。なんとそこにはティナがいた。彼女は2重スパイだったのだ。マットはすきをみて、才知と新型兵器を使い、敵の本部を爆破、一味を全滅させた。数日後、自宅でくつろぐマットのかたわらには、ゲイルがほほえんでいた。

の3本を見ました。破壊部隊にシャロン・テートが出演しているからです。タランティーノ監督の新作の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」と関係があります。

「火口のふたり」という映画の評を読んでると意外な高評価、原作は白石一文の「火口のふたり」なのでkindleで購入して即読了した。割合短い作品だ。白石一文は福岡県の出身で以前、直木賞受賞したときに「ほかならぬ人へ」を読んだことがある。この「火口のふたり」セックス場面が非常に多い。映画化も難しかったのかもしれない。映画を見る事が出来るかどうかは分からない。この辺りでは上映はないようだ。主演は柄本佑と瀧内公美。
 
8月20日(火)は雨。プールに行ってみよう?とおもったのですが、左肩の疲れがある様なので休養した。AmazonVideoで「サイレンサー」シリーズの2.サイレンサー 殺人部隊 3.サイレンサー 沈黙部隊4.サイレンサー 破壊部隊 を途中までをみた。4にシャロン・テートが出演している。タンティーノ監督の「ワンスアポンナタイムインハレリウッド」と関係がある。
 
8月19日(月)は雨。ユニットの水漏れがあるのでもう一度見てもらう必要がありそうだ。夕方。桜井さんが来られて修理。部品はないので応急修理、一応水漏れは直った。デイズは31日に点検予約。
 
8月18日(日)は曇。みやこ町の「八景山」、「矢留山」、「道場寺山」、行橋市の「覗山」と行きました。お昼過ぎには登山も終わったので昼食後帰宅しました。夜は金川地区の夏祭りに参加。
 
8月17日(土)は晴。300mのクロールと300mのプルブイスイム、600mの歩行。夕方、久留米に墓参り。
 
8月16日(金)は曇。診療室のみ鉢を戻した。

T-ジョイ久留米2番にて午後3時20分からの「ダンスウィズミー」を見ました。ミュージカルでロードムービー仕立てでしたが、懐かしい曲がだいぶでますが、それにしてもイマイチでした。矢口監督作品ということで見たのですが、残念という所です。☆☆☆☆・70点



常にオリジナル脚本にこだわる矢口史靖監督によるミュージカルコメディー。一流企業で働く鈴木静香はある日、催眠術をかけられ、音楽を聞くと所構わず踊り出してしまう体になってしまう。仕事もお金も失った彼女は、催眠術師を探すため日本中を駆け巡るが……。出演は「いぬやしき」の三吉彩花、お笑いタレントのやしろ優、シンガーソングライターのchay、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の三浦貴大、「50回目のファーストキス」のムロツヨシ、「ゴジラ」シリーズの宝田明。

ミュージカルが何より苦手なOL鈴木静香(三吉彩花)。だがある日突然、催眠術をかけられ、音楽を聞くといつでもどこでも、歌わずに踊らずにいられないカラダになってしまう。携帯の着信音、駅の発車メロディ、テレビや街中で流れるどんな音楽でも、自分の意に反して歌い踊ってしまうのだ。そんな術を解いてもうため、彼女は催眠術師のもとへ向かうが、そこはもぬけの殻だった。仕事もお金も失いながら、催眠術師を探して日本中を駆け巡る静香。果たして彼女は元の身体に戻れるのか……。
kinenote
 
8月15日(木)は雨。家内の里に行くというのでプールは休んだ。台風も運よく?東にそれて、西側の暴風雨圏もせまく,風も雨も思ったより少なく、よかったという所です。デイズは朝から孫に貸した。
 
8月14日(水)は曇後雨。250mのクロールと350mのプルブイスイムと700mの歩行。クロールの右側での呼吸の練習をしようと思う。鉢を一応下に置いた。台風は超大型台風で暴風雨圏も広いが、東側を通るようだ。
 
8月13日(火)は曇。家族寄。晃君と晴香は欠席。
 
8月12日(月)は晴。古賀卓君の初盆に晄君と行き、帰りに晄君の宅にお邪魔した。帰りはタクシー、電車、バス。利加子が来ていた。
 
8月11日(日)は晴。初盆参り。3軒。午後はプールに行った。250mのクロール、250mのプルブイスイム、800mの歩行。
 
8月10日(土)は曇。プールには行ってみよう。台風10号は九州に近づきそうだ。鉢などのかたず家をしなくてはならないかも、東を通過してくれるといいがコースは不安定で予報が難しいと言うことだ。
 
8月9日(金)は曇。プールは休んだ。左肩を休めるためだ。ずっと録画したテレビドラマなどを見ていた。
 
8月8日(木)は曇。広報誌の配布。敬老の日の集会の出欠。等。300mのクロールと300mのプルブイスイム、800mの歩行。夕立があった。
 
8月7日(水)は晴。薬。午後は遅くからプールに行った。午後1時30分頃。250mのクロールと250mのプルブイスイム。250mの歩行でした。日産プリンスに言ったが水曜日で休みだった。この頃雷雨だった。
 
8月6日(火)は雨。台風8号が近づいている。雨風もあまり強くなく、運がよかったようです。プールは休んだ。夜は定例会画センターであった。敬老の日の出欠。
 
8月5日(月)は晴。明日は未明に台風が近づきそうだ。今夜は常会。午後8時から。映画には行かず。AmazonPrimeで韓国ドラマ「Two Weeks」24話まで見終わった。紆余曲折続けて見ると面白いが、疲れた。午前1時過ぎまでかかった。
 
8月4日(日)は晴。午前7時から墓地の草刈り。農地水の仕事のようだ。1時間半くらいで終わった。午前10時10分くらい前に桜井さんが北。機械の修理を頼んだが午後1時頃無事に目標とするところが動作した。さすが以前のベテラン技術者だ。長年お世話になっていたものだ。この後徳田さん宅へ行き午後5時頃帰宅した。御礼器まだ。
 
8月3日(土)は晴。午後2時過ぎにプールに行った。300mのクロールと300mのプルブイスイム、400mの歩行。韓国版「Two Weeks」を見た。こちらも面白そうだが長そう。
 
8月2日(金)は晴。映画に行くかも。
イオンシネマ筑紫野7番にて午後2時20分からの「ワイルド・スピード/スーパー・コンボ」吹替・4DXを見ました。眠気防止には充分なりましたが、久しぶりの4DXでした。水滴がだいぶ落ちてきました。いつもの様にアクションやカーチェイスは楽しめました。まだまだ続きそうです。☆☆☆☆・77点



人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズ第9弾。元FBI特別捜査官のルーク・ホブスと、元MI6エージェントのデッカード・ショウが、新型ウイルス兵器の危機から世界を救うため、肉体改造を施した戦士ブリクストン率いるテロ組織に立ち向かう。出演は「ランペイジ 巨獣大乱闘」のドウェイン・ジョンソン、「MEG ザ・モンスター」のジェイソン・ステイサム、「ダークタワー」のイドリス・エルバ。監督は「デッドプール2」のデヴィッド・リーチ。

元FBI特別捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は、ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ。だが、現在はロサンゼルスで娘と静かな暮らしを送っていた。一方、ロンドンで優雅な日々を送るデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)は、クールなスタイルで超高級車を駆る規格外の元MI6エージェント。そんな2人の元に、政府から協力要請が入る。消息を絶ったMI6の女性エージェント、ハッティを保護して欲しいというのだ。ハッティは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したものの、組織を率いるブリクストン(イドリス・エルバ)の襲撃を受け、ウイルスと共に姿を消したらしい。しかも、彼女はショウの妹でもあった。犬猿の仲ゆえ、一度は協力を拒否するホブスとショウ。だが、肉体改造を施された超人的な戦士ブリクストンの攻撃をかわして、最重要事項であるウイルスの回収を行うことができる人間は他にいない。やむなく、手を組む2人。果たして、ホブスとショウは任務を全うし、世界を救うことができるのか……?
 
8月1日(木)は晴。プールに行こうか。300mのクロール、300mのプルブイスイム、650mの歩行。墓参り、AQUAの洗車。夕立が来た。