〔ホーム〕〔上〕日記
 
2019年10月
 
 
 
10月31日(木)は晴。プールに行ってみよう。250mのクロール、250mのプルブイスイム、500mの歩行。夕方はAQUAの給油と洗車、外食。
 
10月30日(水)は晴。午後2時40分から安全協会で認知機能検査。92点だった。講習は10日後くらいに申し込むこと。
 
10月29日(火)は晴。プールには行かず。市報の配布と配達。特別に議題もないので早々に終わった。車は時分で交渉に行くことにするが、NーWGNは届くのに半年くらいかかる言われているようだ。これはかかりすぎでは?
 
10月28日(月)は晴。映画に行くかもしれない。
T-ジョイ久留米5番にて午後2時からの「マレフィセント2」吹替版を見た。さすがディズニー映画というような作品でした。CGもきれいで楽しめました。ファンタジー感もありありのいい作品でした。☆☆☆☆・76点



「眠れる森の美女」の悪役マレフィセントを主人公にしたファンタジーの続編。“永遠の眠り”の呪いが解けたオーロラ姫の無垢な魂によって、真実の愛に目覚めたマレフィセント。だが、新たに勃発した妖精界と人間界の争いが、2人の絆を引き裂こうとする……。出演は前作に引き続き、アンジェリーナ・ジョリーとエル・ファニング。「アントマン&ワスプ」のミシェル・ファイファーが新たに加わる。監督は「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のヨアヒム・ローニング。

永遠の眠り”の呪いが解けたオーロラ姫(エル・ファニング)の無垢な魂によって、マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)は真実の愛に目覚めたはずだった。だが、新たな敵の企みにより、妖精界と人間界の争いが勃発。その嵐はマレフィセントとオーロラの絆を引き裂こうとする。果たして、マレフィセントは人間に心を開くことができるのか?最後にマレフィセントを突き動かすのは、愛か、それとも……?
 
10月27日(日)は午前11時から同族会。園誠寺。慶長13年と刻まれた墓がこの地での古賀家一代目の墓だ。やはり古い。午後はやまびこ会の九州自然歩道リレー歩行のお手伝い。彦山駅へゼッケンなどを受け取りに行く。ケン&メリーご夫妻。お疲れ様。次いで次の登山口へなるべく自然帆島を走って馬見山登山口へ。ここから秋月の下山口まで走ってみる。約25qで40分だった。途中交互通行箇所あり。次回の予定は11月10日(日)となっている。ごご4時頃帰宅。プールには行かず。
 
10月26日(土)は晴。プールには行かず。DAYZの給油と洗車、マイカーセンターを尋ねた。雑誌を注文した。NーWGNの状況を知るため。
 
10月25日(金)は曇。映画に行くかも。
イオンシネマ筑紫野1番にて午後2時40分からの「ジェミニ・マン」字幕を見た。ウィル・スミスが20代のクローンとの2役だが、これは結構上手く出来ていたと思う。アクションもそれなりだがクローンの世界観があまりでていなかったと思う。はじめの峰はストーリーが分かりづらかった。☆☆☆☆・73点


ウィル・スミスとアカデミー賞監督アン・リーとが組み、毎秒120フレーム撮影、4K×3D映像の技術を導入した近未来アクション。伝説的暗殺者ヘンリーは任務遂行中に何者かに襲われる。苦戦しながら襲撃者を追い詰めると、その正体は若い自身のクローンだった……。最新デジタル技術を駆使し、ウィル・スミスはベテラン暗殺者のヘンリーとヘンリーの20代の姿であるクローンを演じる。共演は「10 クローバーフィールド・レーン」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、「ラスト・ナイツ」のクライヴ・オーウェンほか。製作は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマー。

伝説的暗殺者のヘンリー(ウィル・スミス)は、政府から依頼を受けたミッションを遂行していたところ、何者かに襲撃される。正体不明のその人物はヘンリーの動きや考えを見越しているだけでなく、バイクを使った武術を繰り出し、苦戦。やがてヘンリーは神出鬼没の襲撃者を追い詰めるが、襲撃者の正体は若い自分自身のクローンだった。やがて彼は政府を巻き込むクローン技術の巨大な陰謀に巻き込まれていく。
 
10月24日(木)は雨。試乗に行くかどうか?結局、プールには行かずに夕方N-BOXのに行った。結論は前が見にくい。条項がしにくい。バックドアが重いなど拒否反応。スライドドアのみがお気に入りだった。タントもN-BOXも却下ということになり、今のところ範疇に入るのはDAYZとN-WGNのみ。N-WGNは納期が来年3月か4月になりそうだ。どうするか?
古賀良三さんに電話で27日の件を話しておいた。晴れそうなので彦山駅へ行くことになる。
 
10月23日(水)は曇。午後は 銀行に用事がある。この後ダイハツでタントの試乗。ブレーキに違和感があるという。ホンダも試乗してみなくては。買い物と夕食。ソウトバンクホークスは日本シリーズ4連勝だった。
 
10月22日(火)は晴。国東半島の山・鞍懸山に行った。今回は駐車地がなさそうなのでDAYZで行った。前回の霧笠山とは稜線つながりの山である。登山口は豊後高田市奥畑。まず、徒渉地点を間違えた。地図通り徒渉地点は林道の終わりにあった。というよりこれが対岸に続いていたのであろう。途中に草が茂って、踏跡があったのでここで渡ってしまい。しばらく徒渉地点にあるらしい目印を探した。結局荒れている椎茸のホダ場の先にあった。ここから山道を歩く。テープがあった。ついた所は谷は岳ノ倒竹で被われていた。ここを登ろうとしたが難しいので右の方の尾根筋を登った。倒竹の上の方にで留様だったが、そのまま尾根にあがり☆☆☆☆・を芋銭を歩けるかもしれないと思ったが、岩には登れそうにないので一旦下り基部を巻いたが、その稜線からは岩に登ることが出来たが予定時間を過ぎていた。山頂も見えていたがまだ時感もかかりそうだし稜線があるける確証はない。昼食をして撤退を決め下山した。下山は勿論登りより早く正しいコースを下ったと思う。いたので次いで最後のヤブへの取付が分からなかった。別ルートをとって見たが、いくつかのピークの先に山頂はAmazonインスタント・ビデオ見えていた。結局、時間の都合で展望のいい岩で昼食をして、下山した。山頂は見えていたが、稜線が歩けるかどうか?だったのと時間もかかりそうだったので下山した。久しぶりに山頂は踏めなかった。
 
10月21日(月)は曇。高齢者講習のための電話をしようと思う。10月30日(水)交通安全協会にて午後2時40分からの予約となった。キリン花園に行った。見頃だった。帰りにダイハツとホンダに行ってタントとN−BOXを見たが、家内は形が嫌いと言い出した。始めに見せておくべきだった。ハイトワゴンなら良いけどスーパーハイトワゴンは形がイヤだと言うことだ。
 
10月20日(日)は曇。校区のGG大会。隣組超をしているので1回だけ回った。まあ。練習も一度しかしていないのでそれなり。夕方は打ち明け。その後S氏、など5人で2次会に行った。Yさんの奥さんに向かいに来てもらった。日本シリーズを見ながら寝てしまった。ソフトバンクは勝っていた。2勝。
 
10月19日(土)は曇。プールは休んだ。「祝祭と予感」を読んだ。まあよかった。午後3時から学会。歯周病のお話だった。懇親会には出なかった。夜は日本シリーズを見た。ソフトバンクの快勝だった。夜までかかって「盤上の向日葵」をようやく読了した。テレビドラマとはある結末が違っていた。小説は小説でそうだと納得出来るし、ドラマはドラマでミステリーに落ちが付くと言うことでよかった。
 
10月18日(金)曇。雨。映画に行くかも。

イオンシネマ筑紫野8番にて午後2時20分からの「最高の人生の見つけ方」を見た。2007年に公開された同名のアメリカ映画のリメイクだ。主人公が女性になっていた。何となく物足りなさはあったが、ほっこりするお話でもあった。☆☆☆☆・72点



同名ハリウッド映画を「北の桜守」の吉永小百合と「恋妻家宮本」の天海祐希主演でリメイクしたヒューマンドラマ。余命宣告を受けた主婦の幸枝と女社長のマ子は、たまたま手にした同じ病院に入院する少女の“死ぬまでにやりたいことリスト”を実行することに。監督は、「猫は抱くもの」の犬童一心。

人生のすべてを家庭に捧げてきた大真面目な主婦・幸枝(吉永小百合)と、人生のすべてを仕事に捧げてきた大金持ちの女社長・マ子(天海祐希)。余命宣告を受けた二人は病院で出会い、同じ病院に入院する12歳の少女の“死ぬまでにやりたいことリスト”をたまたま手にする。二人はこのリストすべてを実行すると決断し、今までの自分だったら絶対にやらないことも、自らの殻を破って初体験していく。「スカイダイビングをする」「お金持ちになる」「ももクロのライブに行く」「日本一大きなパフェを食べる」など、リストの項目をひとつひとつこなしていくなかで、二人はぶつかりながらも絆を深めていく。そして今まで気づかなかった、生きる楽しさと幸せに出会えた二人に、ある奇跡が待っていた……。

TSUTAYAにて「のぼろ」と恩田陸の「祝祭と予感」を購入。

高齢者講習のハガキが来ていたが、今度からこの地域は自動車学校では認知テストはないようだ。警察署である。平日の9時〜午後5時までが一定の電話で受付となっていた。月曜日に電話をしてみよう。
 
10月17日(木)は曇。今日はプールには行ってみよう。250mのクロールと250mのプルブイスイム、200mの歩行、早めにあがった。大腿の痛みはようやく引いてきたようだ。その後、ホンダ川上午後3時とダイハツ石川午後4時に会う約束。どちらも希望している値引き額になった。高額商品になったので当然の値引きかもしれない。どちらを買うかを決めなければならない。安い方を購入という選択肢ではない。
 
10月16日(水)は晴。プールには行ってみよう。と思ったが大腿がまだ痛いので休んだ。夕方は草取り。ケンさんから電話があり、10月27日午後2時彦山駅にて会うこととした。同族会は正午ごろ、退出予定。山口さんと電話。サスケさんの件と柚須原での待ち合わせの件を話した。
 
10月15日(火)は晴。プールに行くかも、大腿の筋肉痛があり、休んだ。草取り。車の交渉に行けば良かったかもしれない。ケンメリさんに電話をしたが、ケンさんは就寝だった。。
 
10月14日晴。久しぶりに山歩き豊後高田市の「霧笠山」362.9.0mへ行った。ガイド本では往復2時間とされていたが、5時間あまりかかった。久しぶりの山歩きになってしまったのと急坂が多く時間もかかった。やはり脚が弱っているのと足首の関節症は痛い。左肩も痛かった。片道2時間の山の往復は難しそうだ。M氏には電話は通じなかった。いわき市も水害があっているようだ。氾濫した夏井川は小名浜のだいぶ北側のようだ。
 
10月13日(日)はGGの練習。金小グランド、午後1時30分から。まあ楽しい。20日が試合。台風は水害がひどいようだ。広範囲。
 
10月12日(土)は晴。上滝家の法事・憲男とハツ子。本覚寺と大丸別荘。プールは休んだ。
 
10月11日(金)は晴。映画に行くかもしれない。どちらに行くか?:結局、「真実」を見る事にしたので時間の都合でT-ジョイ久留米9番にて吹替版「真実」を見ました。母親と娘のお話ですが、字幕で見たかったのですが、時間の都合で吹替となった。吹替したのはあの女優さん達でした。字幕で見たかったという所です。☆☆☆☆・76点



「万引き家族」の是枝裕和監督が、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホークといった俳優陣を迎え、全編フランスで撮影したドラマ。国民的大女優ファビエンヌによる自伝本をめぐり、母と娘の間に隠されたある“真実”が暴かれていく。共演は「8人の女たち」のリュディヴィーヌ・サニエ。撮影を「モーターサイクル・ダイアリーズ」のエリック・ゴーティエが担当する。

国民的大女優ファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)が自伝本『真実』を出版。その出版祝いに家族たちが集まってくる。アメリカで脚本家として活躍するファビエンヌの娘リュミール(ジュリエット・ビノシュ)とテレビ俳優の娘婿ハンク(イーサン・ホーク)、その娘シャルロット、ファビエンヌの現在のパートナーと元夫、そして長年の秘書……。そんな彼らの気がかりは「一体彼女はなにを綴ったのか」ということだった。やがて、この自伝によって、母と娘の間に隠された、愛憎渦巻くある“真実”が露わになっていき……。

風が少し吹いていた。19号は大きいというのが分かる。ホークスは3連勝だった。今回は中継を見た。
 
10月10日(木)は晴。夜は隣組役員会。午後7時。公民館にて。250mのクロールと250mのプルブイスイムと800mの歩行。
 
10月9日(水)は晴。プールに行こうと思う。250mのクロール、300mのぷるぶいスイム、800mの歩行。帰宅後、広報あさくらを取りに行く。夜は定例会。20日は地区GG大会。1回だけ出場予定。11月12日(火)の市報配布。夜は定例会のため配達集合は14日(木)午後7時としたいと思う。ノーベル化学賞を日本人が受賞した。リチュウムバッテリー。ソフトバンクは1回目を西武から勝った。
 
10月8日(火)は曇。台風進路は東寄りになるようだが相当気圧が低く、非常に強う台風となるようだ。強風による被害がでそうだ。この辺りは運よく暴風雨圏を逃れそうだ。まだ、はっきりはしない。プールには行こうと思う。→運転免許証を家内に預けていて、昼までに帰宅しなかったので行くことが出来なかった。会員券も免許証いれにいれていた。休んだ。WOWOWの連ドラ「石の繭」を5回分を見たが、サスペンス感がありいいドラマだった。今は、スピンオフドラマが連ドラであっている。
 
10月7日(月)は晴。台風が近づいている。今度はコースにまともに含まれそうな予想進路になっている。映画に行くかもしれない。

T-ジョイ久留米5番にて午後1時30分からの「ジョン・ウィック:パラペラム」字幕を見た。第3作だ。それぞれもスクリーンで見ていたようだが、直前に2作を復習している。ラストいつも続く様に終わっている。今回も明らかに続く終わり方であった。殺しのやり方は毎回同じだが、今回は最後の戦いは相手の防弾機能が増していたようでてこづっていた。次が楽しみだ☆☆☆☆・76点



キアヌ・リーブスが伝説の殺し屋に扮するアクション・シリーズ第3弾。掟を破った殺し屋ジョン・ウィックは、組織から追われる身に。膨大な刺客に襲われ、満身創痍になったジョンは、かつて“血の誓印”を交わしたソフィアに協力を求めモロッコに飛ぶが……。ウィンストン役のイアン・マクシェーン、シャロン役のランス・レディックらが続投するほか、「チョコレート」のハル・ベリーが出演。監督は、シリーズ全作を手掛けるチャド・スタエルスキ。

裏社会の聖域であるコンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は、すべてを奪ったマフィアへの壮絶な復讐を誓う。だが、その先には、裏社会の秩序を絶対とする組織の粛清が待っていた。1,400万ドルの賞金首となった彼に、膨大な数の刺客が襲いくる。ジョンは満身創痍となり、かつて“血の誓印”を交わした女、ソフィア(ハル・ベリー)に協力を求め、カサブランカへ飛ぶ。しかし、最強の暗殺集団を従えた組織は、コンチネンタルホテルまで追及の手を伸ばし、ジョンを追い詰める……。


 
10月6日(日)は曇。筑後川温泉つるき莊にて、午前11時に集合。涼しい日だった。久しぶりに温泉に浸かった。アルカリ泉でいいお湯だった。参加者はある程度そろっていた。欠席は2名?
 
10月5日(土)は晴、300mのクロール、300mのプルブイスイム、800mの歩行。プールは少なかった。午後1時頃プルに入るだれもいなかった。初めて。マイカーセンターへ。タントとN-BOXの見積もりを見に行った。付属品を着けると150万円近くになった。軽自動車もたかくなったものだ。少し考えて見よう。

「ジョン・ウィック」 シリーズの1と2をAmazonVideoで見た。400×2円無料の所もあった。スクリーンでもこの2作は見ていたようだ。すっかりストーリーは忘れていた。3階くらい見ると少しはいんしょうにのこっているものの様だ。月曜日に3作目を見ようと思っている。
 
10月4日(金)は曇。映画に行くかも。夜は常会。

イオンシネマ筑紫野3番にて午後2時20分からの「蜜蜂と遠雷」を見た。原作は本屋大賞だったので読んでいる。ピアノコンクールのお話なのでクラシックが嫌いな人には向いていないかもしれない。☆☆☆☆・76点



2017年に直木賞と本屋大賞を史上初ダブル受賞した恩田陸による同名小説を映画化。近年高い注目を浴びる芳ヶ江国際ピアノコンクールに集う若き天才たち。元神童の亜夜、不屈の努力家・明石、本命視されるマサル、そして異端児・風間塵らの戦いが始まる。監督は「愚行録」の石川慶。再起を図る亜夜を「勝手にふるえてろ」の松岡茉優が、サラリーマン奏者の明石を「新聞記者」の松坂桃李が、信念の貴公子・マサルを「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンが、異質な天才・塵をオーディションで抜擢された鈴鹿央士が演じる。オリジナル楽曲『春と修羅』を国際舞台で活躍する藤倉大が作曲。作中の演奏はピアニストの河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央が担当する。

ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝するというジンクスがあり、近年高い注目を浴びる芳ヶ江国際ピアノコンクール。ピアノの天才たちが予選会に集う中、それぞれの思いを胸にした4人の若きピアニストが現れる。かつて神童と謳われたが7年前に突然失踪し、そこからの再起を図る栄伝亜夜(松岡茉優)。一児の父であり、最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者・高島明石(松坂桃李)。人気・実力ともに備え優勝本命視されているマサル(森崎ウィン)。そして今は亡き“ピアノの神”からの推薦状を持つ謎の少年・風間塵(鈴鹿央士)。戦いを通じ互いに刺激し合い、葛藤し、成長を遂げていく4人。その先に待ち受ける運命とは……。
 
10月3日晴時々雨。風が少し吹いているが、ひどくは吹かなかったようだ。プールには行こう。250mのクロールと250mのプルブイスイム、500mの歩行。夕方は家内と散歩。ストックを着くとき左肩が肩が痛かった。
 
10月2日(水)は曇。台風が近くを通過する様だ。明日。風が吹くようだ。診察に行きインフルエンザワクチンを注射。プールは休む方がよかろうと言うことで、真藤順丈の「宝島」をようやく読了。3ヶ月くらいかかって読んだがストーリーがよくわからなくなった。沖縄のお話でその置かれた立場つらいものがある。本屋大賞にノミネートされていたようだ。長い。新しいVideoのリモコンが贈ってきた。同様に使えるようだ。2700円は高いか?やすいか?以前のリモコンと同じように動作するので満足している。
 
10月1日(火)は曇。プールに行くかもしれない。250mのクロールと250mのプルブイスイムと700mの歩行。電話があったので帰宅してカーポートの屋根の修理を頼む。診療室の窓は破損帽子のフィルムくらいにしたらどうかと提案があった。その後、竹下家へ行った。昨日退院したようで、一応、元気だった。