〔ホーム〕〔上〕日記
 
2019年11月
 
 
 
 
11月30日(土)は遅くなったのでプールには行かず家内と買い物。外食。明日は優雅から雨のようだ。山に行こう。
 
11月29日(金)は晴。映画に行くかもしれない。家内と一緒に行ったのて゜すか゜、家内は見ませんでした。外食をして帰宅。

T-ジョイ久留米2番にて午後3時40分からの「いのち スケッチ」をみた。大牟田市の動物園をテーマにしたご当地映画です。大牟田市の町の中はそれほどなじみがないのですが、言葉などローカル色豊かな作品でした。上映回数が少なくなり、いつもの時間には上映はなかった。☆☆☆☆・75点



福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。

田中亮太(佐藤寛太)は東京で漫画家を目指していたが、仲間のデビューやバイト先の夜逃げにショックを受け、夢を諦めて故郷・福岡県に帰ってくる。実家に頼れず、旧友の部屋に居候していると、地元の延命動物園でのアルバイトを紹介される。いつも園内を駆けずり回っている多忙な園長・野田(武田鉄矢)をはじめ、飼育員の同僚には皮肉屋の猿渡(芹沢興人)、コミュニケーションが苦手な中島(須藤蓮)、妊娠中で一時的に事務仕事をしている松尾(林田麻里)がおり、何も知らない亮太は面食らうことばかりだった。いちばん驚いたのは、認知症の祖母・和子(渡辺美佐子)のかつての家に現在住んでいるのが、獣医師の石井彩(藤本泉)だということだった。アメリカの大学を卒業し、引き抜きの話が絶えない優秀な彩やスタッフたちから、ここが動物の健康と幸せを第一に考える“動物福祉”に力を入れる、世界でも珍しい動物園であることを教えられた亮太は、その取り組みを理解していく。しかし、かねてより市の予算縮小で、園の運営は危機に瀕していた。彩は亮太に園の取り組みを広く伝えるために絵で協力してほしいと頼むが、亮太は躊躇する。だが、施設に入った和子が再び絵を描き始めたことに触発され、もう一度漫画を描くことを決意する。飼育員たちの根強い努力によって、日本初となるライオンの無麻酔採血に成功。感動した亮太も漫画を完成させるが、彩との別れが迫っていた……。
 
11月28日(木)は曇。午後から買い物ににおつきあい。昼食は外食。ヒヤリハットがあった。用心しなくては。広報あさくらを取りに行き、夜は十文字隣組の配達。
 
11月27日(水)は曇。内科診察と広報あまぎの配達日。プールは少し遅くなった。100mのクロールと450mのプルブイスイム。300mの歩行。
AmazonPrimeにて「バトルシップ」字幕を見た。エイリアンの侵略のSFだがそれなりのおもしろさだった。浅野忠信もでていた。☆☆☆☆・74点



太平洋上に出現したエイリアンの侵略部隊と世界連合艦隊の壮絶なバトルを描く「ハンコック」のピーター・バーグ監督作。出演は「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のテイラー・キッチュ、「月光ノ仮面」の浅野忠信、「アンノウン」のリーアム・ニーソン。

ハワイ沖。アメリカをはじめとする世界各国の自衛艦が集結して大規模な軍事演習が行われるなか、沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。それは、地球からの友好的な呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母船だった。しかし、呼びかけを行った科学者たちの意図とは裏腹に、エイリアンは次々と未知の武器を繰り出し、激しい攻撃を仕掛けてくる。その戦いの最前線に立たされたのは、演習に参加していた米海軍の新人将校アレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)と、彼がライバル心を燃やす自衛艦の指揮官ナガタ(浅野忠信)だった。弱点も戦略も読めないエイリアンに対し、知力と体力の限りを尽くして立ち向かう海の精鋭たち。果たしてエイリアンの攻撃の目的は何なのか。アレックスとナガタはそれを阻止することができるのか。そして、彼らは地球を壊滅の危機から救うことができるのだろうか……。
 
11月26日(火)は晴。250mのクロール、250mのプルブイスイム、600mの歩行。

AmazonPrimeにて「エンド・オブ・キングダム」吹替版をみた。シリーズの2作目の作品だが、大統領を救出する役どころは同じである。アクションが楽しめる作品だった。☆☆☆☆・76点



テロとの壮絶な闘いを描いた「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。謎の死を遂げたイギリス首相の葬儀に参列するため各国首脳がロンドンに集結。その直後、同時多発テロが勃発、アメリカ大統領とシークレットサービスは新たな闘いに挑んでいく。前作に続き、ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマンが再結集。「白鯨との闘い」のシャーロット・ライリー、「ロボコップ(2014)」のジャッキー・アール・ヘイリーらが新キャストとして参加。監督は『セッベ』のババク・ナジャフィ。

ホワイトハウス陥落の悪夢から2年。アメリカ大統領ベンジャミン・アッシャー(アーロン・エッカート)のもとに一本の電話が入る。それはイギリスの首相が不可解な死を遂げたという報せだった。各国首脳はロンドンで行われる葬儀のため集結。街は史上最高度の警護態勢が敷かれるが、突如首脳たちを狙った同時多発テロが勃発する。数々の歴史的建造物が崩壊し、犠牲者が増え続ける中、ベンジャミン・アッシャーとシークレットサービスのマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)は、命からがら逃げ出すことに成功。この世界的危機を回避すべくテロリストに立ち向かっていく……。
 
11月25日(月)は曇。

イオンシネマ筑紫野5番にて午後2時40分からの「エンド・オブ・ステイツ」字幕を見た。3作目の「エンド・オブ」シリーズだが、1作目の「エンド・オブ・ホワイトハウス」を見たところなかなかのアクションで楽しめたのでスクリーンで最新作を見たものです。主人公は同じで他の登場人物も同じ俳優さん達が演じていたようだ。これは主人公が罠にはめられて以下にこれから逃れるかというお話のだったが、なかなかたくさんの人たちが死ぬのです。R12となっています。また、続きが出来るのかもしれません。☆☆☆☆・77点




ジェラルド・バトラー主演による「エンド・オブ・ホワイトハウス」「エンド・オブ・キングダム」に続くシリーズ第3弾。休暇中の大統領を襲ったドローン爆弾。意識を失ったシークレット・サービス、マイクが目を覚ますと大統領暗殺の容疑者として拘束されていた。共演は「ジーサンズ はじめての強盗」のモーガン・フリーマン、「マジック・マイクXXL」のジェイダ・ピンケット=スミス、「ロング・トレイル!」のニック・ノルティ。監督は「ブラッド・スローン」のリック・ローマン・ウォー。

未曾有のテロ事件から世界を救い、英雄として名を馳せたシークレット・サービス、マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)。今もトランブル大統領(モーガン・フリーマン)から絶大な信頼を得ているマイクであったが、歴戦の負傷は彼の身体を蝕み、引退を考えるようになっていた。そんなある日、空から大量のドローン爆弾が休暇中の大統領を襲う。激しい攻撃に遭い、意識を失ったマイクが目を覚ますと大統領暗殺を企てた容疑者として拘束されていた。FBIの執拗な尋問を受けながらも、なんとか隙を突いて逃げ出したマイクは、自らの無実を晴らし真実を明らかにするために走り出す。やがて、大統領暗殺計画の裏に、世界を破滅に導く巨大な陰謀が蠢いていることをマイクは知る……。

帰宅してAmazonPrimeにて第2作目の「エンド・オブ・キングダム」のはじめの方を見たが面白そうだった。
 
11月24日は雨。プールに行ってみよう。250mのクロール、350mのプルブイスイム、650mの歩行、庭などに除草剤を散布したが、これは疲れる様になった。タンクが重い。

AmazonPrimeにて「エンド・オブ・ホワイトハウス」字幕を見た。結構なアクションで楽しめます。初めてこのシリーズを見たが、新作を見に行くかもしれない。☆☆☆☆・76点



大統領を人質に取りテロリストが立てこもるホワイトハウスに、警備員がたった一人で立ち向かっていくアクション・サスペンス。監督は「クロッシング」「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア。テロリストの手に落ちたホワイトハウスに一人潜入に成功した警備員を「英雄の証明」「300<スリーハンドレッド>」のジェラルド・バトラーが演じる。また、ジェラルド・バトラーはプロデューサーとしても本作に関わっている。ほか、「インビクタス/負けざる者たち」「ディープ・インパクト」のモーガン・フリーマン、「ダークナイト」「サスペクト・ゼロ」のアーロン・エッカート、「ザ・ファイター」「フローズン・リバー」のメリッサ・レオらが出演。

7月4日。それは、イギリスからの独立宣言が公布された、アメリカの独立記念日である。多くの人が独立を祝うこの翌日、ホワイトハウスの堅固なセキュリティが突破され、大統領を人質にアジア人テロリストが占拠するという事件が起こった。テロリストたちは、日本海域からの米国第七艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求。彼らはセキュリティを利用し、ホワイトハウスは特殊部隊の救出作戦をもはねつける難攻不落の要塞と化した。最悪の状況の中、一人の警備員が潜入に成功。彼は、かつて大統領専任のセキュリティ・サービスを務めていたが、大統領夫人を守りきれなかったために官邸周辺の警備員へと配置換えされたマイケル・バニング(ジェラルド・バトラー)。マイケルにこの未曽有の事態の解決への希望が託されたが、彼はまだテロリストたちの真の目的に気付いていなかった……。
 
11月23日(土)は晴。やまびこ会の大根地山縦走に協力。自分の山行きは中止にする。午前8時30分前に龍岩の駐車場に着く。久保田さんご夫妻は待ってあった。福山さんは時間が早かったので近くを散歩。8時半過ぎに(^^;ミス峠へ向かう。ガスのようだ。写真を撮って縦走を初めてもらった。



一旦帰宅してDAYZにて八丁トンネルへ写真を撮って「掛橋」ゑ向かった。掛橋橋のすぐ上流に降りるところが分からず、この辺りに掛橋はあるはずだったが・・。あきらめて「つぶろぶちばし」を歩いていると滝を発見。滝と旧国道211沿いの紅葉の写真を撮ってまた、八丁トンネルを通って帰宅した。掛橋は掛橋橋のすぐ上にあるらしいが、ちょうどやぶで見えないようだ。Webの写真を見ると掛橋のすぐ近くに掛橋橋が写っている。










帰宅したら眠くなったので昼寝。結局何もしなかった。
 
11月22日(金)は曇。映画に行くかもしれない。
イオンシネマ筑紫野3番にて午後2時25分からの「決算!忠臣蔵」を見た。大石内蔵助は決算書を残していたようでこれをもとにした作品。何でも金に見立てて進物語だが、忠臣蔵をよく知らない人には登場人物が?かもしれない。吉本映画なのでそれなりの芸人が多数出演しているがそれなりに芸達者で賑やかな作品でもある。それなりに出来た作品と思う。☆☆☆☆・73点



大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。

元禄14(1701)年3月14日。江戸城・松の廊下。清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、賄賂まみれの吉良上野介の態度に腹を据えかね、斬りかかる。通常なら喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと内匠頭の即日切腹。突然、藩主を亡くし、お家断絶となった赤穂藩士たちは路頭に迷うことに。これはすなわち、江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということになる。筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)は嘆く間もなく、勘定方・矢頭長助(岡村隆史)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまう。それでも一向に討ち入る様子のない内蔵助。しかし、江戸の庶民は、赤穂浪士による吉良上野介への仇討を熱望していた。いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの空気感。それは現代も同じこと。ただ、そこで発覚した重大な事実。実は、討ち入りするにも、予算が必要だったのだ。その上限は9500万。討ち入るのか、討ち入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。とはいえ、世間の空気的に、仇討回避は許されない気配。どうする大石内蔵助!?予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは予算内で、一大プロジェクト“仇討”を無事に決算することができるのか……!?
 
11月21日(木)は晴。プールに行ってみよう。訪問診療の件をすっかり忘れてしまって、デイズに乗って行ってしまった。帰宅したのが2時半過ぎだったので間に合わなかった。m(__)m 今後は確認することにする。これは自作PC修理で書いている。ソフトの起動が?だが、ちゃんと書き込まれているようだ。大根地山縦走は23日にすることとした。龍岩に8時30分に集合、9時に冷水峠を出発、12時頃には龍岩に到着一応迎えに行くこと。サスケさんと打ち合わせ済み。山口さんに連絡済み。ドネーションに電話番号を記入すること。スマホにある。
 
11月20日(水)は晴。午後2時30分から高齢者講習。プールは休む。高齢者講習は視力の明るい場所からくらい場所への視力が落ちている。動体視力も落ちている。カーブをもう少しゆっくり。等あった。夜道の運転や雨の日、高速道路の運転などに注意しよう。なるべく夜の運転は控えることにしたものだ。24日はお天気は下り坂のようだ。9時出発、12時下山口とした。雨の時は中止とすることにした。登山日を23日にしたら良いかもしれない。修理したPCのワードとエクセルの新しいソフトのインストール。動作するようになった。NECのPCのカシミール3Dのバージョンアップを完了。
 
11月19日(火)は曇。プールに行こうと思う。250mのクロールと250mのプルブイと700mの歩行。F氏と電話。サスケさんに電話。
 
11月18日(月)は曇。T-ジョイ久留米6番にて「永遠の門 ゴッホの見た未来」字幕を見た。特異な音楽と手持ちカメラそしてウィレム・デフォーとアルルの風景でなかなのゴッホを現していた。この作品ではゴッホ自殺説を覆していた。しかし、ストーリー性はあまりなかった気がしますのでその点が好みの分かれるところだと思う。私もストーリー性のある物語が好きです。しかし、次第に引き込まれて最後の方はシャキッと目が覚めていたので、新鮮味もあり☆☆☆☆★80点としておきます。



ウィレム・デフォーが孤高の画家ゴッホを演じ第75回ヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞した伝記ドラマ。幼い頃から精神に病を抱え周囲と人間関係を築けず常に孤独の中にあったゴッホ。誰にも理解されずとも筆を握り続けた彼が人生を通じ見つめたものとは……。「潜水服は蝶の夢を見る」で第60回カンヌ国際映画祭監督賞、第65回ゴールデングローブ賞監督賞を受賞したほか、新表現主義の画家としても著名なジュリアン・シュナーベル監督が、ポスト印象派を代表するフィンセント・ファン・ゴッホの強烈な人生を描く。ウィレム・デフォーは本作により第91回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

フィンセント・ファン・ゴッホ(ウィレム・デフォー)は幼少期から精神に病を抱え、まともな人間関係を築けずに常に孤独の中にあった。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャン(オスカー・アイザック)と共同生活をはじめるが、それもゴッホが起こした事件により幕を閉じる。誰からも理解されずとも、自分が見た美しい世界を永遠に残そうと筆を握り続け、不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家ゴッホ。彼が自らの人生を通し、見つめたものとは……。
 
11月17日(日)は晴。豊後高田市の「田原山東」に行った。ガイドに2時感ハント書かれていたので3倍すれば7時間半となるので早めに登山開始。思ったより早く往復出来たので3時過ぎには自宅でした。急登箇所がはじめだけだったのが早めの歩きが手来たということの様だ。展望のない山だった。
 
11月16日(土)は晴。息子は出張で留守。私は留守番だ。プールには行くと思う。息子が出張だったので留守番で遅くなりプールには行かず。明日は山歩きをしようと思う。パソコンの修理が出来ていた。オフィスは使えない。認証が出来ない。
 
11月15日(金)は晴。夜は医療保険の講習会。午後8時〜。
イオンシネマ筑紫野8番にて午後2時25分からの「影踏み」を見た。山崎まさよし主演の作品。はじめの方は少しストーリーズ飲み込めなかったが、最後はようやく理解したという所でした。ミステリーなのだがはじめの方はややこしい展開。☆☆☆☆・74点



ミステリー作家・横山秀夫の小説を、山崎まさよし主演で映画化。深夜に人のいる住宅に侵入し、盗みを働く泥棒、通称“ノビ師”。その中でも凄腕の真壁修一はある夜、忍び込んだ家で放火しようとしている女性を止めたことから、警察に逮捕されるが……。共演は「台風家族」の尾野真千子、「十二人の死にたい子どもたち」の北村匠海、「影に抱かれて眠れ」の中村ゆり。監督は「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄。

単なる空き巣ではなく、深夜に人のいる住宅に侵入し、盗みを働く……。彼らは単なる泥棒とは異なり、通称“ノビ師”と呼ばれていた。寝静まった民家を狙い、現金を盗み出す忍び込みのプロ。その中でも、真壁修一(山崎まさよし)は、他と一線を画す凄腕のノビ師だった。証拠も残さず、決して口を割らない。その高く強固な壁を思わせるしたたかさから、いつしか警察は彼を“ノビカベ”というあだ名で呼ぶようになっていた。そんなある夜、修一は侵入した稲村邸の寝室で、寝ている夫の傍で火を放とうとする妻・葉子(中村ゆり)の姿を目撃。とっさの行動で彼女の放火を止める修一だったが、その直後、幼馴染の刑事・吉川聡介(竹原ピストル)によって逮捕されてしまう。そして2年後。刑期を終えて刑務所を出所した修一を迎えてくれたのは彼を慕う弟・啓二(北村匠海)と恋人の久子(尾野真千子)だけだった。だが、修一の頭にはこの2年ずっと気がかりになっていたことがあった。何故、あの日の侵入がバレたのか? 何故、自分だけが逮捕されたのか?そしてあの時、夫を殺害しようとしていた葉子の行方は……? 久子の制止を振り切り、啓二と共に事件の真相を追って行動を開始する修一。そして、次第に明らかになる事件の謎。だが、それと共に修一自身が封印した20年前の悲劇も甦ってくる……。ひとつの事件が過去の事件を呼び覚ますとき、止まっていた修一、啓二、久子の運命の歯車が再び動き出す……。
 
11月14日(木)は曇。午後7時から広報あさくらの配達。十文字公民館。250mのクロール、250mのプルブイスイム、800mの歩行。
 
11月13日(水)は曇。50mクロールと600mの歩行とした。午後1時30分過ぎになった。
 
11月12日(火)は晴。運転免許講習の予約の電話をしなくてはならない。11月20日・午後2時30分・甘木自動車学校。プールにも行ってみよう。広報あさくらの配布日。夜は定例会、公会堂、午後7時。250mのクロール、250mのプルブイスイム、600mの歩行。このNECのPCでhomepageに転送したらほとんどの頁が転送されて上書きされ戻る印が消えてしまった。以前テキストを入力失敗していたものが、修理中のPCでは転送されていなかったのだがこちらでは転送されてしまって書き加えるのが大変だ記事か多過ぎる。しかし、時々、書き加えレは゛良いと思う。最近の物はテキストに書かれている。
 
11月11日(月)は雨。甘木自動車学校は月曜日は休校日。明日電話しよう。令和2年5月に筑紫野市へ移転。BDVTRを外した。以前からのものも外した。HDがだめになっているようだ。録画していたものがだめになった。だいぶ以前のジャープ製を使っている。800GB。TVアンテナ野向を修正。感で下ノで、NHK画強くなったが、071は弱くなった。指向性が鋭過ぎるのかもしれない。福岡に向ければ良いのかもしれない。送信アンテナが同じ場所にあるので。チャンネル設定が面倒なので一度向けていたが、九千部からデジタルが始まって以来こちらに向けている。こちらは送信所が少しずつ場所が異なっている。新しいBDレコーダーをAmazonに注文した。
 
11月10日(日)は晴。やまびこ会の九州自然歩道のリレーでつなぐ走破のボランティア。秋月下山口から馬見山登山口まで登山者の移送。到着時の会旗の受け取りドネーションの管理、次回は香園の竜岩自然の家駐車場11月24日午前8時30分集合。冷水峠まで移送するという計画。雨なら変更。
Videoの調子がおかしい、壊れたのかもしれない。録画している作品を見ることが出来なくなったようだ。あきらめが肝心。
 
11月9日(土)はくもり。250mのクロールと250mのプルブイスイムと500mの歩行。DAYZの点検、オイル交換、TANTOの契約、12月には来るだろう。
 
11月8日(金)は晴。映画に行くかもしれない。

イオンシネマ筑紫野1番にて午後2時40分からの「ターミネーター:ニュー・フェイト」吹替を見た。懐かしい人2人が主演だ。サラ・コナーとあの人?だ。未来が変わっていくようだ。また、続編を作るのかもしれない終わり方?☆☆☆☆・75点



J・キャメロン製作による「ターミネーター2」の正統な続編。21歳のダニーと弟がターミネーター“REV-9”の襲撃を受ける。2人を守ったのは、未来から送り込まれた強化型兵士グレースだった。そしてサラ・コナーが現れ、REV-9と死闘を展開する。監督は、「デッドプール」のティム・ミラー。出演は、前2作でもサラを演じたリンダ・ハミルトン、ターミネーターを演じたアーノルド・シュワルツェネッガーの他、「タリーと私の秘密の時間」のマッケンジー・デイヴィス、TVドラマ『エージェント・オブ・シールド』のガブリエル・ルナ。

メキシコシティの自動車工場で働く21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス)と弟ミゲルはターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)に襲われるが、同じく未来から送り込まれた強化型兵士グレース(マッケンジー・デイヴィス)によって守られる。ダニーとミゲル、グレースは、かろうじて工場から車で脱出する。彼らを執拗に追うREV-9を、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)がハイウェイで待っていた。ターミネーターを宿敵として人生を送ってきたサラは、REV-9とも激しい死闘を繰り広げ、「アイルビーバック」と言ってその場を去る。再び合流したサラは、ターミネーター情報の謎のメールが何者かから届くと告白する。その発信源がテキサス州のエルパソだとグレースが突き止め、3人はメキシコからの国境越えを決意する。しかし、REV-9は国境警備隊員になりすまし、彼らを指名手配していた。そして、あの男がエルパソでサラたちを待っていた……。
 
11月7日(木)は晴。50mのクロールと500mの歩行。遅くにいったのと少し多かったので短め。X-TRAIL20GTの給油と洗車と室内の片付け(11月10日はやまびこ会のヘルパー)。草取り。午後7時30分からコミニティー代議員会。社会福祉協議会。。
 
11月6日(水)は晴。映画に行くかもしれない。プールは休んで映画に行った。

イオンシネマ筑紫野8番にて午後2時25分からの「閉鎖病棟 それぞれの朝」をみた。原作は映画化すると知って最近また読んでいた。主人公を秀丸に置いた脚本だった。最後の方がなんだか簡単に終わったような気もした。☆☆☆☆・77点



現役精神科医でもある帚木蓬生による第8回山本周五郎賞受賞作『閉鎖病棟』を、「エヴェレスト 神々の山嶺」の平山秀幸監督が映画化した人間ドラマ。過去を背負いながらも明るく生きようとする患者たちがいる精神科病院で殺人事件が発生。その理由とは……。刑執行が失敗し生きながらえた元死刑囚の梶木秀丸を「おとうと」の笑福亭鶴瓶が、幻聴に苦しむ塚本中弥を「パンク侍、斬られて候」の綾野剛が、DVを受ける女子高生・島崎由紀を「さよならくちびる」の小松菜奈が演じる。

長野県のある精神科病院には、母親や嫁を殺めた罪で死刑判決がくだったが刑執行が失敗し生き永らえた梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)や、幻聴が聴こえ暴れ出すようになり妹夫婦から疎んじられている元サラリーマンのチュウさん(綾野剛)、不登校が原因で通院している女子高生の由紀(小松菜奈)ら、様々な過去を背負った患者たちがいる。皆、家族や世間から遠ざけられても、明るく生きようとしていた。しかし院内で殺人事件が起こりその日常が一変。加害者は秀丸だった。彼を犯行に駆り立てたものとは……。
 
11月5日(火)は晴。プールは休んだ。自作のパソコン3の調子が悪い来てもらわなくては。夕方取りに来てくれた。入院です。代わりに以前保留していた2012年製のパソコンを持ってきた、1年半くらい放置していた。一応動作している。筆まめのデータはほしいところだ。取り出せるだろうと言うことだ。プールには行かず。夜は常会、とフラップOP時の薬の説明会。新しい薬で高価。2000点以上。
 
11月4日(月)は振替休日。豊後高田市の「佐野鞍掛山」と「三笠山」に行った。佐野鞍懸山は一定の登路はないようだったが、低山なのでどこでも登れそうだった。地元の人に話を聞いた。ニューピークは2座としておきます。
 
11月3日(日)は文化の日。久しぶりに早起きしてDAYZで鹿児島まで行った。長尾山のみ往復して、蒲生神社の大クスの写真を撮り早めに帰宅した。DAYZはプロパイロットが快適であったが、エンジンが小さいのは仕方がない。ニューピーク1座。
 
11月2日(土)は晴。プールには行く予定。250mのクロールと250mのプルブイスイムと250mの歩行。子供の行事の日で無料だったようだ。
 
11月1日(金)は晴。映画に行かずにプールに行くことになるかも。1日は映画日でサービスディなのでげんそく映画は見ないことにしている。見たい作品が公開されているが、来週のプールを休んで行くだろう。プールにも行かず、車の試乗に行った。結果、タントの標準型Xターボに運転支援装置で購入することとした。ようやく決着。しかし、DAYZよりも高価。