大熊山(116m)・小熊山(70m)と見立山(192m) 【大分県杵築市の山】
 
【日時】   2018年2月18日(日)
【天候】   晴
【メンバー】 CJN単独
【山名】   大熊山(116m)標高点・小熊山(70m)等高線と見立山(192m)標高点【大分県杵築市の山】
【コース】  *大熊山
        駐車地(9:10)→往復10分
       
       *小熊山
        駐車地(9:20)→往復30分

       *見立山
        駐車地からすぐ。

【参考資料】 辻本さんやその他の方ののWebサイト、1/25000地形図、道路地図(県別マップル・大分県道路地図 昭文社)
 
前回の最後は九重町の「堂尾台」でした。
 
→クリック・コース概念図・大熊山、小熊山、見立山
 
*大熊山・小熊山

久しぶりにピークハントです。あまり歩く必要の無いピークを杵築市に選びました。まず大分空港近辺にある低山です。空港道路県道404から国道213へ右折します。海岸に沿って南下します。途中から地方道へ左折します。カーナビで「大熊山」と「小熊山」の鞍部まで走りました。左が大熊山です。車道が続いています。これを走りました。山頂までは行かずに途中に駐車して歩きました。登ると水道設備があります。右側にほこらがありました。お参りしてこのあたりを「大熊山」山頂としました。ここから往路を戻り按部から更に墓地の方へ走ります。墓地に駐車して、歩きました。「小熊山」は古墳です。古墳の上に登ると前方後円墳のようでした。登路とは異なったコースを下り車に到着です。
 
 
 
*見立山

 次いで近くの「見立山」を目指しました。これはカーナビで走ったのですが、車が走れない様な道に入り込んで結局元に戻り、あるWebサイトに書かれていたコースを走ってみました。途中で散歩中の人に道を尋ねるとカーナビが示しているルートは正解だったのでそのとおりに走りました。はじめ走ったコースももう少し別ルートなら山頂についたかもしれないこともわかりました。「見立山」山頂に着くと電波塔があり、駐車するとすぐ横に山名標識がありました。展望はありませんでした。
 
 
 
ここから戻って「金鷹山(若宮神社)」を目指しました。
 
 
   「上」