国東市椿八幡社のクスノキ・弁天峰(264.6m)・国東市の文殊仙寺のケヤキ。豊後高田市小田原の白鳥神社のクスノキ、杵築市大田永松の田原若宮神社の銀杏、杵築市大田白木原の白木神社のイスノキ、最後に杵築市若宮八幡社のクスノキ【国東市武蔵町】
 
【日時】   2018年12月9日(日)
【天候】   曇時々晴
【メンバー】 CJN単独
【山名】   弁天峰べんてんみね(264.6m)四等三角点「高畑」西弁天 大分県国東市武蔵町の山
【コース】  駐車地(9:00)→電波塔(9:10)→西弁天(9:15)(9:30)→駐車地(9:50)

【参考資料】 「国東半島 山ガイド」、1/25000地形図、道路地図(県別マップル・大分県道路地図 昭文社)
 
前回は豊後高田市の「馬城山」などでした。
 
←クリック・広域コース概念図
←クリック・弁天峰(西弁天)コース概念図
 
 新しく入手した「国東半島 山ガイド」に記載された山のうち未踏の山に登っていますが、今回は巨樹訪問をしようと思っているので簡単ピークハントとしました。今回は国東市武蔵町に行くので途中にある椿八幡社のクスノキをまず訪れました。これは国道213から分岐する県道55の近くにあります。道路に面していて結構樹冠も大きくで幹も大きく立派なクスノキでした。
 
 
 
 この後、弁天峰に向かいます。県道55から西光寺方面へ右折して更に右へ分岐します。峠付近に林道分岐があり右に西弁天が見えています。

 峠の手前の広いところに駐車しましたが、林道も途中までは走れたようでした。ここから歩いて林道分岐を右へ入り舗装路を上ります。途中左に分岐がありますが、更に上への舗装路を上ります。右に展望が開けます。左にはNTTの電波塔です。この左を登るとテープがあり三角点ある所に私標がありました。四等三角点「高畑」があります。展望はありません。踏跡は更に続いていますが、東弁天を失念していたのでここから下山しました。東弁天に祠がある様です。これが名前の由来のようで行くべきでした。またの機会に行くことにします。。
 
 
 
 この後は巨樹巡りをしました。国東市の文殊仙寺のケヤキ。豊後高田市小田原の白鳥神社のクスノキ、杵築市大田永松の田原若宮神社の銀杏、杵築市大田白木原の白木神社のイスノキ、最後に杵築市若宮八幡社のクスノキです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     「上」