小浜山 181.6m 山口市秋穂の山】


【日時】   2011年12月18日(日)
【天候】   曇後晴のち雨
【メンバー】 単独
【アプローチ】千防川公園−地方道−県道338−県道25−地方道
【山名】   小浜山コハマヤマ 181.6m 三等三角点「小浜」  山口市秋穂の山
【コース】  駐車地(14:15)→小浜山山頂(14:45)(14:55)→駐車地(15:20)
【参考資料】 1/25000地形図、山口県百名山、ランボーさんのWebサイト

*この山の写真を誤って削除したかor基になった写真からから小浜山ホルダーへコピーするのを忘れていたかのどちらかで写真がありません

クリック・コース概念図

 小浜山は山口市秋穂東にあり、秋穂丘陵南端にある花崗岩の山。赤崎山とも呼ばれる。(三省堂日本山名事典より)*ちなみに今回の登山口は「赤崎」にあります。

 「大海山」から下山して時間があるので、近くの「小浜山」を目指しました。これはランボーさんのWebサイトにあります。まず県道338へ戻り、東へ走ります。更に県道25へはいります。南へ走り海岸の埋め立て地の南西の角を目指します。ここの空き地に駐車しました。*はじめからここに駐めるつもりでしたが、登山口を確認するために少し走り回っています。人がいないので聞くことも出来ませんでした。登山口は民家の横と書かれています。

 ここからザックは持たずに、カメラ、Wストックを持って歩きました。貴重品は全てベストのポケットにあります。ここから狭い水路を越して海岸道路に出ます。ブロックの家と瓦屋根の間の道が山の方へ続いているようだと車から確認していたのでここから右折します。狭い林道です。軽自動車なら走れるでしょう。すぐに樹林帯で標識があり左へ折れます。そして、すぐに右の山道に入ります。右側に墓地があります。ここから左の方へ歩きます。歩きやすい尾根道です。展望は途中少しありますが、ほとんどありません。更に左へ少しコースを変えて登りまする最後は少し急登です。階段などもあります。振り返ると展望があります。最後は本当の急登ですが、すぐに山頂です。コースはハッキリしていますし、コースの状態も良好です。

 山頂からは360°とは行きませんが、展望は良好です。先ほど歩いた勘十郎山・大海山もよく見えています。周防大橋や埋め立て地の防府新大橋なども指呼の間に見えます。大平山などは霞んでいます。海側は砕石場で山頂近くまで、削られているようです。しばらく写真を撮って、下山です。下山は滑らないように気をつけているのですが、登るときにはこの枝にはヒットしたら・・と思っていた枝で転びました。下る時に墓地の方へ下って見ましたが、標識の通りの方が道が良いようです。登山口付近で人にあったので少し話しました。この付近は「赤崎」で「小浜」は東の方です。

小浜山は大海富士とも呼ばれているようです。追記20140624。

 駐車地からカーナビで自宅に戻りましたが、県道25・県道338・県道25経由で山口宇部道路の由良ICから宇部IC・山陽道・中国道・九州道・大分道で帰宅しました。

何とか「火ノ山」リベンジをしたいと思います。

次回は防府市の「大平山」などです。
 

[戻る] [ホーム] [上へ] [進む]