-d
2021年11月の鹿児島県蒲生神社の「蒲生の大楠」。日本一の大木といわれています。
Nikon D5100 広角レンズを使用

目   次

山行報告 九州百名山 雑記帳 ovies

更新履歴

Diary 趣   味 プロフィール
リンク集 Book メール  
クスの木 最近の山歩メモ そうつく 番外
 
1) 最近、国土地理院の地形図の標高が更新されています。以前の標高より低くなっている標高が多いようです。そのため以前の標高は今の標高とは異なっていますが、訂正はしておりません。新しい標高はお確かめ下さい。
使用している地形図の標高を訂正しているものは、新しい標高を記入しているものです。

2) 長らく使用していた掲示板は外しました。

3)映画のブログは外しています。映画の感想などはDiaryに記載しています。

4)山歩きの記録はDiaryに書いています。これを転載して従来の場所に記載しているものもあります。山名をクリックするとその月の分が出ますので日時を探して下さい。リングが日記ではなく山行き報告に転載しているものもあります。Diaryと同じ内容になります。

5)最近は歩行時間が標準時間の3倍以上かかるので歩行時間などは書いておりません。車のルートはコース概念図に記入しています。行き方は地図を参考にして下さい。まだたくさん未記入の山歩きもあります。

1)このホームページに掲載している地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図 200000(地図画像)、数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図50mメッシュ(標高) 及び数値地図10mメッシュ(火山標高)を使用したものである。 (承認番号 平24情使 、第590号)
承認期日 平成25年1月16日。→最近簡素化されて更新はしなくてもいいような方法があります。
地形図には山旅倶楽部の1/25000を使用しています。コース図作成には 山と風景を楽しむ地図ナビゲーター「カシミール3D」(http://www.kashmir3d.com/)を使用しています 。GPS測定にはGARMINのGPSmap 60CSxを使用しています。
GPS軌跡を表示している地形図の縮尺は正確ではありません。 また、拡大して使用していることが多くあります。GPSデータには誤差が含まれています。
ご注意:国土地理院の電子国土ポータルの地形図は最新のものです。新しい山名などの記入・山名の変更などが適宜なされています。閲覧のみが許可されています。 コピーしてWebサイトに使用することは勿論、紙にコピーして不特定多数に配布などすることなども禁じられています。
ただし、別途の使用方法があります。国土地理院のHPを参照してください。
〇申請は簡素化されています。簡素化については国土地理院のHPのQ&A32に載っています。ベースに使 用する地形図によっては申請は不要になりました。 たとえば山旅倶楽部の地形図など。このWebサイトに使っている地形図は申請は不要になりました。よって、更新はありません。なぜならこの使用している地形図がは承認を受けているからです。以下の通りです。
山旅倶楽部の1/25000地形図
平23情使、第794号
「この地図の作成に当たっては、国土地理院の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図25000(地名・公共施設)、数値地図250mメッシュ(標高)、数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。」
平23情複、第863号
「この地図は、国土地理院の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地名・公共施設)を複製したものである。」

最近は短時間の山歩きをしています。他に、巨樹を訪ねています。
新しい巨樹探訪は山行きの下方に書いています。

このWebサイトは開設約17年になりました。
*2022年10月23日現在、九州・山口県ピークハント数は約2756/日本全国のピークハント数は2773座 としておきます。
古城址にも一段と興味がわいています。しかし時間のかからないピークのみ歩いています。
*最近はFBにもよく出ています。本名です。「古賀洋海」
*2012年11月4日に九州・山口県の自分なりピークハント数は2000座を達成したことにします。
山口県100名山の達成は2013年5月26日でした。
2018年3月11日に九州山口のピークハント数が2500座に達しました。目標を立てて登るのはこれで終わりにしておきます。今後は好きにニューピークなどを登れるところを登ることにします。
☆1000回の山行きは2014.2.2.達成。いま、山歩きを本格的?に始めてようやく27年がたちます。2021年8月に。
* 山口県百名山(中島篤巳・葦書房)は100/100座 (2013.5.26.完成)
*2007年度のニューピークは315座・山行き回数73回
*2008年度のニューピークは301座・山行き回数66回
*2009年度のニューピークは224座・山行き回数67回
*2010年度のニューピークは194座・ 山行き回数70回
*2011年度の山行き回数は44回
*2012年の山行き回数は39回(3回の入院のために少なくなりました。)
*2013年の山行き回数は73回(2回短期の入院をしました。一回は1泊の検査入院。)
*2014年は(一泊の検査入院をしました。)天候が悪いときには山歩きはしなくなりました。山行き回数42回
*1995年8月〜2013年12月までの山行き回数・991回
*2014.2.2.に1000回の山行きを達成。
◎ここにあった速報は「最近の山歩きメモ」として残しています。
で表示している「そうつ記」には写真やコース概念図を貼付し た完成レポートです。
で表示している「そうつ記」はとりあえずテキスト にコース概念図を添付しています。
山名などに色が付いていないものは、速報のみです。
コース概念図では ルートを3〜4色 に色分けしています。緑線は車走行・赤線は上り歩行・紫線 は下り歩行などです。
2016年3月13日(日)は曇。遅くから雲仙市の「長栄寺のヒイラギ」、「稲荷山」、島原市の「鳥越山」「焼山」へ行きました。ニューピークは3座としておきますが、焼山はどこがピークかわからなくて、標高点があるところには到達しませんでした。
2016年3月20日(日)は晴。大隅半島へリベンジに行く。「熊野神社の大イヌマキ」、「霧島ヶ丘」、「南蛮船係留の大クス」、「浦のアコウ」、「鬼山」、「旗山神社の大クス」、「狩宿のなげどん」、「草野丘」。まず先日場所を特定出来なかった鹿屋市の「熊野神社の大イヌマキ」。体育館の横にあった。大きなイヌマキだった。次いで「霧島ケ丘」へ行く。車道からすぐだがチェーンゲートがあった。公園にはバラ園があったが知らずにパスした。ついで、南大隅町の「南蛮船係留の大クス」、川のそばにある、次いで鬼丸神社の「浦のアコウ」、裏山が「鬼山」というらしいので登って見た。1部自然林が残っている。ついて、錦江町の「旗山神社の大クス」、結構、悲惨な状態で植立していた。熱心にお参りしている人たちがいた。次いで、大崎町の「仮宿のなげどん」に行く。運よくこんもりとした森を目指すと大きなタブノキだ。最後は「草野丘」へ行った。カーナビに道路の記載がなく、1部コースを複雑に走った。ピークまで車道があった。午後1時30分過ぎには帰宅を開始した。高速道は少しは渋滞していたようだ。お天気はよかった。ニューピークを3座としておきます。
★2016年3月27日(日)は曇時々雨。短時間で、日田市と朝倉市の大木を訪ねた。場所が行きづらいところはパスした。日田市から東峰村へ抜けて赤谷から県道を走って帰宅した。道幅が狭いところがある。ピークはナシ。
★2016年4月3.4日は筋湯温泉。途中で「前原の一本サクラ」・「下城の大イチョウ」・「男池のケヤキ」・竹田市直入町長湯の「籾山八幡の大ケヤキ・スギ」などを訪問。旅行途中なのでピークはない。
☆2016年4月29日は黒田官兵衛が忙殺した宇都宮氏の「城井の上城址」を訪問、そして「松尾山」へもいった。ついでに巨樹を訪問。ニューピーク2座としておきます。
☆2016年5月1日(日)は京・築の「国見山」・「大地山」・「若木山」・「雄熊山」・「穴ヶ葉山」や巨樹を訪問。ニューピークを5座としておきます。
☆2016年5月4日(みどりの日)は鳥栖の「城山(勝尾城址)」へ行きました。サクラツツジを見たいと思っていったが、裏年の様でした。しかし、1本だけ花がついていた。家内も同行したが山頂まで50分を30分と勘違いしていたので、疲れた様だったが、一応登った。久しぶりに登った山だったので、コースなどはすっかり忘れていた。ニューピークはなし。
★2016年5月15日(日)は歯路会で長崎行き。中華料理とグラーバー園。広く見学出来るようになっていた。ピークはなし。
★2016年5月22日(日)は晴。山口県下関市長門市美祢市に行き巨木など多数を訪ねた。弁天池はきれいな池だった。ピークはなし。
★2016年5月28日(土).29日(日)は黒川温泉「優彩」に1泊。建物の一部に地震被害があったそうだ。小国町の「水源のケヤキ」「鉾納宮のケヤキ・夫婦杉」「阿弥陀杉」、遠目で見た南小国町の「竹の熊のケヤキ」等を見学。また、北里柴三郎記念館は地震の影響で閉館中だった。雨でもあり観光客は非常に少なかった。国道212は一部通行止め。ピークはナシ。
2016年6月は入院などあり、山歩きなどはしていない。
★2016年7月3日(日)は美祢市厚保の「熊野神社の大スギ」、「神功皇后神社のイチイガシ」、「宇部市水分神社のスダジイ」、教念寺のナナミノキは枯死。ニューピークはなし。
★2016年7月10日(日)は萩市野椿の「河内の大ムク」、「南明寺のイトザクラ」、「三見吉広のバクチノキ」、阿武町の「大覚寺のビャクシン」、「鶴ヶ峰神社のクス」、萩市殿川の「紫福の一本杉」、吉部上の「吉部八幡のスギ」、山口市宮野上の「龍王社のムクノキ」を訪問。ニューピークはなし。
2016年7月17日(日)は再び美祢市厚保に行きました。「原八幡宮の大クス」を訪問。山頂に電波塔のある「江下山」192.6mへ登った。ニューピークは1座。
2016年7月18日(海の日)は近くの「大平山」へ行きましたが、暑い日でもありましたが、時間もだいぶかかりました。ニューピークはなし。
☆2016年7月24日(日)はやまびこ会オフ。私と壱岐村さんは皆さんとは反対側から「馬ケ岳」往復とした。暑い日でした。ニューピークはなし。
2016年7月31日(日)は晴。暑い。林道終点から屏山まで歩こうと思っていたのですが、通行止め。正面登山道から「古処山」を往復しましたが、登り3時間半。下り2時間半以上かかりました。暑いのもあるけど脚力が相当落ちているようだ。山友の壱岐村さんと出会い、山頂で昼食をしました。ニューピークはなし。
2016年8月7日(日)は晴。暑い。懸案の「厚保草場山」へ行った。熊野神社前から取り付く。次いで、宇部市上片倉の「本覚寺のモッコク」を訪れた。墓地にある。ニューピークは1座。
2016年8月11日(山の日)は晴。暑い。懸案の「馬頭岳」に行った。下山は「大谷山」経由で下山。車道歩きも長く疲れた。7時間以上は歩いた様です。ニューピークは2座としておきます。
2016年8月21日(日)は晴。山陽小野田市の超低山に行きました。「松岳山」、「三条山」、「妙見山」、「物見山(公園)」のニューピーク4座に行きました。巨樹はなし。
2016年9月11日(日)は雨はない模様なので山口市仁保中郷の「経塚岳」に行きました。先人は往復1時間だったそうですが、私は3時間弱でした。この後、「仁保のクワ」、「仁保小の大クス」、「舟上神社のチシャノキ・イチイガシ」、「徳地の出雲神社の大スギ」、「西宗寺の大ヤマザクラ」、「妙見社の大イチョウ」、「仁保上郷岩倉妙見社の大イチョウ」などを訪問して帰宅しました、今回は全てカーナビで移動することが出来ました。ニューピークは1座です。
2016年10月10日(体育の日)は防府市の「岩淵のイブキ」、「玉祖神社の社叢」、「周防国分寺のクロガネモチは枯死していたが、他に大クス、マキノキ、大ケヤキなどの大木」、「老松神社のクス」、「向島小の寒桜」、向島の「厳島神社のクロガネモチ」、最後は車で行ける「錦山」です。ニューピークは一座でした。
★2016年10月23日(勤労感謝の日)は遅くから宇佐市の院内と安心院の巨樹3ヶ所を訪ねました。午後は雨がやんでいたので宇佐市の巨樹を訪ねた。宇佐市の「西椎屋のイチョウ」「藤群神社の2本スギ」「山蔵のイチイガシ」を訪ねた。ニューピークはなし。
2016年11月3日(文化の日)は防府市の「観音山」と「天徳寺のイチョウ」・「若月家の臥龍松」・「正福寺のソテツ」・「阿弥陀寺のヤマモモ」・「宇佐八幡宮のヤマザクラ」などを訪ねました。ニューピークは1座です。
2016年11月6日(日)は6年ぶりに風穴コースからの「祖母山」周遊でした。体力が急登に非常に弱くなっていて9時間以上かかりました。ニューピークはありません。午前8時〜午後5時30分。結局、これが最後の祖母山登山となりそうす。20210825記
2021年11月7日(日)は晴。お天気がいいので、遅くからでしたが、先日は場所が分からなかった嘉麻市の「具島のクスノキ」「不動丸の大クス」桂川町の「簑島神社のクスノキ」「九郎丸貴船神社のクスノキ」を訪ねました。場所は参考資料に座標が記載されているので設定すればすぐに分かる。ようやく試したという所でした。
2021年12月5日(日)は晴。日出町の低ピークに行った。「遠見塚」「真那井城山」「深江城址」「早水台」「日出城址」平井さんのページを参考にした。狭い道に迷い込みRocky後部を破損した。ニューピーク5座。計画ではもう1座あったが次回と言うことです。
2021年12月12日(日)は晴。日出町の島山、日出の大サザンカ、松屋寺のソテツ、城山、「杵築市の杵築城址
、2度目でしたが、小田の八坂神社のクスノキを訪ねました。ニューピークは2座でした。もう1カ所船部若宮八幡社を探していたがカーナビの設定が悪かった。しかし、道路から地図上の神社を見ると以前来たことがあるのを思い出した。神社までの車道が狭いので道路からクスノキを撮った。五田の八坂宮も以前来たことがあったようだ。三角点の方を訪ねるべきだった。三角点はついでがあれば、行ってみよう。ニューピークは3座としておきます。
2022年1月31日(月)は晴。 久しぶりに小郡市のクスの大木を3神社を訪問した。小郡市の「干潟阿蘇神社のクスノキ」、横隈の「隼鷹神社のクスノキ群」、山隈の「天忍穂耳神社のクスノキ」だ。この「天忍穂耳神社のクスノキ」は枯死しかかっている。数年前に落雷があったようで、樹医による手入れはされていたが、胴吹きも見られないので、枯死するのではないかと思われる。別のクスノキがあるので、こちらが御神木になるのかもしれない。大きなイチョウの木もあった。
2022年2月23日天皇誕生日(水)は晴。川棚のクスの森【下関市川棚】を訪ねた。枯死しかかっているとの情報を昨年テレビで見ていた。様子を見に行った。幹部分から胴吹きしているようだ。枝は枯死しているようだった。回復するのを祈るのみだ。
2022年2月27日(日)は晴。遅くから気になっている杵築市の八坂神社近くの三角点と竹ノ尾城址を訪ねて生桑城址の場所を確かめて帰宅したニューピークは2座としておきます。上ノ原三角点・竹ノ尾城址、生桑城址位置【杵築市】
2022年3月6日(日)は杵築市の城址へ。生桑城址・竹ノ尾城址取付・稲荷山・金輪城址本丸と南郭【杵築市の城址】まず生桑城址・先日場所を確かめていたのでスムースに到着。石段を登って本郭に到着。帰りに稲荷社へお参り。次いで白川稲荷社のあるピークにいく。以前、近くの金輪城址に行ったことがある。稲荷社にお参りして巨石のあるピークへ。近くまで車で行くことが出来る。次いで以前に行ったことのある金輪城址へ再度行ってみた。こちらは少し急登もあった。北側の本郭に三角点があるが、南側の郭もあるのを知ったのでいって見た。急坂を下り、堀切があり少しの登りで南の郭だ。こちらは本郭より少し低い。ここから戻るときは風が冷たがった。駐車場にて昼食をしたが、このときにスマホの電源を入れるのを忘れているのに気が付いた。食事の後に帰宅した。ニューピークは3座としておきます。
★3月25日(金)は晴。基山にオキナグサを見に行った。いつものコースで行ったが、駐車場で久保田夫妻と出会った。咲いている所は一箇所の様だ。いつもの様に遊歩道を上った。結構きつい。三角点は下から眺めてオキナグサの花のある所へ行って写真を撮った。高い所はまだ花はなかった。リンドウもまだなく、このまま下山した。
2022年4月3日(日)は晴。久しぶりに国東市の城址を訪ねた。まず、国東市武蔵町吉弘の「吉弘城址」を訪ねた。駐車場のすぐ後方が城址で平坦な郭になっていた。後方には両子山などが見えていた。次いで国東市国東町成仏の「小城」「御所の陣」を訪ねた。走るリンドウの目印を見落として無駄に走ったり歩いたりしたようだ。諦めて帰る時にそれらしき林道があったので走ってみると目的地への道だった。小城は駐車地~すぐだった。御所の陣は山道から取り付いたが途中網に沿って歩いたので無駄に労力を使ったようだ。山道は左へあったようだ。テープもあったのかもしれない。丈夫にはテープがあった。山頂は広い郭であっタル桜が最適霊だった。下山は山道の途中から尾根道を下ったが最後はやはり急坂だった。山道が歩きやすいようだ。ニューピークは3座でした。
2022年4月10日(日)は晴。リベンジに国東市のピークへいった。大分道の朝は事故で湯布院〜別府間が通行止めで、玖珠から宇佐回りで一般道を走った。国東市の成仏三角点、岐部城址、櫛来城址と回って、亀城の取付を見て、帰宅した。ニューピークは3座としておきます。
2022年4月17日は晴れ。リベンジも含めて、国東市の「亀城址」「成仏城址」「祇園山」と回りました。ニューピークは3座としておきます。
★2022年4月19日(火)は晴。基山にオキナグサのオキナを見に行った。リンドウも咲いていた。
2022年5月1日(日)は。宇佐百山に1年ぶりくらいにに行ってみた。宇佐市の鍵山・副城址・熊野岳・福勝寺古墳(春日山)・石橋に行きました。まず、64「鍵山」に行った。途中から歩く予定だったが農道があるという情報もあるので、車で走ってみた。作業車は皆無で峠まで行くことが出来た。ところが鍵山の位置がGPSに転送されていないミスがあった。結局スマホの三角点アプリを参考に少し探して駐車していた峠のすぐの所にあるのを見つけた。道脇に古いテープもあった。次いで、道の駅院内の近くの「城山」に行った。最近知ったのです。遊歩道ある。ここだけならコミュニティに駐車する方が近い。ついでに石橋「荒瀬橋」を見る予定にしたので道の駅に駐車した。荒瀬橋を見て、73「熊野岳」に行った。これは農業小屋の庭先にあるのだが、作業があっていた。道脇に駐車して、作業中の人にお願いして、三角点の写真を撮った。あの山にあったと指さされた山〜ここに来た三角点だと言うことだった。敷地内には設置してほしくなかったと言われていた。帰りに国道500沿いにある石橋「上出平橋」の写真を撮って、時間があったので宇佐の風土記の丘にある「福勝寺古墳」を訪れてピークにまつられている秋葉神社にお参りして、4等三角点の写真をとった。本日は4座のニューピークとしておきます。早いけどここから高速道にて帰宅した。
2022年5月4日(火)は晴(みどりの日)は宇佐百山の74「向大丸山」に行った。結局、農道途中に作業車が見えたので、道路脇に駐車して歩いた。登山道は車は走れないが、農地が続いていたような場所に沿ってあり沢沿いで昔の農道の跡の様で最後の取付までは歩きやすい。最後は急登で時間がかかった。往復4時間以上かかった。宇佐の山は手強い登りがあるので御用心。以前ならなんとか歩いていたように登路だった。下山も意外にうまく無事下山できた。ニューピーク1座。宇佐百山77/100。
2022年5月5日(木)は晴(こどもの日)。海彦山彦さんのページを参考にして遅くから佐賀市富士町の「愛宕山」にいった。山頂に愛宕神社の石祠がまつられている。麓には子安神社がある。ダム建設に伴い移転してきた神社の様だ。道路は混んでいた。「大佐古山」の取付までいったが、標高差が40m位あり急登の様なので今回は登らずに帰宅した。いつか行ってみると思う。登路がはっきりしていない山はなかなか今の状態では難しい。ニューピーク1座としておきます。
2022年5月8日(日)は晴。宇佐市の宇佐百山82「上堂ノ奥山」にいった。荒れた林道を歩き尾根を歩く。一部、危なそうなところがあり、藪の中を歩いた。登路の付け替えが出来そうな所だった。山頂すぐ近くに鉄塔があり、反対の尾根筋に鉄塔巡視路が上って来ているようだ。ニューピーク1座。宇佐百山78/100。80座は上りたいものです。
2022年5月15日(日)は曇。宇佐百山の内、40「奥山」目指した。ゲートはあいていたが作業があると閉め出されることがあるという話を聞いたことがあるので、ゲートの外に駐車して、まず、林道を歩いた。大分登ったところで軽トラック来た。作業員がこの山には登れませんという。個人の山だからと言う理由だった。確か、国有林と書いてあったがと思ったが、素直にこの地点から下山した。下山時はゲートにには施錠されていた。
万一この山に登れないことを考えて宇佐百山の49「高尾山」の地形図も持参していた。家に帰って林道を歩いたコースの軌跡を見ると地形図とは異なった所に林道入口はある様だ。以前は林道はここにあったものの様だ。ここからも林道へ出ることは出来る。踏跡がある。事前の調べが悪かったと言うことだ。林道に出たので計画通り高尾山山頂に到達した。しかし、往復5時間30分近くかかったので疲れたという所。帰りに永原橋の写真を撮った。
2022年5月22日(日)は晴。宇佐百山39「古笹山」に行った。大分文化農業公園近くの低山だ。高速道側から登った。山そのものに急登はあまりないが、登下山途中で3回ばかり登路を考えた。トラックバックで無事下山。ニューピーク1座。宇佐百山80/100。
2022年5月29日(日)は晴。宇佐百山61「猪ノ奥山」にいった。取付は国道500の安心院町原口の原口水路橋を渡る。低山だが尾根歩きが長く急登があり時間がかかった。私にはハードルが少し高い山のようだ。宇佐百山は81/100。
2022年6月12日(日)は曇時々晴。宇佐百山94「滝貞山」にいった。予定の所に駐車して林道を歩いたが、ゲートを越えて墓地付近には駐車スペースもあり、車で行くことが出来るようだった。今回は2時間半くらいで戻ってきた。宇佐百山82/100。棚田なども見学せずに、時間があったので安心院町東恵良の「稲荷山」?にいった。山頂には八坂神社や金比羅の石祠や他にいくつかの石祠があった。ここにお稲荷さんの祠があったのかもしれないし、山名が誤って覚えていたのかもしれない。どこから張った情報かも解らないので確かめようがない。ニューピークを2座としておきます。大平山も確かめようと思っていたが、ここから帰宅した。
2022年6月26日(日)は曇。遅くから日田市の「会所山西峰・会所山」に行きました。会所宮から登りました。東からの車道もあるようです。久津媛神社の祠のある「会所山西峰」と三角点のある「会所山」の2峰をニューピークとしました。先人に寄れば三角点や山名私標はあるようです。リベンジすることにします。ニューピーク2峰。
2022年7月10日(日)は宇佐百山96山ノ口岳【宇佐市安心院町】大平山【宇佐市安心院町】に行った。山ノ口岳は院内町の滝貞方面からいった。山頂近くまで林道があり、駐車スペースもあった。参考にしたコースよりずいぶん短いが三角点ピークのみ往復した。次いで同じく安心院町の大平山に行った。はじめ取り付いた所は藪だった。次いで取り付いた所からが近かった。山頂には水槽がありポンプが回っている音がしていた。今は田植えのシーズンだ。車道もありくさかりもされているようだった。結果的には、入口はわかっていたのでこれを走れば簡単ピークだったようだ。ニューピークは2座だった。
2022年7月17日(日)は宇佐市院内町の宇佐百山20「鈴ヶ塚山」33「人見岳東峰」19「人見岳西峰」を歩いた。林道が意外に奥まで走れたので3座登ることが出来たが、人見岳西峰は岩場があり、登るのに考えすぎて時間がかかった。ニューピーク3座。
2022年7月24日(日)はリベンジの宇佐市院内町の宇佐百山40「奥山」に再度行った。今度は反対側から尾根根を登ったが結構な何ルートだった。岩場もあり下山時は傾斜がきつかった。予定したルートは傾斜がきついので別ルートに変更した。テープは適当にあったようだ。こちらも最後は傾斜は急だった。ニューピーク1座。この山も私には難路の1座だった。宇佐百山は87/100となった。
2022年7月31日(日)は曇時々雨。宇佐市安心院町の宇佐百山59「高畑山」へ行った。下山時は雨が降ったりしていたようだ。劇登はあったが、こちらの登山口からは全体的には短いのかもしれない。下りは足が痛くなり、下りも難儀した。車も雨で濡れていた。87/100。
2022年8月11日(山の日)(木)は晴。宇佐市安心院町の宇佐百山71「村部山」へ行ったが、と前の急坂で疲れたので、山頂まで標高差40m位の所から撤退した。登ったことにして、リベンジはしない。宇佐百山89/100。ニューピーク1座としておきます。
2022年8月28日(日)は晴。宇佐市安心院町の宇佐百山87「大内ヶ平山」へ行った。トラピスト修道院から歩かせてもらった。藪はなく歩き易い登路がある。十字架の丘に三角点→山名表示板はある。ニューピーク1座。
2022年9月11日(日)は伏松山に行こうと計画強いた林道を走ってみたが、伐採木の積み出しのどっらくが停車していたので結局行くのをやめた。次いで、金丸山ノ林道の調査に行った。前回は途中道路崩壊しているところへ行って歩いたが、別ルートで上へ行くことが出来たが、上部の未舗装の部分は寺ヤッカン荒れ気味だったのでRockyでは難しいかもと思い、引き返した。前回登った所より更にうえまで車で行くことはできる様だ。登るかどうかは?伏松岳・金丸山の林道探索 宇佐市
2022年9月25日(日)は宇佐市安心院町の宇佐百山22「高陣ヶ尾」へ行った。放牧中の牧場の中を通ったので軌跡などは表示しないつもりだ。ある人のコースを参考にした。これは公表されている。結構牧場内を歩いた記録はYAMAPにある様だ。ニーピーク1座。宇佐百山91/100。
2022年10月2日(日)は宇佐市院内町の宇佐百山84「兎谷山」に行った。日ノ岳小野川内林道から登った。尾根と古い作業道跡を歩くコースだった。急登箇所はあったが多くないのでなんとか歩けた。涼しくなったのもありなんとか6時間弱で往復。最後は足は痛くなった。宇佐百山92/100。
2022年10月16日(日)は晴。宇佐市下矢部の宇佐百山51「小城」にいった。城山は一度行ったことがあるので城山三角点には行かず。小城を目指した。ここは城山の一角だ。前回より時間がかかった。また、取付も林道は大分草が茂っていたので、最近のルートのゲートからすぐの尾根に取り付いた。ここには墓地がある。歩くのが遅くなったものだ。宇佐百山93/100。これからも登って来見るが完登出来ない山もありそうだ。試みた山は登ったことにするかもしれない。
2022年10月23日(日)は晴。宇佐市安心院町の宇佐市百山の100「伏松岳」に行った。前回、作業があっていたので、山ノ口岳に登ったときの駐車地付近にとめた。今回は作業はあっていないようだった。しかし、思った所まで走れたかどうかは?駐車地から作業道を歩いて山ノ口岳先の尾根に上がり、尾根を歩く。高低差があまりないので急坂はない。途中で作業道を歩いてコース間違いをした。伏松岳山頂近くまで作業道はある。94/100座目となった。
2022年11月3日は晴。宇佐百山の内の鷹取山や高原山を目指そうと行ってみると林作業があっていて、車が走れない。裏登山口の作業道から手前の宇佐市上拝田の宇佐百山24「和尚山」に登って来た。2度目だった。作業道入口付近の林道脇にも登山口がある様だ。
2022年11月27日(日)は晴。宇佐市熊の宇佐百山50「友形山」敗退記を目指した。熊地区から作業道を登るがはじめの方は倒木や倒竹が多く歩き難い留次いで歩き易くなり落ち葉の中を歩く更にスギ林の中ではイマイチ獣道も多く、目印もまばらで一部ミスコースをして時間をロスった。目印を見つけルートを歩いたが、標高410m付近で3時間以上歩いて12時30分を過ぎたので、まだこの上には急坂もあり時間はかかりそうだと思い、引き返した。車には2時間でついたので、もう少し上まで歩いても良かったかもしれない。未踏にするか登ったことにするか考え中です。
このページの報告。レポートを書いている山歩きは、「最近の山歩メモ」に移しています。簡単になるレポもありそうですが、新しいレポから順次、写真付き歩行図付きのレポをアップしています。山歩きはほとんどありません。それと目的地までのコースの高低差あると難しい。軌跡図には車走行軌跡を緑でつけています。
のものは簡単レポートをDiaryに書いているものがあります。歩行軌跡と少しの写真も添付しています。少しずつ山歩きをアップしたいと思います。最近のレポは若干、簡略化されています。一応、山行きの所にアップしています。途中、記録ないものも大分あります。軌跡図くて記憶もうすれているもの説明はつけないかもしれません。
*記載事項に誤り等を気付かれた時は、 掲示板や メールなどでお知らせ頂くと幸いです。
*写真やコース図などは自由に使用 して下さい。なお、写真を使用されるときは、メールなどでお知らせいただくと幸いです。

                       

  リンク用バナーです 。

リンクフリーですが、リンクはこのページ(HP・TOPページ)にお願い致しま しす。

 
 国土交通省国土地理院ホーム
ページ
 
最終更新日 2022年11月30日(開設日 2004年9月11日)_