2019年11月の鹿児島県蒲生神社の「蒲生の大楠」。日本一の大木といわれています。
Nikon D5100 広角レンズを使用

目   次

山行報告 九州百名山 雑記帳 ovies

更新履歴

Diary 趣   味 プロフィール
リンク集 Book メール  
クスの木 最近の山歩メモ そうつく 番外
 
1) 最近、国土地理院の地形図の標高が更新されています。以前の標高より低くなっている標高が多いようです。そのため以前の標高は今の標高とは異なっていますが、訂正はしておりません。新しい標高はお確かめ下さい。
使用している地形図の標高を訂正しているものは、新しい標高を記入しているものです。

2) 長らく使用していた掲示板は外しました。

3)映画のブログは外しています。映画の感想などはDiaryに記載しています。

4)山歩きの記録はDiaryに書いています。これを転載して従来の場所に記載しているものもあります。山名をクリックするとその月の分が出ますので日時を探して下さい。リングが日記ではなく山行き報告に転載しているものもあります。Diaryと同じ内容になります。

5)最近は歩行時間が標準時間の3倍以上かかるので歩行時間などは書いておりません。車のルートはコース概念図に記入しています。行き方は地図を参考にして下さい。まだたくさん未記入の山歩きもあります。

1)このホームページに掲載している地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図 200000(地図画像)、数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図50mメッシュ(標高) 及び数値地図10mメッシュ(火山標高)を使用したものである。 (承認番号 平24情使 、第590号)
承認期日 平成25年1月16日。→最近簡素化されて更新はしなくてもいいような方法があります。
地形図には山旅倶楽部の1/25000を使用しています。コース図作成には 山と風景を楽しむ地図ナビゲーター「カシミール3D」(http://www.kashmir3d.com/)を使用しています 。GPS測定にはGARMINのGPSmap 60CSxを使用しています。
GPS軌跡を表示している地形図の縮尺は正確ではありません。 また、拡大して使用していることが多くあります。GPSデータには誤差が含まれています。
ご注意:国土地理院の電子国土ポータルの地形図は最新のものです。新しい山名などの記入・山名の変更などが適宜なされています。閲覧のみが許可されています。 コピーしてWebサイトに使用することは勿論、紙にコピーして不特定多数に配布などすることなども禁じられています。
ただし、別途の使用方法があります。国土地理院のHPを参照してください。
〇申請は簡素化されています。簡素化については国土地理院のHPのQ&A32に載っています。ベースに使 用する地形図によっては申請は不要になりました。 たとえば山旅倶楽部の地形図など。このWebサイトに使っている地形図は申請は不要になりました。よって、更新はありません。なぜならこの使用している地形図がは承認を受けているからです。以下の通りです。
山旅倶楽部の1/25000地形図
平23情使、第794号
「この地図の作成に当たっては、国土地理院の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)、数値地図25000(地名・公共施設)、数値地図250mメッシュ(標高)、数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。」
平23情複、第863号
「この地図は、国土地理院の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地名・公共施設)を複製したものである。」

このWebサイトは開設約17年になりました。
*2021年5月30日現在、九州・山口県ピークハント数は約2704/日本全国のピークハント数は2732座 としておきます。
古城址にも一段と興味がわいています。が、山歩きがきつくなりつつあります。いつまで続くか分かりません?
*最近はFBにもよく出ています。本名です。「古賀洋海」
*2012年11月4日に九州・山口県の自分なりピークハント数は2000座を達成したことにします。
 一応、次の目標を2500座としておきます。 最近は体力も減少し脚も故障しているので、体力と足関節の痛み具合にあったニューピークを探して歩いています。
という訳で、時々午後から脚の負担の少ないプールにかよっています。もちろん泳ぐためです。2015.09.から。
山口県100名山の達成は2013年5月26日でした。
2018年3月11日に九州山口のピークハント数が2500座に達しました。目標を立てて登るのはこれで終わりにしておきます。今後は好きにニューピークなどを登れるところを登ることにします。
☆1000回の山行きは2014.2.2.達成。いま、山歩きを本格的?に始めてようやく27年がたちます。2021年8月に。
* 山口県百名山(中島篤巳・葦書房)は100/100座 (2013.5.26.完成)
*2007年度のニューピークは315座・山行き回数73回
*2008年度のニューピークは301座・山行き回数66回
*2009年度のニューピークは224座・山行き回数67回
*2010年度のニューピークは194座・ 山行き回数70回
*2011年度の山行き回数は44回
*2012年の山行き回数は39回(3回の入院のために少なくなりました。)
*2013年の山行き回数は73回(2回短期の入院をしました。一回は1泊の検査入院。)
*2014年は(一泊の検査入院をしました。)天候が悪いときには山歩きはしなくなりました。山行き回数42回
*1995年8月〜2013年12月までの山行き回数・991回
*2014.2.2.に1000回の山行きを達成。
◎ここにあった速報は「最近の山歩きメモ」として残しています。
で表示している「そうつ記」には写真やコース概念図を貼付し た完成レポートです。
で表示している「そうつ記」はとりあえずテキスト にコース概念図を添付しています。
山名などに色が付いていないものは、速報のみです。
コース概念図では ルートを3〜4色 に色分けしています。緑線は車走行・赤線は上り歩行・紫線 は下り歩行などです。
2016年3月13日(日)は曇。遅くから雲仙市の「長栄寺のヒイラギ」、「稲荷山」、島原市の「鳥越山」「焼山」へ行きました。ニューピークは3座としておきますが、焼山はどこがピークかわからなくて、標高点があるところには到達しませんでした。
2016年3月20日(日)は晴。大隅半島へリベンジに行く。「熊野神社の大イヌマキ」、「霧島ヶ丘」、「南蛮船係留の大クス」、「浦のアコウ」、「鬼山」、「旗山神社の大クス」、「狩宿のなげどん」、「草野丘」。まず先日場所を特定出来なかった鹿屋市の「熊野神社の大イヌマキ」。体育館の横にあった。大きなイヌマキだった。次いで「霧島ケ丘」へ行く。車道からすぐだがチェーンゲートがあった。公園にはバラ園があったが知らずにパスした。ついで、南大隅町の「南蛮船係留の大クス」、川のそばにある、次いで鬼丸神社の「浦のアコウ」、裏山が「鬼山」というらしいので登って見た。1部自然林が残っている。ついて、錦江町の「旗山神社の大クス」、結構、悲惨な状態で植立していた。熱心にお参りしている人たちがいた。次いで、大崎町の「仮宿のなげどん」に行く。運よくこんもりとした森を目指すと大きなタブノキだ。最後は「草野丘」へ行った。カーナビに道路の記載がなく、1部コースを複雑にはしった。ピークまで車道があった。午後1時30分過ぎには帰宅を開始した。高速道は少しは渋滞していたようだ。お天気はよかった。ニューピークを3座としておきます。
☆2016年3月27日(日)は曇時々雨。短時間で、日田市と朝倉市の大木を訪ねた。場所が行きづらいところはパスした。日田市から東峰村へ抜けて赤谷から県道を走って帰宅した。道幅が狭いところがある。ピークはナシ。
☆2016年4月3.4日は筋湯温泉。途中で「前原の一本サクラ」・「下城の大イチョウ」・「男池のケヤキ」・竹田市直入町長湯の「籾山八幡の大ケヤキ・スギ」などを訪問。ピークはなし。
☆2016年4月29日は「城井の上城址」を訪問、そして「松尾山」へもいった。ついでに巨樹を訪問。ニューピーク2座としておきます。
☆2016年5月1日(日)は京・築の「国見山」・「大地山」・「若木山」・「雄熊山」・「穴ヶ葉山」や巨樹を訪問。ニューピークを5座としておきます。
☆2016年5月4日(みどりの日)は鳥栖の「城山(勝尾城址)」へ行きました。サクラツツジを見たいと思っていったが、裏年の様でした。しかし、1本だけ花がついていた。家内も同行したが山頂まで50分を30分と勘違いしていたので、疲れた様だったが、一応登った。久しぶりに登った山だったので、コースなどはすっかり忘れていた。ニューピークはなし。
2016年5月15日(日)は歯路会で長崎行き。中華料理とグラーバー園。広く見学出来るようになっていた。ピークはナシ。
2016年5月22日(日)は晴。山口県下関市長門市美祢市に行き巨木など多数を訪ねた。弁天池はきれいな池だった。ピークはナシ。
2016年5月28日(土).29日(日)は黒川温泉「優彩」に1泊。建物の一部に地震被害があったそうだ。小国町の「水源のケヤキ」「鉾納宮のケヤキ・夫婦杉」「阿弥陀杉」、遠目で見た南小国町の「竹の熊のケヤキ」等を見学。また、北里柴三郎記念館は地震の影響で閉館中だった。雨でもあり観光客は非常に少なかった。国道212は一部通行止め。ピークはナシ。
6月は入院などあり山歩きなどはしていない。
2016年7月3日(日)は美祢市厚保の「熊野神社の大スギ」、「神功皇后神社のイチイガシ」、「宇部市水分神社のスダジイ」、教念寺のナナミノキは枯死。ニューピークはなし。
☆2016年7月10日(日)は萩市野椿の「河内の大ムク」、「南明寺のイトザクラ」、「三見吉広のバクチノキ」、阿武町の「大覚寺のビャクシン」、「鶴ヶ峰神社のクス」、萩市殿川の「紫福の一本杉」、吉部上の「吉部八幡のスギ」、山口市宮野上の「龍王社のムクノキ」を訪問。ニューピークはなし。
2016年7月17日(日)は再び美祢市厚保に行きました。「原八幡宮の大クス」を訪問。山頂に電波塔のある「江下山」192.6mへ登った。ニューピークは1座。
2016年7月18日海の日は近くの「大平山」へ行きましたが、暑い日でもありましたが、時間もだいぶかかりました。ニューピークはなし。
☆2016年7月24日(日)はやまびこ会オフ。私と壱岐村さんは皆さんとは反対側から「馬ケ岳」往復とした。暑い日でした。ニューピークはなし。
2016年7月31日(日)は晴。暑い。林道終点から屏山まで歩こうと思っていたのですが、通行止め。正面登山道から「古処山」を往復しましたが、登り3時間半。下り2時間半以上かかりました。暑いのもあるけど脚力が相当落ちているようだ。山友の壱岐村さんと出会い、山頂で昼食をしました。ニューピークはナシ。
2016年8月7日(日)は晴。暑い。懸案の「厚保草場山」へ行った。熊野神社前から取り付く。次いで、宇部市上片倉の「本覚寺のモッコク」を訪れた。墓地にある。ニューピークは1座。
2016年8月11日(山の日)は晴。暑い。懸案の「馬頭岳」に行った。下山は「大谷山」経由で下山。車道歩きも長く疲れた。7時間以上は歩いた様です。ニューピークは2座としておきます。
2016年8月21日(日)は晴。山陽小野田市の超低山に行きました。「松岳山」、「三条山」、「妙見山」、「物見山(公園)」のニューピーク4座に行きました。巨樹はなし。
2016年9月11日(日)は雨はない模様なので山口市仁保中郷の「経塚岳」に行きました。先人は往復1時間だったそうですが、私は3時間弱でした。この後、「仁保のクワ」、「仁保小の大クス」、「舟上神社のチシャノキ・イチイガシ」、「徳地の出雲神社の大スギ」、「西宗寺の大ヤマザクラ」、「妙見社の大イチョウ」、「仁保上郷岩倉妙見社の大イチョウ」などを訪問して帰宅しました、今回は全てカーナビで移動することが出来ました。ニューピークは1座です。
2016年10月10日(体育の日)は防府市の「岩淵のイブキ」、「玉祖神社の社叢」、「周防国分寺のクロガネモチは枯死していたが、他に大クス、マキノキ、大ケヤキなどの大木」、「老松神社のクス」、「向島小の寒桜」、向島の「厳島神社のクロガネモチ」、最後は車で行ける「錦山」です。ニューピークは一座でした。
☆10月23日(勤労感謝の日)は遅くから宇佐市の院内と安心院の巨樹3ヶ所を訪ねました。ニューピークはなし。
2016年11月3日(文化の日)は防府市の「観音山」と「天徳寺のイチョウ」・「若月家の臥龍松」・「正福寺のソテツ」・「阿弥陀寺のヤマモモ」・「宇佐八幡宮のヤマザクラ」などを訪ねました。ニューピークは1座です。
2016年11月6日(日)は6年ぶりに風穴コースからの「祖母山」周遊でした。体力が急登に非常に弱くなっていて9時間以上かかりました。ニューピークはありません。午前8時〜午後5時30分
2016年11月13日(日)は美祢市大田の「雨乞山」「東山」に行き、残りの時間で天然記念物の巨樹などを訪ねました。「明楽寺のイチョウ」・「長登のシダレザクラ」・「綾木八幡宮のナタオレノキ」、「明林寺のイヌマキ」、「四之瀬のイロハモミジ」、「正現寺のイヌマキ」、「真名のメタセコイヤ並木」、「宝泉寺のヤマグワ」、「下領八幡宮の社叢」等を訪れました。ニューピークは2座としておきます。
☆2016年11月23日勤労感謝の日は宇佐方面。「福貴野の滝」・「寒水のムクノキ」・「日吉のイチイガシ」・「熊野神社のイチイガシ」・「東椎屋の滝」と見て回りました。家内も同行。
2016年12月25日(日)は干支の山「鳥屋山」に行った。いつもの倍の時間かかったが、私のWebサイトを見たという人の手紙が車にあったのでうれしかった。帰りに念願の「茶臼山」へ行った。鉄塔路をたどればすぐに山頂だったが別ルートで登り鉄塔道で下山した。ニューピーク1座です。簡単レポがDiaryにあります。
2017年1月3日(火)はお天気はよかったが、濃霧。霧がお昼頃晴れたので安川の「稚児忘」「稚児忘南方」「五位山北峰」「五位山」と巡りました。途中2度道迷い?でした。下山はヤブある古い作業道でした。ヤブコギや新植地の害獣除け網が大変でした。倒木や崩落もありました。ニューピーク4座としておきます。簡単レポートがDiaryにあります。
☆2017年1月9日(成人の日)は玖珠から耶馬溪にかけて走り、「小麦河野のムクノキ」「平井天神の大イチョウ」「下河内のイチョウ」「太子堂のイチョウ」「雲八幡のイチョウ・スギ」「諏訪神社の大スギ」と訪れました。小麦河野のムクノキ以外はみな神社にあり、4社参りをしてきました。諏訪神社は山国町中摩の庄屋村にありますが、山国川近辺から歩いて見ました。よい散歩になりました。自転車道もあり歩くにはよさそうです。
☆2017年1月29日(日)はお天気はよくないが、中津市山国町から耶馬溪町方面へ巨樹探訪。まず、山国町守実の「三所神社のカヤ」・山国町吉野の「若八幡のスギ」・耶馬溪町宮園の「橋本天満宮のタブノキ」・耶馬溪町大野の「浦山のムクノキ」・耶馬溪町中畑の桧原山の「千本カツラ」・耶馬溪町跡田の「羅漢寺のスギ」などとともに宮園1ッ戸の1ッ戸城址入口付近にあった「1ッ戸のムクノキ」が印象的でした。
☆2017年2月5日(日)は雨でした。九重町の巨樹探訪に出かけました。まず、松木川下の「川下の乳イチョウ」、野上の「鶴神社のケヤキ」、後野が見の「白髪神社のスギ」、「吉野神社のスギ・ケヤキ」、田野の「白鳥神社のスギ」、菅原の「菅原の大カヤ」・「子安観音のスギ」、町田の「小倉神社のスギ・大ケヤキ」、「相挾間のボダイジュ」等を訪問しました。
☆2017年2月11日(建国記念の日)は雪のありそうな九重方面へ行くついでに、前回場所をGPSに特定出来ていない子安観音のスギと相挾間のボダイジュを訪れて、九重町松木の「富迫の大イチョウ」を国道387から写真を撮りました。雪が多く近くには行きませんでした。
☆2017年2月12日(日)は雪道走行練習を兼ねて、竹田市の巨樹探訪です。まず、竹田市久住町仏原の「宮処野神社のトチノキ・スギ」次いで竹田市久住町下田北の「八社神社のヒノキ」、そして竹田市米納の「城原神社のイチョウ・ケヤキ・スギ」を訪れました。
2017年2月19日(日)は晴。兼ねて計画の「1ッ戸城址(城山・妙見嶽)」をおとずれ、近くの「伊勢山」に登り、最後に宇佐市院内町日の岳の「日の岳神社のムクノキ」を訪れて帰宅しました。ニューピーク2座としておきます。簡単レポートが「Diary」にあります。
2017年2月26日(日)は曇後晴でした。遅くから、以前から計画していた、安心院町の「米神山」へ行きました。京石登山口から登り、熊登山口へ下山しました。見かけ通り上方は急傾斜が続きます。3月12日に祭礼があるので登山道の整備が10人くらいの人たちであっていました。山頂からの展望はかすんでいましたが、由布岳方面はよく見えていました。往復4時間かかりました。(普通の人なら約2時間)ニューピークは1座です。
2017年3月5日(日)は曇。遅くから宇佐市上矢部の「城山」に出かけた。300mに満たないが意外と急坂があり疲れた。ニューピーク1座としたおきます。
2017年3月12日(日)はお天気も良いようだ。宇佐市安心院の「青山」「轟山」そして、宇佐市立石の「栗山」に出かけた。いずれも300mに満たない超低山です。ニューピークは3座でした。
2017年4月2日(日)は曇ときどき晴、雨。一応、登山口まで行ってみようと出かけた。結局、「両戒山」に登ることにした。雨は少しだったので雨具の上着をきて歩く。急なところがあり疲れた。先人は往復2時間、之所を3時間半かけてに往復した。下山時雨が降っていたので帰宅した。ニューピーク1座としておきます。
2017年4月9日(日)は曇。遅くから宇佐市の「山本山」、豊後高田市の「算所の大樟」、宇佐市の「熊野神社のスダジイ」、「薦神社のクス」を巡りました。ニューピークは1座でした。早めに帰宅しました。
2017年4月16日(日)は曇後晴。 竹田市直入町の「権現山」、「日向塚」、「丸山」、「クズロ山」豊後大野市朝地町の「男岳山」に行きました。ニューピークは5座でした。丸山は山頂まで車で行きました。クズロ山も車でさらに林道を走れば時間短縮になったと思いますが、歩きました。
2017年4月23日(日)は晴。前回近くの山で豊後大野市朝地町の「城山」、簡単登山できる大分市の「本宮山」、「天面山」、「水ノ元」と4座のニューピークでした。
2017年4月29日(昭和の日)(土)は晴。竹田市の「三宅山」、豊後大野市千歳町の白鹿山1峰・2峰・3峰」、三重町の「大辻山」、「木之元山」、「三重町御手洗神社のナギ」、大野町の「八山」と行きました。ニューピーク7座としておきます。
2017年5月4日(みどりの日)は晴。霧島市を巡った。まず霧島神宮に行った。離れた駐車場に置いたので歩くのに少し時間がかかった。参拝客が多くお参りはやめて御神木の写真を撮って戻った。なかなかの大木だ。目的はこれだった。以前も来たことはあると思う。次いで霧島川北の向田七社神社のイチイガシ、国分川原の高座神社のイチイガシ・ナギ、次いで、城山公園の国分城山192.7m、溝辺町麓の鷹屋神社のイチョウと訪ねた帰宅しました。鹿児島神社を訪ねるのを忘れていたようです。次回訪ねることにします。ニューピークが一座でした。
2017年5月7日(日)は晴。清掃日だった。遅くから宇佐神宮のクスと深耶馬の龍源寺のムクノキを探訪。写真がDiaryにあります。
☆2017年5月14日(日)は晴。鹿児島市の観光。城山展望台。仙厳園、桜島など。桜島の湯之平展望所には四等三角点「湯之平」があります。ニューピーク1座としておきます。城山では時間なくピークには行けませんでした。写真がDiaryにあります。
2017年5月21日(日)は曇。午前4時前に家を出て、再度、霧島市に出かけた。今回は始めに荒瀬城址のイチイガシを訪ねたが場所がわからなかった。次いで、隼人町の鹿児島神宮のクス。御神木は大きいが他にも2本ばかり大きなクスの木があった。早かったので掃除があっていた。隼人町の富熊城址、分かり難かったが、地元の散歩の人に聞いた、ストックを忘れたようだ。25年間で初めてだ。取りに行こうと思ったが場所が狭いところなので面倒でやめた。次いで福山町の宮浦宮の夫婦イチョウ。国分町の「惣陣が丘」、狐ケ丘は風力発電の風車が完成して入口が封鎖されていた。駐車スペースもないのであきらめた。次いで国分町の「上井城址」。山頂まて遊歩道がある。最後は溝辺町の上床山」。上床公園となっていて人が多かった。山頂も開発されていた。ニューピークは4座としておきます。
2017年5月28日(日)快晴。まず三重町の吉井神社(内田神社)のイチイガシ、この吉井神社後方の「吉井山254.1m」・東側の「城山(松尾城址)273m」臼杵市野津町の「筒井ケ城233m」・同じく野津町の「鍋田城址(明神社がある)70m」山内神社のムクノキを訪ねた。午後2時から帰宅し、往復とも高速道を使用した。高速利用が1時間以上早い。ニューピークは4座としておきます。しかし、筒井ケ城には3ピークあったので私流では6座してもいいかもしれない。
2017年6月18日(日)は遅くから臼杵市野津町の「武山・東峰」に行き、豊後大野市大野町の「真光院」、「国見の鼻、神角山」に行きました。ニューピーク5座としておきます。
2017年7月2日(日)はすこし早起きして、臼杵市野津町の「烏岳」を目指しましたが、GPSは山頂でも見たのですが、手前のピーク烏岳東峰(仮称)までしか行っていない様です。三角点は次のピークだったようです。次いで神角寺公園の「展望台峰」「四等三角点「神角寺」」・「古城」「白山」と登って12時40分頃から帰宅しました。でも、ニューピークは4座としておきます。
2017年7月16日(日)は遅くから出かけました。由布市湯布院町湯平の「大久保山」と竹田市城原の「木原山」に行きました。どちらも短時間で登ることが出来る別のルートがある様でした。ニューピーク2座としておきます。
2017年7月23日(日)は豊後大野市の「障子岳」と「田口山」に行きました。「障子岳」は岩登りがあり、疲れました。「田口山」では雨が降りました。樹林の中でびしょ濡れにはなりませんでした。ニューピークは2座としておくます。
2017年7月30日(日)は午前6時頃から津久見市方面へ出かけた。四浦半島にある「久保泊城址」にまず行った。ここから更に走ると展望台がある。説明板もあったが残念ながらかすんでいた。ここから市内の大友公園に行った。三角点もあり、1ピークとした。次いで宗麟公園に行った。ここは大友宗麟の墓地だ。津久見峠に行く予定だったが、地形図を忘れていたので車でのコースがわからなかったので臼杵市の「水ヶ城山」に行くことした。ここは山頂近くに電波塔があり車道か゛ある。車道には石が落ちていて終点に着いてみると左前輪がパンクしていた。石を踏んだときにパンクたようだ。そのままにしてとりあえず山頂に行ってみた。思ったよりヤブは少なかった。下山してからタイヤの交換が暑かった。ニューピークを3座としておきます。
2017年8月13日(日)は津久見市の前回行き損ねた「津久見峠」そして、彦ノ内谷川の天満社のタブノキ、臼杵市の「龍王山」、三島神社のクスノキ、津久見市の「陣山」とニューピーク3座としておきます。
2017年8月20日(日)は久しぶりに佐伯市の山に行きました。どれも城址です。小田山城址・拇牟礼城址、佐伯城址・城山(三角点)と行きました。城山に砂田さんがきてくれていました。見逃していた三角点の位置を教えてもらった。ニューピークは4座としておきます。
2017年8月27日(日)は晴。遅くから由布市の「小倉山」に行きました。展望はありませんでした。少しは歩きましたが、山頂まで車で行って、もう1座行けばよかった様です。車は大将軍神社においた。牛馬の神様だ。
2017年9月3日(日)はリベンジも兼ねて再び佐伯市の山に行きました。臼坪山211m・長島山79.7m・濃霞山61m・濃霞山東峰50m・女島山61m・五所明神社のスダジイとナギ、ニューピークは5座としておきます。濃霞山は車道もあるようです。私が思っていたのに相違して登った反対側からのようです。山頂付近には切り替えは場所がなく途中で展開すればよさそうだった。
2017年9月23日(秋分の日)は小倉山の向かいにある挾間町の「高長谷山」にまず行った。山頂まで車道があるが途中から歩いた。次いで鬼崎のムクノキ、そして、碇山公園の「碇山」、山頂に神社・展望よし。この後、楠木生神社のクスノキを訪問。次いで「鏡城址」次いで「烏岳」に行って帰宅しました。利光山は中止しました。ニューピーク4座としておきます。
2017年10月8日(日)は大分市の円通寺のイチョウ・「夜明ヶ城」・馬〆のムクノキ・「荒平山・吉野山」・「横江山」等を歩きましたが、林道や作業道歩きをしました。車で行けるコースもあったようだが、狭そうだったりして断念して、歩きました。それで時間が足りずに一座(利光山)を保留にして帰宅しました。96位林道が円通寺先に全面通行止めの表示があり、歩いたのが躓きのはじめでした。道路が大きく崩落していました。台風時の大雨のためのようです。ニューピークを4座としておきます。
2017年11月3日(文化の日)は曇時に晴れ。大分市の山にリベンジに行ってみました。利光山(城址)本丸、二の丸、三の丸それぞれピークです。成大寺まで車で道は狭い。ここからから歩いた。反対側からは車が山頂付近まできています。次いで尺間岳は尺間神社から登ったので難路だった。途中の岩場でよく参考資料を見てみると別の尾根を登っていた。岩場の後も急傾斜の様なので撤退とした。下山してみると奥の院への標識や登山口標識が駐車場の前にあった。また、リベンジすることになりそうだ。資料をじっくり読むべきだと思っているのに残念。最後に「小松代」に寄って見た。544.8mだがクヌギ畑で標高差はなく何とか三角点に到達。ここから農道を走り湯布院ICから帰宅。ニューピークは4座としておきます。
2017年11月5日(日)は晴。まず、先日撤退した「尺間岳」に行きました。奥の院の標石のある所から登りました。石段を登り山腹を巻、谷筋の石段を登ると広場です。石垣などもあります。広場から右に折れます。石碑の横から長い石段が続いています。最後は鎖場です。少しクサリを持って登りました。山頂には奥の院が祀られています。こちらからは少しの展望がありました。下る時に谷筋を登ったのを忘れて時間を要しましたが、無事に石段を発見して下山しました。幾分時間がかかったので計画したピーク一つはパスして「上高三角点」、「柳井水三角点」と訪ね、「高岩神社のトチノキ」を訪問して、帰宅しました。ニューピークは3座としておきます。
2017年11月19日(日)は、まず、大分市野津原の「石合原山」ですが、稲荷神社まで車で行けるので、簡単登山でした。次いで、由布市挾間の「妙音山」は公園への車道1部の草刈りが行われていないということで林道終点から歩きましたが、疲れました。林道上部はc走行に問題なかったようで走ればよかったという所です。又。三角点峰への登山道は結構荒れていて、踏跡を探すのに時間がかかりました。下山時にテープをみつけ、コースがよくわかりました。ニューピーク2座。
2017年11月23日(木)(勤労感謝の日)晴。由布市荘内町の「王子岳」・「松ケ尾城址」を簡単訪問した。「松ケ尾城址」は先日登り損ねた所です。「王子岳」への道には防獣フェンスがありました。「松ケ尾城址」への道は最後のところが工事中です。拡幅工事のようです。簡易水道設備の前まで走って駐車。少し戻り下って田んぼ中を歩き、防獣フェンスを越えて、終点が広場で松ケ尾城址です。午後2時30分頃には自宅に着いた。ニューピーク2座としておきます。
2017年12月3日(日)は晴。少し遅くから由布市湯布院町「亀山」に行き、次いで玖珠町の「若山」の登山口まで行ったが、ハンターが集まっていたので登山はやめました。最後は玖珠町「御伊勢さんの山」(四等三角点川底)に行って帰宅した。ニューピークは2座。用心すれば若山は登れたかもしれない。
2021年6月6日(日)は晴。林道駐車場から朝倉市の「古処山」に行きました。登り2時間40分、下り2時間30分でした。関節症の左足関節が痛みました。他にも、いつもと違うことが気になる登山でした。ニューピークはありません。今回からコンデジを新しくしたので時間は正確に表示されるようになりましたが、歩行時間などは最近のレポには記載していません。非常に遅くて参考にはならないと思います。足の故障が悪化したわけではありませんが、これが、最後の山歩きになるかもしれません。この後、事情があり、とりあえず、山歩きはやめるようにいわれました。再開は?です。
このページの報告。レポートを書いている山歩きは、「最近の山歩メモ」に移しています。簡単になるレポもありそうですが、新しいレポから順次、写真付き歩行図付きのレポをアップしています。
のものは簡単レポートをDiaryに書いているものがあります。歩行軌跡と少しの写真も添付しています。少しずつ山歩きをアップしたいと思います。最近のレポは若干、簡略化されています。記憶のないものには説明はつけないかもしれません。
 
*記載事項に誤り等を気付かれた時は、 掲示板や メールなどでお知らせ頂くと幸いです。
*写真やコース図などは自由に使用 して下さい。なお、写真を使用されるときは、メールなどでお知らせいただくと幸いです。

                       

  リンク用バナーです 。

リンクフリーですが、リンクはこのページ(HP・TOPページ)にお願い致しま しす。

 
 国土交通省国土地理院ホーム
ページ
 
最終更新日 2021年07月24日(開設日 2004年9月11日)_